主にチェンマイのトンボとチョウ、それにチェンマイの日常の写真
ごはん亭の寿司
Kad Suan Kaew の TOPS へ水耕栽培の葉物野菜を買いにいったついでに、サンティタムにあるごはん亭へ昼食を食べにいった。

20150731#01WEB
ここは、近くのYMCAホテルでチェンマイ定住者集いの会が催された時の帰りに、一度だけ寄ったことがある。

注文したのは寿司。
それがこれ。
20150731#02WEB
味噌汁が付いて150B。

鉄火巻きが通常のものより一回り大きいが、握りずしは逆に一回り小さい。
バランスが微妙にとれている?

日本でもみかけるネタ。味は味噌汁も含めて悪くはない。
鉄火巻きのワサビは強烈。

料理の品数は豊富で、お昼時であったためか、お客さんの入りはよかった。



スポンサーサイト
ちょっとワット・ウモンへ
昨年に比べ今年は、雨は降るが水がないと言う困った天気。
空が明るくなったので、ドイステープへ行ってみたが、車が多い。

三日前に倒れていた木は、切断され撤去されていた。
20150730#1WEB
ここらは雨が降っていたようだが、滝の水量は逆に減っていた。
さすがにこの天気では、虫はいない。

下山して、ちょっとワット・ウモンへ行ってみたが人が多かった。
ここで気付いたのだが、今日と明日はタイの祝日だ。

境内を歩いてみたが野良犬が5頭ほどいた。
人が多い時はあまり問題にはならないが、一人で来る時は野良犬対策が必要だ。

20150730#2WEB

20150730#3WEB

20150730#4WEB

雨でしっとりしており、この雰囲気はなかなかいい。
乾期の枯葉の季節は、ここら一体が大量の枯葉に覆われ、枯葉の中を歩くのもなかなかいい。

ワット・ウモンの前に食堂があると聞いていたのだが、今日は休みか。



タムロン SP500mm F/8
チェンマイでロングステイする時に、当時日本で使っていたレンズを持ち込んだ。
その中に面白いレンズがあった。

それが、このレンズ。
20150729#1WEB
2006年に製造中止になったタムロンのミラーレンズ・SP500mm F/8だ。
購入したのは、多分20年ほど前だろう。それほど古いレンズだ。

こんな古いレンズでもニコンのカメラには使える。
ニコンはフィルム使用時から現在のデジタルカメラに至るまで、レンズマウントを全く変更していない。
だから撮影モードの制約はあるものの使える。

早速、試写してみた。
500mmの望遠系でF/8と言う暗いレンズのため、使う頻度は限られていたが、デジタルカメラになってから、ISO感度を簡単にあげることができるので、昔の暗いレンズが使えるようになったのだ。

20150729#2WEB
窓の外の古い仏塔。

20150729#3WEB
航空機。

ここまで撮れれば満足。
ただ500mmと言う望遠レンズを使う頻度はそう多くはない。

トンボ、チョウの写真に使おうとすると、手ブレ防止に三脚が必須だ。
三脚を使うと機動性が劣る。それに思い三脚を持って移動するのも大変だ。

やっと日の目を見たカメラレンズなので、なんとかこのレンズを使って、トンボ、チョウを撮ってみたい。



インスタントお粥
チェンマイらしくない雨がシトシト降っている。

先日、カムティアンのTESCO LOTUSでお粥を買った。
それがこれ。

20150728#1WEB

すべてタイ語標記で書いてあることは不明だが、右肩を見るとこれは加熱調理用のようだが、それに気付かず買ってしまった。

これを加熱調理せず、熱湯を注ぐだけではどうなるか。
試してみた。

まずい。
と言うか芯がある。無理矢理食べれないこともないが、食べるのはやめた。

そこで、加熱調理だ。
200ccの水にこのお粥を入れ、ついでにタマゴとタマネギのみじん切りを入れ、かき混ぜながら煮るとそれなりのものができた。

高温のお粥が坊主の頭のように膨れ上がりはじける様は、まさに別府温泉・坊主地獄のお粥版か。
まあこれはこれで見ていて面白いのだが、下手をするとやけどをする。

味はまあまあだったが、被写体としてはいまいち。
写真を撮る時にはこれにパクチーでも散らして撮るといいかも知れない。
次回に期待。



雨のドイステープ
朝から鮭のアラ煮とサラダにトースト。
ちょっと異質な組み合わせだが、雑食性の私にはまあまあ。

20150727#1WEB

20150727#2WEB
アボカドをちょっと大きめに切って、パプリカを加え、それにトマトと水耕栽培の葉物野菜をごまドレッシングで食べた。

何か物足りない。
もう入手できないようだが、以前のゆずごまドレッシングの方が味がいいように思う。


午前11時、外が明るくなってきた。
夏の虫ではないが、明るい所に引き寄せられるように、ドイステープへ出かけた。
20150727#3WEB
2015年7月27日午前11時20分、ステープ通りから見たドイステープ
ドイステープのお寺は雲か霧に覆われてまったく見えない。

20150727#4WEB
撮影ポイントに着くと、直径20cmもある生木が倒れていた。
朽木ならまだしも、地中に根を張っている生木が倒れるほどの突風が吹いたようだ。

