主にチェンマイのトンボとチョウ、それにチェンマイの日常の写真
アゲハチョウ科 アオスジアゲハ Graphium sarpedon
日本でもよく見かけるアオスジアゲハ。

March1,2012
March 1,2012 at Doi Suthep,Chiang Mai

Apr1,2012
Apr.1,2012 at Doi Suthep,Chiang Mai

Feb8,2011
Feb.8,2011 at Doi Suthep,Chiang Mai

Feb19,2011
Feb.19,2011 at Doi Suthep,Chiang Mai
左:オナガタイマイGraphium antiphates

June18,2010
June 18,2010 at Doi Suthep,Chiang Mai
右:ミカドアゲハGraphium doson

20150219#10WEB
Feb.19,2015, Doi Suthep, Chiang Mai
初めて撮ったポンピング。

20150328#6WEB
March 28,2015, Doi Suthep, Chiang Mai



スポンサーサイト
サナエトンボ科 Asiagomphus xanthenatus xanthenatus
2000ー2005年の写真はニコンF3、F5,フジクロームベルビアで撮ったものだ。デジタルカメラ全盛の今となっては懐かしい思い出のある写真だ。

May-2-2000-#0
May 2,2000 at Doi Suthep,Chiang Mai

May-2-2000-#1
May 2,2000 at Doi Suthep,Chiang Mai

Apr-29-2002.jpg
Apr.29,2002 at Chiang Dao,Chiang Mai

May-9-2005-#0
May 9,2005 at Chiang Dao,Chiang Mai

May-20-2005.jpg
May 20,2005,at Chiang Dao,Chiang Mai

20140617#7WEB
June 17,2014,Chiang Dao,Chiang Mai

20140617#15WEB
June 17,2014,Chiang Dao,Chiang Mai
♂の尾部付属器




トンボ科 Trithemis aurora ベニトンボ
May 16 2005 Wang Tarn Thorn WF
May 16,2005 at Wang Tarn Thorn Forest Park,Chiang Rai

May13 2009
May 13,2009 at Nan

Sept20-2010-#1
Sept.20,2010 at Doi Suthep,Chiang Mai
♀の産卵を警護する♂
アゲハチョウ科 オナガタイマイ Graphium antiphates
このチョウも実に綺麗だ。

Feb-19-2011.jpg
Feb.19,2011 at Doi Suthep,Chiang Mai

March-3-2011.jpg
尾の部分がちぎれているが、なくても生活には支障がない(?)
Marc 3,2011 at Doi Suthep,Chiang Mai

Apr-2-2011.jpg
左はノミウスオナガタイマイ Graphium nomius
Apr.2,2011 at Doi Suthep,Chiang Mai

June 18 2010
手前はミズアオマダラタイマイ Graphium xenocles
June 18,2010 at Doi Suthep,Chiang Mai
蝶の和名は The Butterflies of Thailand タイ国の蝶 Vol.1(木曜社発行)による。

20140307#7WEB
March 11,2014,Doi Suthep,Chiang Mai
グリーン味の薄い個体。

20140314#2WEB
March 14,2014,Doi Suthep,Chiang Mai
やけに白い個体。

20150212#09WEB
Feb.12,2015, Doi Suthep, Chiang Mai
ポンピング(チョウが体を冷やすために、口吻から水を吸い上げ、お尻から排出する行動のこと、吸水しミネラルなどを摂取した後、余分な水分を体外に排泄しているとも言われている)。



ヤンマ科 ムモンギンヤンマ Anax immaculifrons
2008年からファイケーオの滝(Huay Kaew Waterfall)で撮り続けている。

#001Sept10 2008
Sept.10,2008 at Doi Suthep,Chiang Mai

#003Sept19 2008 (2)
Sept.19,2008 at Doi Suthep,Chiang Mai

#002Sept 19 2008
Sept.19,2008 at Doi Suthep,Chiang Mai

#004sept25-2008
Sept.25,2008 at Doi Suthep,Chiang Mai

#005-1Sept30 2008
Sept.30,2008 at Doi Suthep,Chiang Mai

#005Oct4 2008
Oct.4,2008 at Doi Suthep,Chiang Mai

#006Oct14 2008 (2)
Oct.14,2008 at Doi Suthep,Chiang Mai

#007Oct14 2008
Oct.14,2008,at Doi Suthep,Chiang Mai

#008-1Oct18 2008
Oct.18,2008 at Doi Suthep,Chiang Mai

#008-2Nov-3-2008
Nov.3,2008,at Doi Suthep,Chiang Mai

#008Oct17 2009
Oct.17,2009 at Doi Suthep,Chiang Mai
♀は極めて少ない

#009 Oct29 2009
Oct.29,2009 at Doi Suthep,Chiang Mai

Aug24,2010#1
Aug.24,2010 at Doi Suthep,Chiang Mai

Aug24,2010
Aug,24,2010,at Doi Suthep,Chiang Mai
上にとまっているのはベニトンボTrithemis aurora

#010Nov10 2010
Nov.10,2010 at Doi Suthep,Chiang Mai

#012-1Sept20 2012
Sept.20,2012 at Doi Suthep,Chiang Mai
ベニトンボ Trithemis auroraを捕食。

