主にチェンマイのトンボとチョウ、それにチェンマイの日常の写真
Doi Suthep today, Feb 21 2018
朝の内は晴れてはいるのだが、雲が多く晴れ間が見えない天気だったが、午前10時前には陽が差してきたので、ドイステープへチョウの撮影に行った。

ドイステープのチョウの撮影ポイントは、近い所ならばバイクで15分程度で行けるので、この時期は可能な限り出かけて行って、ちょうの発生状況を見ておいた方がいい。

近場のチョウの撮影ポイントには、すでに先客がいたので、そこでの撮影を諦め、標高の高い所へ行った。
標高の高い所はチョウは少ない。

20180221#01WEB
シジミチョウ科 Dodona egeon
Feb.21,2018, Doi Suthep, Chiang Mai
今の時期ならば、ほぼ100%見ることができる。

20180221#02WEB
シジミチョウ科 Dodona egeon
Feb.21,2018, Doi Suthep, Chiang Mai
翅のおもて面も撮っておいた。

20180221#03WEB
シジミチョウ科 Yasoda tripunctata
Feb.21,2018, Doi Suthep, Chiang Mai
このチョウの他に、翅が破れた個体もいた。
今が発生時期か?

1時間半ほどでチョウの撮影を終えた。
モノサシトンボ科 Coeliccia chromothoraxの♂がいた。
ここでは、3月~4月には、ダビドサナエが出てくるが、昨年と違って重機で掘り返された影響がどの程度あるのかも調べておかなければならない。




スポンサーサイト
Doi Suthep today, Feb.20 2018
三日ぶりにドイステープでチョウの撮影。
午前10時前に撮影ポイントへ。

チョウを撮影している人は誰もいない。
大型のアゲハチョウAtrophaneura dasaradaが吸水していたが、近づくと飛び去った。
ドイステープでは、Atrophaneura polyeuctes より生息数が少ないように思う。

20180220#06WEB
アゲハチョウ科 アオスジアゲハ Graphium sarpedon
Feb.20,2018, Doi Suthep, Chiang Mai
日本でも見ることができる普通種。

20180220#07WEB
シジミチョウ科 Castalius rosimon
Feb.20,2018, Doi Suthep, Chiang Mai
たくさんいるシジミチョウの中から探しだすのがちょっと難しい。

20180220#08WEB
タテハチョウ科 フタオチョウ Polyura eudamippus
Feb.20,2018, Doi Suthep, Chiang Mai
このチョウもここでの普通種。

20180220#09WEB
タテハチョウ科 Euthalia evelina
Feb.20,2018, Doi Suthep, Chiang Mai
数は多くはないが、この時期見られる。
翅がボロボロ。

20180220#10WEB
アゲハチョウ科 シロオビアゲハ Papilio polytes romulus(左)とモンキアゲハ Papilio helenus(右)
Feb.20,2018, Doi Suthep, Chiang Mai

20180220#11WEB
アゲハチョウ科 アオスソビキアゲハLanproptera meges
Feb.20,2018, Doi Suthep, Chiang Mai
チョウとは思えない飛び方をする。

翅のきれいなEuthalia monina が吸水に来たが、カメラを向けたら飛び去った。
今日のチョウは全体的に敏感。

午前11時半で撮影を終えた。





チョウの数が増えてきた
今日もドイステープでチョウの撮影。
昨日は標高の高い所へいったので、今日は標高の低い所へ。

チョウの種類は増えてきたが、大半はこの時期のおなじみさん。

20180215#01WEB
タテハチョウ科 Moduza procris
Feb.15,2018, Doi Suthep, Chiang Mai

20180215#02WEB
シジミチョウ科 Odona deodata
Feb.15,2018, Doi Suthep, Chiang Mai
このチョウは希少種なのだが、ここではよく見る。
写真を撮ったらすぐに飛び去った。

20180215#03WEB
アゲハチョウ科 Graphium agetes
Feb.15,2018, Doi Suthep, Chiang Mai
きれいな蛾が飛んできて吸水している。

それがこれ。
20180215#04WEB
名前はわからない。
Chalcosia phalaenaria annamica
15Feb.,2018, Doi Suthep, Chiang Mai

【備考】
ウェブサイト・Butterflies of Thailand に投稿したら、Shen-Horn Yen 氏からコメントをもらい、Chalcosia phalaenaria annamica であることがわかった。

