主にチェンマイのトンボとチョウ、それにチェンマイの日常の写真
これで汁物があれば
昼前に近くのトンパヨム市場へ行ったら、またプラーニンの素焼きを売っていた。

20160630#01WEB
そのにおいにつられ、最も早く焼けそうなプラーニンを買った。60B。

魚好きに、この焼きたてのプラーニンはたまらない。
なので、いつも焼きたてを買う。

焼きあがるまでに、玄米っぽいご飯と、パッカドーン(白菜の漬物?)を買う。
20160630#02WEB

これが今日の昼食となった。

これで、汁物があれば一汁三菜だったのだが、ちょっと残念。
食事の色合い、見た目は地味だが日本の田舎の食事っぽくていい。

魚があると食が進み完食したのだが、ちょっと食べ過ぎか。
まあ、昼食で食べ過ぎた分は夕食を減らすことでバランスをとろう。


スポンサーサイト
今日も曇り空
20160629#01WEB
今日は朝食のサラダにリンゴを加えてみた。
リンゴは日持ちがするので、サラダ用の食材としては重宝する。

金曜朝市で買ったアボカドが食べごろになったんで、それも加えた。

天気が良ければ、朝食は適当に済ますのだが、天気が悪いのでゆっくりと食事をした。

20160629#02WEB
午前10時、空模様は良くない。
窓から青空が見えても、ドイステープの1100mの撮影ポイントは雲っている事が多い。

雲の多い今朝の天気ではどうしようもないので、ドイステープでの撮影は中止。

カムティアンのTESCO LOTUSへ野菜サラダ用の食材を買いに行った。
20160629#03WEB
パイナップル、40B。

カットフルーツよりこのままで買った方が日持ちがする。
もっともこのまま買うと、皮をむかなければならないが、それはそれで面白い。




ドイステープは曇り
久しぶりのいい天気だ。
窓の外はまぶしいばかりの青空が広がっている。

ドイステープへ行ったが、やはり地上では青空が見えるものの、標高1100m地点は雲に覆われている。
回復するのを期待して行ったが、撮影地はやはり雲に覆われたまま。

滝の水量はほとんど増えていないし、曇り空なので滝の周辺は薄暗く、何にもいない。

天気も回復しそうにないので、帰ろうとしたらちょっと明るい草むらに動くものがいた。
ハンミョウの仲間だ。

20160628#01WEB
遠目には大型のアリのように見えた。

今日の収穫はハンミョウ一匹也。



カオマンガイ・ルアムの昼食
このところ、トンボの撮影にもチョウの撮影にも行っていないので、午前中はかなりのんびりできる。

金曜朝市で買ったアボカドをちょっとだけ野菜サラダに使ってみた。
20160627#01WEB
葉物野菜に酢タマネギ、トマトにパプリカ、アボカドにバナナにトウモロコシとてんこ盛りのサラダとトーストの朝食。
定番の目玉焼きは抜き。

昼食はKad Suan Kaew のTOPSで買物したついでに、クーポン食堂で、カオマンガイ・ルアム50B。
カオマンガイ・ルアムとはカオマンガイの近縁種、ご飯の上に乗っているのが、蒸した鶏肉とトンカツのミックス。

20160627#02WEB
鶏肉にはオレンジ色のタレ、トンカツには茶色のタレをかけて食べると言うこだわりがある。

ここのトンカツのコロモのカリカリとした食感は実にいい。
そんなにいいのならすべてトンカツだけにすればいいのだが、そこはそれ、変なこだわりがある。

買物を済ませて部屋に帰ったら、青空が広がってきた。

20160627#03WEB
それが午後3時前、突然の雨。
遠方の青空とは不釣合いな激しい雨。

バイクで走行中にこの雨に降られていたら、ずぶぬれになっていたところだ。
まったく天気が読めない。




天候が不安定
このところ天候が非常に不安定だ。

20160625#01WEB
昨日は夕方から激しい雨が降った。
それまで雲の合間から青空が見えていたのが、瞬時にどす黒い雲が広がり、雷鳴と共に雨が降りだした。

このように天候がめまぐるしく変化するので、バイクではなかなか撮影に出ずらい。

一夜明けて、今日も妖しい青空が見えるが、いつ天候が急変するのかわからないので、今日も撮影は中止にした。
ドイステープならば天候が急変しても近いのですぐ帰ればいいのだが、この時期ドイステープにはトンボがいない。

カムティアンのTESCO LOTUSへ食材の買出しへ行った。
ついでに売られている魚を見て回ったが、買いたい魚はなし。

帰りに近くのトンパヨム市場へ行ったら、今日もプラーニンを焼いていた。
焼きたてを一匹買って昼食のおかずとした。
焼きたてのプラーニンは身がホクホクしていて実にうまい。

