主にチェンマイのトンボとチョウ、それにチェンマイの日常の写真
楽チンコースそしてソフトクリーム
今日も落書きポイントへ。
昨日、予想外のシジミチョウを落書きポイントで撮ったので、今日も「柳の下のドジョウ」探し。

そうそういい思いはできないとわかっていても、昨日より1時間ほど早めに出かけた。

大型のサナエトンボが飛んでいた。
20150930#1WEB
サナエトンボ科 Gomphidictinus perakensis ♂
Sept.30, 2015, Doi Suthep, Chiang Mai
このトンボ、マレーオオサナエと言う和名がついているが、和名はさほど重要ではない。

20150930#2WEB
サナエトンボ科 Gomphidictinus perakensis ♂
Sept.30, 2015, Doi Suthep, Chiang Mai
このトンボは近づいても逃げない。
ドイステープ水系では普通種ではないが、よく見る。

同じ場所に、このトンボもよくとまる。
20150930#3WEB
トンボ科 マレートンボ Zygonyx iris malayana ♂
Sept.30, 2015, Doi Suthep, Chiang Mai
この場所がよほど気に入っているのかよくとまる。

水辺に飛んできたミドリカワトンボ。
20150930#4WEB
カワトンボ科 ミドリカワトンボ Neurobasis chinensis ♂
Sept.30, 2015, Doi Suthep, Chiang Mai
このカワトンボは普通種で数も多いが、非常に敏感。近づこうとするとすぐ逃げる。

20150930#5WEB
モノサシトンボ科 キアシイトトンボ Copera marginipes♂
Sept.30, 2015, Doi Suthep, Chiang Mai
これも普通種。

20150930#6WEB
これはハンミョウ Cicindela aurulenta,

20150930#7WEB
シロチョウ科 属名種名不明
Sept.30, 2015, Doi Suthep, Chiang Mai
集団で吸水していると、ついつい撮りたくなる。

20150930#8WEB
アゲハチョウ科 アオスソビキアゲハ Lamproptera meges
Sept.30, 2015, Doi Suthep, Chiang Mai
昼前になると飛んでくる。

ここでのトンボ、チョウが出尽くしたので、本来ならば次のヤンマポイントへ移動となるのだが、今日はどう言うわけか、チェンマイ大学農学部のソフトクリームがフッと頭に浮かんだ。

ヤンマポイントは明日でいいかと言うことにして、ソフトクリームで体を冷やして、ついでに近くのドイカムショップで野菜を買って帰った。



スポンサーサイト
今日は落書きポイントへ
今日はドイステープ・落書きポイントへ。

ここもしばらく来ていないので、来るべき乾期の前に様子を見ておかなければならない。
それにここは駐車場から近い楽チンコースだ。

水を撒いてしばらく待ってみた。
やって来たのはシジミチョウ。

20150929#1WEB
シジミチョウ科 Discolampa ethion ethion
Sept.29, 2015, Doi Suthep, Chiang Mai

このシジミチョウは初めて撮ったように思う。

20150929#2WEB
シジミチョウ科 Discolampa ethion ethion
Sept.29, 2015, Doi Suthep, Chiang Mai

次いで飛んできたのは、チョウらしくない飛び方をするチョウ。

20150929#3WEB
アゲハチョウ科 アオスソビキアゲハ Lamproptera meges
Sept.29, 2015, Doi Suthep, Chiang Mai

20150929#4WEB
アゲハチョウ科 アオスソビキアゲハ Lamproptera meges
Sept.29, 2015, Doi Suthep, Chiang Mai

20150929#5WEB
アゲハチョウ科 アオスソビキアゲハ Lamproptera meges
Sept.29, 2015, Doi Suthep, Chiang Mai

20150929#6WEB
トンボ科 セボシトンボ Trithemis festiva
Sept.29, 2015, Doi Suthep, Chiang Mai
腹部挙上姿勢をとっていた。

トンボがこのような姿勢をとる時は暑い時。
トンボの姿勢を見るまでもなく、撒いた水が数分のうちに蒸発している。

20150929#7WEB
トンボ科 マレートンボ Ztgonyx iris malayana
Sept.29, 2015, Doi Suthep, Chiang Mai

トンボ科のトンボでありなあら、金属光沢があり、初めて見た時は感動する。

このトンボはなかなかとまらないのだが、今日は頻繁にとまっていた。
それほど暑い。

お昼を過ぎるとチョウがいなくなったので、撮影を終えた。




チェンマイのスーパームーン
雨期が終わりつつあるチェンマイだが、雲の多い天気が続いている。

夜になり、雲がきれてスーパームーンが顔をだした。


20150928#7WEB
2015年9月28日午後8時5分、チェンマイ・ステープ通り近辺から見たスーパームーン



今日もダメもとか
夜のうちに雨が降ったようだ。

ヤンマ狙いでドイステープへ。
狙っても撮れないのがこの時期のヤンマの写真。

昼前にヤンマポイントへ向かう。
林の中で目の前を横切ったものがいた。

20150928#1WEB
チョウのようでもある。とりあえず撮っておいたが、よくわからない。

大型のサナエが飛んできた。
20150928#2WEB
サナエトンボ科 Gomphidictinus perakensis ♂
Sept.28, 2015, Doi Suthep, Chiang Mai

20150928#3WEB
サナエトンボ科 Gomphidictinus perakensis ♂
Sept.28, 2015, Doi Suthep, Chiang Mai

このトンボもここではよく見るようになった。

この後、本命のPolycanthagyna erythoromelas ♂が飛んで来たが、どこにもとまることなく飛び去った。
このヤンマ、ドイインタノンでは5月に撮ったことがあるが、ドイステープでは5月には見たことがない。

20150928#4WEB
岩盤のくぼみにいた小魚。

この小魚がいるような小さな水溜り周辺のコケにP.erythoromelasの♀が産卵するのを見たことがあるが、幼虫の'姿は見たことがないし、羽化殻もこの周辺で見たことがない。
どこで羽化しているのか、わからないことが多過ぎる。

撮影終了間際、シジミチョウの中に翅の模様が変わった種類がいたので、撮った。

20150928#5WEB
シジミチョウ科 Prosotas aluta coelestis
Sept.28, 2015, Doi Suthep, Chiang Mai

初物かと思ったら、すでに撮った種類であった。

20150928#6WEB
シジミチョウ科 Prosotas aluta coelestis
Sept.28, 2015, Doi Suthep, Chiang Mai