20180215#06WEB
アゲハチョウ科 Atrophaneura polyeuctes
Feb.15,2018, Doi Suthep, Chiang Mai
ここには、よく似た種類で Atrophaneura dasaradaも飛んで来るが、数はこちらの方が多い。

20180215#07WEB
アゲハチョウ科 Papilio helenus
Feb.15,2018, Doi Suthep, Chiang Mai
数は多く、この時期には必ず出てくる。

20180215#08WEB
アゲハチョウ科 Papilio memnon
Feb.15,2018, Doi Suthep, Chiang Mai
♀に多くの型があり興味深いが、水辺ではまず撮れない。

20180215#09WEB
アゲハチョウ科 Papilio alcmenor
Feb.15,2018, Doi Suthep, Chiang Mai
このチョウも写真の撮り甲斐がある。

20180215#10WEB
シジミチョウ科 Castalius rosimon
Feb.15,2018, Doi Suthep, Chiang Mai
小さなシジミチョウは注意をしないと見落とす。

続いてGraphium属。
20180215#11WEB
アゲハチョウ科 Graphium xenocles, G.srpedon, G.chironides(左から)
Feb.15,2018, Doi Suthep, Chiang Mai

20180215#12WEB
タテハチョウ科 Euthalia alpheda
Feb.15,2018, Doi Suthep, Chiang Mai
ドイステープでは数は多くないうように思うが、ここ数日よく飛んでくる。

20180215#14WEB
アゲハチョウ科Lamproptera meges
Feb.15,2018, Doi Suthep, Chiang Mai
アオスソビキアゲハの和名があり、初めて見た時には感動した。

20180215#16WEB
アゲハチョウ科 Graphium chironides, G.doson, G.antiphates(左から)
Feb.15,2018, Doi Suthep, Chiang Mai
ここで見られるGraphium属のチョウは、G.nomiusを除いてすべて出てきた。

20180215#15WEB
最後の写真は Homo sapiens。
ホモ・サピエンス(ラテン語: Homo sapiens、「賢い人間」の意)。

トンボやチョウのような説明を加えると、「午前11時半過ぎから急に数が増える普通種、個体変異あり」と言ったところか。
トンボやチョウ同様、魅力的な被写体。

これが出現すると、チョウの写真は撮れなくなる。
まあいいけどね。





Doi Suthep today, Feb 14 2018
この時期、ドイステープでチョウの写真を撮ることが日課となってきた。

何と言っても、撮影ポイントが近いのがいい。
標高の低い所ならばバイクで15分、標高の高い所でも30分で行け、撮影時間はだいたい2時間ほど。

今日は標高の高い所へ行った。
標高の低い所は、ヒョウマダラヤマネコセセリOdina decoratus が出てくるので、撮影者が多い。
人が多いと、どうしても飛んでくるチョウは少なくなる。

撮影ポイントへ到着したのは、午前10時。
チョウはすでに飛んでいる。

20180214#01WEB
タテハチョウ科 ジュリーイナズマ Tanaecia julii
Feb.14,2018, Doi Suthep, Chiang Mai

ここに来たら、撮っておかなければならないチョウがこれ。
20180214#02WEB
シジミチョウ科 Dodona egeon
Feb.14,2018, Doi Suthep, Chiang Mai

20180214#03WEB
シジミチョウ科 Dodona egeon
Feb.14,2018, Doi Suthep, Chiang Mai
ドイステープの希少種だが、この時期に来ればまず撮れる。

このチョウはあまり撮ったことがない。
20180214#04WEB
タテハチョウ科 Pseudergolis wedah wedah
Feb.14,2018, Doi Suthep, Chiang Mai

20180214#05WEB
タテハチョウ科 Pseudergolis wedah wedah
Feb.14,2018, Doi Suthep, Chiang Mai
このチョウも数は多くはない。

シジミチョウが飛んで来た。
20180214#06WEB
シジミチョウ科 Yasoda tripunctata
Feb.14,2018, Doi Suthep, Chiang Mai

20180214#07WEB
シジミチョウ科 Ticherra acte ?
Feb.14,2018, Doi Suthep, Chiang Mai

20180214#08WEB
シジミチョウ科 Ticherra acte ?
Feb.14,2018, Doi Suthep, Chiang Mai
何度となく撮っているが、名前がよくわからない。

