主にチェンマイのトンボとチョウ、それにチェンマイの日常の写真
Doi Suthep today, Apr 25 2018
ドイステープでチョウを撮影していたら、小型のサナエトンボが飛んで来た。
飛んで来た場所、時間がほぼ同じだったので、先日撮ったMicrogomphus farrwlli ♂かと思い、カメラを向けると♀だ。

ただ、これがMicrogomphus farrelli♀かどうかはわからないので、逃げられないように数枚撮った。

20180425#01WEB
属名、種名不明
Apr.25, 2018, Doi Suthep Chiang Mai

20180425#02WEB
属名、種名不明
Apr.25, 2018, Doi Suthep Chiang Mai

20180425#03WEB
属名、種名不明
Apr.25, 2018, Doi Suthep Chiang Mai

撮った写真をウェブサイト「Dragonflies of Thailand」へ投稿したが、♀であることもあり、属名、種名は不明。
数多くのトンボを見てきているNoppadon Makbun氏も Microgomphus属かHeliogomphus属か、確信は持てないとのこと。

この♀と斑紋が同じような♂を見つけなければならない。
ただこのトンボ自体が、撮ろうと思って撮れるトンボではない。
生態がまったくわかっていないので、とりあえず、♀がいた場所で待つしかないようだ。

ひょっとしたら新種の可能性もあるわけだが、そんなトンボがそう簡単に次から次へと見つかるはずもなく、探すのは大変だがトライする。






スポンサーサイト
サナエトンボ科 Microgomphus farrelli
今日、ドイステープで私にとっての初記録のサナエトンボを撮った。

20180414#01WEB
サナエトンボ科 Microgomphus farrelli ♂
Apr.14, 2018, Doi Suthep, Chiang Mai

撮った写真をウェブサイトDragonflies of Thailand に投稿したら30分もしない内に、Noppadon Makbun 氏から種名の連絡があった。

姿は今まで数回見てはいたが、細部までの確認はできていなかったし、写真は撮れてなかった。
今日は、チョウを撮っていたら近くに飛んできてとまった。
ラッキーとしかいいようがない。

新種ではないが、タイ、ラオスで見つかっている。
なぜ、今までドイステープで見つからなかったのであろう。

非常に神経質なサナエトンボで、人のちょっとした動きを察すると飛び去ってしまう。
このような習性もなかなか人目につかない理由か。






Doi Suthep today, Apr.12 2018
今日のドイステープではチョウが少なかったので、トンボも探してみた。
ただ、この場所にいるトンボはすべて普通種だけなので、ここでトンボの撮影をすることはあまり多くはない。

20180412#08WEB
トンボ科 マレートンボ Zygonyx iris malayana
Apr.12, 2018, Doi Suthep, Chiang Mai
チェンマイの渓流のどこにでもいるトンボだが、いつも飛んでいるのでとまることは珍しい。

20180412#09WEB
ミナミカワトンボ科 Euphaea sp
.Apr.12, 2018, Doi Suthep, Chiang Mai

朝来た時には何もいなかった所で、昼前に羽化していた。

午前11時過ぎに、オオヤマトンボ属 Epophthalmia frontalis らしきトンボが産卵していた。
明日も産卵にくる可能性があるので、明日はそれを狙ってみる。





Doi Suthep today, Apr 11 2018
チョウが少なくなる時間帯になると、トンボが出てくる。
水が流れる岩盤の周辺を探すといた。

陽が差すと飛び出すのでいるのがわかるが、動かなかったら探し出すのは大変。

20180411#09WEB
モノサシトンボ科 Calicnemia imitns ♂
Apr.11, 2018, Doi Suthep, Chiang Mai
Coeliccia ポイントと呼んでいる標高700m地点でも撮ったことがある。

20180411#10WEB
モノサシトンボ科 Calicnemia miles ♂
Apr.11, 2018, Doi Suthep, Chiang Mai

20180411#11WEB
モノサシトンボ科 Calicnemia miles 連結
Apr.11, 2018, Doi Suthep, Chiang Mai

足場が悪いので、撮影位置を移動することができなかった。

この後、ヤンマらしきトンボを見たが、正体不明。
この場所は何が出てきてもおかしくはないが。




Doi Suthep today, Apr6 2018
昨日、今日とドイステープ標高1100m地点でのチョウの数が極端に減ってきた。
トンボは、Mnais andersoni、Coeliccia chromothoraxを見ただけ。

下山して、Coeliccia ポイントへ行ってみた。

20180406#06WEB
モノサシトンボ科 Coeliccia poungyi
Apr.6, 2018, Doi Suthep, Chiang Mai

20180406#07WEB
モノサシトンボ科 Coeliccia chromothorax ♂
Apr.6, 2018, Doi Suthep, Chiang Mai
クリーニング中の♂。

20180406#08WEB
モノサシトンボ科 Coeliccia didyma ♂
Apr.6, 2018, Doi Suthep, Chiang Mai

20180406#09WEB
モノサシトンボ科 Calicnemia imitans ♂
Apr.6, 2018, Doi Suthep, Chiang Mai

ここに来れば、かなり高い確率でCoeliccia poungyi、Calicnemia imitans が見られる。

ここらの谷川から採水しているが、その採水管の一部が破損し水が流れ出ている。
その周辺にこれらイトトンボが集中していた。





Copyright © 2018 清邁極楽蜻蛉 Odonata in Thailand. all rights reserved.