写真を撮る時に、もっとローアングルにしないと、バックがうるさい。

今日の結果、「ダメもと」再び。



オオシロモンセセリ Udaspes folus
一昨日、チェンダオへトンボを撮りに行った時に、初めてみたセセリチョウを撮った。

それがこれ。

20150925#08WEB
セセリチョウ科 属名種名不明 オオシロモンセセリ Udaspes folus
Sept.25, 2015, Chiang Dao, Chiang Mai

20150925#09WEB
セセリチョウ科 属名種名不明 オオシロモンセセリ Udaspes folus
Sept.25, 2015, Chiang Dao, Chiang Mai

20150925#10WEB
セセリチョウ科 属名種名不明 オオシロモンセセリ Udaspes folus
Sept.25, 2015, Chiang Dao, Chiang Mai

20150925#11WEB
セセリチョウ科 属名種名不明 オオシロモンセセリ Udaspes folus
Sept.25, 2015, Chiang Dao, Chiang Mai

20150925#12WEB
セセリチョウ科 属名種名不明 オオシロモンセセリ Udaspes folus
Sept.25, 2015, Chiang Dao, Chiang Mai

Spialia galba オオシロモンセセリ Udaspes folus か?




Polycanthagyna erythromelas ♂目撃
午前10時前にカムティアンのTESCO LOTUSへ買物に行った。
お酒を買おうとしたら販売は午前11時からだと断られた。

そう言えば、リンピンスーパーマーケットでも、みりんを買おうとしたら断られたことがある。
タイではアルコール類の販売は11:00~14:00、17:00~24:00であることをすっかり忘れていた。

お酒は料理に使うこともあるし、これからの乾期にはお酒に浸したパイナップルでチョウを引き寄せるためのに使うのだ。

そんなこんなで、ドイステープへは午前11時過ぎからヤンマポイントへ行ってみた。

まず飛んできたのはシジミチョウ。
20150927#1WEB
シジミチョウ科 Una usta usta
Sept.27, 2015, Doi Suthep, Chiang Mai

シジミチョウは指にとまらせて撮るといい。

20150927#2WEB
シジミチョウ科 Una usta usta
Sept.27, 2015, Doi Suthep, Chiang Mai

左腕にとまったので右手に持ったカメラで撮った。

トンボやチョウが飛んできそうな場所でイスに腰掛け待つ。
サナエトンボが飛んできた。

20150927#3WEB
サナエトンボ科 Gomphisictinus perakensis ♂
Sept.27, 2015, Doi Suthep, Chiang Mai

水辺には、これ。

20150927#4WEB
ミナミイトトンボ科 Prodasineura sp. ♂
Sept.27, 2015, Doi Suthep, Chiang Mai

20150927#5WEB
ミナミイトトンボ科 Prodasineura sp. ♂
Sept.27, 2015, Doi Suthep, Chiang Mai

20150927#6WEB

この後、しばらくしてヤンマが飛んできて、とまることなく飛び去った。
Polycanthagyna erythromelas ♂だった。

このヤンマは11月過ぎまで見られるので、それまでに撮影チャンスは充分あるだろう。
そのためにはまたせっせとドイステープへ通わなければならないが。



MU's KATSU のトンカツ定食
昨日、遠出をしたので今日は休養日。

ニマンヘミン通りの CURRY SCOOP へカレーを食べに行った。

昼食の時間帯は混むだろうと午前11時半過ぎに行ったら、店はあいているのだが閑散としている。
聞くと、営業は12時からだと言う。

ここでのカレーを諦め、ニマンヘミン通りもう一軒のカレーショップ MU's KATSUへ。
今日は席にまだ余裕があるが、カウンター席へ。

注文したのはトンカツセット、昼食としてはちょっと高目の175B。
10分ほどして出てきたのがこれ。

20150926#1WEB

トンカツがでかい。でか過ぎる。

まずは味噌汁の味を確かめる。
ちょっと薄いように感じたが、味は決して悪くはない。

次いで、ご飯を一口。
ご飯にもうちょっとねばりがあったほうがいい。
箸でつかむとパラパラ落ちる。

メインの巨大なトンカツの味はと言うと、コロモのサクサクした食感は言うことなし。
この食感は大阪・梅田の豚晴、KYKのトンカツとほぼ同じ。
トンカツの味もいい。
添えてあるキャベツの千切り用にドレッシングを持ってきてくれたが、その味も悪くない。

トンカツが食べたいならばこのお店はおすすめだ。
ボリュームがあるので、ここでトンカツ定食をお昼に食べるならば、朝食は抜いておいたほうがいいように思う。



チェンダオ(Chiang Dao)のトンボ
今日はチェンダオ(Chiang Dao)へ。
5月中旬から6月中旬がトンボの撮影にはいいのだが、今年は不順な天候と日本への一時帰国で行っていない。

午前9時、出発。
久しぶりの遠出だ。

メーテン(Mae Taeng)の陸運局前通過、午前10時。
いつものように心の中で手を合わせる。

チェンダオの撮影ポイントへの到着は午前10時50分。
すでにトンボが飛んでいてもいい時間帯だが、何もいない。

撮影準備をして、イスに腰掛けセブンイレブンで買ったパンを食べながらトンボが飛んでくるのを待つ。

水面上に何か見えた。
20150925#1WEB
サナエトンボ科 Onychogomphus sp. ♂
Sept.25, 2015, Doi Suthep, Chiang Mai

見たのは1♂のみ。
大型のサナエトンボを見たが、飛び去った。

次いで飛んできたのがこれ。
20150925#2WEB
ヤマイトトンボ科 Rhinagrion mima ♂ Rhinagrion viridatum ♂
Sept.25, 2015, Doi Suthep, Chiang Mai

このトンボは流れに張り出した枝の、目の高さから上にとまる。
近づくと、上へ上へと飛んでいく。
非常に撮りづらい。

20150925#3WEB
ヤマイトトンボ科 Rhinagrion mima ♂ Rhinagrion viridatum ♂
Sept.25, 2015, Doi Suthep, Chiang Mai

【注記】
Noppadon Makbun 氏から、Rhinagrion viridatum との指摘があった。
Rhinagrion mima はKanchanaburi、Tak、Kampaeng Petch で記録があるようだ。

20150925#5WEB
ミナミカワトンボ科 Euphaea ochracea ♂
Sept.25, 2015, Doi Suthep, Chiang Mai

20150925#6WEB
ミナミカワトンボ科 Euphaea ochracea 交尾
Sept.25, 2015, Doi Suthep, Chiang Mai

