主にチェンマイのトンボとチョウ、それにチェンマイの日常の写真
今年の初顔
今年の初顔。

このチョウもきれいなチョウの一種だ。
季節の移り変わりと共に、チョウの種類が微妙に変化していく。

20170223#01WEB
アゲハチョウ科 オナガタイマイ Graphium antiphates
Feb.23, 2017, Doi Suthep, Chiang Mai

この時期になると名前を調べなければならないチョウが次から次へと出てくるので大変だが、非常に面白い時期でもある。





スポンサーサイト
Doi Suthep today, Feb.22, 2017
今日のドイステープ。
午前10時過ぎにドイステープのチョウの撮影ポイントへ行ったら、公園の管理人らしき人が、細流に土嚢を積んで水をせきとめている。

土嚢は荒く積み上げられているので、その隙間から水は漏れ出ているものの、流れはよどみがち。
暑期に向けての渇水対策か。

いつものように水を撒いてチョウが吸水に来るのを待つ。

20170222#01WEB
シジミチョウ科 Abisara abnormis
Feb.22, 2017, Doi Suthep, Chiang Mai
このチョウは私にとって初物。

20170222#02WEB
シジミチョウ科 Dodiba deidata
Feb.22, 2017, Doi Suthep, Chiang Mai

20170222#03WEB
アゲハチョウ科 アオスジアゲハ Graphium sarpedon
Feb.22, 2017, Doi Suthep, Chiang Mai
尾端を地面にこすりつけるような行動をとっていた。
セセリチョウでもおなじような行動を数回見たことがある。

20170222#04WEB
アゲハチョウ科 コモンタイマイ Graphium agamemnon
Feb.22, 2017, Doi Suthep, Chiang Mai

20170222#05WEB
タテハチョウ科 チャイロフタオ Charaxes bernardus
Feb.22, 2017, Doi Suthep, Chiang Mai
このチョウは翅のおもて面にいろいろなパターンがあるので、翅のおもて面とうら面の両方を撮るのがいい。

20170222#06WEB
Papilio polytes romulus, Papilio helenus, Graphium xenocles, Graphium agetes, Graphium doson, Lamproptera meges,
Graphium doson, Graphium sarpedon (左から)
Feb.22, 2017, Doi Suthep, Chiang Mai

お昼近くなるとアゲハチョウの仲間が集まってくる。

今日もヒョウマダラヤマネコセセリは見なかった。




環境一変
生のコーヒー豆を買いに行ったついでに、トンボの撮影ポイントをのぞいてみた。
ここは毎年11月にハナダカトンボ科 Rhinocypha argutaが出てくるの貴重なポイントだ。

来てみたら、細流周辺の草木がすべて刈り取られている。
20170221#06WEB
昨年の11月は、日の当たっている水面がかろうじて見える程度、それから上流は草木で覆われていた。

両岸に草が生えれば、日当たりが良いので5月ごろにサナエトンボが出てくるかもしれないが、11月にハナダカトンボは出てくるのだろうか。それが心配だ。

しばらく待っていたらカワトンボが飛んできた。
20170221#07WEB
カワトンボ科 Mnais andersoni
Feb.21, 2017, Doi Saket, Chiang Mai
ここには同じカワトンボ科 Vestalaria smaragdinaがいるが季節によって棲み分けているようだ。

20170221#08WEB
シジミチョウ科 Dodona dracon dracon
Feb.21, 2017, Doi Saket, Chiang Mai
ドイステープで見たDodona属とは異なる。

20170221#09WEB
セセリチョウ科 Hyarotis adrastus praba
Feb.21, 2017, Doi Saket, Chiang Mai

20170221#10WEB
タテハチョウ科 ルリタテハ Kaniska canace
Feb.21, 2017, Doi Saket, Chiang Mai
翅のおもて面は木の皮のようだ。

20170221#11WEB
タテハチョウ科 ルリタテハ Kaniska canace
Feb.21, 2017, Doi Saket, Chiang Mai
翅のおもて面はきれい。

ここは5月頃に一度来てみなければならない。

【付記】
名前のわからないチョウの写真はウェブサイト「Butterflies of Thailand」に投稿して名前を教えてもらった。



チョウが増えてきた
今日もドイステープへ行き、日課をこなす。
細流のよどみに溜まっていた落ち葉がきれいに除去されている。

ナショナルパークの管理事務所の人の仕事でこれはなかなかいい。
ただ、水は流れているものの、流れをせき止めるように土嚢が積まれている。

暑期の渇水対策なのだろうか。よくわからない。

今日もまずは水撒き。
400ml程度のプラスチック容器で20杯、単純計算で8Lほどの水を撒いた。

20170220#01WEB
タテハチョウ科 ソロンlフタオ Charaxes solon
Feb.20, 2017, Doi Suthep, Chiang Mai