夕方、午後5時に、スマホでチェンマイの天気を調べて見た。
20160626#01WEB
午後5時現在の天気は40%の雷雨予想だが、その気配はまったくなし。

この調子で、今週の週間天気予想もはずれてくれると嬉しいのだが。




番外編・ベトナム撮影記・2010-2011・Anatogaster klossi
チェンマイは今日も不安定な空模様。
雨が降ったりやんだり、その雨も小雨ではなくて大雨。

これでは外に出ることすらできない。

部屋にじっとしているのも退屈なので、過去にベトナムで撮った写真の中で、特に印象深い写真をまとめた。

日本では比較的よく見るオニヤンマだが、これが東南アジアでは意外と見られない。
2010年と2011年、日本のトンボ仲間とベトナムへオニヤンマの撮影にでかけた。
その時のオニヤンマの写真をまとめた。

20100709#01WEB
オニヤンマ科 Anatogaster klossi ♂
July 9 , 2010, Lao Cai, Vietnam
猛スピードで飛翔するオニヤンマの流し撮り。
流し撮りをすることによって飛翔するオニヤンマのスピード感が表現できたように思う。

ただ、成功率は非常に低く、この写真も何枚か撮った中の一枚だ。

20100707#1WEB
オニヤンマ科 Anatogaster klossi ♀
July 7, 2010, Lao Cai, Vietnam
♀が飛翔しながら産卵弁を水面に接触させ飛び去る行動。
通常の産卵行動とは異なる。

20100709#2WEB
オニヤンマ科 Anatogaster klossi ♀
July 7, 2010, Lao Cai, Vietnam

20100709#03WEB
オニヤンマ科 Anatogaster klossi ♀
July 7, 2010, Lao Cai, Vietnam
通常の産卵はこのように、上下運動を繰り返しながら水底の砂泥に産卵弁を突き刺して産卵する。

20100712#01WEB
オニヤンマ科 Anatogaster klossi ♂
July 12, 2010, Lao Cai, Vietnam

20110729#01WEB
オニヤンマ科 Anatogaster klossi ♂
July 29, 2011, Lao Cai, Vietnam

20110729#02WEB
オニヤンマ科 Anatogaster klossi ♂
July 29, 2011, Lao Cai, Vietnam
この年の写真は、高速フラッシュをつかったが、やはり流し撮りの方が好きだ。
まあ、ここら辺は好みの問題か。



一万円が3420B
イギリスのEU離脱のニュースが配信されるや、円が急騰している。

今日の両替レートは、一万円が3420B。
場所はここ。SAKON SHOP S.K.

20160624#07WEB

両替したついでに、昼食はロット・ディーへと行ったら、今日は休業。
ならば、その真向かいの飲茶の店で昼食。

20160624#08WEB

いつ食べてもうまい。





金曜朝市
金曜朝市へ行った。
今日も曇りでドイステープでのトンボの撮影はしないので、久しく行っていない金曜朝市を見て回るのもいいかと。

金曜朝市の規模が大きくなったような気がする。
20160624#01WEB

久しぶりに納豆を、一包み10Bを二包み買った。
20160624#02WEB

納豆を売っているおばちゃんの横でミャンマーの衣装を売っているおばちゃんが、もう一包み買うと三包み目の納豆は5Bだから買った方がいいと本業そっちのけで納豆のセールスをしていた。
ならばと、結局三包み買った。

味から言えば、TOPSなどで売られている日本の納豆の方に軍配が上がる。
しかし、チェンマイの食生活に興味があることに加え、朝市のおばちゃんとのたわいもない会話が納豆の味をひきたててくれるので、チェンマイの納豆は時々買っている。

朝市で買ったもの。
20160624#03WEB
葉にくるんだ納豆。

20160624#05WEB
焼モチ。
直径20cmほどの平べったい餅を焼き、甘いタレを塗って丸めバナナの葉で包んでくれる。一つ10B。

20160624#04WEB
蒸したてのアツアツのトウモロコシ。20B。

20160624#06WEB
ちょっと小さめのアボカド。三個で20B。



煎茶
先日、日本のトンボ仲間から煎茶をもらった。
もらった煎茶は冷蔵庫に保管、未開封ならば冷凍室でもいいと思う。

冷蔵庫に保管して置くと、茶葉が変色しにくい。

20160623#01WEB

チェンマイは暑いので熱いお茶を飲むことはないだろうと思っていたが、これが飲みだすとクセになる。

ただ朝食の後では、3in1と言うコーヒー、砂糖、ミルクが混合されたインスタントコーヒーを飲んでいる。
コーヒーの味より手軽さを優先させている。

最近わかったのだが、このインスタントコーヒーをベトナム流で、お湯を少なめにして飲むとコーヒーの味が引き立つようだ。

煎茶を飲むときはやはり夕食後が多い。
いまや煎茶もチェンマイのTOPSなどで入手できるのがありがたい。




ドイステープからチェンマイ大学農学部へ
今朝は野菜サラダにパイナップルを加えた、いつもとおなじような朝食をすませドイステープへ行った。
20160622#0WEB