20150925#7WEB
ミナミカワトンボ科 Euphaea ochracea ♀
Sept.25, 2015, Doi Suthep, Chiang Mai

半分、水につかって産卵している。
完全に水没して産卵することもある。

午後2時前まで待って見たが、トンボの種類が増えないので撮影を終えた。



乾期はもうそこまで
朝食は具沢山の味噌汁とトーストと言う、ちょっと変わった組み合わせ。

20150924#1WEB

食事をしながら、今日の行き先を決める。
Chiang Dao に決まりかけていたのだが、いまひとつ天気が不安なので、結局ドイステープへ。

晴れているヤンマポイントへ行った。
すぐに止んだのだが、晴れているのに雨が降ってきた。
勘弁して欲しい。

相変わらず蒸し暑く、地面には沢山のアリが這い回っている。
カワトンボが飛んできた。

20150924#2WEB
カワトンボ科 Matrona nigripectus ♂
Sept.24, 2015, Doi Suthep, Chiang Mai

このカワトンボが開けた場所に出てくると乾期は近い。

高速でセセリチョウが飛んできた。

20150924#3WEB
セセリチョウ科 属名種名不明
Sept.24,2015, Doi Suthep, Chiang Mai

このセセリチョウは非常に敏感で近づけない。
近くに飛んでくるのを待って撮った。

20150924#4WEB
セセリチョウ科 属名種名不明
Sept.24,2015, Doi Suthep, Chiang Mai

尾端を岩にこすり付けている。
ある種のセセリチョウでこのような行動が見られる。

今日もベニボシイナズマの仲間が飛んで来たが、まったく撮らせてもらえず。
地面に着地し、カメラを向けたら飛び去った。

まあ、近いうちにまた会えるだろう。



昼食は飲茶の店で
朝から青空が全く見えない空模様。

ドイステープでの撮影は中止にして、ニマンヘミン通りの CURRY SCOOP でカレーを食べる予定だった。
ところが、インターネットで表示されている日本円のタイバーツへの換金レート0.3017を見て予定を変更することにした。

このところの換金レートは0.29台、それが久しぶりの0.3台。
0.29が0.3になったところで、金額的には知れているが、気分の問題だ。

昼前に両替に行った。両替した後で街中で昼食をして帰ればいい。

両替に行った先はSAKON SHOP S.K(以前はS.K.Money Exchangeと言う名前だったように思う)。
両替レートは0.3002、一万円が3002B。

昼食は飲茶の店へ行った。
こちら方面に出かけた時の昼食は飲茶の店か、その真向かいのロット・ディーの焼き餃子が定番。
この前は焼き餃子を食べたので、今日は飲茶。

20150923#1WEB

ツミレっぽいのが、プリプリとした食感で実にうまい。
味も好みだ。

帰りに近くのバイク屋さんでエンジンオイルの交換(150B)とブレーキの交換(120B)、タイヤのエアー圧のチェックをしてもらった。

遠出の準備はバッチリ。
これで朝から天気がよければ、久しぶりにドイインタノンかチェンダオへの遠出ができる。



今日はチョウの日
ホソイトトンボ科 Protosticta curiosa がいるかどうかを調べるために、今日もドイステープへ。
探せども、探せどもその姿はなし。
ドイステープでの出現期は、8月下旬から9月中旬までか。

草むらにナナフシがいた。
20150922#1WEB
ドイステープでは、ときどき見かける。

森の中にあったマーキング。
20150922#2WEB
何の調査であろう。

サナエトンボ科 Merogomphus parvus ♀を見つけた場所へ行く。
シジミチョウが飛んできた。
20150922#3WEB
シジミチョウ科 Flos sp.?? Prosotas aluta coelestis
Sept.22, 2015, Doi Suthep, Chiang Mai
図鑑と照合するのだが、私の目にはFlos属もArhopala属も同じように見える。

アゲハチョウが吸水に来た。
20150922#4WEB
アゲハチョウ科 ナガサキアゲハ Papilio memnon agenor
Sept.22, 2015, Doi Suthep, Chiang Mai
吸水に降りてきたのは久しぶりに見た。

20150922#5WEB
アゲハチョウ科 ナガサキアゲハ Papilio memnon agenor
Sept.22, 2015, Doi Suthep, Chiang Mai
休止中、さらに近づこうと体を動かしたら飛び去った。

数日前にも見たチョウだ。
20150922#6WEB
タテハチョウ科 Euthalia malaccana
Sept.22, 2015, Doi Suthep, Chiang Mai

撮影を終え帰ろうとしたら飛んできたセセリチョウ。
20150922#7WEB
セセリチョウ科 イシガキセセリ Odontoptilum angulatum
Sept.22, 2015, Doi Suthep, Chiang Mai
葉の上にやっととまった。

20150922#8WEB
セセリチョウ科 イシガキセセリ Odontoptilum angulatum
Sept.22, 2015, Doi Suthep, Chiang Mai
葉の上から下りてきたがすぐに飛び去った。

20150922#9WEB
セセリチョウ科 属名種名不明
Sept.22, 2015, Doi Suthep, Chiang Mai

このチョウの周辺にも見られるように、撮影ポイントには無数のアリがいるので、このアリ対策を考えねばならない。

今日はトンボは見なかったが、チョウも出てくる顔ぶれが変わりつつある。
雨期の終わりは近いのであろう。



野菜を食べる
悪玉コレステロールと言われるLDLコレステロールを減らすには、まず脂っこいもの、揚げ物などは控えた方がよい。

などと言いながら、昨日はニマンヘミン通りのMU's KATSU でカツカレーを食べてしまった。
頭の中では理解していても、どうも胃袋の方が理解していないようだ。

今朝は野菜主体の朝食。これにトーストだったが、タンパク質が足りない。
目玉焼きでもあればいいのだが、面倒くさいのでやめた。

目玉焼き用の電気調理器具を探しているのだが、みつからない。

20150921#1WEB
これにもゆずごまドレッシング。

曇り空だったが、昼前にドイステープの標高の高い撮影ポイントへ行った。
先客があり。
虫仲間のLESさんだ。
チョウがいないので、ツノゼミを探していると言う。

ツノゼミも面白い形をしているので、クローズアップが撮れれば面白い。

ここでは撮るものがなさそうだったので、下山して、Protosticta ポイントを探してみたが、Protostictaの姿はなし。
撮影を終え下山した。

夕方、また窓の外でウスバキトンボが飛んでいる。
20150921#2WEB
画面中央、ゴミのように見えるのがウスバキトンボ。
日本でも見られる普通種。

午後5時過ぎに、久しぶりにチェンマイ大学裏門周辺をブラブラして、屋台でサワガニの唐揚げを探した。
揚げ物は控えなければならないのだが、ここらへんがいい加減、よく言えば柔軟性あり??。