発生場所、時期はT.acte と同じだが、翅のオレンジ色が消失している。

20180214#09WEB
タテハチョウ科 Cethosia biblis
Feb.14,2018, Doi Suthep, Chiang Mai

20180214#10WEB
タテハチョウ科 Cethosia biblis
Feb.14,2018, Doi Suthep, Chiang Mai

20180214#11WEB
シロチョウ科 Leptosia nina
Feb.14,2018, Doi Suthep, Chiang Mai

20180214#12WEB
シロチョウ科 Leptosia nina
Feb.14,2018, Doi Suthep, Chiang Mai
このチョウもあまり撮ったことはない。

20180214#13WEB
タテハチョウ科Sumalia daraxa
Feb.14,2018, Doi Suthep, Chiang Mai

20180214#14WEB
タテハチョウ科Sumalia daraxa
Feb.14,2018, Doi Suthep, Chiang Mai

午前11時半で撮影を終えたが、それなりの数のチョウを撮ることができた。

この時期のチェンマイは観光客が多い。
この撮影地には小さな滝があるが、従来この地に来る人の大半はチョウの撮影者であった。
ところが、近年、観光客も来るようになった。

ドイステープで観光客がこない撮影場所を探すのは、次第に難しくなってきている。





Doi Suthep today, Feb 13 2018
午前9時半、ドイステープのチョウの撮影ポイントへ。
先客があれば、標高の高い所へ移動するつもりだったが、誰もいない。

オオベニモンアゲハとナガサキアゲハが吸水していたので、撮ろうとしたら逃げられた。
大型のアゲハチョウは早い時間に吸水に来ているようだ。

イスに腰掛け、チョウが飛んでくるのを待っていたら、数m先の水面でチョウが溺れ(?)ているのが見えた。
水から引き揚げ、葉の上にとまらせ写真を撮った。

20180213#02WEB
タテハチョウ科 ムルキベールルリマダラ Euploea mulciber
Feb.13,2018, Doi Suthep, Chiang Mai
通常、このようなところにとまることはない。
飛んでいる時は、このような翅のおもて面の鮮やかなブルーが見える。

20180213#03WEB
アゲハチョウ科 ナガサキアゲハ Papilio memnon
Feb.13,2018, Doi Suthep, Chiang Mai

その後、飛んできたのはシジミタテハの仲間。
20180213#04WEB
シジミチョウ科 Odona deodata
Feb.13,2018, Doi Suthep, Chiang Mai
このチョウは、標高500m付近でよく見られる。

Euthaliaが飛んで来た。
Euthalia の仲間はスッと入ってきて、スッと飛び去る。

20180213#05WEB
タテハチョウ科 Euthalia monina
Feb.13,2018, Doi Suthep, Chiang Mai

20180213#06WEB
タテハチョウ科 Euthalia alpheda
Feb.13,2018, Doi Suthep, Chiang Mai
Euthalia属の中で、このチョウはドイステープではあまり見ない。

20180213#07WEB
タテハチョウ科Euthalia anosia
Feb.13,2018, Doi Suthep, Chiang Mai
このチョウはよく見る。

20180213#08WEB
シジミチョウ科 Ancema blanka minturna
Feb.13,2018, Doi Suthep, Chiang Mai
このシジミチョウの翅のおもて面のブルーは実に鮮やかだが、翅を開くことなく飛び去った。

20180213#09WEB
セセリチョウ科 Sovia albipecta?
Feb.13,2018, Doi Suthep, Chiang Mai
飛んでくるセセリチョウの種類が意外と多い。

20180213#10WEB
セセリチョウ科 Scobura isota?
Feb.13,2018, Doi Suthep, Chiang Mai
このチョウもウェブサイト・Butterflies of Thailandに投稿したら、Tawat Taesotikul氏、Tina Young氏から名前の指摘があった。

20180213#11WEB
セセリチョウ科 ヒョウマダラヤマネコセセリ Odina decoratus
Feb.13,2018, Doi Suthep, Chiang Mai
Tawată氏によると、日曜日は二頭出てきたようだ。

20180213#12WEB
セセリチョウ科 ??
Feb.13,2018, Doi Suthep, Chiang Mai
このセセリチョウも名前がわからない。

チョウの種類が増えてきた。




Copyright © 2018 清邁極楽蜻蛉 Odonata in Thailand. all rights reserved.