乾期にドイステープの細流の水が枯れてからはトンボ、チョウの数は極端に減った。

それでも、チョウの吸水用に6Lの水を持参し何回かは行った。
ドイステープ・モンタタンの滝の滝つぼが直径1m、水深10cmほどの汚らしい水溜りになってからは、もはやこれまでと撮影に行くのをやめた。

乾期にドイステープの細流の水が枯れてしまっていたので、トンボは全滅したのではないかと思っていたが、トンボ科のZygonyxは飛んでいた。

雨期に入り、水量は回復していたのでまずは一安心だが、細流のいたる所に、コンクリートの堰堤が作られていた。

20160622#01WEB
今年の乾期に水枯れをおこしたので、貯水目的か。

20160622#02WEB
堰堤の真新しいコンクリート部分にチョウがたかっている。
新しいコンクリートから染み出るミネラル分に引かれたのか。

この堰堤がトンボの生息環境に凶と出るか吉と出るかはしばらく様子を見なければならない。
水がたまり水深は50cmはありそうだ。
ここらに沢山いたイトトンボは姿を消したが、回復して欲しい。

細流の水が枯れたのでここらに生息していたトンボも小魚も死滅したのだろうと思っていたのだが、不思議なことに堰堤にたまった水の中には稚魚の姿があった。この小魚はどこから来たのか。
ドイステープのミステリーがまた一つ増えた。

さらに標高の高いCoelicciaポイントへも行ってみた。
ここも水量は回復していたが、トンボはいない。

枝分かれした木の間に小さな仏像が安置してあった。

20160622#03WEB
チェンマイの山の中では大きな岩の割れ目などにこのような仏像が置いてあるのをよく見かける。
このようなところに仏像を安置する目的がよくわからないが、これもタイの人々の信仰心の高さを表しているのだろう。

気温はそう高くないのだが、湿度が高くちょっと動いただけで汗が吹き出る。

被写体不在のため、撮影を終えチェンマイ大学農学部へ。
お目当てはここで販売しているソフトクリーム。暑い時にはこれで体を冷やすのに限る。

20160622#04WEB
チェンマイ大学の学生さんが店員。

20160622#05WEB
これがお目当てのソフトクリーム。
ソフトクリームの解けるのが早いこと、早いこと。

ソフトクリームを食べ終わってから、この店の前の水路をのぞいてみた。
ここにはイトトンボ科 Ceriagrion chaoi がいることがある。

今日はいなかった。
いたのは
20160622#06WEB
イトトンボ科 Onychargia atrocyana
July 22, 2016, Chiangmai University, Chiang Mai

20160622#07WEB
イトトンボ科 Agriocnemis femina ♂
July 22, 2016, Chiangmai University, Chiang Mai

20160622#08WEB
イトトンボ科 Agriocnemis femina ♀
July 22, 2016, Chiangmai University, Chiang Mai

20160622#09WEB
イトトンボ科 Agriocnemis femina ♀
July 22, 2016, Chiangmai University, Chiang Mai
大きさは2cmほど、非常に小さい。

水路の限られた場所にしかいない。これも不思議だ。

トンボを撮り終えてから、近くのロイヤルプロジェクトショップへ行き、野菜炒め用のホウレンソウとチンゲンサイ、朝食のサラダ用に葉物野菜を買って帰って、今日の予定は終了。



久しぶり
晴れたり曇ったりの空模様。
回復するようならばドイステープへ撮影に出かける予定で、その準備だけはしておいた。

20160621#01WEB
今朝のサラダ。
葉物野菜にトマト、定番の酢タマネギ、それに赤いパプリカ。
赤い野菜を加えるとうまそうに見える。
失敗しようがない目玉焼きを失敗した。

これとトーストの朝食を済ませると晴れ間はどこへやら、曇り空だ。

午前11時前まで待ったが、天気は回復しなかったので、ドイステープでの撮影は中止にした。


撮影に行った場合の昼食はKad Suan Kaew のクーポン食堂で済ますことが多いが、さて撮影を中止にした時どこで食事をするか。

頭に浮かんだのがチェンマイランドにあるYY小館の餃子だ。
食事を終え、帰りにリンピンスーパー・ナワラット店で買物をすれば今日の予定は終了だ。

YY小館は蒸し餃子と焼き餃子の両方がある。

楽しみにしてバイクで行ったらどうも様子が違う。
店が餃子などはありそうにない洋菓子屋さん風になっていた。

バイクをとめるスペースがなかったので、そのまま引き返したが、この餃子の店も廃業か。

チェンマイ大学正門前の美味餃子館といい、ここといい、餃子の店の廃業が相次いでいる。


帰りにリンピンスーパー・ナワラット店で昼食用に「サバの照り焼き」などを買った。
家の近くのトンパヨム市場へ玄米っぽいご飯を買いに行った時、これまた久しぶりにプラーニンを焼いている出店を見つけた。