幸か不幸か、サワガニの唐揚げはなし。

部屋に帰って、具沢山の味噌汁を食べる。ここでも野菜補給。
20150921#3WEB

タマゴはコレステロールが多いと言われているが、良質のタンパク質を含んでいるので、一日一個程度は食べたほうがいい。

やはりここでもタンパク源として魚が欲しいところだ。魚食性の私には。



MU's KATSU のカツカレー
このところ、時間があればドイステープへ撮影に行っていたのだが、やはり一週間に最低でも一日は休む日が必要と思うようになってきた。

と言うわけで、今日はドイステープへの撮影行は中止にして、ニマンヘミン通りのカレーショップで昼食をとり、ついでにMAYAのリンピンスーパーマーケットへ行き、冷凍サンマを買って帰ることにした。

ソンテオでニマンヘミン通り、The Salad Concept の前で降り、ソイ13を CURRY SCOOP へと向かう。

お昼前だったので、The Salad Conept はほぼ満席のようだ。
有機野菜が売りなので、女性、欧米人が多いように思う。

さらに歩いて行くと、またお客さんが多いレストランがあった。
それが、これ、店名はNorthern Thai Cuisine。
20150920#1WEB
若者が多い。
ただこれだけ多いと、やはり何か特徴があるのだろう。
ここでも一度食べてみなければならない。

CURRY SCOOP へ着いたら、シャッターが下りている。
やられた。日曜日は定休日だ。

ならば、ニマンヘミン通り、もう一軒のカレーショップ、MU's KATSU へ行く。
The Salad Concept の前のソイをドイステープの方向へ20mほど行った所にある。

ここがMU's KATSU。
20150920#2WEB
店内はと言うと、これまた超満員。
かろうじてカウンター席が空いていた。

ここでも注文したのはカツカレー(ゲーンカリー・ムートートで通じた)。
それがこれ、115B。
20150920#3WEB
スプーンがズシリと重い。
カレールーの味は、CoCo壱番屋系統。ピリカラでうまい。
量はCURRY SCOOP に比べると少ないように感じた。

注文したカツカレーができあがるまでに、他のメニューを調べて見た。
味噌汁の付いたトンカツ定食、牛ドンなどもあり。

定休日は火曜日。
昼食時間帯はずらした方が無難だ。

「カレーと焼き餃子にまずいものなし」と言われるように、カレーは店それぞれに特徴がありいずれもうまい。
CURRY SCOOP、MU's KATSU とも、ほかのメニューも食べてみたい。

昼食を終えてからリンピンスパーマーケット・MAYA店へ冷凍サンマを買いにいったら品切れ。
サンマ以外に煮魚にできそうな魚を探しておかねばならない。

MAYAからは歩いて帰る途中で見つけたゴールデンシャワー。
20150920#4WEB

この花が咲くと言うことは、乾期はもうそこまで来ているのだろう。
こんなことを書くと、翌日は大雨と言うケースはよくあるのだが・・・・・。



おなじみさんばかりだったが・・・
昨日は久しぶりにまとまった雨が降ったので、もう天空には雨粒はないのであろう、今日はいい天気。

午前9時過ぎに、カムティアンのTESCO LOTUSで買物を済ませ、午前11時過ぎからドイステープへ行った。

昨日の雨で渓流の水が増水している。

今日の狙いは、サナエトンボ科 Merogomphus parvus ♂、ホソイトトンボ科 Protosticta curiosa 。

出てきたのは、大型のサナエトンボ。
20150919#01WEB
サナエトンボ科 Gomphidictinus perakensis ♂
Sept.19,2015, Doi Suthep, Chiang Mai

20150919#02WEB
サナエトンボ科 Gomphidictinus perakensis ♂
Sept.19,2015, Doi Suthep, Chiang Mai

陽が照ってくると、腹部挙上姿勢をとった。
このような姿勢をとることによって、体温が上昇するのを抑制しているとの説がある。

20150919#03WEB
ミナミイトトンボ科 Prodasineura sp.♂
Sept.19,2015, Doi Suthep, Chiang Mai

20150919#04WEB
ミナミイトトンボ科 Prodasineura ♀
Sept.19,2015, Doi Suthep, Chiang Mai
上記のミナミイトトンボの♀か、P.autumnalisの♀か識別できない。

20150919#05WEB
ミナミイトトンボ科 Prodasineura ♀
Sept.19,2015, Doi Suthep, Chiang Mai
このイトトンボの♀も写真屋泣かせだ。

20150919#06WEB
シジミチョウ科 Taxila haquinus
Sept.19,2015, Doi Suthep, Chiang Mai

20150919#07WEB
アゲハチョウ科 モンキアゲハ Papilio helenus
Sept.19,2015, Doi Suthep, Chiang Mai

20150919#08WEB
タテハチョウ科 リュウキュウムラサキ Hypolimnas bolina
Sept.19,2015, Doi Suthep, Chiang Mai

ホソイトトンボ科 Protosticta curiosa はここ数日姿を見ていない。
悪天候のせいもあるが、いましばらく様子を見ることにする。

サナエトンボ科 Merogomphus pauvus♂の姿もなし。

ベニボシイナズマの仲間が飛んで来たが、いつものように地面に数秒静止した後、高速で飛び去った。
トラフタテハはよく見るが、射程距離に近づけない。3mほどの距離で逃げられた。

トンボ、チョウはおなじみさんばかりだったが、珍しいものも見た。
撮影ポイントへ向かう途中の岩盤で、瞑想している欧米人。
これにはちょっとびっくりした。



チェンマイ定住者集いの会のある日だが・・・・・
今日はチェンマイ定住者集いの会のある日だ。
パソコンのモニターに表示が出るようにしておくと、忘れることはない。

20150918#0WEB

朝から雨模様。
例会は午後1時からなので、それまでには雨はあがるだろうと思っていたが、雨脚がだんだん強まり、午後12時過ぎには道路を雨水が流れるようになってきた。

この雨の中出かければ下半身はずぶぬれ、悲惨な状態になるのでしばらく待ってはみたが、結局例会への出席を断念した。

冷蔵庫に野菜がなくなったので、Kad Suan Kaew の TOPS で野菜、MAYAのリンピンスーパーで冷凍サンマを買う予定が大幅に狂った。

こう雨が激しく降っているようでは外に出れない。

午後3時過ぎ、空が明るくなってきたがまたいつ雨が降るかわからない。
近くのドイカムショップへバイクで野菜を買いに行った。

20150918#1WEB
葉物の野菜、トマト、パプリカ、ブロッコリーを入手。
ブロッコリーは初めて買った。

ブロッコリーは芯の部分も塩茹でして食べて見たが、まあいける。
20150918#2WEB
これにゆずごまドレッシングが実によくあう。ここでもオリーブオイルは忘れずにたらす。