#011Sept20 2012 (2)
Sept.20,2012 at Doi Suthep,Chiang Mai

#012Sept20 2012 (3)
Sept.20,2012 at Doi Suthep,Chiang Mai


20140501#6WEB
May 1,2014,Doi Suthep,Chiang Mai
例年3,4月、9,10月に見られるのだが、2013年3月に見たのが最後、ドイステープで見ていない。
それが、今日(2014年5月1日)見ることができた。

20140512#2WEB
May12,2014,Doi Suthep,Chiang Mai
待望の♀。

しかし、この写真を最後に、ドイステープでムモンギンヤンマを見ていない。
著しい環境の変化があったと言うわけでもない。
ドイステープのミステリーだ。

20161011#01WEB
Oct.11, 2016, Doi Suthep, Chiang Mai
二年半ぶりのムモンギンヤンマだ。

20161011#02WEB
Oct.11, 2016, Doi Suthep, Chiang Mai

20161011#03WEB
Oct.11, 2016, Doi Suthep, Chiang Mai

20161018#01WEB
Oct.18, 2016, Doi Suthep, Chiang Mai

20161018#02WEB
Oct.18, 2016, Doi Suthep, Chiang Mai

20161018#03WEB
Oct.18, 2016, Doi Suthep, Chiang Mai

20161018#04WEB
Oct.18, 2016, Doi Suthep, Chiang Mai
水深が30cm以上ありそうな流れの上を飛んだり、ホバリングしたり。

็ファイケーオの滝で見られなくなったのは、広場の水のタマリ部の水深が、堆積した砂で浅くなったためではなかろうか。

20161019#03WEB
Oct.19, 2016, Doi Suthep, Chiang Mai

20161022#01WEB
Oct.22, 2016, Doi Suthep, Chiang Mai

20170920#01WEB
Sept 20, 2017, Doi Suthep, Chiang Mai

20170920#02WEB
Sept 20, 2017, Doi Suthep, Chiang Mai

20170925#01WEB
Sept.25, 2017, Doi Suthep, Chiang Mai

20170925#02WEB
Sept.25, 2017, Doi Suthep, Chiang Mai

捕食されているチョウは、タテハチョウ科 Euploea core.







アゲハチョウ科 ミカドアゲハ Graphium doson
ファインダー越しに見るこのチョウの翅は螺鈿細工のような美しさがある。ただ、それを写真に撮るのは非常に難しい。

June-18-2010.jpg
June 18,2010 at Doi Suthep, Chiang Mai
左はアオスジアゲハ Graphium sarpedon

Feb-10-2011.jpg
Feb. 10,2011 at Doi Suthep, Chiang Mai

Feb-25-2011.jpg
Feb. 25,2011 at Doi Suthep, Chiang Mai
右奥:コモンマダラ Tirumala septentrionis、左奥:ミズアオマダラタイマイ Graphium xenocles、ミカドアゲハの後ろ2頭はキロンタイマイ Graphium chironides

March-7-2011-#1
March 7,2011 at Doi Suthep, Chiang Mai
左はキロンタイマイ Graphium chironides、中央;キベリアゲハChilasa clytia

March-7-2011.jpg
March 7,2011 at Doi Suthep, Chiang Mai

March-24-2011.jpg
March 24,2011 at Doi Suthep, Chiang Mai
右から二番目はキロンタイマイGraphium chironides

#3
April12,2013,Doi Suthep,Chiang Mai
ミカドアゲハ Graphium dosonの♀、非常に珍しい♀が撮れたのはラッキーとしか言いようがない。