この店はよく利用していたのだが、いつの頃かプラーニンの焼き物を売らなくなったので、最近は全く利用していなかった。
それがこれ。
20160621#02WEB
一時期に比べ、焼き魚の数は減ってはいたが、プラーニンとサイウアが見える。
さきほどリンピンで買った
「サバの照り焼き」は夕食にまわし、昼食は久しぶりに焼きたてのプラーニンにすることにした。
手前のちょっと大きめのプラーニンを買った。60B。

これが昼食。
20160621#03WEB
ちょっと味をつけたプラーニンの焼き物、ネギたっぷりの冷奴、それにポン酢トマトに玄米っぽいご飯。
ちょっと健康食っぽいようにみえる。

やはり焼きたてのプラーニンの味は格別だ。

ちょっと食べ過ぎた分は夕食を減らせばいい。

完食し、煎茶でしめる。
20160621#04WEB
煎茶は湯のみではなくて、この場合は茶碗で飲むのがいい。

今日は食べ物で遊んだ。




ヤンマを求めて
昼過ぎから青空がでてきたので、午後5時前からドイステープへ行ってみた。

ヤンマ科のトンボは一部を除いて、日中その姿を見ることは非常に難しい。
ところが夕方、暗くなる前にヤンマが飛び出すことがある。これを黄昏飛翔と言う。

現地に着くと、今日も下草はびっしょりと濡れている。
雨が降ったのだろうが、滝の水はまったく変化がない。

20160620#01WEB

先日、ベトナムでミナミカワトンボ科 Cryptophaea vietnamensis を撮った。
ここにもかつて同じCryptophaea 属のC.saukra (旧名:Schmidtiphaea schmidi)がいたらしい。

ところで、しばらく待ってみたが、ヤンマの黄昏飛翔はまったくなし。
昼間はいない蚊が寄って来たので、帰ることにした。

それにしてもヤンマはどこにいるのだろう。




鮭のアラを炒めてみた
鮭のアラを時々買う。
値段が安いのと、脂がのっていてうまいのが理由。

いつもは煮るのだが、フライパンにちょっとオリーブオイルをひいて焼いてみた。
かなり脂がでてくるのが、鮭の脂にはDHA(ドコサヘキサエン酸)、EPA(エイコサペンタエン酸)が含まれるので、カロリーを計算して積極的に摂取したほうがいい。

20160619#01WEB

これでもなかなかうまい。

次回は小麦粉をまぶしてフライパンで焼き、さらにバターを加えて焼いてみよう。
いわゆるムニエルだが、これもうまそうだ。

いつになるかわからないが、ロイヤルプロジェクトのニジマスも一度ムニエルにしてみるのもいいかも知れない。

まあ、魚好きにとってはサンマだろうがニジマスだろうが、魚はどんな料理にしても、たとえその料理が失敗しても食べられるのが強みだ。
もちろん、失敗しないにこしたことはないのだが・・・・・。





ひと月ぶりのドイステープ
ほぼひと月ぶりにドイステープへ行ってみた。

夕べも雨が降ったので下草はびっしょり濡れている。

滝へ続く道脇の生木が途中から折れていた。
20160618#01WEB
直径15cm程度の生木が折れるということは、よほど激しい風が吹いたのだろう。

曇り空で滝の周辺はちょっと薄暗く気温も低く、本命のトンボも他の虫もまったくいない。

天気がよければチェンダオへも行って見たいが。




チェンマイ定住者集いの会
今日はチェンマイ定住者集いの会がある日。

ここ二ヶ月ほど、トンボの撮影で欠席していた。
今日はこれと言った用事がないので出席することにしたのだが、さて「行きはソンテオ、帰りは歩き」か「バイク」で行くか迷った末に「バイク」にした。

このところ湿度が高く、ちょっと動いただけで汗ばむ。
しかも雨が降りそうなので、バイクにし、バイクはKad Suan Kaewの駐車場にとめておいた。

PTMトラベルの前を通り過ぎようとしたら、何やら掲示してある。
20160617#01WEB
移店したようだ。
場所はここから近い、チェンマイロッジの横。

チェンマイ定住者の集いの会・特筆すべき情報
いつものように、私の独断と偏見で項目を選択した。

在チェンマイ日本国領事館の臨時職員募集  募集期間:~2017年3月末まで
タイ語、日本語での会話・文章作成が必須、期間は最長3年、給与:4.9万B

在留届の提出
チェンマイで長期滞在をしている人は在留届の提出を。
すでに届けを提出している場合でも、在チェンマイ日本国領事館からメール、電話などの連絡がない場合は、在留届が受理されているかどうか確認する必要がある。