20150727#5WEB
滝の水量は明らかに増えているが、流れ落ちた水が地面をえぐり、細流を作るにはまだまだ水量不足だ。

霧雨が降ってきたので下山。

帰りに、昨日Oさんに教えてもらった日本食堂へ行ってみた。
20150727#6WEB
ムンサバーイ、ここだ。

ここのトンカツは一度は食べておかなければならないらしい。
20150727#7WEB
が、トンカツは後日のお楽しみにして、野菜炒めと豆腐のスープを注文した。

野菜炒めにもうちょっと緑黄色野菜があれば見てきれい、食べておいしくなったろうとか、一人で食べるにはちょっと量が多かったかなどと言いながら完食するのがいつものパターン。
これだけ食べて90Bは安い。

料理の品数は豊富だし、これからはドイステープへ行った帰りの食事はここが多くなりそうな予感がする。


食事会
今夕、近所にお住まいの日本人Oさんご夫妻と、同じサービスアパートメントに住んでいる日本人のYさんと四人で、ステープ通り沿いのタイ料理屋さんへ食事に行った。

Oさんによればチェンマイ大学裏門周辺に住んでいる日本人は我々四人らしい。
なので、Oさんの発案で四人で食事をすることになった。

これを機会に、お互い連絡を取り合って不測の事態に備えるというのは悪くはない。
こういったことは必要なことなのだが、現状何一つ不自由なく生活しているとなかなか思いつかない。

それに、ステープ通り近辺にも沢山の食堂、それも安くてうまい食堂があることを教えてもらった。
遅かれ早かれ、それらの店へは一度は行ってみなければならない。

ステープ通り近辺ならば、ドイステープへ撮影に行った帰りに行けばよい。
面白くなってきた。



ラチャパット大学日本祭・弁当コンテスト
ショッピングモール「MAYA」で開催されているラチャパット大学日本祭へ行って来た。

ラチャパット大学の学生さんが、大学で学んだ日本の文化を紹介する場なのだが、それを自分の目線で撮ってみた。
「自分の目線」、なんと言う事はない、食べ物を中心に撮った。

20150725#1WEB
まずは茶道。

20150725#2WEB
お茶うけがきれいだったので撮らせてもらった。

20150725#3WEB
ここにもお菓子が並べてあった。

興味深かったのは弁当のコンテスト。
制限時間内で作られた弁当14個の中から、栄養のバランス、見た目で選んでみた。
キャラ弁もある。

20150725#4WEB

20150725#5WEB

20150725#6WEB

20150725#7WEB

なかなかの力作ぞろいだ。
このようなイベントは楽しくていい。



日本食堂「のぼる」と街角アート
チョウの専門家・I さんに長い間お借りしていた標本箱を返しに行った。

場所はKad Suan Kaew 近くで、途中に「頑張る親父(飲んべえ親父)のチェンマイ子育て物語」のブログでおなじみの日本食堂「のぼる」があるので、久しぶりにそこで昼食をとった。

飲んべえ親父さんは不在だったが、注文したのはカツカレー。
20150724#1WEB
すんなり胃袋に入った。大盛りを注文すればよかった。
時間があったら注文するのは「サバの塩焼き定食」。「サバの塩焼き定食」はおすすめ。

昼食を済ませた後に、I さんに標本箱を返却し、帰りは歩きと言うのはいつものパターン。


途中で見た街角アート。
今まで見たのとは、タッチが全く異なる。
20150724#2WEB
この絵などは、バティックの図柄としてもよさそうだ。

20150724#3WEB
これも変わった絵だ。

ちょっと離れた所に描いてあった写実的な絵三点。
ごくごく普通の絵だが、周辺の三角形が気になる。
20150724#4WEB

20150724#5WEB

20150724#6WEB

ニマンヘミン通りから見たドイステープ。
20150724#7WEB
まさしく雨期の空模様だ。

明日、明後日はラチャパット大学の日本祭がMAYAである。


Pun Pun Slow Food Restaurant
ドイステープで撮影を昼過ぎで終え下山。

昼食は久しぶりに ワット・スアンドク内にある Pun Pun Slow Food Restaurant へ。
ここはいつ行っても外国人が多い。
よくよく考えれば、自分も外国人なのだ、ここでは。

注文したのは、カオ・パッド・サパロットとサラダ・ドクマイ。

20150723#09WEB
これがカオ・パッド・サパロット。60B。
玄米っぽい焼き飯にパイナップル、豆腐、キノコ、野菜が入っている。
これはいつ食べてもうまい。

20150723#10WEB
こちらが、サラダ・ドクマイ。70B。
花のサラダで、周辺の赤いセロファンのように見えるのがブーゲンビリア。
中心部に葉物の野菜、周辺にはカリカリに揚げた花があるはずであった。

はずであったと書いたのは、今日の揚げ物の花はカリカリ感がまったくなく、ちょっと残念であった。
その場で揚げたのではなく、揚げてあった花を使ったのだろう。ドレッシングの味は言うことなし。

