FC2ブログ
2019/05/23

日本のトンボ May 23, 2019

トンボ仲間の案内で、兵庫県までトンボを撮りに行った。

まずはハッチョウトンボ。
20190523#03WEB
トンボ科 ハッチョウトンボ Nannophya pygmaea ♂
May 23, 2019, Hyogo, Japan

20190523#04WEB
トンボ科 ハッチョウトンボ Nannophya pygmaea ♀
May 23, 2019, Hyogo, Japan

20190523#05WEB
トンボ科 ハッチョウトンボ Nannophya pygmaea ♀
May 23, 2019, Hyogo, Japan
羽化して間もないメス。
羽化殻の大きさは1cmに満たない。

20190523#06WEB
ヤンマ科 ムカシヤンマ Tanypteryx pryeri
May 23, 2019, Hyogo, Japan

20190523#07WEB
サナエトンボ科 アオサナエ Nihonogomphus viridis ♂
May 23, 2019, Hyogo, Japan
きれいなトンボだが、非常に神経質。

20190523#08WEB
サナエトンボ科 アオサナエ Nihonogomphus viridis ♀
May 23, 2019, Hyogo, Japan
産卵をしているメス。






スポンサーサイト
2019/05/16

番外編・日本のトンボ

ここ数年の日本への一時帰国では、最低一日は大阪のトンボ仲間と、トンボ撮影に行っている。

今日も阪急電車・川西能勢口駅前で待ち合わせをして撮影に行った。

撮影した順番は違うが、まずは全長1cmほどのハッチョウトンボ。
ちょうど今頃が羽化の時期のようだ。

20190516#01WEB
トンボ科 ハッチョウトンボ Nannophya pygma ♂
May 16, 2019, Hyogo, Japan
♂は成熟すると、全体が赤くなる。

20190516#02WEB
トンボ科 ハッチョウトンボ Nannophya pygma ♀
May 16, 2019, Hyogo, Japan
これも未熟個体。

20190516#03WEB
トンボ科 ヨツボシトンボ Libellula quadrimaculata asahinai
May 16, 2019, Hyogo, Japan

20190516#04WEB
トンボ科 ヨツボシトンボ Libellula quadrimaculata asahinai
May 16, 2019, Hyogo, Japan
産卵している。

20190516#05WEB
サナエトンボ科 フタスジサナエ Trigomphus interruptus
May 16, 2019, Hyogo, Japan

20190516#06WEB
サナエトンボ科 タベサナエ Trigomphus citimus tabei
May 16, 2019, Hyogo, Japan

2 0190516#07WEB
サナエトンボ科 アオサナエ Nihonogomphus virfidis ♀
May 16, 2019, Hyogo, Japan
水中の藻に足をとられていた。
この後、救出した。

チェンマイのドイステープより、トンボの数は多かった。
まあ、これはナビゲーターの、トンボ仲間の案内によるところが大きい。








2018/10/25

大阪のトンボ仲間とトンボ撮り

大阪のトンボ仲間3人と、京都府へトンボを撮りに行った。

狙いのトンボは、大陸からの飛来種と思われるオナガアカネ Sympetrum cordulegaster。


昨日、大阪のトンボ仲間から連絡があり、今日の午前7時、阪急川西能勢口で待ち合わせ。
なので朝食を食べずに出発。
朝食抜きでも、代替エネルギーは内臓脂肪としてたっぷり腹の周りに蓄えているので、何の問題もない。

そればかりか、ホテルから阪急梅田駅まで20分間歩いて行った。

阪急川西能勢口でトンボ仲間と合流して、トンボ仲間の車で撮影地へ。
途中、トンボ仲間推奨の店で昼食(弁当)を買う。

この店、通常の営業は午前11時からだが、トンボ仲間が電話をして弁当を予約しておいたくれたので、午前9時でも買えた。

その弁当がこれ。
20181025#01WEB
11cm四方の弁当箱に入ったばらずし。

ちょっと量が少ないかなと思ったら、この弁当箱、深さが6cmもあり、それなりの量が入っていた。
味は実にいい。

通常、トンボ撮影時の昼食は、コンビニのパンとしたものだが、今日は特別食。

特別食を食べた後は、トンボの撮影。
♂はよく見かけるが、非常に敏感でなかなか近づけない。

20181025#02WEB
トンボ科 オナガアカネ Sympetrum cordulegaster ♂
2018年10月25日、京都府

20181025#03WEB
トンボ科 オナガアカネ Sympetrum cordulegaster ♂
2018年10月25日、京都府

20181025#04WEB
トンボ科 オナガアカネ Sympetrum cordulegaster ♀
2018年10月25日、京都府
♀は珍しい。
数は非常に少ない。
正面からの写真なので、産卵管が見えない。

20181025#05WEB
トンボ科 オナガアカネ Sympetrum cordulegaster ♀
2018年10月25日、京都府

赤色型の♀。
産卵管が長い。

この後も♀を探したが、見つからず。

帰りはまた、阪急川西能勢口まで送ってもらって、トンボ仲間と別れ、阪急梅田駅へ。

そこからまた歩いて南森町まで帰り、夕食は昨日と同じ店で、注文したのはこれ。
20181025#06WEB
今日もタマゴかけご飯。
チェンマイでは食べられないからね。

20181025#07WEB
牛肩カルビ定食、タマゴかけご飯共々おいしくいただいた。

今日は南森町から梅田まで往復を歩いたし、トンボの撮影でもかなりの距離を歩いている。
スマホのアプリを見ると、今日は12181歩歩き、その距離は8.5kmと出ている。