外国人を宿泊させた場合の届出(ハウスオーナーが提出、提出用紙はTM30)
24時間以内に空港近くのイミグレの奥の届出コーナーへ。
賃貸の場合はオーナーが、持ち家の場合は本人が行う。怠ると罰金あり。
自分が引越しをした場合は、TM28の用紙で届出しなければならない。

Facebook等での使用上の注意点
タイ王室、政治に関する事案で、「いいね」や「シェア」をすると不敬罪になる場合があるので、要注意。




今日は特別企画として、「餅つき機」と「圧力鍋」を使った調理実習あり。

20160617#02WEB
日本で買った餅つき機をチェンマイに持ち込んでの実習。変圧器が必要、これを怠ると餅つき機は壊れる。

今日の出来は悪かったらしいが、それでもこの出来。

次いで、日本で購入したIH対応の圧力鍋をチェンマイに持ち込んでの実習。
メーカーは違うが、圧力鍋はチェンマイでも売られているようだ。

20160617#03WEB
火の通りはいいようだ。
通常、調理に4分、冷却に15分程度かかる。

20160617#04WEB
圧力鍋の説明をするチェンマイ定住者集いの会の乗鞍代表。

この圧力鍋はなかなか使い道がある。
鮭の頭を圧力鍋で煮ると、骨まで柔らかくなる。
圧力鍋があると、魚が今以上においしく食べられそうなので、これは買いだ。

例会が終わる前に大雨が降ったが、そこはチェンマイ、しばらくすると雨はやんだが、蒸し暑いことこの上なし。
バイクで来たのは正解だった。




昼食に餃子
昼食をギョウザで済ますということはよくある。

ただ、その餃子の店だが、チェンマイ大学正門前の美味餃子館はつぶれ、市営競技場近くの餃子館「金餃」はチャーンプアック門近くに移転したらしい。

そこで行ったのが、スリウォンブックセンター近くの四つ角を南へ行った所にある「ロット・ディー」。
バイクがあるので難なく行ける。

ここで注文するのは「鶏肉餃子・大」90B。
20160615#02WEB

昼食に餃子、これもチェンマイの日常。




番外編・ベトナム撮影記・Lao Cai・Chlorogomphus sp.,male
Chlorogomphus の♂を撮ったのは、これが二回目。

2010年6月6日、タイのプレー県(Phrae)で、Chlorogomphus yokoii ♂を撮ったのが、初めてだ。

滅多にとまらないトンボの場合、飛んでいるのを狙うしなない。
比較的遅いスピードで直線的に飛ぶ時を狙うのだが、そのような場合に出会うのが、これまた難しい。

今回、Cao Bang でChlorogomphus tunti ♀の産卵のシーンを撮ったが、産卵する時はホバリングする時があるので、比較的撮りやすい。
それに比べて♂はノバリングしない(見たことがない)ので、飛んでいる時を狙うしかない。
だから♂の写真は運にも左右される。

今回は、運が良かった。
20160531#01WEB
オニヤンマ科 Chlorogomphus sp. ♂
May 31, 2016, Lao Cai, Vietnam

チェンマイのモンタタンの滝で、Macromia moorei ♀の写真を撮る練習をしていたのが役に立った。




番外編・ベトナム撮影記・Yen Bai のトンボ
ベトナムでのトンボ撮影最終日。

20160603#08WEB
カワトンボ科 Archineura hetaerinoides ♂
June 3, 2016, Yen Bai, Vietnam
チェンマイでよく見るカワトンボ科Mnais andersoni の二倍ほどの大きさのあるカワトンボ。
非常に敏感でなかなか近寄れない。

20160603#09WEB
カワトンボ科 Archineura hetaerinoides ♂
May 29, 2016, Cao Bang, Vietnam
Cao Bang での撮影では、横にまわろうとして逃げられた。
♀は撮れず。
♀は茶翅で♂同様大型。

20160603#10
モノサシトンボ科 calicnemia eximia ♂
June 3, 2016, Yen Bai, Vietnam

20160603#11
サナエトンボ科 Heliogomphus sp. 産卵中の♀
June 3, 2016, Yen Bai, Vietnam
横に回れば卵塊が撮れたが、足場が悪くて回れなかったのが残念。