食べるたびに思うのだが、花のサラダと言ってもそううまいものではないが、季節によって微妙に野菜類が異なるので、数ヶ月ごとに食べている。

最初は、「ブーゲンビリアを見た」ではなくて「ブーゲンビリアを食べた」と言いたいがために食べた。
動機は単純と言えば単純。

まあ、一度は食べてみるのもよい。



キノコ・トンボ・アブ・ガ
今日も朝から曇り空。
午前10時過ぎから空が明るくなってきたので、ちょっとドイステープへ行ってみた。

昨日の滝へ行ったら、予想通り滝からの流れは細流になることなく、砂の中に消えていた。
Coeliccia ポイントにある滝は水量が増えているのに、ここの滝は思ったほど増えない。

小さなキノコが生えていた。
20150723#01WEB
幾何学的模様がきれい。

20150723#02WEB

薄暗い所にいるこのイトトンボはおなじみさん。
20150723#03WEB
ヤマイトトンボ科 Burmargiolestes melanothorax ♂
July 23,2015, Doi Suthep, Chiang Mai

ちょっと離れた草むらには
20150723#04WEB
モノサシトンボ科 Coeliccia chromothorax ♂
July 23,2015, Doi Suthep, Chiang Mai

トンボはこれだけ。
20150723#05WEB
アブがハエを捕食。

20150723#06WEB
薄暗い所にちょっとあやしげな花???

そのほかの生き物を探して見たがみつからず。

ここでの撮影を終え、下山してCoeliccia ポイントへ。
ガがいた。
20150723#07WEB
属名不明。
このガも初めて見たように思う。



雨後のドイステープ
典型的な雨期の天気だ。
終日、どんよりとした空模様で、まとまった雨が降ったので、ドイステープの様子を見に行った。

20150722#1WEB
2015年7月22日午前10時45分、チェンマイ大学裏門前から見たドイステープ

昨夜はかなり激しい雨が降ったようだ。
20150722#2WEB
もうちょっと水量があれば、水の流れが砂をえぐり細流となる。
そうなるとそこへサナエ、マクロミアなどが産卵にくるのだが、この水量ではすぐに枯れそうだ。

天気は悪いがトンボはいた。
と言っても、ここのおなじみさんだが。
20150722#3WEB
ヤマイトトンボ科 Burmargiolestes melanothorax ♂
July 22,2015, Doi Suthep, Chiang Mai

しばらくしたら小雨が降ってきたので撮影を終え下山し、Coeliccia ポイントへ。
ここは雨は降っておらず、時折、陽が差す。

20150722#4WEB
モノサシトンボ科 Coeliccia poungyi ♂
July 22,2015, Doi Suthep, Chiang Mai

20150722#5WEB
タテハチョウ科 カネンスヒメワモン Faunis canens arcesilas
July 22,2015, Doi Suthep, Chiang Mai

昼過ぎに撮影を終え、Kad Suan Kaew の TOPS へ。
水耕栽培の葉物野菜とゆずごまドレッシングを買いに行ったら、ゆずごまドレッシングが売り切れ。

代わりにごまドレッシングを買ったが、さて味はどうか。


JOK SOMPET と街角アート
この時期はドイステープへ行ったり、行かなかったり。
青空が出ておればいくのだが、その青空はどこへやら、どんよりとした空模様だ。

久しぶりに旧市街へおかゆ(カオ・トム)を食べに行った。
行った先はここ。
20150721#1WEB
ジョーク・ソンペット。
ここで、魚の白身入りのおかゆ、カオ・トム・プラーを注文した。

これがカオ・トム・プラー。
20150721#2WEB
飲物はナーム・リンチー
リンピンスーパーマーケットで売られているライチ(リンチー)ジュースと味は全く同じ。

20150721#3WEB
白身魚の身が入っている。
魚種は不明だが淡白な味で悪くない。

カオ・トム・プラーのスープとナーム・リンチーで水分補給をしておいたので、熱中症対策には万全か。
環境省のマニュアルによると、熱中症対策として1日に摂取すべき水分量は1.2リットル。

蒸し暑い時に暑いおかゆがすんなりお腹に入ったと言うことは、味が良かったと言うこと。


その後、旧市街をスアンドク門へ向けて歩き、途中で見つけた街角アートを撮った。
20150721#4WEB
ここらの街角アートは初めて撮った。
20150721#5WEB
今まで見た作品とはタッチが異なることから、違う人による作品か。

20150721#6WEB

20150721#7WEB

今日は、スアンドク門からはソンテオで帰った。




エゾトンボ科 Idionyx 狙いだが・・・
今朝もトマトとアボカド、それに水耕栽培の野菜のサラダ。
これにオリーブオイルをちょっとたらした方がよかったかも知れない。

20150720#2WEB
トマトとアボカドの栄養価については調べてもらえばいいのだが、いずれも積極的に食べたい食材だ。


今日はエゾトンボ科 Idlionyx を狙ってドイステープへ行った。
♂は林間を高速で飛びまわるのでなかなか撮れないが、♀は産卵するために水場の比較的狭い範囲と飛ぶので、まだ撮りやすいのだ。

それにこのトンボ、撮ろうと思って出かけても、姿を見せるかどうかもわからない。
ダメモト覚悟で出かけた。雨が降りそうな天気だが、近場なので雨が降ればすぐに撤退できる。

運よく産卵しているのを見つけたのだが、カメラを出す前に飛び去ってしまった。
産卵していた場所で待つことにした。1時間以内にまた産卵に来ることが多い。

撮影準備をして待つ間に他のトンボを撮った。
20150720#1WEB
ミナミカワトンボ科 Euphaea ochracea
July 20,2015, Doi Suthep, Chiang Mai