トマト、パプリカ、ブロッコリーは積極的に食べたい野菜だ。

今日は外出したのは、ドイカムショップへ行った20分間のみ。
まあ、たまにはこのような日もある。



CURRY SCOOP のカツカレー
朝から厚い雲が天空を覆っており、青空が全く見えない天気。

お昼前になっても回復する兆しがないので、ドイステープ撮影行は中止にして、街中で食事をすることにした。

さて、どこへ行くか。
ここで参考にさせてもらったのが、9月13日の新明天庵さんのブログ「チェンマイ市内で美味しいトンカツカレーの店・7選」の記事だ。

店の場所を調べると、ニマンヘミン通りにCURRY SCOOP と MU's KATSU があることがわかった。
この店ならばそう遠くもないので、まずはCURRY SCOOP へ行ってみた。

場所はニマンヘミン通り、角に THE SALAD CONCEPT のあるソイ13をシリマンカラジャ通りへ行った最初の交差点の角にあった。
その店がここ。
20150917#2WEB

午前11時半過ぎに行ったら、お客さんは誰もいないので、テーブル席につく。
20150917#3WEB

注文するのはカツカレーと決めていたのだが、いろいろな種類のカレーがあり、どれもうまそう。

20150917#4WEB
掲示板をみるとポークカレー69B、ビーフカレー79Bもある。
これもいつかは食べてみなければならない。

これが注文したカツカレー、139B。
20150917#5WEB
トンカツが白いご飯の上に、所狭しと並べられている。

カレールーの味は、ほのかな甘みと酸味があり、この店独特の味のように思う。
ボリュームもあり、言うことなし。

私はMAYAのCoCo壱番屋のカレーより、こちらの味が好みだ。

この店はまた来ることになるだろう。



ゆずごまドレッシング
Kad Suan Kaew の TOPS に、ゆずごまドレシングが再入荷した。

7月に初めて買って野菜サラダに使ってみたら、自分の好みにピッタリ。
「ごまの香ばしさとゆずの爽やかさ」の表示そのままの味だ。

これからも野菜サラダはゆずごまドレッシングでと、数日後、 Kad Suan Kaew のTOPSに買いに行ったら売れ切れ。
その後、TOPSへ行くごとに、入荷していないかチェックしていたのだが、それが先日やっと入荷した。

それが、これ、69B。
20150917#1WEB
他のドレッシングに比べて売れ行きは好調のようだ。

野菜サラダを食べる時に、さらにオリーブオイルをちょこっとたらすことにしている。
オリーブオイルは積極的に摂取した方がいい。
ココナツオイルもよいがちょっとクセがあるので、人によっては好き嫌いがあるように思う。

今月初めに行った健康診断結果から、LDLコレステロール(悪玉コレステロール)を減らす体質改善を行なうことにした。

体質改善も自分の生活リズムを変えることなく、自分が興味のある食材を食べながら行うと持続しそうな予感。




雨期から乾期への移行期か
久しぶりにファイケーオの滝へ行ってみた。

2008年から2012年までここでムモンギンヤンマ Anax immacurifrons を撮っていたのだが、2013年から忽然とその姿が消えた。
これが世に言うファイケーオのミステリー。
言っているのは私だけなのだが、原因は全く不明。

この滝の上流ではムモンギンヤンマの♀を撮っているが、♂は見ていない。
著しい環境の変化があったわけでもなし、一体どこにいるのだろう。

そんなムモンギンヤンマなので、今日のファイケーオの滝は「ダメもと」撮影会。結果は言わずもがな。

午前10時過ぎから30分ほど待ってみたが、見たトンボはParagomphus capricornis、Trithemis festiva、Orthetrum pruinosum neglectum などの普通種のみ。

岩肌に小さなハチが筒状のちょっと変わった巣を作っていた。

20150916#01WEB
これ以上近づくと、ハチの攻撃を受ける。

このハチは1cmにも満たない小さなハチだが、以前に刺された時はそれなりに痛かった。応急処置には「ムヒ」がいい。

20150916#02WEB


この後、ドイステープ・Coeliccia ポイントへ移動。
そこでは取水パイプが壊れ、流れ出た水にルリモンアゲハが吸水にきていた。

20150916#03WEB
アゲハチョウ科 ルリモンァゲハ Papilio paris
Sept.16, 2015, Doi Suthep, Chiang Mai
吸水に夢中で近づいても逃げない。

20150916#04WEB
アゲハチョウ科 ルリモンァゲハ Papilio paris
Sept.16, 2015, Doi Suthep, Chiang Mai

20150916#05WEB
アゲハチョウ科 ルリモンァゲハ Papilio paris
Sept.16, 2015, Doi Suthep, Chiang Mai

20150916#06WEB
モノサシトンボ科 Calicnemia imitans ♂
Sept.16, 2015, Doi Suthep, Chiang Mai
老熟個体だ。

20150916#07WEB
モノサシトンボ科 Coeliccia poungyi ♂
Sept.16, 2015, Doi Suthep, Chiang Mai
この場所の常連さん。

昼前にProtostictaポイントへ移動。
Protosticta curiosa1♀を見つけたが、撮る間もなく逃げられた。

20150916#08WEB
モノサシトンボ科 Coeliccia didyma 未熟♀
Sept.16, 2015, Doi Suthep, Chiang Mai

20150916#09WEB
モノサシトンボ科 Coeliccia didyma 未熟♀
Sept.16, 2015, Doi Suthep, Chiang Mai

20150916#10WEB
モノサシトンボ科 Coeliccia didyma 未熟♀
Sept.16, 2015, Doi Suthep, Chiang Mai

この後も30分ほどねばってみたが、Protosticta curiosa は姿を見せず。

見られるトンボに変化が出てきているように思う。
いよいよ雨期も終わりに近づいているのだろうか。



シジミチョウ科 Hypolycaena othona othona
昨日撮ったこのシジミチョウ、「BUTTERFLIES OF THAILAND」で図版と照合すると、相当する二種類のシジミチョウが見つかった。
一つはHypolycaena othona othona、もう一種類はTongeia potanini potanini。

よく似たシジミチョウを昨年の3月、4月にも撮っている。
この時は、Tongeia potanini potanini としたが、このチョウも Hypolycaena othona othona だったのかも知れない。

20150914#9WEB
Sept.14, 2015, Doi Suthep, Chiang Mai

このチョウを Hypolycaena othona othona としたのは、翅のおもて面が青かったから。

「BUTTERFLIES OF THAILAND」の図版によれば、Tongeia potanini potanini の翅のおもて面は茶色、Hypolycaena othona othona の♂の翅のおもて面は青色。