この日の撮影を午前中で終え、午後からチェンマイに戻るためにハノイへ向かった。

今回の撮影旅行では、デジカメでトンボを撮り、スマホで環境写真を撮った。
この方法は実にいいことがわかったので、今後も撮影旅行でスマホは活躍しそうだ。





写真を送った
朝食のメニューがこのところ変化がない。

20160613#01WEB
ここらへんで、新しいメニューにトライするのもいいのかも知れない。



ベトナムで撮った子供の写真を送ることにした。
郵便局でいつも思うのだが、窓口で貼られる従来の切手代わりのシール、あれはどうも味気ない。

手紙などは滅多にだす機会がないのだから、ここはやはり記念切手を使うことにした。

そこで、記念切手を数多く販売しているワット・プラシン近くの郵便局へ行ったのだが、子供が喜びそうな記念切手はない。
日本ならばアニメの図柄の記念切手がありそうだが。

そこでランの花の図柄の記念切手を買ったのだが、3Bと小額。

これでは送料をすべて記念切手というわけにはいかないので、とりあえず4枚ほど貼った。
不足分は不本意ながら味気ないシールで。
20160613#02WEB

一応、書留にしておいた。
まあ、またベトナムへ行くことはあるだろうし、今回のようにプリントして持って行ってもいいのだが。





番外編・ベトナム撮影記・チョウ
チェンマイの撮影では、トンボの数よりチョウの数が多いので、チョウを撮っている合間に出てきたトンボを撮るのがいつものパターンなのだが、ベトナム撮影行では、トンボの出現数が多過ぎて、なかなかチョウを撮影するチャンスは少なかった。

今回、トンボを探して歩いていたら、小石の上にチョウがとまっていた。
アカタテハの仲間だ。

まずは遠くから一枚。
20160603#05WEB

近づいてさらに撮ろうとしたら飛び立った。
20160603#06WEB
長靴の上にとまった。

この後、足にとまったりなかなかじっとしてくれない。
20160603#07WEB

これはこれで、面白いのだが。



番外編・ベトナム撮影記・Yen Bai のトンボ
トンボが多くいる場所は、曇っていてもトンボがおり、晴れ間がでるとサナエトンボが頭上から舞い降りてくる。

ほとんどのトンボが初めて見るトンボなので、見たトンボはすべてにカメラを向け、撮れたのは半分ほど。
このような場所では同種のトンボを繰り返し撮る場合も多い。

20160602#01WEB
ミナミカワトンボ科 Cryptophaea vietnamensis ♂
June 2, 2016, Yen Bai, Vietnam
翅が部分的に折れ曲がっている。

20160602#02WEB
ミナミカワトンボ科 Cryptophaea vietnamensis ♂
June 2, 2016, Yen Bai, Vietnam
チェンマイ・ドイステープにも近縁種がいると言われるが、まだ見たことすらない。

20160602#03WEB
ミナミカワトンボ科 Cryptophaea vietnamensis ♀
June 2, 2016, Yen Bai, Vietnam
前胸部のオレンジ色が薄暗い所でも目立っていた。

20160602#04WEB
ムカシカワトンボ科 Devadatta ducatrix ♂
June 2, 2016, Yen Bai, Vietnam

20160602#05WEB
ムカシカワトンボ科 Devadatta ducatrix ♀
June 2, 2016, Yen Bai, Vietnam

20160602#06WEB
モノサシトンボ科 Coeliccia pyriformis
June 2, 2016, Yen Bai, Vietnam
イトトンボの♀の識別は非常に難しいので、タンデム、交尾態として撮っておくことは非常に重要だ。

20160602#07WEB
モノサシトンボ科 Calicnemia soccifera ♂
June 2, 2016, Yen Bai, Vietnam
チェンマイでは近縁種のC.erythromelasを見ることができる。

20160602#08WEB
カワトンボ科 Mnais mneme ♂
June 2, 2016, Yen Bai, Vietnam

20160602#09WEB
ヤマイトトンボ科 Rhipidolestes owadai♀
June 2, 2016, Yen Bai, Vietnam
トゲオトンボの仲間。

20160602#10WEB
サナエトンボ科 Heliogomphus sp. ♂
June 2, 2016, Yen Bai, Vietnam
Heliogomophus属のトンボは実に多い。

20160602#11WEB
サナエトンボ科 Leptogomphus sp.♂
June 2, 2016, Yen Bai, Vietnam
サナエトンボの仲間は外部形態だけでは識別できない種類が多い。




チェンマイのうどん
知人と彼の息子君と三人で、メーリム・ミーチョークプラザルアムチョーク交差点近くのうどん屋さんへ行った。
チェンマイでうどん屋さんは珍しい。

20160612#01WEB
ここがその店。
店の名前は「シンちゃんうどん」で店内のテレビで「クレヨンしんちゃん」のアニメが放映されていた。
まあ、これはどうでもいいことなのだが。