久しぶりにイスを取り出し、20分ほど待っていたらポツリ、ポツリと雨が降ってきた。
雨に濡れると岩盤が滑り危ないので、早々と撤退。
Idionyx の写真はそう簡単には撮れない。



水耕栽培 HYDROPONICS
ドイステープからの帰り、Kad Suan Kaew の TOPS に寄って買った野菜がこれ。

20150719#5WEB
「HYDROPONICS」の文字が見える。
後で調べたのだが、水耕栽培だ。
水耕栽培された野菜がチェンマイで食べられることにちょっと驚いた。

水耕栽培ならば害虫がつくこともないので、結果的に農薬を使わない、究極の安全野菜だ。

20150719#6WEB
早速このレタスの仲間のような葉をつかってサラダを作って見た。

トマトとアボカドを入れて見たが、アボカドはいつも切り方に悩む。
今回も切り方がメチャクチャ、どうも、うまそうに切れなかったが、一緒に買った優れものの「ゆずごまドレッシング」に救われた。

これからはしばらくこの「ゆずごまドレッシング」を使ったサラダが増えそうな予感。



ヨコズナトモエ Erebus macrops
雨は少ないとは言えやはり雨期、雨は降ってはいないものの朝から曇り空。
午前10時過ぎに曇ってはいるが明るくなってきたので、ドイステープへ行くことにした。

ロビーへ降りるとガ(蛾)がいた。
20150719#1WEB
ヨコズナトモエ Erebus macrops
July 19,2015, Suthep Road, Chiang Mai
このガ、これで見たのはチェンマイでは二回目。

ドイステープ7の撮影ポイントの滝。
曇り空だがトンボを探した。
20150719#2WEB
ヤマイトトンボ科 Burmargiolestes melanothorax ♂
July 19,2015, Doi Suthep, Chiag Mai

昨夜雨が降ったのか、イトトンボがいた周辺はしっとりしている。
朽木にキノコが生えていた。
20150719#3WEB

20150719#4WEB
陽が照ればすぐにしおれてしまいそうな小さなキノコ。

キノコが生えている周辺や草むらを探したが、トンボの姿はなし。

お昼前に撮影を終え下山。



街中ブラリ
朝食用の食パンがなくなったので、久しぶりにドイカムショップの食パンを買った。

いろいろな種類のパンを食べ比べてみるのも面白い。

20150718#1WEB
これがドイカムショップのPUNPUKIN BREAD。

値段が50Bになっていたが、成分表に日本のカボチャが15%配合されていると記されていた。
この食パンはトーストしないで食べた方がおいしいように思う。

20150718#2WEB
店の近くでアボカドが売られていたので、これも1kgほどかった。45B。
表面が茶色になった時が食べごろ。


昼食は「三鳥」へ行き、寿司定食。
寿司とアサリの味噌汁の魅力についつい行ってしまう。

食後はあまり歩いたことのない場所を歩き回り、目に付いたものを撮ってみた。
20150718#3WEB
蒸し暑いのでどうしても水のあるところへ目がいく。

20150718#4WEB
街角アート。

20150718#5WEB
お寺の境内に入ってみた。
ここでも中国からの観光客が多かった。

20150718#6WEB

20150718#7WEB

写真を撮り回るついでに、面白そうな店を探したのだが、そう簡単に見つからない。
「CHAO」の資料を参考にした方が早道か。


チェンマイ定住者集いの会
金曜日だが、今朝も金曜朝市はパス。
午後1時からのチェンマイ定住者集いの会の例会に出席した。

【特筆すべき情報】

チェンマイイミグレーションのプロメナーダへの移転
7月20日からで業務内容はリタイアメントビザ(ロングステイビザ)、観光ビザ、リーエントリーパミット、90日届け、新規パスポートの切り替え。

携帯電話の電話登録を7月31日までに各電話会社にしなければならない
怠ると電話が使えなくなる、厳密に言うと携帯電話に入っているSIMカードが使えなくなる。

定期健康診断のお知らせ
日時:8月31日~10月30日
場所:シーパット病院(ステップ通り)
費用:男性3422B、女性3046B(特別団体割引価格)
備考:会員外でも上記料金で受診可。

チェンマイ・ロングステイ・ライフの会(CLL)会長・庄司 邦忠氏の講演
チェンマイとのかかわりなどについて
講演終了後にCLLクラブ会報2015年7月号を希望者に配布された。
その中に興味深い記事があった(無断転用不可)。興味のある方はCLLまで。

例会が終わってから、リンピンスーパーマーケット・MAYA店へ行き、冷凍サンマを買った。
昨日は売り切れだったが、今日は大量に入荷していた。



CoCo壱番屋・MAYA店のカツカレー再試食
Kad Suan Kaew のTOPSで鮭のアラを買い、そこから歩いてMAYA行った。
MAYAのリンピンスーパーマーケットで冷凍サンマを買うため。

その前に、CoCo壱番屋でカツカレーを食べた。
カツカレー190B、サービスチャージ19B。

このカツカレーと先日食べた、Healthy Cousinn U & MeのセットメニューBのカレー59B、Din Deeの野菜とヒヨコ豆のカレー120Bとを、味と価格を総合評価してみた。

