主にチェンマイのトンボとチョウ、それにチェンマイの日常の写真
Calicnemia imitans の連結産卵
平地は晴れだが、ドイステープの山の上には多くの雲。
こn時期、ドイステープの山の上に雲一つない青空というのは期待できないのだろう。

雲の切れ目からの晴れ間を期待して出かけた。

Calicnemia imitans が連結産卵していた。
20180521#01WEB
モノサシトンボ科 Calicnemia imitans
May21, 2018, Doi Suthep, Chiang Mai

Calicnemia imitans の産卵はなかなか見られないので、何枚か撮った。

そこでハプニング発生。
パンツが膝小僧の所で、真横に破れた。

はきなれたパンツなのだが、破れると通常は廃棄処分として、新しいパンツを買うことになるが、チェンマイではなかなか代替品を探すのが難しい。

となると、残る手段は破れた箇所を繕ってもらわなければならない。
チェンマイにはそういった場所がたくさんある。
その一つがシリマンカラジャン通りだ。

道路わきでおばちゃんがミシンをだして作業をしている。
そこへ持ち込んだら、繕うことは可能とのこと。
二日ほどかかるが、仕上がりがどうなるか。





スポンサーサイト
Calicnemia miles
朝から暑くて窓を開けられない。
チェンマイの一年で4月が最も暑い時期なので、当然と言えば当然の暑さだ。
この暑さで洗濯物が面白いように乾く以外は、あまり好ましくない。

と言うわけで、一日中室内で過ごし、昨日撮ったイトトンボの写真をまとめた。

ドイステープの撮影ポイントではイスに腰かけチョウが飛んでくるのを待つ。
森林性のチョウは水のない所でもいるのだが、水のない場所へ行くことはまずない。
水のないところではごく一部のトンボが運が良ければ見られることがある。

なので、この日も水がある所で待って、午前11時を過ぎると薄暗い岩場でイトトンボを探す。
何にもいないことが多いが、その時はそこで10分程度待ってみる。
薄暗い所にとまっているイトトンボを探すのは至難の業だが、翅を動かしたり、飛んだりすると姿が見えてくる。

薄暗い、水がしたたり落ちる所に赤いイトトンボがいた。

20170410#07WEB
モノサシトンボ科 Calicnemia miles ♂
April 10, 2017, Doi Suthep, Chiang Mai

20170410#08WEB
モノサシトンボ科 Calicnemia miles ♂
April 10, 2017, Doi Suthep, Chiang Mai

ただ撮ったトンボはこれだけ。
Davidius などのサナエトンボがいるはずだが、今年はまだ姿を見ていない。

バイクで下山し、エアコンの室外機の前のような熱風が吹く標高の低い所を抜け、そのままKad Suan Kaew の TOPS へ行き、大きなアイスクリームを買って食べるのが、この時期の楽しみ方。
チェンマイ大学農学部の名物ソフトクリームがなくなったのが残念至極。



Doi Suthep today, March 18, 2017
ドイステープへ行ってみたが、土曜日なので人があまりこない場所を選んだ。
比較的暑くなく、チョウもトンボも飛んでくる可能性のある場所となると、そう多くはない。

午前10時過ぎに撮影ポイントに着き、まずチョウのための水撒き。
後は、いつもンようにイスに腰かけ、トンボやチョウが飛んでくるのを待つのみ。

モノサシトンボ科 Coeliccia poungyi の連結や連結産卵が見られたが、非常に敏感で近づくと逃げられた。
近くに飛んでくるのを待って撮った。

20170318#01WEB
モノサシトンボ科 Coeliccia poungyi
March 18, 2017, Doi Suthep, Chiang Mai

Macromia moorei が飛んできたが、あまりにも早く飛んでいたため写真は撮れず。
撮ったのはこれだけ。
まあ、こんなこともある。



トンボ撮影開始
やっと天気が回復してきたので、ドイステープへ行ってきた。

草むらにイトトンボが飛んでいた。

20170113#03WEB
モノサシトンボ科 Copera marginipes キアシイトトンボ
Jan.13, 2017, Doi Suthep, Chiang Mai

見たトンボはミドリカワトンボ、セボシトンボ、コフキショウジョウトンボなど普通種。

ルリタテハがいたので撮ろうとしたら逃げられた。
天気がよければ、チョウ狙いで行くのもいいかも知れない。




モノサシトンボ科 Coeliccia loogali #2
好天を望んでいたのだが、朝方の天気はいまいち。
午前10時、天気は良くはないが、多少ましになってきたので、バイクでドイステープへ行って来た。

何と言っても目的地まで近いので、気軽に行ける。
それに、道が曲がりくねっているので、猛スピードで横を走り抜ける車がないことなど、意外とバイクの運転が楽なのだ。

20140826#1WEB
2014年8月26日午前10時15分、ステープ通りから見たドイステープ
この眺めは、トンボにとってはあまりよろしくない。

撮影ポイントは薄暗い感じ。
ここらはほぼ毎日雨が降っているようで、土も木の葉も濡れている。

トンボがいないかと探し回っていたら、いつの間にか左手の指先で1cm程度のヒルが頭をもちあげていた。
ここでヒルは初めてみた。
あまり出会いたくない希少種なのだが、写真を撮ることもなく丁重にお引取り願った。

ちょっと空が明るくなってきたら、トンボができた。
20140826#2WEB
モノサシトンボ科 Coeliccia loogali
Aug 26,2014,Doi Suthep,Chiang Mai

20140826#3WEB
モノサシトンボ科 Coeliccia loogali
Aug 26,2014,Doi Suthep,Chiang Mai

もうちょっと天気が良ければ、先日のイトトンボが出てくるのだが。
まあ、明日に期待といったところか。

20141118#2WEB
Nov.18,2014, Doi Suthep, Chiang Mai


Copyright © 2018 清邁極楽蜻蛉 Odonata in Thailand. all rights reserved.