20160612#02WEB
うどんがメインだが、いなりずし、餃子などがあった。

私は麺類は嫌いではないが、あまり食べない。
とは言ったものの、ベトナム撮影旅行以来、麺食い状態だ。

20160612#03WEB
私はザルうどんといなりずしを注文した。
このうどん、コシが強くて実にいい。

20160612#04WEB
これだけコシの強いうどんは珍しい。
一度は食べてみる価値は十分にある。
ちなみにザルうどんは99B、いなりずしは一個5B。




番外編・ベトナム撮影記・ちょっと強引な写真
私たちはトンボの撮影で標高の高い山へいくことがよくある。
近くに宿所があれば、そこで宿泊する。

街中に比べると不便だが、撮影地まで近いので便利だ。

先日は天気が悪く霧がかかっていたが、翌日は快晴。
空気は澄み切っており実にきれいだった。

風景写真をパノラマで撮ったら、横に長すぎる写真になったので、強引に縦にして掲載した。
CB#01WEB
夜はホタルが飛んでいた。

Cb#02WEB
このような環境で朝を迎えるのは実に気持ちがいい。

朝食は定番の麺。
CB#03WEB
ベトナムの麺は、盛りがいい。
大盛りのフォーが難なく胃袋に治まるから不思議だ。

もっともその結果、チェンマイに戻った時、体重は2kgほど増えていた。
不思議でもなんでもない、ごく自然のなりゆき。





久しぶりに寿司を食べた
今日の朝食。
葉物野菜とトマト、目玉焼きに酢タマネギ、トーストに今朝はバナナとトウモロコシを加えた。

20160610#01WEB


昼食はパンヤ先生とワット・ロークモーリー近くの「三鳥」へ。
ここのお昼のメニューは、「刺身定食」100Bと寿司定食130Bの二種類のみ。

寿司定食を頼んだ。
ここの寿司定食は久しぶり、と言うか寿司を食べたのは本当に久しぶり。

タイ人の中には刺身とか寿司ネタ、いわゆる生魚を食べない人が多いが、二人共全く問題なし。

20160610#02WEB
寿司にアサリの味噌汁、小鉢、漬物、スイカのデザートがついている。

20160610#03WEB
二人共、寿司、刺身は好きなので、また機会があったら一緒に食事をしたい。


番外編・ベトナム撮影記・Bac Kan
今朝のチェンマイは午前8時前から激しい雨。
涼しいのでいいのだが、これでは外に出れない。

ならばと、ベトナム撮影記をまとめることにした。

北ベトナムの5月26-27日、小雨時々晴れの中での撮影。

小雨が降っているのに気温は高いので、降る雨と汗でジトジトの劣悪な条件での撮影。
この沢には水牛が入っていないので、ヒルがいないのがありがたい。

ただ、この場所は最良のトンボの撮影ポイントの一つで、小雨が降っていてもトンボはいたし、雨がやみ晴れ間がのぞくと、待ってましたとばかりにサナエトンボが舞い降りてきた。

20160526#20WEB
サナエトンボ科 Davidius fruhstorferi ♂
May 27, 2016, Bac Kan, Vietnam
チェンマイ・ドイステープで撮ったのは、D.fruhstorferiとは異なるのかも知れない。

20160526#15WEB
サナエトンボ科 Davidius fruhstorferi ♀
May 26, 2016, Bac Kan, Vietnam
♀はホバリングしながら卵塊を排出し、打水し産卵する。

20160526#16WEB
サナエトンボ科 Stylogomphus sp. ♀
May 27, 2016, Bac Kan, Vietnam
このトンボもホバリングしながら卵塊を排出していたのだが、撮れなかった。

20160526#26WEB
サナエトンボ科 Leptgomphus sp. ♂
May 27, 2016, Bac Kan, Vietnam

20160526#19WEB
サナエトンボ科 Leptgomphus sp. ♀
May 27, 2016, Bac Kan, Vietnam
チェンマイで見たL.gestroiも同じように、葉の上で卵塊を排出しているのを撮ったことがある。




麺類の食べ放題
今朝の野菜サラダ。
葉物野菜にトマトに酢タマネギ、それにライチ。

20160609#01WEB
これに目玉焼きとトーストの朝食を食べる時、チェンマイの日常を実感する。



昼食は、ベトナムにいる時に、パンヤ先生から久しぶりに昼食でもとの誘いを受けていたので、今日、ワット・ジェットヨート近くの麺屋さんへ行った。

20160609#04WEB
パンヤ先生おすすめの店で、麺類をいろいろなトッピング、味付けで楽しめる。
店内は天井が高く、しかも屋根がスレートでないのが涼しくていい。