20160323#1WEB
March 23, 2016, Doi Suthep, Chiang Mai

20160323#2WEB
March 23, 2016, Doi Suthep, Chiang Mai




タテハチョウ科 フタオチョウ Polyura eudamippus
タテハチョウ科の大型のチョウで、吸水している時の姿からは想像できないほど、高速で飛翔する。

March22 2011
March 29,2011 at Doi Suthep,Chiang Mai

Feb27 2012 (2)
Feb.27.2012 at Doi Suthep,Chiang Mai

Feb27 2012
Feb.27.2012 at Doi Suthep,Chiang Mai

March29 2012
March 29,2012 at Doi Suthep,Chiang Mai

Apr2 2012
Apr.2,2012 at Doi Suthep,Chiang Mai
左:オナガタイマイ Graphium antiphates

Apr2-2012(4).jpg
Apr.2,2012 at Doi Suthep,Chiang Mai
手前:ウスイロフタオチョウ Polyura dolon

Apr2-2012-(2).jpg
Apr.2,2012 at Doi Suthep,Chiang Mai
フタオチョウの後ろに隠れているのはオナガタイマイ Graphium antiphates
左:アオスジアゲハ Graphium sarpedon、手前:キロンタイマイ Graphium chronides

Apr2 2012 (3)
Apr.2,2012 at Doi Suthep,Chiang Mai





サナエトンボ科 Amphigomphus somnuki
尾部付属器が特徴的なサナエトンボ。

Amphigomphus somunuki-2 for BLOG
May 7,2004, at Doi Inthanon,Chiang Mai

Amphigomphus somunuki-1 for BLOG
May 9,2004, at Doi Inthanon,Chiang Mai

May7,2004 Siribhume-1 for BLOG
May 7,2004, at Doi Inthanon,Chiang Mai

DSC_0053 for BLOG
May 7,2004, at Doi Inthanon,Chiang Mai

20140714#5WEB
July 14,2014,Doi Suthep,Chiang Mai
産卵。
ホバリングしながら卵塊を排出し、ある程度卵塊が大きくなったら打水産卵。

20140714#4WEB
July 14,2014,Doi Suthep,Chiang Mai

20160507#01WEB
May 7, 2016, Doi Inthanon, Chiang Mai

20160507#02WEB
May 7, 2016, Doi Inthanon, Chiang Mai

20160507#03WEB
May 7, 2016, Doi Inthanon, Chiang Mai





アゲハチョウ科 キシタアゲハ Troides aeacus
チェンマイで初めてみたキシタアゲハだ。その大きさに感動した。

「ヒラヒラ」ではなく、「パタパタ」と音を立てて飛ぶチョウがいることを教えてくれた。
私にとっては実に新鮮な感動であった。

Sept 29 2009#1
Sept.29,2009 at CMU,Chiang Mai
チェンマイ大学構内で撮った。

Sept29 2009
Sept.29,2009 at CMU,Chiang Mai

March 16 2010
March 16,2010 at Doi Suthep,Chiang Mai

Oct 4 2010
Oct.4,2010 at Doi Suthep,Chiang Mai
見る角度によって翅がハート型に見えた。

Feb22 2011
Feb.22,2011 at Doi Suthep,Chiang Mai

March 10 2011
March 10,2011 at Doi Suthep,Chiang Mai

March-22-2011.jpg
March 22,2011 at Doi Suthep,Chiang Mai

20141027#2WEB
Oct.27,2014, Doi Suthep, Chiang Mai
吸水中のメス

20150223#02WEB
Feb.23,2015, Doi Suthep, Chiang Mai
吸水には来ないと言われているメスだが、こうも暑いとそうも言っておれないようだ。

20160315#07WEB
March 15, 2016, Doi Suthep, Chiang Mai
飛んでいる姿は迫力がある。




サナエトンボ科 Macrogomphus matsukii
May12,2005-Chiang-Dao
May 12,2005 at Chiang Dao,Chiang Mai

May9,2005-Chiang-Dao
May 9,2005,at Chiang Dao,Chiang Mai
卵塊がある程度大きくなると水面で打水産卵。

May 4 2009
May4,2009 at Phrae

Macrogomphus-matsukii-3.jpg
May4,2009 at Phrae

Macrogomphus-#1
May4,2009 at Phrae

20090504#1WEB
May4,2009 at Phrae

この小川では、Macrogomphus matsukii、Macromia sp.、ヒメハナダカトンボ(Liballago lineata)が多数見られたが、この年以降、トンボはまったく見られなくなった。




ボーサンアンブレラフェスティバル2013 Bosang Umbrella Festival
1月18日(金)~1月20日(日)、チェンマイ近郊ボーサンでカサ祭りが開催された。