このことから、属名・種名を Hypolycaena othona othona とした。
写真屋泣かせのチョウだ。


ダメもと
昨日、サナエトンボ科 Merogomphus parvus ♀を撮った。

♀がおれば♂もいるはずと、♂狙いでドイステープへ出かけた。
ただ、今まで見たことのないサナエトンボだ。
と言うことはドイステープでは希少種。

そのようなトンボがそう簡単に撮れるとは思わないが、行かなければ撮れない。
と言うわけで、昨日♀を見つけた場所へ。

途中で、Protosticta curiosa を探す。
20150915#1WEB
ホソイトトンボ科 Protosticta curiosa ♀
Sept.15, 2015, Doi Suthep, Chiang Mai

20150915#2WEB
ホソイトトンボ科 Protosticta curiosa ♂
Sept.15, 2015, Doi Suthep, Chiang Mai

20150915#3WEB
ホソイトトンボ科 Protosticta curiosa ♀
Sept.15, 2015, Doi Suthep, Chiang Mai

Protosticta curiosa は♂も♀も健在。

タイワンハグロトンボ属のカワトンボがいた。
このトンボもお気に入りの場所があり、そこへ行けばかなり高い確率で見ることができる。
20150915#6WEB
カワトンボ科 Matrona nigripectus.♀
Sept.15, 2015, Doi Suthep, Chiang Mai
翅を広げるときれいなので、しばらく待ったが広げる気配なし。

久しぶりに見た大型のチョウ。
20150915#4WEB
タテハチョウ科 Penthema darlisa
Sept.15, 2015, Doi Suthep, Chiang Mai

ゴミ箱近くにいた。
チョウはゴミ箱の近くになどには、いて欲しくはないのだが。


ちょっと変わったキノコ。
20150915#5WEB
いつもはチラ見して通り過ぎるのだが、今日はカサの周辺にしろい縁取り模様が出ていたので撮った。

「ダメもと」のMerogomphus parvus ♂探しであったが、予想通り見ることはできなかった。
まあ、これもせっせと通っておれば撮れそうな気がする。

それにしても、このドイステープという山は虫好きにとって魅力ありすぎ。



ドイステープ初記録か
相変わらず不安定な天気が続いているので、青空を見ればドイステープへ行くことにしている。
ホソイトトンボ科 Protosticta curiosa がいつ頃まで見られるのかを調べるためである。

ドイステープは白い雲に青い空、実に気持ちがいいと言いたいところだが、非常に蒸し暑い。

ただ、天気が良いとトンボは出てくる。

20150914#1WEB
モノサシトンボ科 Coeliccia didyma 未熟♂?
Sept.14,2015, Doi Suthep, Chiang Mai

20150914#2WEB
モノサシトンボ科 Coeliccia didyma ♂
Sept.14,2015, Doi Suthep, Chiang Mai
こちらは成熟♂。

Protosticta curiosa は、いつもの場所でいつもの時間に出てきた。
20150914#3WEB
ホソイトトンボ科 Protosticta curiosa ♂
Sept.14,2015, Doi Suthep, Chiang Mai
フラッシュ光に非常に敏感で飛び立つ。

20150914#4WEB
ホソイトトンボ科 Protosticta curiosa ♂
Sept.14,2015, Doi Suthep, Chiang Mai

20150914#5WEB
ホソイトトンボ科 Protosticta curiosa ♂
Sept.14,2015, Doi Suthep, Chiang Mai

20150914#6WEB
ホソイトトンボ科 Protosticta curiosa ♂
Sept.14,2015, Doi Suthep, Chiang Mai
見たのは1♂のみで、♀の姿はなかった。

まったく偶然にサナエトンボを見つけた。
Gomphidictinus perakensis はこの時期見ることはあるが、それに比べ一回り小さい。
ドイステープでは初めて見て、初めて撮った。

20150914#7WEB
サナエトンボ科 属名不明。 Merogomphus parvus ♀
Sept.14,2015, Doi Suthep, Chiang Mai
見たのはこの♀だけ。
今日の最大の収穫だ。

【追記】
Dennis Farrell 氏から属・種名を教えてもらった。感謝。
♀がいると言うことは、♂もいる。
♂を探さねばならないと言う、新たな課題ができた。


林の中を歩いていると、笹の葉の裏に何かがとまった。
ガだ。
20150914#8WEB
ガの仲間。
Sept.14,2015, Doi Suthep, Chiang Mai
翅が透き通っている。

シジミチョウが飛んできた。
このシジミチョウも数は多くない。

20150914#9WEB
シジミチョウ科 Hypolycaena othona
Sept.14,2015, Doi Suthep, Chiang Mai
左手の甲にとまったところを撮った。

これを撮って帰ったが、午後3時頃から不安定な天候を象徴するような大雨が降った。
20150914#11WEB

これだから、まだ遠出はできないのだ。



不安定な天気
朝から雨が降っている。

20150913#1WEB
買物に出かけるにもこの雨ではどうしようもない。
昨今の天気の傾向から言えば、お昼前から回復するだろう。

予想通り、午前11時から青空が出てきたので、買物に行く前にちょっとProtosticta属のたまり場をのぞいてみた。
雨が上がり直後なので、地面も下草も雨でぬれており、イトトンボの姿はなし。

これだけ確認して下山。

20150913#2WEB
空を見上げると、無数のウスバキトンポ Pantala flavescens。
撮ってはみたものの、写真ではほとんど見えず。

帰り道、チェンマイ大学正門から大学構内へ侵入する中国人観光客のバイクのチェックが厳しくなっている。
ほとんど構内に入れない。
中国人観光客以外は今まで通りフリーパス。

昼食は「三鳥」の寿司定食を食べ、Kad Suan Kaew のTOPSと帰り道にあるトンパヨム市場で野菜を買って帰る。

午後、窓の外を見ると、天気が回復するかと思っていたら雲が出てきた。
20150913#3WEB
ここでも ウスバキトンポ Pantala flavescens が飛んでいたが、これまたほとんど撮れず。

今日は白い雲の間から青空が見えているのに、局地的な降雨があったり、非常に不安定な天気であった。
このような不安定な天気が続くのも、あとしばらくの辛抱か。



タイ版足跡図鑑
今日の天気はよかったのだが、知人が彼の2歳になる息子君を連れてきたので、ドイステープ行きは中止にした。

今朝の5時から、チェンマイ大学の新入生のドイステープ山登りがあるそうだ。
そう言えば、昨日ドイステープへ行ったら、沿道に飲物の補給所や医務室のテントが設営されていた。