まずはCoCo壱番屋のカツカレー
トンカツはサクサクとした食感で、カレールーの味はコクがあり言うことなし、うまい。
ただCoCo壱番屋の看板と190Bの価格からすれば、この程度の味は出して当然とも言えよう。
ガラスコップに入った氷とペットボトルの水が19Bは高いように思う。

【追記】ペットボトルの水は無料で、サービスチャージが19Bだった。

次いで、Healthy Cousine U & MeのセットメニューBのカレー
玄米っぽいご飯を包み込んでいる薄焼きタマゴとカレールーの組み合わせは絶妙。
カレールーの味はCoCo一番屋に劣るが、悪くはない。
ドリンク付きだが、色がHealthy Cousine にはふさわしくないように思う。ドリンクの代わりに野菜を。
何と言っても59Bと言う価格は頑張っている。

Din Deeの野菜とヒヨコ豆のカレー
スープ付きで120B。
何と言っても、見てきれい、味わっておいしい。
カレールーのコクはCoCo壱番屋がいいように思う。

私の一押しはDin Dee の野菜とヒヨコ豆のカレーだが、それぞれに特徴があるので、いろいろ食べてみるのもよい。

写真はCoCo一番屋のカツカレーだが、外出する時にカメラのレンズを交換するのを忘れていた。何たる失態。
イトトンボなどの撮影用のマイクロレンズがついていたので、カレー全体の写真を撮ることができなかった。

20150716#1WEB

食後リンピンスーパーマーケットへ行ったら、冷凍サンマは売り切れ、外に出ると雨。
雨はすぐにやんだが、蒸し暑いことこの上なし。



ちょっと変わったお寺
チェンマイの旧市街にはまだまだ行ったことのない場所が数多くある。
ちょっと雰囲気の異なるお寺があったので、境内に入ってみた。

修復中の仏塔の横の古木が沢山の花をつけていた。
20150714#5WEB
この古木、葉はつけておらず、枝の成長の仕方や花のつき方が不自然だ。
よくよく見ると巨木に穴が開けてあり、造花のついた枝が差し込んであるように見える。

修復中の仏塔の下にあった仏像。
20150714#6WEB
これもちょっとあやしい雰囲気がある。

20150714#7WEB
背景の白い花も造花だったが、このハイビスカスはどちらだろう。

お寺に造花はそぐわない。
と言うか、チェンマイにはランを含め実に多くの本物の花があるのに、造花を使う理由がわからない。
とまあ書いては見たが、お寺にはお寺の事情があるのであろう。

20150714#8WEB
それにしても、ちょっと変わったお寺であった。



チェンマイのこんな店
チェンマイの旧市街、チェンマイ門近くのカーオ・クルッ・ガピの店へ行ってみた。

ガピッと言うのは、塩漬けしたエビを発酵させたもので、スーパーマーケットなどで売られている。
これを入れたチャーハンがカーオ・クルッ・ガピで、ガピはそれ以外にカオニアオ(蒸したモチゴメ)につけたり、野菜につけたりして食べる。
ガピッの水溶液はある種のチョウを引き寄せる誘引剤ともなる。

そんなガピッを使ったチャーハン、カーオ・クルッ・ガピの店がチェンマイ門近くにあったので行ってみたのだが、どうも店は休み、と言うより廃業したようだ。
カーオ・クルッ・ガピが食べられる店をまた探さねばならない。

昼食はたまたま見つけたこの店で。
20150714#0WEB
バナナの皮で包んだジン・ソム。
ちょっと発酵させた豚肉(ミンチ?)を固めて焼いてあるが、適度の酸味があり、なかなかうまい。

これも久しぶりに食べた。

食後は街中探訪、初めての裏道を歩いた。

初めて歩いた道でもしばらく歩いていれば、いつかは知っている場所にたどり着く。
以前も撮ったことがある駄菓子屋さんにたどり着いた。

20150714#1WEB
以前来た時には、ヒマワリやスイカの種が売られていた記憶があるが、それらは見当たらず。

20150714#2WEB
かなりの種類の駄菓子が売られている。

20150714#3WEB
種類が少なければ、順番に買ってみるというのもありだが、買ってみるには多過ぎる。

と言うわけで、買ったのがこれ。
20150714#4WEB
日本にもあるおかき。

ところで、これだけの種類があるので、「亀田の柿の種」はないか。
それは、次回のお楽しみ。



チョウを撮ったり、トンボを撮ったり
昨日は雨に降られて行けなかった滝へ行ってみた。
あれだけ激しい雨が降ったのに滝の水量は変化していない。どうなっているのだろう。

薄暗い所でヤマイトトンボ科Burmargiolestes melanothorax♂が2頭飛んでいたのを確認し、下山してCoelicciaポイントへ。

地上10cmを高速で帯び回っているセセリチョウがいた。

20150713#01WEB
セセリチョウ科 ダイミョウモドキ Gerosis bhagava
July 13, 2015, Doi Suthep, Chiang Mai
これと、Darpa hanria も鳥の白いフンを好むようだ。

20150713#02WEB
セセリチョウ科 ダイミョウモドキ Gerosis bhagava
July 13, 2015, Doi Suthep, Chiang Mai

