主にチェンマイのトンボとチョウ、それにチェンマイの日常の写真
一週間ぶりの焼き魚
今日の天気はよいが、ドイステープへ行かないのでゆっくりと朝食。

20160930#02WEB
バナナがたっぷりとあるので、これもせっせと食べなければならない。

昼食はバイクでトンパヨム市場へ焼き魚を買いに行った。
焼き魚はすでに焼きあがって並べて売られていたが、注文したらわざわざ暖めてくれた。
久しぶりの焼き魚だ。

20160930#01WEB
最近、焼き魚を食べた後は、必ず「鯛の鯛」を探す。
場所は胸ビレの付け根にあるのだが、これもうまく取り出さないと折れてしまう。

今日は折れて一つしか取り出せなかった。




スポンサーサイト
退屈しない
昨日、ほぼ一週間ぶりにバイクでKad Suan KaewのTOPSで食材調達。

長距離歩行はまだしんどいので、バイクで行った。
バイクの運転に支障はないのだが、やはり転倒したことが頭に刷り込まれているため、運転は慎重になる。

階段の歩行もほぼ問題なし。

今日はYさんに昼食を買って来てもらうことはやめにした。
もう自分で必要なものは買いに行けるし、昨日MさんからもらったBaan Bakery のパンがある。
それにYさんにもらったバナナ、買って来てもらったバナナもある。

本当に今回はお世話になった。

後は歩行訓練だが、天気がいまいちなので外出できない。
一日中、室内にいた。

何もしないのも退屈なので、今日は将棋をした。
と言っても、YouTubeの局面を将棋盤に並べるだけなのだが。
将棋をしたり、碁をしたり、これで退屈はしない。

20160929#1WEB

今こうしてみると、若い頃にいろいろな事をやってきたことが役立っている。
若いときに限らず、好奇心が旺盛な時は何でもやった方がいいように思う。

左足の具合もかなり良くなってきた。
あともうちょっとの辛抱だ。





色白の野菜
いつもの朝食を済ませ、昼食はYさんに買ってきてもらったカーオ・マンガイ(鶏肉乗せご飯)を食べた。

骨折した足の調子はよいので、午後からバイクでKad Suan Kaew の TOPSまで買物に行った。
葉物野菜を見ていたら、やけに色白の野菜があったので買ってみた。

20160928#02WEB

茎が白く、葉の緑が濃い。
名前も調理法もわからないが、一度サラダに使ってみるつもりだ。


部屋の中ではじっとすわったままの生活。
左足に力が加わらない姿勢、ソファーに腰をおろし、パソコンでYouTubeの囲碁・将棋対局を見ていたら、MさんからTELあった。

Mさんは日本人だが、タイ語、ラオス語を流暢に話すので、かつての日本語・タイ語勉強仲間からは「あやしい日本人」と言われていた人だ。

今、一階の玄関前にいると言う。
玄関のドアが開いていたので、そのまま入ってもらい部屋まで来てもらった。

突然の訪問で何事かと思ったら、Baan Bakery のパンをお見舞いとして持って来てくれた。
これまたありがたい限りだ。
ありがたくいただく。

しばらく世間話をした後、Mさんはチェンマイ大学で日本語を教えるために帰っていった。

皆さんのおかげで、骨折した左足は日に日によくなっていく。

明後日で骨折してから一週間だが、骨折が一週間でほぼ回復とはあまりにも早過ぎる。
早過ぎる原因をインターネットで調べたら、骨折も必要な栄養バランスのとれた食事をとると、治癒期間の短縮はあるらしい。
これにはちょっと驚きだ。