ボーサンへは、チェンマイのワロロット市場から白いソンテオに乗って30分ほど。

開会式は午後6時から、日中は暑いので夕方の開会式となったのだが、この開会式を見るためには、帰りの車の手配をしておくか、ボーサンでの宿泊先を手配しておくかだが、宿泊先を手配しておき、道路沿いの屋台でおいしそうな食べ物を見つけて食べるのも、楽しみの一つだ。

DSC_1656-Umbrella#2

DSC_7471.jpg

DSC_7419.jpg

DSC_7435.jpg

DSC_7438-for-BLOG.jpg

DSC_7441.jpg

お祭りはどこでもそうだが、活気がある。それがいい。
それに、チェンマイのお祭りは花を惜しげもなく使うところがいい。プチ贅沢と言ったところか。
エゾトンボ科 Macromia moorei
Macromia属のトンボは、とまっている所を探すのは非常に難しい。

なので、写真を撮る時は、小川などに産卵に来た時を狙うか、♂がパトロールしている時を狙うのがいい。

Macromia 6 for BLOG
May 7,2004 at Doi Inthanon,Chiang Mai

Macromia4.jpg
May 7,2004 at Doi Inthanon,Chiang Mai

Macromia7.jpg
May 7,2004 at Doi Inthanon,Chiang Mai

Macromia moorei #1 for BLOG
Macromia moorei(?)
Sept.20,2010 at Doi Suthep,Chiang Mai

20160405#18WEB
April 5, 2016, Doi Suthep, Chiang Mai





ヤンマ科 Polycanthagyna erythromelas
ドイインタノンの木々にかこまれた薄暗い場所の、直径1mほどの水溜り上のせり出した岩肌(コケは生えていたが乾燥していた)で産卵行動が見られた。

Apr28,2003 Siribhume169-2 for BLOD
Apr.28,2003 at Doi Inthanon,Chiang Mai

Indaeschna grubaueri 2 for BLOG
Apr.28,2003 at Doi Inthanon,Chiang Mai
♀の産卵

May16,2005-Wang-Tarn-Thorn
May 16,2005 at Wang Tarn Thorn Waterfall Forest Park,Chiang Rai
♀の産卵

DSC_0031.jpg
Wang Tarn Thorn Waterfall Forest Park(=Wang Pa Tak Waterfall)
名前がWang Tarn Thorn Waterfall Forest Park に変更され、整備されてからかつてのうっそうとした雰囲気がなくなってきたのは残念だ。

Indaeschna grubaueri 4 for BLOG
Apr.28,2003 at Doi Inthanon,Chiang Mai

Indaeschna grubaueri for BLOG
Apr.28,2003 at Doi Inthanon,Chiang Mai

Indaeschna grubaueri 5 for BLOG
Apr.28,2003 at Doi Inthanon,Chiang Mai

【追記】このトンボは Indaeschana grubaueriとしていたが、 Polycathagyna erythromelas だったので、訂正する(2013/10/12)。Indaeschna grubaueri は南タイに生息しているようだ。

DSC_2751#1WEB
Oct.11,2013,Doi Suthep,Chiang Mai
10年ぶりだ。

DSC_2875WEB.jpg
Oct.15,2013,Doi Suthep,Chiang Mai

DSC_2819WEB.jpg
Oct.15,2013,Doi Suthep,Chiang Mai

DSC_2871WEB.jpg
Oct.15,2013,Doi Suthep,Chiang Mai。

DSC_2837WEB.jpg
Oct.15,2013,Doi Suthep,Chiang Mai

DSC_2929#1WEB
Oct,16,2013,Doi Suthep,Chiang Mai
♀の産卵。

Nov3#1WEB
Nov.3,2013,Doi Suthep.Chiang Mai
撮ってくくれと言わんばかりに、目に前でホバリングをしだした。で、撮ってやった。

DSC_3188WEB.jpg
Nov.3,2013,Doi Suthep,Chiang Mai
この枝が好きなようで、よくとまる。

DSC_3332WEB.jpg
Nov.7,2013,Doi Suthep,Chiang Mai
メスが産卵にやってきた。

DSC_3336WEB.jpg
Nov.7,2013,Doi Suthep,Chiang Mai
これは同じ個体。

DSC_3338WEB.jpg
Nov.7,2013,Doi Suthep,Chiang Mai
メスが飛び去った後にオスがやってきた。

DSC_3386#1WEB
Nov.8,2013,Doi Suthep,Chiang Mai
今週末は天気が崩れそうなので、撮り納めだ。

20131202#2WEB
Dec.2,2013,Doi Suthep,Chiang Mai
師走にトンボは似つかわしくないが、そこはチェンマイ、師走でもトンボはいた。