20150713#03WEB
腐葉土から顔をだしていたもの。何か不明。

Coeliccia ポイントの主であるCoeliccia poungyi♂を見たが、撮ろうとしたら逃げられた。

さらに下山して、昨日タイワンハグロトンボがいたポイントへ。
今日もいた。やはりこの場所がお気に入りのようだ。

20150713#04WEB
カワトンボ科 Matrona nigripectus♂
July 13, 2015, Doi Suthep, Chiang Mai
止まった後、一瞬翅を広げた時がシャターチャンスなのだが、翅をすぐ広げる場合と、なかなか広げない場合がある。
今日は後者。
翅を広げるまで待ちきれず、根負けして撮った。

20150713#05WEB
カワトンボ科 Matrona nigripectus♀
July 13, 2015, Doi Suthep, Chiang Mai



このトンボも小さい。ハッチョウトンボほどの大きさ。
20150713#06WEB
トンボ科 Tetorathemis platyptera♂
July 13, 2015, Doi Suthep, Chiang Mai

20150713#07WEB
トンボ科 Tetorathemis platyptera♂
July 13, 2015, Doi Suthep, Chiang Mai
渓流近くのあまりきれいでない水溜り周辺で見られることがある。
このような環境は、ヤンマ科Polycanthagyna erythromelasも好む。

20150713#08WEB
ミナミイトトンボ科 Prodasineura sp.♂
July 13, 2015, Doi Suthep, Chiang Mai

20150713#09WEB
ミナミイトトンボ科 Prodasineura sp.♂
July 13, 2015, Doi Suthep, Chiang Mai
このイトトンボはお昼前後がよく見られるようだ。


タイワンハグロトンボMatrona nigripectus
日曜日は観光客が多いので、ドイステープへは行かないようにしているのだが、部屋の窓から見た空の青さにひかれ、ちょっとだけ行ってみることにした。

ところがステープ通りから見上げるとドイステープの上空には厚い雲がある。
ここで行くかやめるか判断しなければならないのだが、迷った時はだいたい行っている。
Coeliccia ポイントを過ぎた頃から天空にどす黒い雲が広がってきたので、ここでUターンしヤンマポイントまで引き返す。

ヤンマポイントもしばらく行っていないので、調べておく必要がある。
この時期、このポイントの狙い目はProdasineura属だが、ヤンマポイントへ向かう途中の藪の中でタイワンハグロトンボ属のカワトンボが5、6頭かたまっていた。

20150712#1WEB
カワトンボ科 Matrona nigripectus ♂
July 12,2015, Doi Suthep, Chiang Mai

20150712#2WEB
カワトンボ科 Matrona nigripectus ♀
July 12,2015, Doi Suthep, Chiang Mai

ここがタイワンハグロトンボ Matrona属のたまり場か。

何枚か撮っていたら突然雨がポツリ。
チェンマイの雨はポツリから本降りになるのが非常に早い。
あわててカメラをしまったら、本格的に雨が降ってきた。

とりあえず大木のしたに移動し、常備してあるカサを取り出す。小降りになるまで雨宿りだ。

ところが、雨脚は強まるばかり、しかも渓流の水位があっと言う間に上昇してきたのでその場を撤退した。
渓流近くで雨に降られた場合、水位の変化には気を付けなければならない。

今日の収穫はMatrona属♂♀のみだが、まあこんなものか。



HEALTHY CUISINE U & Me
朝焼けだ。
天気はよさそうだが、ドイステープでの撮影はやめにした。
20150711#01WEB

土曜日はソンテオで旧市街へ。
20150711#02WEB
旧市街へ出かける前にドイステープを見上げると、お寺の上には厚い雲。
これでは撮影に出かけても、さほど成果は望めないと自分を納得させ、安心して旧市街へ。

昼食はワット・ロークモーリー近くの日本食堂「三鳥」でする予定が、ソンテオが来るのを待っている間に、心変わりがして、先日見つけたカレー屋さんへ行ってみることにした。

店はステープ通りにある。
20150711#03WEB
カレー屋さんだと思っていたらそうではなかった。

名前は「HEALTHY COUSINE U & Me」
数日前、ここのセットメニューBを注文したら、それがたまたまカレーだった。
20150711#04WEB
こちらが正面入り口

今日はセットメニューA・59Bを注文してみた。
それがこれ。奥に見えるのはセットメニューB。
20150711#05WEB
玄米っぽいご飯に、白身魚の揚げ物。
ニンニク風味でちょっと濃い目の味付け。もうちょっと薄い味の方がよいが、これも人それぞれか。
葉物の野菜でボリュームを出せばもうちょっと豪華に見えるなどと、あれやこれやいいながら完食するのがいつものパターン。