今日も動けず
今日もまだ左足が自由に動かせない。
室内を動き回ることは出来ても、外出はまだできない

冷蔵庫の中にあるもので朝食を作った。
20160927#01WEB
エリンギとチンゲンサイをオリーブオイルで炒め、それに目玉焼きを加えた。

トースト半枚をしばらく続けているのだが、体重は全く減らない。
やはり運動量不足か。

昼食は今日もまたYさんに買って来てもらった。
20160927#02WEB
冷蔵庫にあった豆腐を加えた。

こうして部屋の中にいるとしょっちゅう食事をしているようだ。

20160927#03WEB
夕食はこれまた冷蔵庫の中にあった野菜を使って野菜炒めを作った。
味付けは味噌、マヨネーズに酒とハチミツ少々。

味は悪くはなかったが、見た目がよくない。
ニンジンとか赤いパプリカとか、赤い野菜が欲しいところだ。

今日も圧力鍋で煮たサンマを食べた。

骨折する前から魚は骨ごとよく食べている。
そのためかどうかよくわからないのだが、骨折した箇所の治り具合がいつもより早いような気がする。

今週末にはバイクに乗れるような気がしているがさてどうか。




深謝
自由に動き回れないが、朝食はいつもと同じ。
20160926#01WEB
昨日買った葉物野菜がいまいちだったのと、バナナを買うのを忘れた。

昼食は外に出なければと思っていたら、上の階に住むYさんが、近くにベジタリアンの店ができたので、弁当を買ってきてあげるとの嬉しい申し出。

早速お願いし、買ってきてもらったのがこれ。

20160926#02WEB

20160926#03WEB
玄米っぽいご飯と野菜、なかなかいい。

気をきかせて夕食の分も買って来てくれ、明日以降毎日午前11時頃に部屋をのぞいて必要なものを買って来てくれると言う。
感謝以外の言葉がみつからない。

昨日は知人、今日は隣人に助けてもらったことに深謝。




腹持ちのよりトンカツ定食
自由に歩き回れない私に代わって、知人がリンピンスーパーマーケットから豚肉、タマゴ、冷凍サンマを買って来てくれた。

昼食はニマンヘミン通りのMU's KATSUへ。
ここのトンカツ定食はボリュームがあるが、知人は今夕歯の治療をするため夕食が食べられないと言う。

なので昼間にボリュームのあるトンカツを食べておいて夕食を抜く考えだという。

今日のトンカツはいつもよりさらに大きく感じる。
20160925#01WEB
常設の駐車場があり、1時間までは無料、それを過ぎると10B。

我々は12半過ぎに行ったがほぼ満席。
ひっきりなしにお客さんが入ってくる人気のお店だ。

完食はしたものの腹持ちがよく、私も夕食を抜いた。




やってしまった
20160924#01WEB

やってしまった。

昨日、雨の中、バイクで小路からニマンヘミン通りに左折するときに転倒した。
転倒した際、左足首が転倒したバイクと道路の間にはさまれてしまい抜けない。

ドイステープからの帰りだったので、アウトドア用のブーツを履いていたのでブーツが衝撃をかなり緩衝してくれ、ひじにはスポーツ洋品店で買ったサポーターをしていたので外傷は少ない。

ただ足がなかなか抜けない。
体勢を立て直し足を抜いたら、近くにいる人がバイクを起こしてくれた。

やってしまった。
膝小僧を擦りむいたようでちょっとヒリヒリするのと、はさんだ足首がちょっと痛い。

部屋に帰り濡れた衣服を脱ぎ、擦り傷のできた膝小僧に消毒薬を塗っておいた。
はさんだ足首は外傷はなし、チアノーゼになっている箇所もなし。
座っている時は全く問題ないが、普通に歩こうとすると痛みがあるので病院で診察してもらうことにした。

翌朝、知人に連絡してチェンマイ・ラム病院へ連れて行ってもらった。
傷害保険を使うときがやっときたが、傷害保険は使わないことに越したことはない。

診断結果は骨にヒビがはいっているので、固定しないといけないらしい。
で、写真のようなかっこうになってしまった。

全ギプスではなくて、型をとった半分ほどのギプスに足を入れ包帯で固定してある。
風呂に入るときは包帯をほどけばギプスははずれるので、便利だ。

このままの状態で一ヶ月後、再診予定。

普通にしていて痛みはまったくないので、過去の経験から二週間もすれば普通に歩けるようになると思う。
ただ当分、ドイステープへは行けない、それが痛い。




Kad Suan Kaew のカレー
昼前にちょっとドイステープへ。
目的はトンボの発生状況を調べるため。

行った先は標高500~600m地点。

ここらの細流は、今年の3月22日から5月下旬まで水が全くなくなってしまった。
水の中で生活するトンボの幼虫(ヤゴ)にとって、この渇水は致命的で大半の幼虫は死滅してしまったと思われる。

チョウはいた。
20160923#01web
シジミチョウ科 Loxura atymnus
Sept.23, 2016, Doi Suthep, Chiang Mai

このシジミチョウも神出鬼没。
生息数は少なくはないが、撮りに行って撮れるチョウではない。

20160923#02web
シジミチョウ科 Loxura atymnus
Sept.23, 2016, Doi Suthep, Chiang Mai

20160923#03web
タテハチョウ科 Penthema darlisa
Sept.23, 2016, Doi Suthep, Chiang Mai
このチョウ、数は多くはないがこの周辺で時々見かける。

