主にチェンマイのトンボとチョウ、それにチェンマイの日常の写真
アゲハチョウ科 キボシアゲハ Chilasa epycides hypochra
今までに撮り集めたものをまとめた。

カバシタアゲハ Papilio(Chilasa) agestor 同様、翅の模様がアサギマダラによく似ている。
これは毒を持つアサギマダラに擬態(ベイツ擬態)することで、敵に食べられないよう身を守っている(ウィキペディアより)。

キボシアゲハはドイステープでは少ないように思う。

20110212#1WEB
Feb.12,2011, Doi Suthep, Chiang Mai

20150204#4WEB
Feb.4,2015 Doi Suthep, Chiang Mai

20150212#11WEB
Feb.12,2015, Doi Suthep, Chiang Mai

20150213#7WEB
Feb.13,2015, Doi Suthep, Chiang Mai

20160218#4WEB
Feb.18, 2016, Doi Suthep, Chiang Mai
二頭が重なって、ちょっと面白い写真になった。

20160218#5WEB
Feb.18, 2016, Doi Suthep, Chiang Mai
2016年度初めてのキボシアゲハ。




スポンサーサイト
アゲハチョウ科 ミズアオマダラタイマイ Graphium xenocles
これは、今までに撮った写真のまとめ。
なお、このチョウの和名は、The butterflies of Thailand タイ国の蝶(木村勇之助・青木俊明・山口就平・植村好延・斎藤太増光著)による。

20110405#1WEB
Apr.5,2011, Doi Suthep, Chiang Mai

20120406#2WEB
Apr.6,2012, Doi Suthep, Chiang Mai
後方: アオスジアゲハ Graphium sarpedon

20120406#3WEB
Apr.6,2012, Doi Suthep, Chiang Mai
左:フタオチョウ Polyura eudamippus

20120419#4WEB
Apr.19,2012, Doi Suthep, Chiang Mai

20120419#5WEB
Apr.19,2012, Doi Suthep, Chiang Mai

20140215#006WEB
Feb.15,2014, Chiang Dao, Chiang Mai

20140402#3WEB
Apr.2,2014, Doi Suthep, Chiang Mai

20140522#3WEB
May 22,2014, Doi Suthep, Chiang Mai

20150212#12WEB
Feb.12,2015, Doi Suthep, Chiang Mai

20150212#10WEB
Feb.12,2015, Doi Suthep, Chiang Mai



アゲハチョウ科 ヒメコモンマダラタイマイ Graphium macareus
このチョウもチェンダオで初めて見て、初めて撮った。

Mar3,2013#1
Mar.3,2013,Chiang Dao,Chiang Mai

Mar3,2013#2
Mar.3,2013,Chiang Dao,Chiang Mai
アゲハチョウ科 ヘレナキシタアゲハTroides helena
今年の三月にチェンダオChiang Daoで撮った写真。

ヘレナキシタアゲハTroides helenaの写真はこの一枚。

Mar3,2013
Mar.3,2013,Chiang Dao,Chiang Mai
アゲハチョウ科 オナシアゲハ Papilio demoleus
Apr9,2011,Bokeo,Laos

Apr.9,2011,Bokeo,Laos
この写真は番外編でラオスで撮ったもの。

チェンマイで知り合いになったラオスのお坊さんに招待され、彼の実家へ行った時の写真。
タイのチェンコンから対岸のラオス・フエサイへ小舟で渡り、そこからスピードボートで1時間ほどメコン河をさかのぼった所にあった。

LAOS#1

写真を撮っていたら、好奇心旺盛な子供が集まってきたが、遠くからあやしい外国人がいるというような目で見ていた。

LAOS#2

子供達の写真を撮り、それを見せてやるとだんだん表情が和らいできた。

LAOS#3

子供は警戒心が解けると実に豊かな表情をする。

LAOS#4

こうなると気軽に写真を撮らせてくれる。

LAOS#5

子供の写真を撮るには、まず子供と遊ぶのがいい。そうするといい表情を撮らせてくれる。
ラオス語が話せれば、楽しさは倍増したろう。このような体験が、外国語を勉強したいと言う気にさせるのだろうね。

田舎で子供達の写真を撮ったら、その写真を送ってやるために封筒を持ち歩いている。
今回も封筒に住所を書いてもらおうとしたら、友達が「駄目だ」と言った。
理由を聞くと、郵便がないそうだ。
写真は次回友達が田舎へ帰る時に持って帰ってもらうようにしたが、ラオスにはまだまだこのような地域が多い。

そう言えば、この村も、日本のODAによる支援事業の一環として、高台にコンクリートの大きな貯水槽が建造してあった。
生活用水を蓄え、ここから各家庭に配水するためだ。

生活インフラもままならないこのような田舎への旅は大変なことが多いが、実に楽しかった。


ここからはチェンセン(チェンライ)での写真。
June6,2012,ChiangSaenLake,C
June6,2012,Chiang Saen Lake,Chiang Saen,Chiang Rai

June11,2012,ChiangSaenLake,
June11,2012,Chiang Saen Lake,Chiang Saen,Chiang Rai










Copyright © 2017 清邁極楽蜻蛉 Odonata in Thailand. all rights reserved.