主にチェンマイのトンボとチョウ、それにチェンマイの日常の写真
ごはん亭の寿司
ドイステープでの撮影を終え、昼食へ。
トンカツも食べたいが、ここはじっと我慢して、ごはん亭の寿司にした。

20180221#04WEB
味噌汁が付いて150バーツ。
さらに高い寿司もあるが、私がここで注文するのはいつもこれ。

この間は鉄火巻き、今日はサケで巻いてあるが、もうちょっときれいに巻いた方がいいと心の中でぶつくさ言いながら完食するのがいつものパターン。

トンカツに比べカロリーはこちらの方が低いし、魚が食べれれば言う事なし。





スポンサーサイト
無塩のトマトジュースはないのかな
煙害で明けたチェンマイの朝。
l空港が近いので、朝日が昇る頃に飛行機が飛ぶ。

20180220#01WEB
騒音は全く気にならない。
慣れたのか鈍感になったのか。

朝食に問題点が見つかった。
20180220#02WEB
毎朝飲んでいるトマトジュースに塩分が含まれている。
無塩ではなくなっている。

このトマトジュース、最初はSodium(ナトリウム)6%と表示されていたのが、いつの頃か0%と表示されていたので、無塩のトマトジュースとして安心して飲んでいたら、最近のトマトジュースはまた表示がSodium(ナトリウム)6%となっている。
20180220#03WEB
ウォーキングをしている時ならば塩分補給になっていいが、ほとんど運動もしていない現在、塩分の摂りすぎには注意しなければならない。
とりあえずは、トマトジュースを飲む量を半分にすれば、塩分摂取量も半分になる。

チェンマイで無塩のトマトジュースはないのかな。

ドイステープでチョウの撮影をした後は、チェンマイ大学農学部でソフトクリームを食べるのがいつものパターン。
20180220#04WEB

20180220#05WEB
この店のマスコット。
仔牛がまた増えている。
まあ、これもにぎやかになっていい。





久しぶりのごはん亭
今日は日曜日なので、ドイステープでのチョウの撮影を中止にした。
日曜日は滝遊びに来る人、観光で来る人などが多いので、じっくりとチョウを狙えないからだ。

スマホの Google Mapsで、現在地周辺のレストランの検索ができる。
やってみたら、数件の店がヒットし、その中からまだ行ったことのない店へ行ってみることにした。
20180218#01WEB

近くなので歩いて行ってみた。

店はあったが、どこを見ても日本語らしい文字は見えず、違う店かと思い入らなかったが、後で考えるとやはり入って何か一品食べておくべきだった。
まあ、また行く機会はあるだろう。


一度帰って、バイクでサンティタムにある「ごはん亭」へ行った。
ここも久しぶりだ。

店の雰囲気に変化がある。
オーナーが変わったのだろうか。
150バーツの寿司を注文した。
20180218#02WEB
付いている味噌汁の味に変化はなく、悪くはない。
ここでも諸物価高騰の影響からか、寿司ネタが小さくなっている。
寿司の味も悪くはない。

食べ歩きする時には、行きはソンテオ、帰りは歩きをすればいいのだが、バイクを使い出してからさっぱり歩かなくなった。
メタボ街道まっしぐらだが、これ食べてから軌道修正などと言っている間はできないだろうね。





食べて一日が終わった
朝日の昇る位置が日ごとに左の方へ移動しており、木の枝の間から出だした。
煙害のおかげ(?)で、真ん丸い朝日が撮れる。
20180217#01WEB

朝日を撮ってから朝食だが、中身はだいたい毎日同じ。
20180217#02WEB
材料は、葉物野菜、トマト、酢タマネギ、ザボン、ドラゴンフルーツ、食用ホウズキ、パパイヤ、豚肉の燻製、カニカマに目玉焼き、バナナにトースト+自家製桑の実ジャム、トマトジュースにライチジュース。

これらの中で、食用ホウズキ、桑の実ジャム、ライチジュースは特にうまい。

室内に備え付けの冷蔵庫が小さくて、昨年ちょっと大き目の冷蔵庫を買ってから、朝食用の食材が増えた。
それに遊び感覚で盛り付けなどをやっていると、面白くてついつい加えるものが多くなる。

昨日、マクロフードサービスで買った長さ28cm、32バーツの食パンの味はと言うと、桑の実ジャムを塗ってあるので、それなりにうまい。食パンの食レポになっていないが。

昼食はこれまたお決まりの「三鳥」の寿司。
20180217#03WEB
アサリの味噌汁、寿司共にうまかった。

夕食のおかずにチンゲンサイを茹でた。
20180217#04WEB
こうして並べるとうまそうに見える。
実際、うまかった。

腹囲が標準値をオーバーしているので、なんとか減らさなければならないが、食べ歩きをしていると減りそうにない。
困ったものだ。







カオニアオでモチ
カオニアオでモチを作った続編。

モチ用の最適なもち米はサンパトーン産と言われているが、主食として食べられているカオニアオからモチはつくれないだろうか、と言うことで作ってみたのがこれ。
20180213#19WEB

作ったモチが冷凍庫に保管してあったので、それを焼いてぜんざいを作ってみた。
20180215#17WEB
これはいける。

市販のカオニアオは固めに蒸してあるので、ぜんざい用のモチをつくるためにはもうちょっと深蒸しにした方がいいように思う。
市販品にそれを望むのは無理なので、ならば自分で作るしかないのだが、圧力鍋のレシピに野菜の蒸し方が載っていた。

それを応用すれば、モチ米を蒸すことも出来そうだ。
これも面白そうなので、近いうちにやってみたい。
どうせするならば、サンパトーン産のもち米を入手してやってみるのがいい。


Copyright © 2018 清邁極楽蜻蛉 Odonata in Thailand. all rights reserved.