20160923#04web
タテハチョウ科 Athyma ranga obsolescens
Sept.23, 2016, Doi Suthep, Chiang Mai
このチョウはここのおなじみさん。

20160923#05web
タテハチョウ科 Athyma nefte
Sept.23, 2016, Doi Suthep, Chiang Mai
このチョウもここのおなじみさん。

カワトンボ科 Vestalis gracilis♀を見た。
どこで発生したのか、どこから飛んできたのか、疑問は残る。



撮影を30分ほどで切り上げ、Kad Suan KaewのTOPSへ葉物野菜を買いに行ったついでに、カレーを食べた。
注文したのは野菜カレー。

20160923#06web
ターメリックで黄色く着色したご飯と一緒に出てきたのだが、あまりうまそうに見えない。
どんぶりにカレールーが入っているというのもどうか。
大皿にカレールーとご飯を盛り付けた方が見た目はいいように思う。
それに福神漬け、小鉢にサラダが欲しいなどと好き勝手なことを心の中で言いつつ、完食するのがいつものパターン。

まずはカレールーの味見。
味はまあまあで、食べられないと言う辛さではないがそれなりに辛い。
カリフラワー、ジャガイモが入っているが辛くて熱いので、食べると鼻水が出て来る。

テーブルにティッシュケースが置いてあり助かった。鼻水対策ではないだろうが。
この辛さは乾期の気温が下がった時には良いかも知れない。




とうとう取り出した
チェンマイでロングステイをしだしてから、遊びの中心になっているのは写真だ。
カメラを持って山の中とか街の中を歩き回れば、運動にもなるし面白い写真も撮れる。

ところが、今年の6月以降、チェンマイの天気はほとんど曇り。
例年ならば雨期と言っても、晴れ間はあり、雨は一時的に降ってもしばらくするとやんで、また青空が広がっていた。

ところが、今年はその青空がない。
青空がないだけで普通の曇りならばまだいいのだが、今年の曇りはいつ雨が降るかわからないいやらしい曇りだ。

外に出歩いて雨に降られるのもいやだし、結果として、室内で過ごすことが多くなってきた。
こうも室内で過ごす時間が多くなると、室内ですることを考えないといけない。

そこで、部屋で時間をつぶすツールとして碁盤をとりだした。

大阪にいる頃は碁をよく打っていたし、部屋で棋譜を並べたりしていたが、チェンマイに来る時、さすがに碁盤と碁石はコンパクトタイプと言っても重くて持って来ることが出来なかった。

そこで大阪の百貨店でマグネット式の小さな旅行用碁盤と碁石を買ってチェンマイに持ち込んだ。
それがこれ。

20160922#01WEB

パソコンでYouTubeを見ながら、打碁を並べるとこれはこれで面白い。
しかもYouTubeの場合、若手のプロ棋士の棋譜も見られるのもありがたい。

将棋盤と駒も持ち込んである。
将棋盤は碁盤が19路盤なのに対し、9路盤と小さいのでスーツケースに入れて持ち込んだ。

これから雨が降った時の遊びに、囲碁、将棋も復活させることにした。




鯛の鯛、再び
今日も朝から雨模様で、いつ降りだしてもおkしくない天気。

これでは山にも買物にもいけずしばらく部屋の中で待機。
昼前になっても天気は回復していないが、バイクで近くのトンパヨム市場まで行ってみた。

焼き魚(プラーニン)を売っていたのでかった。
それと冷奴、オクラのスライスが昼食のおかず。

焼きたての焼き魚は身が柔らかく食べやすい。

今日もまた、「鯛の鯛」を探した。

20160921#01WEB

あった。
探すポイントは胸ビレの付け根。
同じプラーニン(ティラピア)でも個体間でその形は微妙に異なるので、魚が違えば「鯛の鯛」も形が異なるのだろう。

鮭にもあるはずだが、最近、鮭のアラは圧力鍋で煮ているので骨が柔らかくなり取り出すことができない。
圧力鍋は万能だと思っていたが、意外なところに盲点があった。



不安定な天気
葉物野菜を入手したので、定番の朝食。

20160920#01WEB

TOPSで買った葉物野菜はちょっと元気がない。

重曹水溶液に浸しておき、その後、水洗し容器に入れ冷蔵庫で保管して置いた。
翌日にはシャキシャキの野菜に変身。

ドイステープへ行く予定ではなかったが、昼過ぎに天気がよくなったので行ってみた。
トンボの姿はなし。

チョウが数頭いた。

20160920#02WEB
シジミチョウ科 Zemeros flegyas
Sept.20, 2016, Doi Suthep, Chiang Mai

20160920#03WEB
タテハチョウ科 ??
Sept.20, 2016, Doi Suthep, Chiang Mai

20160920#04WEB
セセリチョウ科 Pseudocoladenia dan?
Sept.20, 2016, Doi Suthep, Chiang Mai

