主にチェンマイのトンボとチョウ、それにチェンマイの日常の写真
二ヶ月ぶりのドイステープ
今日もさえない天気だったが、午前10時過ぎからドイステープへ行ってみた。
5月上旬に行って以来、久しくご無沙汰している。

天気はちょっと回復傾向にあったが、標高1100m地点は、雲が多く晴れ間はなし。
雨が降っていないだけでもよしとしなければ。

20170706#01WEB
ここらは想像を絶する風が吹き、雨が降ったようで、直径20cmもある木が倒れている。
かつての細流は上流から流されてきた土砂によって埋まり、新たな流れができていた。

トンボの発生にとっては、新たな流れの方が適しているように思う。
これでもっと水深が深くなれば言うことはないが。

ダメもとでトンボを探してみた。
ベトナムならばこの程度の天気ならばトンボはたくさん出てきている。
まあしかし、ないものねだりをしてもしょうがない。

そんな願いが通じたのか、ここの常連さんが姿を見せた。

20170706#02WEB
ヤマイトトンボ科 Burmargiolestes melanothorax ♂
July 6, 2017, Doi Suthep, Chiang Mai

見たのはこのトンボだけ。

撮影は30分ほどで終わり、そのままバイクでKad Suan Kaewのクーポン食堂でカオ・マンガイ・ルアムの昼食を済ませ、TOPSで食材を調達して帰ると言う、いつものパターン。




スポンサーサイト
ヤマイトトンボ科 Burmargiolestes melanothorax
久しぶりにトンボの写真だ。
5月に入ってから姿を見せ始めた。顔のオレンジ色が特徴的だ。
個体数は多くない。

May8,2013
May8,2013,Doi Suthep,Chiang Mai

May10,2013
May10,2013,Doi Suthep,Chiang Mai

May12,2013
May12,2013,Doi Suthep,Chiang Mai

May14,2013
May14,2013,Doi Suthep,Chiang Mai

June8,2013
June8,2013,Doi Suthep,Chiang Mai
雨期には珍しく朝から天気が良かったので、ドイステップへ行ってみた。
見たトンボは、このBurmargiolestes melanothorax とカワトンボの仲間 Mnais andersoni、タイワンオオシオカラ、キイトトンボの仲間のみ。

#02WEB
June 28,2013,Doi Suthep,Chiang Mai
♂の縄張り争い。

20140508#13WEB
May 8,2014,Doi Suthep,Chiang Mai
♂のオレンジ色の顔は特徴的だ。

20140710#6WEB
July 10,2014,Doi Suthep,Chiang Mai

20150608#3WEB
June 8,2015,Doi Suthep, Chiang Mai

20150608#4WEB
June 8,2015,Doi Suthep, Chiang Mai
♀は初めて撮った。

20150608#5WEB
June 8,2015,Doi Suthep, Chiang Mai
朽木に産卵している♀。

20150610#1WEB
June 10,2015, Doi Suthep, Chiang Mai
接泥産卵している♀。



ヤマイトトンボ科 Rhinagrion mina ??
非常に敏感なトンボで、なかなか近づけない。

May1,2004,ChiangDao
May1, 2004, Chiang Dao, Chiang Mai
チェンダオでは下流から飛んできて枝にとまり、数秒後には飛び去った。

May2,2008,Nan
May2, 2008, Nan

20140520#04WEB
May 20, 2014, Chiang Dao, Chiang Mai

【追記】
ここでは名前を Rhinagrion mima としているが、Rhinagrion viridatum の可能性大。
以下、同様。

20160412#17WEB
April 12, 2016, Chiang Dao

20160412#18WEB
April 12, 2016, Chiang Dao

20160412#19WEB
April 12, 2016, Chiang Dao




Copyright © 2017 清邁極楽蜻蛉 Odonata in Thailand. all rights reserved.