主にチェンマイのトンボとチョウ、それにチェンマイの日常の写真
ミナミイトトンボ科 Prodasineura laidlawii
このイトトンボも初めて撮ったので、単独でまとめた。

20160424#06WEB
April 24, 2016, Thong Pha Phum, Kanchanaburi

20160424#07WEB
April 24, 2016, Thong Pha Phum, Kanchanaburi

マレー半島のイトトンボで、TAK方面でも見られるようだ。
Kanchanaburi へ行く機会が多くなれば、撮れるイトトンボだ。





スポンサーサイト
ミナミイトトンボ科 Prodasineura aruricolor
過去のブログで名前を誤記載していた。

DSC_1282WEB.jpg
ミナミイトトンボ科 Prodasineura auricolor
June 28,2013,Doi Suthep,Chiang Mai
撮っている時には、腹部の青い斑点にまったく気づいていなかった。


同じくミナミイトトンボ科 Prodasineura doisuthepensisと色は違うが非常によく似ている。
20130415WEB#2
ミナミイトトンボ科 Prodasineura doisuthepensis
Apr,15,2013,Doi Suthep,Chiang Mai

同種ではないかと言われているが結論はでていない。
日本のカワトンボのようにDNA判定される日が近いのかも知れない。
ミナミイトトンボ科 Prodasineura verticalis ?
沢沿いの岩盤にできた直径30cmほどのきたない水たまりにいた。
撮ったのは初めてで、見たのは一頭だけ。

#07WEB
June 28,2013,Doi Suthep,Chiang Mai
Prodasineura verticalis ?

20141026#4WEB
Oct.26,2014, Doi Suthep, Chiang Mai
薄暗い沢沿いにいた。

20141026#5WEB
Oct.26,2014, Doi Suthep, Chiang Mai

ドイステープでは珍しい。
このミナミイトトンボ、もうちょっと撮っておく必要がある。

出現期がよくわからないが、それを調べるにはやはり定点観察か。

【追記】 2014/10/27
ドイステープで撮影したこのイトトンボをここでは、Prodasineura verticalis としたが、これにはちょっと問題がある。

タイでは、異なる場所で3種類のタイプが記録されており、Prodasineura verticalis と Prodasineura humeralis が同一種かどうかの結論が出ていないからである。

Noppadon Makbun氏から上記の情報をもらった。

20150403#3WEB
Apr.3,2015, Doi Suthep, Chiang Mai
これは♀。

20150404#1WEB
Apr.4,2015, Doi Suthep, Chiang Mai
未熟な♂。

20150404#3WEB
Apr.4,2015, Doi Suthep, Chiang Mai
成熟した♂

20150406#4WEB
Apr.6,2015, Doi Suthep, Chiang Mai

20151014#05WEB
Oct.14, 2015, Doi Suthep, Chiang Mai

20151014#06WEB
Oct.14, 2015, Doi Suthep, Chiang Mai




ミナミイトトンボ科 Prodasineura doisuthepensis
このトンボを最初に撮ったのは今から15年ほど前。
当時と生息環境は大きく変わっていたが、いまだ健在であった。

#1May1,1998,DoiSuthep
May1,1998,Doi Suthep,Chiang Mai
1998年当時、ドイステープナショナルパーク内のモンタタン滝周辺には建物は全くなく、うっそうとした森があり、撮影地までの道のりはまさにジャングルトレッキングの雰囲気があった。

#2Apr13,2013,DoiSuthep
Apr.13,2013,Doi Suthep,Chiang Mai
2013年、モンタタン滝までの道は舗装されバイクや車で行きやすくなり、撮影地までの道のりはハイキングコースのようで、開けた森と言った雰囲気だ。

きっちりと管理され、観光客が多い。
あと数年でトンボの撮影地としての魅力はなくなるような気がする。

#3Apr15,2013,DoiSuthep
Apr.15,2013,Doi Suthep,Chiang Mai
5cmにも満たない小さなイトトンボで、昼前になるとどこからともなく現れる。数は少ない。

20150404#2WEB
Apr.4,2015, Doi Suthep, Chiang Mai
出現場所、時間がわかったので、容易に撮れるようになった。

20150406#1WEB
Apr.6,2015, Doi Suthep, Chiang Mai

20150406#2WEB
Apr.6,2015, Doi Suthep, Chiang Mai
まあ、後は♀の写真だが、これがまた難しい。
♀がどこにいて、いつ頃出てくるのかがわからない。

20150408#01WEB
Apr.8,2015, Doi Suthep, Chiang Mai

20150408#03WEB
Apr.8,2015, Doi Suthep, Chiang Mai



ミナミイトトンボ科 Prodasineura autumnalis クロミナミイトトンボ
チェンマイでは、お堀周辺でもごく普通に見られるイトトンボ。

Prodasineura autumnalis for BLOG


Prodasineura autumnallis-3 for BLOG
May 2, 2008 at Chiang Mai

Prodasineura autumnalis-12 for BLOG

Copyright © 2017 清邁極楽蜻蛉 Odonata in Thailand. all rights reserved.