FC2ブログ
2019/07/16

魚屋チェンマイの海鮮丼

今日の朝食。
20190716#01WEB
炒め物よりこの朝食の方が水分量が多く手食べやすい。
特に、今朝のように天気が良くて暑い朝には。



今日も早朝からドイステープへチョウの撮影に行ったが、昨日の曇り空と違って天気が良かったので、撮影ポイントに着いた午前9時には陽が差していた。

明る過ぎたため、早朝に飛んで来るセセリチョウの姿はなし。
1時間ほど待ったが、これと言ったチョウは飛んで来なかったので、午前10時過ぎに撮影を終えた。



今日の昼食は、初めて行く和食店。

店の名前は、
魚屋チェンマイ

ここが「魚屋チェンマイ」。
20190716#02WEB
店によっては、一人だとテーブル席ではなくてカウンター席に案内されることがあるが、ここではテーブル席に案内された。
これは気分がよい。

店内はかなり広くて、テーブル席、カウンター席があった。
20190716#03WEB

メニューを見たが海鮮丼が見当たらない。
店員さんに聞いて注文した。
すし次郎の海鮮丼と味を比べてみたい。

20190716#04WEB

しばらく待っていると海鮮丼が出てきた。
それがこれ。
20190716#05WEB

食事を終えるとスイカとパイナップルのデザート。
20190716#06WEB

以下は、この海鮮丼を食べてのコメント。

すし次郎の海鮮丼が195バーツに対し、この(魚屋チェンマイ)海鮮丼は416バーツとほぼ倍の値段。

ネタが特別かと言うとそうでもなく、盛り付けもよくない。
ネタはタマゴ、カニカマ、マグロ、シメサバ、タコ、トビッコ(トビウオのタマゴ)

酢飯も柔らかすぎる。
味噌汁の味は普通。デザートも普通。

海鮮丼から離れて、店の雰囲気はと言うと実にいい。

これらのことから、この店「魚屋チェンマイ」の海鮮丼を自分なりに評価すると、酢飯の上の海鮮の魚種は多いが、すべて普通種でこの値段は、コストパフォーマンスが悪すぎる。

と言う事で、魚屋チェンマイの海鮮丼はおすすめしない。
ほかの料理も全般的に高め。

まあ、これに懲りずに、また新しい和食店を開拓したい。





スポンサーサイト
2019/07/15

知人、チェンマイに一時帰郷

今日の朝食。
20190715#09WEB
いつもの葉物野菜から炒め物にしてみた。

タマゴ、サケフレーク、パプリカ、ニンジン、チンゲンサイを炒めた。
この朝食も悪くはないが、葉物野菜を使った従来の朝食が食べやすい。
理由は水分量の関係だと思う。

午前9時からドイステープでチョウの撮影。
撮影を1時間半ほどで終え、部屋に帰ったらチェンマイからシラチャーに働きに行っている知人からLINE。
今、チェンマイにいるので、一緒に食事、コーヒーでもとのLINE通話。

ここらがタイ流。
日本流ならば、数日前に予定を決めておくところ。
もっとも、毎日が日曜日のような生活をしているので、急な誘いもまったく問題なし。

で行った先が点心の店。
20190715#10WEB
ここで食事を終えた後、知人の用事を兼ねてプロメナーダへ行ってコーヒーブレイク。

プロメナーダはイミグレが移転したためか閑散としていた。
平日だったこともあるだろうが。





2019/07/15

ドイステープのチョウ、July 15, 2019


今朝も1時間半ほど、ドイステープでチョウの撮影。
今日の狙いはセセリチョウ。

昨日、チラツと見たセセリチョウが気になって今日も行った。

午前9時過ぎに飛んできた。
20190715#01WEB
セセリチョウ科 Hasora taminatus( H. malayana ?)
July 15, 2019, Doi Suthep, Chiang Mai

20190715#02WEB
セセリチョウ科 Hasora chromus
July 15, 2019, Doi Suthep, Chiang Mai
このセセリチョウは一か所で止まってじっとしていることは少なく、止まったかと思うとすぐに飛び立つ。

20190715#03WEB
セセリチョウ科Halpe porus?
July 15, 2019, Doi Suthep, Chiang Mai
識別しずらいセセリチョウだ。

20190715#04WEB
セセリチョウ科 Thoressa masoni
July 15, 2019, Doi Suthep, Chiang Mai

20190715#05WEB
シジミチョウ科 Nacaduba angusta
July 15, 2019, Doi Suthep, Chiang Mai

20190715#06WEB
シジミチョウ科 Caleta roxus roxana
July 15, 2019, Doi Suthep, Chiang Mai
このシジミチョウもなかなか止まらず、やっと止まったところを撮った。

20190715#07WEB
タテハチョウ科 ソロンフタオ Charaxes solon
July 15, 2019, Doi Suthep, Chiang Mai

20190715#08WEB
タテハチョウ科 Elymnias hypermnestra
July 15, 2019, Doi Suthep, Chiang Mai
このチョウの翅のおもて面がきれいだが、それを撮るのはなかなか難しい。


撮影時間は、午前9時から10時半までの1時間半。
雨期でもそれなりの数のチョウがでてきた。






2019/07/14

ジガンティアのランチ弁当とシメサバ

日曜日のお昼はジガンティアへ行くことが多い。
今日のお昼もジガンティアで食べた。

いつもはランチメニューの焼き塩サバのついた弁当を食べるのだが、今日はそれにシメサバを追加した。
それがこれ。
20190714#06WEB
シメサバが船盛で出てきた。
弁当170バーツ、シメサバ130バーツ、水20バーツ。
このシメサバの皮はキラキラと光っていた。
味はもちろん言うことなし。

強いて難癖をつけると、下に敷いてあるダイコンが太かった。
もうちょっと細ければ言うことなし。

ジガンティアの場所は今まで何回とブログに載せてはいるが、再度載せておいた。
20190714#07WEB
男の隠れ家的存在。





2019/07/14

ドイステープのチョウ、July 14, 2019

今日の朝食のコンビニのパンをもってドイステープへ。
乾期ほど数は多くはないが、雨期でもしばらく待っていると、チョウが飛んでくる。

20190714#01WEB
シジミチョウ科 Rapala iarbus?
July 14, 2019, Doi Suthep, Chiang Mai

20190714#03WEB
シジミチョウ科 Loxura atymnus
July 14, 2019, Doi Suthep, Chiang Mai

20190714#04WEB
シジミチョウ科 Acytolepis puspa?
July 14, 2019, Doi Suthep, Chiang Mai

20190714#05WEB
カエル?
水中の岩穴から顔をだし、こちらを見ていた。

この時期、地面には大量のアリがいる。
このアリの数匹が、イスに腰掛けチョウが来るのを待っていると、足から体中にはい上がってきて、そのうちの何匹かが皮膚の薄い所を狙ってかみつく。

チクッとした痛みと後でかゆくなる。

なので、撮影ポイントに着いたら、まず防虫スプレーを噴霧してアリが寄ってこないようにしておかなければならない。
チョウの撮影にもいろいろと苦労が多いのである。

ちなみに、この時期、室内にも0.5mmほどの小さなアリが出てくる。
このアリも甘いものにはたかるし、首筋などにはいあがってくるとかみつく。
これも後でかゆくなり、ムヒが手放せない。

ただ、この小さいアリには、Kad Suan Kaew のTOPS で買った「アリの巣コロリ」(アース製薬)が実に有効。