この後、ソンテオでムアンマイ市場まで行き、野菜を買って歩いて帰った。
日常生活の中に運動を取り入れるのはいい方法だと思う。


Coeliccia 三種類
久しぶりのまとまった雨があがり、すっきりとした朝を迎えた。
部屋の中にも陽が差し込み、絶好の撮影日和と思われた。

20150710#1WEB
2015年7月10日午前10時6分、チェンマイ大学裏門近くのセブンイレブン前から見たドイステープ

絶好の撮影日和はどこへやら、ドイステープがスッポリと霧に覆われている。
ここまで来て引き返すわけにもいかず、撮影ポイントまで行ってみた。

20150710#2WEB
撮影ポイントもこの状態。
まあ、幻想的と言えば幻想的なのだが、これではトンボは期待できない。
まとまった雨の後の滝の水量はどうか。

20150710#3WEB
これまたありゃりゃ!だ。

道路には濡れた大量の枯葉や小枝が散乱しており、一抱えもある朽木やコンクリートの電柱が倒れていたことから、ここら周辺は想像を絶する風と雨が降ったと思われる。

それなのに、滝の水量はまとまった雨の前とまったく変わらない。
それほど大地が乾ききっていたと言うことか。降った雨のほとんどが大地に吸収されたようだ。

それはさておき、だめもとでトンボを探してみた。
20150710#4WEB
モノサシトンボ科 Coeliccia chromothorax♂
July 10, 2015. Doi Suthep, Chiang Mai

見たのはこれだけ。
霧の中を飛んでいるトンボの写真などはいいのだが、なかなかこちらの思い通りにはならないのが虫の世界。
これだけ撮って下山。

途中、Coeliccia ポイントへ寄ってみた。
20150710#5WEB
モノサシトンボ科 Coeliccia poungyi♂
July 10, 2015. Doi Suthep, Chiang Mai
まとまった雨の前はまったく姿を見せなかったが、雨の後はどこからともなく出てきた。

20150710#6WEB
モノサシトンボ科 Coeliccia didyma didyma♂
July 10, 2015. Doi Suthep, Chiang Mai
ここには、Coeliccia loogali、Calicnemia imitansもいるのだが、今日は姿を見せず。

これだけ撮って下山し、今日も撮影時間は2時間ほど。
帰りにセブンイレブンで冷凍チャーハン35Bを買って帰ったが、この冷凍チャーハンの味はなかなかのもの。


待望の雨
昨夜から待望のまとまった雨が降った。
例年ならは雨期の雨を待ち望むと言うことはまずないのだが、今年は特別だ。

まあ、これでドイステープの滝の水量も回復しているだろう。

20150709#1WEB
窓の外の景色。
空は明るく、これで陽が照れば絶好の撮影日和。

昼前まで待ったが、陽が照る気配がないので、ドイステープでの撮影はやめ、旧市街へ出かけることにした。

このところ円がジワジワと値を上げているので、旧市街の両替屋さんで、円をバーツに両替することにした。
円相場は、ギリシャのデフォルト危機、上海株式市場の株価暴落に連動して上昇傾向にあるが、日経平均株価もさえない。

チェンマイでロングステイをしていると、好むと好まざるにかかわらず、外国為替相場には目を」向けておかなければならない。

旧市街へ出かけたら、曇り空で暑くもないし、ついでに面白そうな食堂を探すのもいい。

ソンテオに乗るために、ステープ通りまで行った。
見ると、ドイステープには霧がかかっている。

20150709#2WEB
霧と思っていたら雨が降っている。
そのうちに、雨脚が強くなりだしたので、旧市街行きは中止にし、あわてて部屋に戻る。

まあ両替は明日にでもすればよい。
20150709#3WEB
旧市街では雨が降ると、いたるところで道路が冠水することがあるので、ここは中止にした方が正解。

20150709#4WEB
雨が降らず生気がなかった植物が生き生きとしてきた。



Din Deeの野菜とヒヨコマメのカレー
いつ雨が降ってもおかしくない天気だ。

トンボの撮影は休んで買物へ行ったのだが、帰りは歩きと言うのはいつものパターン。
昼前にKad Suan Kaew まではソンテオで行き、まずはTOPSで鮭のアラ、ついでとリンカム交差点近くのMAYAで冷凍サンマを買った。

さて、昼食はニマンヘミン通りのどこにするかだが、まず頭に浮かんだのがスマイリーキッチンの「ホッケの開き定食」、次いでDin Deeの「野菜とヒヨコマメのカレー」。
行ったのは、アートセンター近くのDin Dee、今日はほぼ満席。

注文した野菜とヒヨコマメのカレー、120Bがこれ。
20150708#1WEB
ここは店の雰囲気、見た目、味が気に入っているので、この野菜とヒヨコマメのカレーをよく注文する。
ここのチャーハンもきれいに盛りつけしてあるので、おすすめだ。

見た目にきれいな食事に出会うと嬉しくなるね。


ドイステープからファイ・トゥン・タオへ
遠出のチェンダオへの撮影行を計画したら天気が下り坂。

ならば近場へとファイ・トゥン、タオへ行ってみることにした。
が、その前にちょっとドイステープへ。

撮影ポイント上空には厚い雲があり、トンボは期待できそうにないが探して見た。
いた。
20150707#1WEB
モノサシトンボ科 Coeliccia chromothorax♂
July 7,2015, Doi Suthep, Chiang Mai

20150707#2WEB
ヤマイトトンボ科 Burmargiolestes melanothorax♂
July 7,2015, Doi Suthep, Chiang Mai