今日は多分、その'影響で混雑することが予想されるので、ドイステープへは行かない方がいいだろう。


ところで、いつだったのかは忘れたのだが、スリウォンブックセンターの自然科学書売り場でで四つ折りにしてあるパンフレット?を買った。

その一部がこれ。

20150911#07WEB

ちょっと厚手の四つ折の防水紙に哺乳類の足跡がプリントしてある。

タイで見られる哺乳類の足跡図鑑だが、非常にコンパクトで、なんと言っても防水加工されているのがいい。
ただ、実際に野外で足跡を見つけることは非常に難しい。経験が必要となる。

最近、これを良く使うようになった。
哺乳類の足跡を探し回っているわけではない。

トンボの標本を撮影をする時に、このスケールを利用している。

標本撮影の場合は、このスケールを使えば、トンボの大きさが何cmあるかがわかっていいのだが、野外でトンボを撮影する時に、その大きさを知る方法がない。

トンボを捕まえることなく、その大きさを知る方法を知らない。
何かいい方法はないものか。



天気は不安定
昨日の夕方は青空が見えていたのに、今朝は朝からどす黒い雲が広がっている。
とうとう雨が降りだした。

20150911#0WEB
一日中雨かと思っていたら、午前10時には回復してきたので、ドイステープへ行った。

出てきたのは鮮やかな色のハレギチョウ。
20150911#1WEB
タテハチョウ科 ハレギチョウ Cethosia biblis
Sept.11, 2015, Doi Suthep, Chiang Mai

20150911#2WEB
タテハチョウ科 ハレギチョウ Cethosia biblis
Sept.11, 2015, Doi Suthep, Chiang Mai
このチョウも久しぶりに撮った。

次いで行ったのがホソイトトンボの撮影ポイント。
20150911#3WEB
ホソイトトンボ科 Protosticta curiosa ♂
Sept.11, 2015, Doi Suthep, Chiang Mai

このイトトンボも最近になってたまり場を見つけたので、よく撮るのだが、生態は全くと言っていいほどわかっていない。

20150911#4WEB
ホソイトトンボ科 Protosticta curiosa ♂
Sept.11, 2015, Doi Suthep, Chiang Mai

出現期も不明なので、これを機会にいつまで見られるのか調べておく必要がある。


20150911#5WEB
シロチョウ科 キチョウの仲間、属は不明。
Sept.11, 2015, Doi Suthep, Chiang Mai

昼過ぎに撮影を終え、部屋に帰った。

窓の外は雲は多いが、青空が広がっている。
20150911#6WEB

これならば明日は天気だろうと、撮影計画をたてると翌日は雨と言うのがここ数日のパターンだ。



またまたムール貝の酒蒸し
昨日、一昨日とトンボ日和が続いていたので、今日も期待していたのだが、朝からどんよりとした天気。

ドイステープでの撮影は中止にし、Kad Suan Kaew のTOPSへ買物に行こうとしたら雨。
雨が止むのを待って昼前に出かけたのだが、蒸し暑いことこの上なし。

TOPSでまたムール貝が売ってあった。
先月買った時は70Bほどだったが、今日は53Bが、さらにディスカウント価格30B。
写真のほぼ倍ほどの量で30Bは安い。

買う人がいないから売れ残っているのだが、私にとっては非常にラッキーで好ましい。

買物から帰るとまた雨。
雨が降ってくれると、ドイステープへ行こうと言う気にはならないので、買ってきたムール貝をまた酒蒸しにしてみた。

20150910#1WEB

貝殻は大きいが可食部は小さい。
味は前回と同じで濃厚なうまみが口の中に広がる。

午後3時頃から青空が広がってきた。
この青空が明日の昼過ぎまで続いてくれると良いのだが。



Prodasineura属の♀の違いは
今日も雲の多い天気だが、雲の色が白く青空が見えるので、ドイステープへ行った。

草むらにイトトンボの姿があった。
Prodasineura属の♀だ。

20150909#1WEB
ミナミイトトンボ科 Prodasineura sp.
Sept.9, 2015, Doi Suthep, Chiang Mai
Prodasineura autumnalis と Prodasineura verticalis?? の♀は非常によく似ているので私には区別ができない。

以下、異なる場所、時間帯に撮った♀の写真を添付。
20150909#2WEB
ミナミイトトンボ科 Prodasineura sp.
Sept.9, 2015, Doi Suthep, Chiang Mai

20150909#3WEB
ミナミイトトンボ科 Prodasineura sp.
Sept.9, 2015, Doi Suthep, Chiang Mai

これらはProdasineura属の♀だが、同じ種かどうかはわからない。


20150909#4WEB
イトトンボ科 Pseudagrion pruinosum
Sept.9, 2015, Doi Suthep, Chiang Mai
これはドイステープの普通種。

20150909#5WEB
ミナミカワトンボ科 Euphaea ochracea
Sept.9, 2015, Doi Suthep, Chiang Mai
これも普通種でいつもは撮らないのだが、右手にカメラを持って林の中を歩いていたら目の前に飛んできた。
近づいても逃げなかったので撮ってやった。

20150909#6WEB
カワトンボ科 Vestalis gracilis ♀
Sept.9, 2015, Doi Suthep, Chiang Mai

20150909#7WEB
カワトンボ科 Vestalis gracilis ♀
Sept.9, 2015, Doi Suthep, Chiang Mai
ここのところ、V.gracilis が目に付くようになってきた。今が発生時期か。

20150909#8WEB
ホソイトトンボ科 Protosticta curiosa ♀
Sept.9, 2015, Doi Suthep, Chiang Mai
♀はいたが、♂の姿はなし。


チョウは林の中で見たこれ一頭。
20150909#9WEB
タテハチョウ科 カネンスヒメワモン Faunis canens arcesilas
Sept.9, 2015, Doi Suthep, Chiang Mai

撮影は2時間ほどで終えたが、白い雲に混じって灰色の雲が広がってきた。
どうも天気が安定しないので、遠出しづらい。



久しぶりの Burmargiolestes melanothorax
窓の外を見ると青空が広がっている。

久しぶりに標高の高い撮影ポイントへ出かけようとステープ通りからドイステープを見上げると、山の上には薄黒い雲。
青空も見えるので、それに期待して出かけた。

撮影ポイントに着いたが、太陽がまったく顔を見せない。
草むらを見てもイトトンボの姿は見えない。

しばらくして陽が差すと、3頭ほどのイトトンボが飛び始めた。
陽が差していない時は、草などにとまってじっとしているようだ。

20150908#1WEB
ヤマイトトンボ科 Burmargiolestes melanothorax ♂
Sept.8, 2015, Doi Suthep, Chiang Mai