20131202#4WEB
Dec.2,2013,Doi Suthep,Chiang Mai
♂の腹部に見られる青い部分は成熟しても消えることはないようだ。識別ポイントとなるのではないか。

20141013#4WEB
Oct.13,2014,Mae Sa Waterfall, Mae Rim,Chiang Mai

20141013#5WEB
Oct.13,2014,Mae Sa Waterfall, Mae Rim,Chiang Mai

20141110#5WEB
Nov.10,2014, Doi Suthep, Chiang Mai

20141110#6WEB
Nov.10,2014, Doi Suthep, Chiang Mai

20141110#7WEB
Nov.10,2014, Doi Suthep, Chiang Mai
この枝は好みのようで昨年もここで休止していた。



アゲハチョウ科 レテノールアゲハ Papilio alcmenor
ファイケーオの滝(Huay Kaew Falls)で撮った。

ここで見られる頻度は少ないが、なかなかきれいなチョウだ。

DSC_2385 for BLOG
Feb.23,2012 at Doi Suthep,Chiang Mai

DSC_2405 for BLOG
Feb.23,2012 at Doi Suthep,Chiang Mai

20130303#1WEB
Mar.3,2013, Chiang Dao, Chiang Mai

20140301#7WEB
March 1,2014, Doi Suthep, Chiang Mai

20150217#06WEB
Feb.17,2015, Doi Suthep, Chiang Mai

20150217#08WEB
Feb.17,2015, Doi Suthep, Chiang Mai

20150224#3WEB
Feb.23,2015, Doi Suthep, Chiang Mai

20160414#1WEB
Apr.14, 2016, Doi Suthep, Chiang Mai

20160414#2WEB
Apr.14, 2016, Doi Suthep, Chiang Mai




ヤンマ科 Heliaeschna uninervulata
168 for BLOG
May 5,1998 at Monthatarn Waterfall,Chiang Mai
黄昏時、目の前の木立に次から次へと飛んできて休息していた。最初で最後の経験だった。

May5,1998 Monthatarn-1 for BLOG
May 5,1998 at Monthatarn Waterfall,Chiang Mai

Heliaeschna uninervulata-11 for BLOG
May 6,2008 at Chiang Dao,Chiang Mai
日中、道路脇の小さな水溜りの上の薄暗い木立の中で休息中。



ヤンマ科 Tetracanthagyna waterhousei トゲオヤンマ
♂を見る機会は極めて少ない。午後、薄暗い水の枯れた沢で休息していた。

Tetracanthagyna waterhousei-1 for BLOGH
Apr.29,2001 Wang Pa Tak(=Wang Tarn Thorn) Waterfall,Chiang Rai

Tetracanthagyna waterhousei-2 for BLOG
Apr.29,2001 Chiang Dao,Chiang Mai

173 for BLOG
Apr.29,2001 Chiang Dao,Chiang Mai

Tetracanthagyna waterhousei 31 for BLOG
May 12,2005 Chiang Dao,Chiang Mai
細流の朽木で産卵。

24ChiangDao-3 for BLOG
画面左の朽木で産卵していた。




アゲハチョウ科 アゲテスオナガタイマイ Graphium agetes
カメラのファインダー越しに見るこのチョウの羽は、真珠のような輝きがあり実に美しい。

Graphium agetes (7) for BLOG
Feb.1,2011 at Doi Suthep,Chiang Mai

Graphium agetes (8) for BLOG
Feb.12,2011 at Doi Suthep,Chiang Mai
赤いワンポイントが薄い個体。

Graphium agetes (13) for BLOG
Apr.24,2012 at Doi Suthep.Chiang Mai

Graphium agetes (14) for mail
Apr.24,2012 at Doi Suthep,Chiang Mai

Graphium agetes 0001 for BLOG
Apr.23,2012 at Doi Suthep,Chiang Mai

20140401#2WEB
Apr.1,2014,Doi Suthep, Chiang Mai
カラカラに乾ききった岩盤に水を撒いたらしばらくして吸水にきたアゲテスオナガタイマイ。
ただ、吸水の方法がちょっと変。倒立して吸水している。

あまりにも不自然な格好なので、何かトラブルにでも巻き込まれたのかと思い手を伸ばしたら、飛び去った。

20140522#7WEB
May 22,2014, Doi Suthep, Chiang Mai

20150203#6WEB
Feb.3,2015, Doi Suthep, Chiang Mai
右のチョウのように、頭頂部の赤味が少ないあるいはない個体がいる。