20170220#02WEB
セセリチョウ科 カバイロカワラセセリ Ctenoptilum vasava
Feb.20, 2017, Doi Suthep, Chiang Mai
ここでは珍しいように思う。

20170220#03WEB
タテハチョウ科 Cynitia cocytus
Feb.20, 2017, Doi Suthep, Chiang Mai
このチョウは初めて撮った。
このような自分にとっての初記録が出てくると嬉しくなる。

20170220#04WEB
タテハチョウ科 サトオオイナズマ Lexias pardalis jadeitina
Feb.20, 2017, Doi Suthep, Chiang Mai
これは普通種の♀。

20170220#05WEB
タテハチョウ科 サトオオイナズマ Lexias pardalis jadeitina
Feb.20, 2017, Doi Suthep, Chiang Mai
この♀には、後翅の白斑がない。異常型?

20170220#06WEB
タテハチョウ科 Euthalia evelina
Feb.20, 2017, Doi Suthep, Chiang Mai
このチョウ、今年は実によく見かける。
例年、こう多くはない。

20170220#07WEB
タテハチョウ科 ムルキベールルリマダラ Euploea mulciber
Feb.20, 2017, Doi Suthep, Chiang Mai
ここでの普通種だが、翅にハエが止まっていたので撮った。

20170220#08WEB
タテハチョウ科 Elymnias hypermnestra
Feb.20, 2017, Doi Suthep, Chiang Mai
飛んでいる時は翅のおもて面のブルーがきれいだが、とまると翅を閉じるのでうら面しか撮れない。

20170220#09WEB
アゲハチョウ科 アゲテスオナガタイマイ Graphium agetes
Feb.20, 2017, Doi Suthep, Chiang Mai
背景がグリーンだとチョウが引き立つ。

20170220#10WEB
アゲハチョウ科 オナシアゲハ Papilio demoleus
Feb.20, 2017, Doi Suthep, Chiang Mai
このチョウを初めて撮ったのはラオスのお坊さんに彼の実家に連れて行ってもらった時だ。
すぐに飛び立つので撮りずらいチョウだ。

20170220#11WEB
タテハチョウ科 テングチョウ Libythea celtis
Feb.20, 2017, Doi Suthep, Chiang Mai
珍しいチョウではないが、形が面白い。

20170220#12WEB
タテハチョウ科 トラフタテハ Parthenos sylla
Feb.20, 2017, Doi Suthep, Chiang Mai
このチョウは追いかけてもすぐ逃げるので、じっと待っていて誓うに来るのを待って撮る方がいい。

湿度が低いのか撒いた水がすぐ乾く。
乾くと水撒きの繰り返しで、今日は三回ほど水撒きをした。

今日は1時間半ほどで撮影を終えたが、チョウの種類が増えてきた。





Doi Suthep today, Feb.16, 2017
キシタアゲハが吸水に来た。
数日前にも飛んで来てはいたが、近づいたら逃げられた。

20170216#04WEB
アゲハチョウ科 キシタアゲハTroides aeacus
Feb.16, 2017, Doi Suthep, Chiang Mai
しばらく吸水した後の方が近寄りやすい。

20170216#05WEB
左から
アゲハチョウ科 Graphium xenocles、ミカドアゲハ Graphium doson、カバシタアゲハ Papilio agestor
Feb.16, 2017, Doi Suthep, Chiang Mai
レンズの被写界深度内にチョウが入るまで待つのが大変。

20170216#06WEB
タテハチョウ科 Euthalia malaccana
Feb.16, 2017, Doi Suthep, Chiang Mai

20170216#07WEB
アゲハチョウ科 ルリモンアゲハ Papilio paris
Feb.16, 2017, Doi Suthep, Chiang Mai
翅の青い紋を撮るのは非常に難しい。

20170216#08WEB
アゲハチョウ科 ナガサキアゲハ Papilio memnon、右にいるのはソロンフタオCharaxes solon
Feb.16, 2017, Doi Suthep, Chiang Mai

今日は大型のチョウが多かった。
ただ相変わらず、セセリチョウ科 ヒョウマダラヤマネコセセリ Odina decoratus は出てこない。





Copyright © 2017 清邁極楽蜻蛉 Odonata in Thailand. all rights reserved.