20150908#2WEB
ヤマイトトンボ科 Burmargiolestes melanothorax ♂
Sept.8, 2015, Doi Suthep, Chiang Mai

20150908#3WEB
ヤマイトトンボ科 Burmargiolestes melanothorax ♂
Sept.8, 2015, Doi Suthep, Chiang Mai

20150908#4WEB
ヤマイトトンボ科 Burmargiolestes melanothorax ♂
Sept.8, 2015, Doi Suthep, Chiang Mai

ホバリングしていたので、左手を差し出すと人差し指にとまった。
それを右手のカメラでパチリ。

この後、陰るとこれらのイトトンボはスットどこかへ消え去ってしまう。
どこかに止まっているだろうと思うのだが、これが見つけることができない。

正午前に下山し、ホソイトトンボ科 Protosticta curiosa がいたポイントへ移動。
今日はP.curiosa の姿はまったくなし。

草むらにカワトンボの未熟個体が飛んできた。
20150908#5WEB
カワトンボ科 Vestalis gracilis ♂
Sept.8, 2015, Doi Suthep, Chiang Mai

羽化して間もない個体だ。

この後も、P. curiosa を探したが見つけることはできず。
撮影を終え帰る時にきっちり雨に降られた。

パラパラ程度で濡れるほどの雨ではなかったが、それにしても天候は不安定だ。



HEALTHY CUISINE U & Me のセットメニューA、Bを食べてみた
チェンマイの知人から電話があり、一緒に食事をすることにした。

場所は最近よく行っている Healthy Cuisine U & Me。
ここのお昼は、59BのセットメニューAが二種類、69BのセットメニューBが二種類ある。

以下、今まで食べたセットメニューをまとめてみた。

20150711#04WEB

初めてこの店に来て食べたのがこれだ。
20150706#3WEB
セットメニューAで59B。

次に来た時に食べたのがこれ。
20150711#05WEB
同じくセットメニューAで59B。

3回目に来た時に食べたのがこれ。
20150906#1WEB
セットメニューBで69B。

そして、今日はまだ食べたことのないセットメニューBで69B。
20150907#7WEB

食事をしながらお互いの近況報告。
なんでも彼はちょっと変わったストレス解消法を実践していると言う。

それは人のいない所で大声をだすことらしいのだが、ただ大声を出すだけではなく、それをタブレットのアプリで音量を測定しているところが現代風。ベストは110dB。
これがストレス解消には実に有効で、体調もいいようだ。

ドイステープの見晴らしのいい所で大声をだすのが秘訣らしいが、一度欧米人に「大丈夫か」と声をかけられたと言うオチもあった。

ところで、ここの食事だが、初めて来た時には、セットメニューはAが二品、Bが二品の計4品だった。
なので、この4品、すべて食べてみることにしたのだが、今日メニューを見ると、79Bのセットメニューが新たに出来ていた。
セットメニューに炭酸飲料は付いているが、水(氷付き)は別売で20B。

全体的に味は悪くはない。
私のおすすめは、一番最初に食べたセットメニューAのカレー。


ホソイトトンボ科 Protosticta curiosa
天気は良くないが、先日ホソイトトンボ科 Protosticta curiosa の♀を撮った場所へ、♂を探しに行った。
♀を見つけた場所を中心に探す。

このホトイトトンボが枝に止まっているのを探すのは至難の業、歩き回って飛び出すのを待つしかない。
飛び出せば見えてくる。

♂が飛び出して枝にとまった。
20150907#1WEB
ホソイトトンボ科 Protosticta curiosa ♂
Sept.7, 2015, Doi Suthep, Chiang Mai

20150907#2WEB
ホソイトトンボ科 Protosticta curiosa ♂
Sept.7, 2015, Doi Suthep, Chiang Mai
意外に簡単に見つかった。

♀も探してみた。
20150907#3WEB
ホソイトトンボ科 Protosticta curiosa ♀
Sept.7, 2015, Doi Suthep, Chiang Mai

20150907#4WEB
ホソイトトンボ科 Protosticta curiosa ♀
Sept.7, 2015, Doi Suthep, Chiang Mai
このl写真も、ファインダー内で見ている時は止まっていたのだが、シャッターを切った直後に飛び立った。

20150907#5WEB
ホソイトトンボ科 Protosticta curiosa ♀
Sept.7, 2015, Doi Suthep, Chiang Mai

ここがProtosticta curiosa のお気に入りの場所のようだ。

トンボの撮影には、このようなそれぞれのトンボのお気に入りの場所を探しておくことが必要だ。
もっとも、このお気に入りの場所を探すのが大変なのだが。

20150909#8WEB
ホソイトトンボ科 Protosticta curiosa ♀
Sept.9, 2015, Doi Suthep, Chiang Mai

20150911#3WEB
ホソイトトンボ科 Protosticta curiosa ♂
Sept.11, 2015, Doi Suthep, Chiang Mai

20150911#4WEB
ホソイトトンボ科 Protosticta curiosa ♂
Sept.11, 2015, Doi Suthep, Chiang Mai

20150914#3WEB
ホソイトトンボ科 Protosticta curiosa ♂
Sept.15, 2015, Doi Suthep, Chiang Mai

20150914#4WEB
ホソイトトンボ科 Protosticta curiosa ♂
Sept.15, 2015, Doi Suthep, Chiang Mai

20150914#5WEB
ホソイトトンボ科 Protosticta curiosa ♂
Sept.15, 2015, Doi Suthep, Chiang Mai

20150914#6WEB
ホソイトトンボ科 Protosticta curiosa ♂
Sept.15, 2015, Doi Suthep, Chiang Mai




HEALTHY CUISINE U & Me
微妙な天気だ。

雨が降るなら降る、降らないなら白い雲と青い空。
はっきりとして欲しいのだが、雲が多くて部分的に青空が見えると言う、実に中途半端な天気だ。

山の上の雲の色がいかにもあやしいので、ドイステープへ行くのはやめにした。

昼食は久しぶりにステープ通りにある、HEALTHY CUISINE U & Me。
20150711#04WEB

注文したのはセットメニューBで69B。
それがこれ。
20150906#1WEB

いつものようにコメントを。
セットメニューの炭酸飲料がいまいち。
ニンジンはゆでてあった。
味がないので、これにドレッシングなどがちょっとかけてあれば言うことなし。

このようにコメントをした後は完食するのがいつものパターン。

帰りに、ステープ通りでシーフードの看板を見つけたが、そこも一度行ってみなければならない。



Copyright © 2017 清邁極楽蜻蛉 Odonata in Thailand. all rights reserved.