下山して昨年ホソイトトンボ Protosticta curiosa のいた場所へ行ってみたが、影も形もなし。
カワトンボ科 Vestalis gracilisを二頭見た。

夕方になって突然空が暗くなって大雨。
空が明るくなっても、激しい雨は降りやまず。
20160920#05WEB

今日のように午後から天気が回復し、青空が出ていたのに突然の大雨。
一体、天気はどうなっているのだろう。




鮭の頭
昨日の天気とはガラリ変わって、朝から青空が見える。

ここ数日、晴れの日、雨の日が交互に続いているようで、三寒四温ではないが、三雨四晴とでも言ったらよいのであろうか、これから徐々に晴れる日が多くなって乾期に入って行くのだろう。

20160919#01WEB
近くのドイカムショップにお気に入りの葉物野菜が入荷しないので、葉物野菜抜きの朝食。
ボリューム感に乏しいが、これはこれでいける。

ドイステープへ行ったが、平地では晴れでも標高の高い所は雲が多い。
20160919#02WEB
草むらを歩くと、ガ(セセリチョウ?)が飛び出してきてまた葉の裏に止まった。
低い位置にとまられるとどうしようもない。

トンボもいた。
20160919#03WEB
モノサシトンボ科 Coeliccia chromothorax ♀
Sept.19, 2016, Doi Suthep, Chiang Mai

昼前に下山し、Kad Suan Kaew で昼食をとったついでに、TOPSで葉物野菜と鮭の頭を買った。

20160919#04WEB
Kad Suan Kaew 近くの路上から見上げたドイステープ。
昼を過ぎると青空は広がってきたが、山の上には相変わらず厚い雲。

20160919#05WEB
道路沿いで咲いていたプルメリア。
この花もお気に入り。今が見ごろ。

20160919#06WEB
TOPSで買った鮭の頭を圧力鍋で煮て、形が崩れないように皿に盛った。
頭の骨も柔らかくなっており、そのまま食べられる。

魚好きからすれば、頭の骨から身をはずして食べる楽しみがなくなったようで、ちょっと物足りなさはある。
魚が嫌いは人には、骨をはずすのが面倒くさいという人がいるが、そのような人には圧力鍋の煮魚はおすすめだ。



遊び心
今日の朝からの雨は、午後になっても降り続いていた。
昨日の午後の好天はどこへ行ったのだろう。

知人とカムティアンのTESCO LOTUS へ。
魚を見て回ったが欲しいものはなかった。
水だけは買っておいた。

今日は我が家の魚をまとめてみた。

20160918#01WEB
部屋の前に自作の魚が四匹。

20160918#02WEB
ドアの内側に一匹。

20160918#03WEB
これはチェンマイに来て比較的早い時期にスリウォンブックセンターで購入した淡水魚のフィールドガイド。
この本を買ってから、旧市街のお堀を見て回ることが多くなった。

20160918#04WEB
なかなかきれいな栞(しおり)。
チェンマイらしい栞だが、最近栞を使って読むような本を読んだことがない。

20160918#05WEB
チャンプアック門近くの雑貨店で買ったアロワナのデコイ。

20160918#06WEB
大阪にいる頃、チェンマイにトンボを撮りに来た時に買った品。

20160918#07WEB
日本にいる時に使っていたまな板。

20160918#08WEB
昨年、一時帰国した時に大阪・天神橋筋商店街で買った茶碗。

20160918#09WEB
ボーサンのアンブレラフェスティバルへ行った時に買った20Bの皿。

20160918#10WEB
カムティアンのフラワーマーケットで見つけた皿。

20160918#11WEB
最近買ったセラドン焼きの皿。

こうして見ると、我が家にも魚がたくさんいる。
まあ、これも遊び心の延長か。






見本市会館のイベント
知人と彼の息子君と三人で、運河沿いの見本市会館で開催されている「Unseen Lanna 2016」に行った。
数ヶ月前にも同じような催し物があり、その時は「Doi Saket Coffee」を買ったので、今日もコーヒー豆が狙い。