この数値が正確だとして、これだけ歩いておれば、今夕程度の食事は許されるのだろう。





2018/06/15

日本のトンボ撮影

昨日、カメラ用レンズ・マイクロニッコール200mmの修理予定を宿泊先にFAXしてもらうよう、ニコンサービスセンターに依頼しておいたので、今日は朝から大阪のトンボ仲間とトンボの撮影に出かけた。

今回の日本一時帰国は、レンズの修理とチェンマイに送る荷物のチェックが主目的だったので、持ち帰ったレンズはズームレンズのみ。90mmのマクロレンズはトンボ仲間に借りた。

待ち合わせ場所は阪急川西能勢口で午前7時過ぎ。
日本時間午前7時は、チェンマイ時間午前5時。

眠いのを我慢して阪急梅田駅へ。

20180614#01WEB

ここで午前6時45分発の急行で川西能勢口まで行き、大阪のトンボ仲間、YさんとNさんと合流。
Yさんとは一時帰国した時にはほぼ毎回会っているが、Nさんに会うのは十年ぶりだろうか。

撮影ポイントに着き、川面を見ていたら大型のサナエトンボが草にとまった。
20180614#02WEB
サナエトンボ科 コオニヤンマ Sieboldius albardae ♀ 
2018年6月14日、兵庫県
コオニヤンマは体全体の大きさに対して、頭部が小さくちょっとアンバランス。
Nさんがオナガサナエの羽化殻を見つけて持ってきてくれた。
20180614#03WEB
その羽化殻を川岸に置いていたら、面白いことが起こった。

アオサナエがその羽化殻にとまった。
20180614#04WEB
サナエトンボ科 アオサナエ Nihonogomphus viridis ♂

アオサナエを撮ったのは20年ぶりだろう。

次いで飛んで来たのがキイロサナエの♂。
20180614#05WEB
サナエトンボ科 キイロサナエ Asiagomphus pyeri
2018年6月14日、兵庫県
近くに見えるのは、オナガサナエの羽化殻。

これはキイロサナエの♀
20180614#06WEB
サナエトンボ科 キイロサナエ Asiagomphus pyeri
2018年6月14日、兵庫県
卵塊を排出している。

草むらにいたタベサナエ。
20180614#07WEB
サナ エトンボ科 タベサナエ Trigomphus citimus tabei
2018年6月14日、兵庫県

20180614#08WEB
イトトンボ科 クロイトトンボ Paracercion calamorum
2018年6月14日、兵庫県

20180614#09WEB
トンボ科 ハッチョウトンボ Nannophya pygmaea
2018年6月14日、兵庫県
成熟♂
全長2cmほどで世界でもっとも小さなトンボの部類に属する。
写真ではその大きさがわからないので、野外で見るのが一番。

モウセンゴケが生えている湿地に生息する。

20180614#10WEB
トンボ科 ハッチョウトンボ Nannophya pygmaea
2018年6月14日、兵庫県
未熟♂

20180614#11WEB
トンボ科 ハッチョウトンボ Nannophya pygmaea
2018年6月14日、兵庫県
成熟♀

午前中の撮影を終え、食事へ。
並べてある惣菜から好きなものを選ぶシステム。
20180614#12WEB
この方式は自分の好きな惣菜が選べるのがいい。

ブログに掲載するために、大阪のトンボ仲間のYさんとNさんを撮らせてもらった。
ちょっと表情が硬いが、これがトンボを前にすると笑顔だらけ。

この後、モートンイトトンボを撮って今日の撮影を終えたが、撮影ポイントを熟知しているトンボ仲間の案内で、効率的な撮影が出来た。





2018/06/07

番外編:日本のトンボ:ムカシヤンマ Tanypteryx pryeri

梅雨の中休みで雨がやんで、時々晴れ間が見えるので、大阪のトンボ仲間Yさんとに堺市のムカシヤンマを見に行った。
待ち合わせ場所は、大阪メトロ・御堂筋線・中百舌鳥(なかもず)駅6番出口。

午前11時に着くと、トンボ仲間Yさんが車で迎えに来てくれていた。
食事を済ませてから、ムカシヤンマのポイントへ。

Yさんが準備してくれた長靴をはき、これまた準備してくれたイスに腰掛け、飛んで来るのを待つ。
日が差すとムカシヤンマが飛んできた。

20180607#01WEB
ムカシヤンマ科 ムカシヤンマ Tanypteryx pryeri
June 6, 2018, Sakai, Osaka
原始的な特性を持つ日本固有種

20180607#02WEB
ムカシヤンマ科 ムカシヤンマ Tanypteryx pryeri
June 6, 2018, Sakai, Osaka

20180607#03WEB
ムカシヤンマ科 ムカシヤンマ Tanypteryx pryeri
June 6, 2018, Sakai, Osaka

20180607#04WEB
ムカシヤンマ科 ムカシヤンマ Tanypteryx pryeri
June 6, 2018, Sakai, Osaka

20180607#05WEB
ムカシヤンマ科 ムカシヤンマ Tanypteryx pryeri
June 6, 2018, Sakai, Osaka
白いものによくとまる。

20180607#06WEB
斜面の水が滴り落ちる穴の中に幼虫はいる。
その幼虫を探しているYさん。
時期的にちょっと遅いので、幼虫はみつからず。