20150205#07WEB
Feb.5,2015, Doi Suthep, Chiang Mai



サナエトンボ科 Sinictinogomphus clavatus
当時、チェンセン湖には数多く見られた。

June1 2007
June 1,2007 at Chiang Saen Lake, Chiang Rai

May19,2005 ChiangSaen Lake-5
May 19, 2005 at Chiang Saen Lake, Chiang Rai
たまたま目の前に交尾態がとまった。

May19,2005 ChiangSaen-1 Lake-4
May 19, 2005 at Chiang Saen Lake, Chiang Rai
産卵。
卵を含む粘着質の糸が見える。

DSC00009 for BLOG
May 20, 2006 Chiang Saen Lake

DSC00010 for BLOG
May 20, 2006 Chiang Saen Lake

この頃はハスの群落があったが、2010年頃から大繁殖したホテイアオイが開水面を覆いつくし、ハスは池の端に追いやられてしまった。2010年以降、この湖でSinictinogomphus clavatusは見ていない。

20140816#7WEB
Aug 16,2014,Huay Tueng Tao,Chiang Mai
チェンマイでは初めて撮った。





ヤンマ科 Planaeschna chiengmaiensis
チェンマイに最初に来た時の写真。ポジフィルムの写真をスキャナーで取り込んだ。

黄昏時に、目の前の木立に無数の Heliaeschna uninervulata が入れ替わり立ち替わり、飛んできてとまってはまた飛び去る。その光景は夢のような、今は昔の話だが、それらのヤンマの中に混じっていた。

Planaeschna chiengmaiensis for BLOG
May 5,1998 at Doi Suthep,Chiang Mai




タテハチョウ科 ウスイロフタオチョウ Polyura dolon
3月下旬から4月上旬、チェンマイ・ファイケーオの滝にて

DSC_3942 for BLOG
March 29, 2012 at Huay Kaew Waterfall,Chiang Mai

DSC_3742 for BLOG
April 2,2012 at Huay Kaew Waterfall,Chiang Mai

Polyura dolon for BLOG
April 2,2012 at Huay Kaew Waterfall,Chiang Mai



サナエトンボ科 Onychogomphus sp.
5月下旬頃からチェンダオで見られる。
Onychogomphus risi-1
May 23, 2005 at Chiang Dao, Chiang Mai

May24,2005 Chiang Dao
May 24, 2005 at Chiang Dao, Chiang Mai

♀は水面上1.5mの高さから産卵していた。
Onychogomphus risi-2
May 25, 2005 at Chiang Dao, Chiang Mai

【追記】2014/06/24
Onychogomphus属はいろいろな特徴を持った種を一まとめにした大きな属で、その後、その特徴によって新たな属に再分類されている。
それからすると、このOnychogomphus risiはLamelligomphus risi とするのがいいかもしれない

20140628#07WEB
June 28,2014,Chiang Dao,Chiang Mai

20140628#08WEB
June 28,2014,Chiang Dao,Chiang Mai

20140628#09WEB
June 28,2014,Chiang Dao,Chiang Mai

20140628#10WEB
June 28,2014,Chiang Dao,Chiang Mai

20141004#3WEB
Oct.4,2014,Chiang Dao,Chiang Mai
腹部第8節あたりに何かついている。なんだろう。
老熟個体だが、10月に見られたのはちょっと驚き。

20141004#4WEB
Oct.4,2014,Chiang Dao,Chiang Mai

20150925#1WEB
Sept.25,2015, Chiang Dao, Chiang Mai



チェンマイで餃子が食べたくなったら
チェンマイで餃子が食べられる店に行ってみたので、行った順番に紹介する。
店により味に多少の差はあるが、いずれも実においしかった。


美味餃子館

チェンマイ大学正門前にある店。
水餃子だけで、一皿50と60B。
「三鮮水餃」は中に入っているエビの食感が非常にいい。
sansen.jpg



餃子館「金餃」
市民競技場前にある店。
水餃子と焼き餃子がある。具材も数種類ありいろんな味を楽しめる。
お奨めは豚肉とトウモロコシの入った焼き餃子で、一皿55B,水餃子ならば一皿50B。
Jiaozi.jpg

DSC_7211 for mail



台灣小吃館

ガードスアンケーオ近くのチェンマイロッジ一階にある店。
水餃子70B,焼き餃子80B。
他の店に比べるとやや高め。日本語情報誌「ちゃ~お」が置いてある。

DSC_7087 for mail

DSC_7286 for mail



YY小館
チェンマイ東南部、チェンマイランドにあり、なぜか店内は洋菓子店風雰囲気。
チェンマイ市内からはちょっと遠いのが難点。

ワロロット市場から青色のソンテオでラジャベー病院近くまで行き、そこから歩いて15分程度。
ラジャベー病院近くの橋を渡り、T字路を右へ5分ほど行ったArantara Hotel の斜め前の路地を進むと大通り。大通りを右へ進むと、道路の左手にチェンマイランドがある。