朝のうちは雲の多い天気だったが、お昼近くになりこの天気。
20160917#01WEB

20160917#02WEB
催し物会場に人は多いが混雑していると言うほどでもなかった。

衣類、食べ物の販売が主流のイベントだ。

屋台の食べ歩きをするのも面白いが、今日は食堂で食事をした。
20160917#03WEB


食後、屋台を見て回る。
20160917#04WEB
ピーナッツを使った豆菓子。
一個10B、買ってみんなで食べて見た。
豆菓子はうまいがこれも例外ではなかった。

おばちゃんの手焼きのセンベイ。
20160917#05WEB
ほのかな甘みがあり、これもうまかった。

本命のコーヒー豆も売っていた。
毎年、冬になると厳しい寒さのオムコイのコーヒー豆。

20160917#06WEB

200g120B、500g240Bだったので500g購入。
ロイヤルプロジェクト(ドイカムショップ)のコーヒー豆が200g200Bに比べると割安。

いつも買っている豆は深炒りなので、今日は浅炒りを買った。
深炒りの方が浅炒りに比べると苦味が強いと言われているので、飲んで実際に確かめたい。





チェンマイ定住者集いの会・20160916
朝から雨模様だったが、昼前に雨はあがり、白い雲の間に青空が広がっていて実にさわやか。

今年の6月からの雨の一度降ると降りっぱなしで、雨がやんでも晴れることはなく、一日中どんよりとした天気が広がっていた事に比べると雲泥の差。

これを見ると着実に乾期へと進みつつある。

午後1時からYMCAホテルであったチェンマイ定住者集いの会へはソンテオで行った。


今日のチェンマイ定住者集いの会の特筆すべき情報を、いつものように私の独断と偏見で記しておく。


チェンマイ定住者集いの会・特筆すべき情報

1.落語・無料独演会の案内 
桂竹丸・無料落語独演会、10月5日(水)13:00~14:30、ファーイースタン大学講堂

2.介護見守りサービスの案内
 日本システム開発がチェンマイで行っている個人の安否確認サービス。
 毎日測定した自分の体重、血圧をスマホのLINEで指定されたIDへ送信する。
 3日以上送信がない場合、安否を確認する。利用料金はひと月300B。
  
 詳細はチェンマイ定住者集いの会まで。

3.イミグレーション関連情報 

3-1.ビジネスビザ、留学ビザ、ボランティアビザ、新規パスポートの切り替えはプロムナーダのイミグレに移管 (9/15~)     

3-2.住所変更届(24時間以内)     
空港側のイミグレの一番奥の建物(申請用紙はTM.28)

3-3.居住証明書の取得     
プロムナーダのイミグレの横のブースへ

3-4.リアイアメントビザ更新に必要な書類
(1)TM.7の申請用紙(写真一枚)住所記入欄はアパート名、部屋番号、電話番号必要
(2)パスポート原本
(3)パスポート写真欄のコピー 一枚
(4)パスポートのタイ関連スタンプ欄のコピー 各一枚
(5)入出国カードのコピー 一枚
(6) a.80万バーツの銀行預金通帳の原本とそのコピー 各一枚
申請引き店にして過去3ヶ月間80万バーツを保持すること。
口座欄のコピー 一枚
入出金欄のコピー一枚(過去3ヶ月間分)、当日または前日に記帳すること
    b.80万バーツの銀行残高証明書 一枚(有効期間7日)

(7)または、日本国総領事館発行の年金証明書(80万バーツ)一枚(有効期間一ヶ月)
年金証明書が80万バーツに満たない場合は、上記(6)の銀行預金と合算して80万バーツでも可

(8)住所変更を伴う場合、住所を証明する資料(TM.30の半券コピーかアパート賃貸契約書のコピーが必要)
    
以上、コピーには自筆サインが必要。

その他
90日届け代行(手数料200B)、新旧パスポートのスタンプ移し替え代行(手数料1000B)がPTM Travel(TEL.053-214595で可能。

午後4時10分に閉会となり、それから1時間ほど歩いて帰った。




無花果
手書きで日記をつけていた頃ならば「イチジク」と書いたであろうが、パソコンを使うようになってからは「無花果」と漢字変換されるようになった。

パソコンで文字を記すことは便利と言えば便利だが、この便利さにどっぷりとつかると漢字を忘れる。
時々手書きで漢字を書くと、どうもバランスがおかしいと言うか形がおかしい、よく見ると部首を間違えていたと言うことが多々ある。

