主にチェンマイのトンボとチョウ、それにチェンマイの日常の写真
T君ファミリーと夕食
T君ファミリーを夕食に誘った。

行った先は、魚料理の店。
20170219#07WEB
注文したのは、一番下の include everything の Large。

20170226#07WEB
具材はエビ、イカ、カキに魚の切り身に今日は骨付きの魚が入っていた。

これにご飯に水、氷、パックブンファイデーン(空芯菜炒め)を注文して4人で400Bは魚好きから言えば安いと思う。





スポンサーサイト
朋あり Lampang より来る
午前9時前にS先生からワット・プラシンで会えないかとのLINEメッセージが入ってきた。

チェンマイの高校の英語の先生をされていた人で、定年退職後はしばらくチェンマイ、現在はランパン在住。
数年前にワット・プラシンで知り合ってから、当時バイクを持っていなかった私はホイトゥンタオなどへ車で連れて行ってもらったりした。
しかも、チェンマイの田舎の食事が食べたいと言う私の願いにかなう食事を家から持って来てくれた人だ。

一緒にタイ語・日本語会話を勉強する時も、タイ語の教え方が非常にうまい。
勉強嫌いな私でも退屈はしなかった。

そんな先生からのLINE、もちろん快諾で、午前11時にワット・プラシンで会うことにした。

20170226#01WEB
昼食をごちそうするつもりだったが、先を越された。
チェンマイの田舎で食べる、私が好んでいた食事持参だったのだ。
本当にこのような食事は質素だがプライスレスだ。

昼過ぎにS先生と別れてから久しぶりにサンデーマーケットへ行ってみた。
前回サンデーマーケットへ行ったのはいつだったか思い出せないほど、長い間行っていない。

行ったついでにサンデーマーケットでフットマッサージをしてもらた。
20170226#02WEB
このおじさんに足のツボを容赦なく責められ、必死の思いで耐えた。
マッサージが終わってから非常に歩きやすい足に変化していたのはフットマッサージの効果か。

マッサージが終わってから、これまたついでにサンデマーケットを見て回った。
相変わらず人が多い。

ここでも自分の興味のあるものだけを撮った。
まずはチョウの標本。

20170226#03WEB
マレーシアの国蝶のアカエリトリバネアゲハ。
マレーシアのキャメロンハイランドなどでは普通に見られるらしい。
一度は撮ってみたいチョウだ。

これはガラスで作ったチョウの翅を模したイヤリング。
20170226#04WEB

20170226#05WEB
これぐらい並べてあると迫力がある。

20170226#06WEB
きれいな生地。

久しぶりのサンデーマーケットもなかなか面白い。





ヨーグルトを作った
ヨーグルトを作った。

ガラス容器にセブンイレブン買った牛乳を入れ、それに同じくセブンイレブンで買ったヨーグルトを入れてかき混ぜ、40~50℃のお湯の中に6時間以上つけておけばできあがり。
今回はポットのお湯の温度を50℃にしておき、そこに牛乳とヨーグルトを入れたガラス容器を6時間以上つけておいた。

20170225#01WEB
4時間で取り出してみたらちょっと柔らかい。

適当に作ってもそれなりのものは簡単にできる。

容器はなんでもいい。
ガラス容器の方が見た目がいいが熱で割れる場合があるので注意が必要だ。

ただ、牛乳とヨーグルトの適正比率、保温温度と時間など最適な条件があると思われるが、そこまでのデータはない。
市販のヨーグルトに含まれるヨーグルト菌の活性が異なるので、同じものができにくい。
そこが手作りの味。

どこで入手したらいいのかわからないので、ヨーグルトの種菌を使ってヨーグルトを作ったことはない。




食材の買い出し
今日もトマトを使った朝食。
20170224#03WEB

昼食は「すし次郎」へ。
バイクがあると広範囲に動き回れるのがいい。
20170224#04WEB
「すし次郎」の寿司はネタ、シャリとも大きくていい。

食事を終えた後は、リンピンスーパーナワラット店へ。
スーパーの鮮魚コーナーは、食材を買う、買わないにかかわらず見てまわる。
20170224#05WEB
ガザミの仲間。

ここでは豆腐はこのように木綿豆腐、絹ごし豆腐が大量に売られている。
20170224#06WEB

納豆も多くの種類が売られているが、いつも買うのがこの品。
20170224#07WEB

シシャモがうまそうなので買った。
20170224#08WEB
品名の英語表記が「Chichamok」が面白い。
シシャモの英名を調べてみたら「Shishamo smelt」とあった。

こうして食材を見てまわるだけでも面白い。





魚料理の店再訪
今日の夕食は、今週の日曜日に行ったチェンマイ門近くの魚料理の店。

日曜日に食べたのは、メニューの一番上に書いてある「Fish head」。

今日注文したのは、メニュー一番下の「include everything」。
何が入っているのか興味津々。

魚の皮(Fish skin)とか胃袋(Fish stomach)がはいっているといいのだが。

20170219#07WEB

これが出来上がった料理。
20170224#01WEB

ちょっとマナーに反するが、中に入っている具材を並べてみた。
20170224#02WEB
イカ、カキ、魚の切り身、エビが入っていた。
魚の皮とか魚の胃袋をちょっとだけ入れて欲しかった。

味はそれなりにうまいが、私の一押しは「Fish head」。

これだけの内容でこの値段は安いように思う。
家族で営業しているので、これだけの値段でやっていけるのだろう。




Copyright © 2017 清邁極楽蜻蛉 Odonata in Thailand. all rights reserved.