チェンマイランドに入ってから数分歩いたところにある。水餃子、焼き餃子共にあるようだ。

餃子一皿40Bはチェンマイ最安値か、色つき餃子もあったが、注文したのは普通の水餃子。
水餃子の入れてある器と、タレの中に超極細のキザミショウガが入っていたのはなかなかいい。

DSC_7336 for BLOG

店内で洋菓子っぽい「老婆餅」、1個22Bを買ってみた
表面の皮はクロワッサン風、バター風味とほのかな甘味、ねばりがあり、なかなかうまい。これもお奨め。
「老婆餅」の意味を後で調べたら「妻のケーキ」と言う意味だった。名前と味がここで一致した。

【追記】
昔、重い病になり、何も口にできなくなった夫のために、妻は餅を作った。それを食べると夫は元気になったということで、その妻の作った餅として「老婆餅(ラオポービン)」が誕生したそうだ。

7340.jpg



大勇雲南麺館
ここのお店はチェンマイで餃子が食べたくなったから、ちょっと行って来るというわけにはいかない。
場所は、チェンマイの北、チェンダオからドイアンカーンへ向かう途中のアルノータイ中国村にある。
手作り餃子で、一人前8個入りで30B、焼き餃子のみで、生餃子の持ち帰りもできる。
近くならば、毎日でも行きたいお店だ。

DSC_9591WEB.jpg


DSC_9594WEB.jpg


DSC_9593WEB.jpg
あまりうまそうには撮れていないが、味は保証つき。三人前は食べられる。




ロット・ディー
チェンマイにある日本語情報誌CHAOちゃ~お240号で紹介されていたお店。
餃子があると知り、早速、食べに行った。スリウォンブックセンター近くの角を南へ行った道路の右側にあった。

DSC_0104.jpg

10個40B、注文したのは20個入り。
難なく胃袋におさまり一件落着。
「焼餃子にまずいものなし」の格言(自作の格言なのだが)通り、この餃子もアロイチンチン。


エゾトンボ科 Macromia chaiyaphumensis
9年前にチェンダオで撮った写真。

マクロミアの中では比較的多く見られた種類だが、今はどうだろうか。

DSC_0002#10 for BLOG
May 3,2004 at Chiang Dao, Chiang Mai

Macromia chaiyaphumensis for BLOG
May 3,2004 at Chiang Dao, Chiang Mai

May4 ChiangDao for BLOG
May 4,2003 at Chiang Dao,Chiang Mai

May23,2005-Chiang-Dao-2
May 23,2005 at Chiang Dao,Chiang Mai






ミナミイトトンボ科 Prodasineura autumnalis クロミナミイトトンボ
チェンマイでは、お堀周辺でもごく普通に見られるイトトンボ。

Prodasineura autumnalis for BLOG


Prodasineura autumnallis-3 for BLOG
May 2, 2008 at Chiang Mai

Prodasineura autumnalis-12 for BLOG

チェンマイの日本料理店
チェンマイで「サンマの塩焼きとシジミの味噌汁、白菜の漬物」が食べられるレストランはありませんかと問い合わせたら、サンマの塩焼きはあるかどうかわからないが、雰囲気の良い日本料理店と紹介されたお店の中の一つ。

チェンマイ旧市街の東、ピン河をはさんで、ワロロット市場の反対側、細い道を入って行くのだが、ちょっとわかりにくいが、キッチンハッシュという店だ。チェンマイの日本語情報誌「ちゃーおChao」にも掲載されている。

「サンマの塩焼きとシジミの味噌汁、白菜の漬物」はなかったが、「サバの味噌煮定食」があった。
盛り付け、味は申し分なし。見てきれい、味わっておいしいお店。

DSC_7440 for mail

これで「シジミの味噌汁」があれば言うことはないのだが、とはちょっと欲張りか。

アゲハチョウ科 アオスソビキアゲハ Lamproptera meges
このチョウを初めて見た時は、新鮮な感動があった。

透明な翅と長く伸びた尾、それにチョウらしくない飛び方、まるでハチが飛んでいるようだ。
普通のチョウが飛んでいる様子を「ヒラヒラ」と表現するならば、このチョウは「ブンブン」だ。「パタパタ」と飛ぶチョウもいるのが、面白い。