我々は午前11時半過ぎに入店したのだが、お昼には広い店内がほぼ満席になるらしい。

20160609#02WEB

20160609#03WEB

パンヤ先生より12歳若い、結婚するまでは妹とみんなに紹介されていた奥さんとそれをいじられると、ちょっと赤面するまじめなパンヤ先生との食事は楽しかった。


ベトナムでは毎日麺を食べていたので、チェンマイに戻ったらしばらく麺は食べたくないと思っていたことをすっかり忘れて、腹いっぱい食べてしまった。




ベトナムのコーヒー
ベトナムのコーヒーの生産量がブラジルに次いで世界第二位だということは意外と知られていない。
実は私も知ったのはごく最近のことだ。

チェンマイの郊外、ドイサケットの1100mほどの高地行くとコーヒーの木が植えられており、実をつけているのを見たことがあるが、ベトナムでは1100m程度の高地へは撮影によく行くのだが、コーヒーの木が植えられているのを見たことがない。

それでいて、コーヒーの生産量が世界第二位とは、ちょっと驚きだ。

北ベトナム・田舎の喫茶店。
どんな田舎へ行っても、WiFiがあるので、無料でインターネットができる。
このWiFiの普及度において、日本はタイ、ベトナムに大きく遅れをとっている。
20160523#01WEB
喫茶店では、コーヒーはコーヒーカップに入れて飲むものと思っていたら、ちょっと違った。

これがコーヒーサーバー。
ステンレス製の小さい穴の開いたろ過器に荒挽きのコーヒーとお湯を入れ、ガラスコップに抽出する。

20160523#02WEB
ガラスコップに1/3程度抽出し終わったら、そのちょっと濃い目のコーヒーにお湯を入れ、濃さを調整し、必要に応じて砂糖、ミルクを入れて飲む。

香りがよいのがベトナムコーヒーの特徴だ。





飛翔するチョウを狙ってみた
飛んでいるチョウを狙ってみた。

トンボと違ってチョウは飛ぶスピードは遅いが、飛ぶコースの予想がつかない。

やはりこれも慣れるしかないのであろう。

20160530#04WEB

20160530#05WEB

20160530#06WEB

20160530#07WEB





番外編・ベトナム撮影記・チョウ
トンボを撮りに行っているのだが、チョウがl吸水しているとついついそれも撮ってしまう。

20160530#01WEB
シロチョウ科 Prionelis thestylis?
May 30, 2016, Lao Cai, Vietnam

20160530#02WEB
シロチョウ科 Prionelis thestylis?
May 30, 2016, Lao Cai, Vietnam

20160530#03WEB
シロチョウ科 Prionelis thestylis?
May 30, 2016, Lao Cai, Vietnam





番外編・ベトナム撮影記・トンボ、チョウなど
ベトナムで撮ったトンボ、チョウの写真をまとめ始める。

タイのトンボがまだ十分撮れていないのに、ベトナムのトンボにまで手を伸ばすことに異論はあろうが、種類、数共に多いベトナムでトンボの写真を撮る楽しみは捨てがたい。

かつて、日本のトンボがまだ十分撮れていないのに、香港まで足を伸ばした状況とよく似ている。


20160522#14WEB
サナエトンボ科 Heliogomphus sp.♀
May 22, 2016, Bac Giang, Vietnam
羽化して間もないサナエトンボ、体色が特徴的だ。

20160522#15WEB
サナエトンボ科 Lamelligomphus camelus ♂
May 22, 2016, Bac Giang, Vietnam
ゆっくりと距離をつめるのだが、警戒してこちらを見ている。

20160522#16WEB
モノサシトンポ科 Indocnemis sp.
May 22, 2016, Bac Giang, Vietnam

20160522#17WEB
ホソイトトンボ科 Protosticta satoi ♂
May 22, 2016, Bac Giang, Vietnam

20160522#18WEB
ヤマイトトンボ科 Agriomorpha fusca ♂
May 22, 2016, Bac Giang, Vietnam

20160522#22WEB
エゾトンボ科 Macromidia rapida ♀
May 22, 2016, Bac Giang, Vietnam

20160522#23WEB
モノサシトンボ科 Coeliccia pyriformis ♂
May 22, 2016, Bac Giang, Vietnam

20160522#24WEB
モノサシトンボ科 Coeliccia pyriformis ♀
May 22, 2016, Bac Giang, Vietnam

20160522#19WEB
タイコウチの仲間
May 22, 2016, Bac Giang, Vietnam

20160522#20WEB
タテハチョウ科 Stichophthalma hawgua?
May 22, 2016, Bac Giang, Vietnam

20160522#21WEB
タテハチョウ科 Stichophthalma hawgua?
May 22, 2016, Bac Giang, Vietnam
この日はこのワモンチョウを数回見かけた。



Copyright © 2017 清邁極楽蜻蛉 Odonata in Thailand. all rights reserved.