これだけ撮って下山。
ファイ・ケーオ通りから運河沿いを北上すること20分。

ファイ・トゥン・タオ貯水池に着き、入場料20Bを払って中へ。
池が減水しておれば、この池にいるサナエトンボ Sinictinogomphus clavatusの写真が撮りやすいと考えたのだが、なかなかこちらの思い通りにはならない。

まず、池の左回りは工事中で通行止め。
右回りで撮影ポイントへ行く。
20150707#3WEB
予想外の減水だ。

いつもは、写真を撮っているこの場所まで水があり、20cm前後のティラピア(プラーニン)が無数に泳いでいる。
2m近く減水しており、草が生えていることから、かなり長い期間減水したままのようだ。

ちょっとした砂浜の風情があり、これはこれでなかなかいい。
20150707#4WEB
これはスイカ。
砂浜に落下した種から自然発芽している。

S.clavatusは水際から数m先を飛ぶのだが、その姿はまったくなし。
砂浜にヒメキトンボ Brachythemis contaminata がいたが、これは普通種。

1時間ほどで帰ったら雨が降ってきた。
ただ、この程度の雨では滝の水や、貯水池の水位を回復させるにはなんともたよりない。



新しいカレー屋さん
旧市街から離れた、ドイステープへ行きやすい場所に住んでいるのだが、旧市街に出かける時には、行きはソンテオ、帰りは歩きを心掛けている。

スアンドク門からステープ通りをドイステープに向かって歩くのだが、ただ歩くのではなくて、何か興味深い物はないかと探しながら歩くのだ。

先日、見つけたのがペットショップの隣に新しくできたカレー屋さん。
何回か素通りしていたのだが入ってみた。

注文したのは、59BのスペシャルメニューセットB。
20150706#1WEB

20150706#2WEB
飲物がついていた。

これがカレー。
20150706#3WEB
玄米っぽいご飯が薄焼きタマゴでくるんであり、その上にカレールーがかけてある。
味は普通だが、薄焼きタマゴとの組み合わせはいいように思う。

4種類あるスペシャルメニューセットのまず一種類を食べた。
機会があれば、すべて食べてみたい。

カレーと言うのはどこで食べてもうまいのだが、完食できなかったカレーもある。
それは、エアポートプラザ地下の食堂街のフィッシュカレー。
味はよかったのだが、あまりの辛さに完食できず、あえなく撃沈したのだ。


リンピンスーパーマーケットMAYA店のこんなもの
リンピンスーパーマーケットMAYA店にこんなものがあった。

20150701#14WEB
上部右から肩ロース、リブロース、サーロイン。
サーロインの一部にあっさりした味のヒレがある。
このように肉の部位が表示してあるとわかりやすい。

牛は乳牛ではなくて肉牛のほうがよかったなどと好き勝手なことを言って、牛肉を買わずに冷凍サンマを買った。

ステーキと言えば、大阪にいた頃フォルクスと言うダイエー直営のレストランがあり、フルーツバーにライチ(チェンマイではリンチー)が置いてあった時期があった。
その時はよく行ったが、ステーキの味と言うよりライチの味にひかれたように思う。

そのライチがチェンマイでは市場で大量に売られており、いやっと言うほど食べたが、ステーキは食べたことがない。
ライチ、チェンマイではリンチーと言うが、チンリーと言う食べ物もある。
チェンマイの食に興味のある方はご試食あれ。

ライチは今が旬。
ピンポン玉ほどのジャカパット種も出始めて、チェンマイは果物が豊富な季節となってきた。



イトトンボの♀は難しい
いつもより1時間ほど遅い午前11時からドイステープへ撮影に行った。

薄暗い所でカサの直径が1cmに満たないキノコの群落。

強い日差しを浴びれば瞬時に萎えてしまうであろう小さなキノコだが、このようなキノコが生えると言うことは、それだけ強い日差しが当らないということだ。

日差しが当らなければトンボも出てこないと言うことだが、まあそれはさておき、しばらく探してみることにした。

20150705#2WEB


バナナの葉の上に小さな蛾がいた。
20150705#7WEB
飛び立たないようにそっと近づく。

イトトンボがいた。
20150705#1WEB
モノサシトンボ科 Coeliccia poungyi♀??
July 5,2015, Doi Suthep, Chiang Mai
♀の識別は非常に難しい。
過去の写真と比較して、C.poungyi♀としたが、ここでは今までにC.poungyiは見ていない。

20150705#6WEB
ヤマイトトンボ科 Burmargiolestes melanothorax♂
July 5,2015, Doi Suthep, Chiang Mai
ここの常連さんだが、久しぶりに見た。

滝の水がさらに減ってきた。
20150705#3WEB
モノサシトンボ科 Calicnemia miles♂
July 5,2015, Doi Suthep, Chiang Mai

20150705#4WEB
モノサシトンボ科 Calicnemia miles♂
July 5,2015, Doi Suthep, Chiang Mai
滝の近くにいた。

20150705#5WEB
モノサシトンボ科 Calicnemia miles♂
July 5,2015, Doi Suthep, Chiang Mai
見たのは2♂で、♀の姿はなし。

撮り終えて下山すると、まぶしいばかりの白い雲と青空が広がっている。
天気が安定してきたようだし、ここらで遠出でも計画するのもいいのかも知れない。


Copyright © 2017 清邁極楽蜻蛉 Odonata in Thailand. all rights reserved.