飛んでいる姿は、長く伸びた尾がまるで天女が羽衣をまとっているような優雅な雰囲気をかもしだしている。
ちょっと上品なチョウだ。

Lamproptera meges (3) for BLOG
Apr.2 2011 at Doi Suthep, Chiang Mai

Lamproptera meges (5) for BLOG
May 1,2012 at Doi Suthep, Chiang Mai

Lamproptera meges (8) for BLOG
March 19, 2012 at Doi Suthep, Chiang Mai

DSC_4019 for BLOG
Apr.2,2012 at Doi Suthep, Chiang Mai

Apr8,2013,DoiSuthep
Apr.8,2013,Doi Suthep,Chiang Mai
非常に小さなチョウがいると撮ってみたら、自慢の尾がちぎれてしまったアオスソビキアゲハだった。

#0007
Sept.23,2013,Huay Kaew Falls,Chiang Mai
吸水しミネラルなどを摂取した後、余分な水分を体外に排泄している。

20140304#70WEB
March 4,2014,Doi Suthep,Chiang Mai

20140306#06WEB
March 6,2014,Doi Suthep,Chiang Mai

20150212#08WEB
Feb,12,2015, Doi Suthep, Chiang Mai
リラックスした展翅状態。

20150929#3WEB
Sept.29,2015, Doi Suthep, Chiang Mai

20150929#4WEB
Sept.29,2015, Doi Suthep, Chiang Mai

20150930#8WEB
Sept.30,2015, Doi Suthep, Chiang Mai

20160310#12WEB
March 10, 2016, Doi Suthep, Chiang Mai




ハナダカトンボ科 Libellago lineata ヒメハナダカトンボ
チェンマイのお堀の中で見つけた。

今までは水草の多い流水域でしか見たことがなかったが、こんな所にいるとは意外。

Libellago for BLOG
Jan.8,2012,Chiang Mai

このお堀沿いをブラつくのもなかなかのもの。
野鳥がいて、水の中には数種類の淡水魚、草むらにはこのようなトンボがいる。
これも「チェンマイを楽しむ方法」の一つ。もっともこれは淡水魚や昆虫に興味のある人限定なのだが。


aug20,2007ChiangSaen
Aug.20,2007,Chiang Saen,Chiang Rai

ヒメハナダカトンボ Libellago lineata の♀
チェンセン(Chiang Saen)からメーチャン(Mae Chan)に向かう幹線道路脇の水路にいた。二年前から道路の拡幅工事のためいなくなった。

April7,2010,ChiangMai
April7,2010,Mae Rim,Chiang Mai
キクラゲ
キクラゲ、漢字では「木耳」と書く。

タイではキクラゲを「het.huu.nuu.」(ネズミの耳のようなキノコ)と言う。

文化の違う日本とタイで「耳」が共通しているのが面白い。

とまあ、普通はここで終わっておけばいいのだが、ついついどちらも写真に撮ってみたくなった。

で、「木の耳」と「ネズミの耳」を実際に撮ってみた。

DSC_5715 for mail


DSC_0435 for mail



野外でキクラゲを見たのは初めてだが、「木耳」いい名前だ。木に耳があったならば、きっとこのような形なのだろう。
ネズミの耳もそれに劣らずなかなかのものだ。




イトトンボ科 Ceriagrion chaoi
チェンマイに来てから五年目、写真を撮ることが好きでトンボの写真を中心に、チョウ、食べ物などの写真を撮ってきたが、それらの写真をこれから一年かけて、ブログと言う形で整理することにした。

ところが、いざ始めてみると遅々として進まない。
まあ、自分の好きな趣味のことをまとめるのに、ストレスをためてもしょうがないので、ここは気長にマイペースで進むことにする。

と言うわけで、今年初めての写真はイトトンボの写真。


イトトンボの中には、写真では識別できない種類がいるが、この写真のイトトンボはその中の一つ。写真ではわからないのだ。

DSC_6828 for BLOG
Sept.11, 2012 at Chiang Mai

DSC_0682 for BLOG
Dec.20, 2010 at Chiang Mai

【付記】Ceriagrion praetermissum から Ceriagrion chaoiに名前を変更した。(2013/12/16)

【追記】タイの Ceriagrion chaoi には、胸部、腹部の色が赤みがかったオレンジ色をしたタイプと、赤色/緑色をした二つのタイプがある。(2014/10/22)

20160503#05WEB
May 3, 2016, Chiang Dao, Chiang Mai
目が赤くない。これも C.chaoi 。
Copyright © 2017 清邁極楽蜻蛉 Odonata in Thailand. all rights reserved.