もうどっぷりとつかっているのだが、いまさら引き返すこともできない。
困ったものだ。


ところで、朝食用の葉物野菜がなくなったので、近くのドイカムショップへ買いに行った。

いつもの葉物野菜が品切れ、普通のレタスはあったがこれは水っぽくていまいち。
野菜炒め用のチンゲンサイとパプリカそれと無花果が目に付いたので買った。

20160915#01WEB

チェンマイで無花果は珍しいように思う。
4個プラスチックの透明容器に入って100B。

早速食べて見た。
当然ながら、日本の無花果と同じ味がした。
これで渋柿の熟柿が食べられれば言うことはないのだが・・・・・。

【追記】
バイクでピン河向こうのリンピンスーパーへ行く途中、初めてのコースで右折禁止の道路を右折し警官に捕まった。
ヘルメットはかぶっており、免許証も持ってはいたのだが、今度ばかりはどうしようもない。

観念はしていたのだが、払う段階になるとやはり罰金の500Bは高い。
で交渉して300Bにディスカウントしてもらった。
ここらがチェンマイらしい。



整理・整頓
昨夜、激しい雨が降り、今日は朝から曇り空。
例年、一日中雨が降ったり、曇ったりする日は少なかったので、ほとんど毎日撮影に出かけていた。

部屋にいる時間が少なかったので、机の中の整理などほとんどしていなかった。

そこで今日は一念発起、時間もたっぷりあることだし、久しぶりに机の中と上を整理することにした。

部屋の掃除や机の上は定期的に掃除をしてもらえるのだが、机の上が物置状態になっていては掃除もできない。

整理、収納には先日、TESCO LOTUSで買った本箱が役立った。

この本箱に収納した物が机の上、中にあった。
いかに乱雑な状態だったかは推して知るべし。

20160914#01WEB

本箱に収納し、あら隠しにトンボのプリントを使った。
何年か前にチェンマイでプラスチックフィルムにプリントしてもらったもので、これがあら隠しに役立った。

チェンマイのカメラ店でもらった時計は日本時間に合わせて、チェンマイでも日本時間で生活している。
これがなかなかいい。

室内の整理整頓もやればこれもなかなか面白い。
このまま雨期が長引けば、掃除が趣味の仲間入りするかもしれないが・・・・・。




チェンマイは大雨の予想だが
昨日の天気と打って変わって今日は朝から青空が見える。

午前10時過ぎからドイステープへ行った。
ステープ通りから見上げると青空が広がってはいるが、山の上だけ雲がある。

ドイステープの撮影地に着いたら、チョウの撮影のタイ人のTさんが来ていた。
Tさんとは乾期にはほぼ毎日のように撮影地で会うのだが、6月以降曇りの日が多かったので会うのは久しぶり。

今日の私の狙いはイトトンボ。

草むらを歩いて行くとガがバナナの葉の裏にとまった。
20160913#01WEB
ガの仲間、属・種名不明。

20160913#02WEB
モノサシトンボ科 Coeliccia chromothorax
Sept.13, 2016, Doi Suthep, Chiang Mai

20160913#03WEB
モノサシトンボ科 Coeliccia chromothorax
Sept.13, 2016, Doi Suthep, Chiang Mai

岩場の水が流れる近くの薄暗い所に、ここの常連さんがいた。
20160913#04WEB
ヤマイトトンボ科 Burmargiolestes melanothorax ♂
Sept.13, 2016, Doi Suthep, Chiang Mai

日が差すとどこからともなく飛んできた。
20160913#05WEB
モノサシトンボ科 Coeliccia poungyi ♂
Sept.13, 2016, Doi Suthep, Chiang Mai

この場所でCoeliccia poungyi は珍しい。
例年、もっと標高の低い所で多産するが、標高の低い所は、今年の5月の渇水で細流が水枯れしたのが影響したのか、全く見ていない。

20160913#06WEB
これはカメムシの仲間か。



なんやかや撮っていたら、昼近くなったのでTさんに挨拶をして一足早く下山。
向かった先はトンパヨム市場、昼前のトンパヨム市場の狙いは焼き魚。

20160913#07WEB
12時過ぎに行ったのだが、これから魚を焼くところ。
30分で焼きあがると言うので待つことにした。
焼きたてを食べるのがこれまたいい。

一日に大体25匹ほど売るらしい。
これが一匹50Bとは安いと思う。

20160913#08WEB
みりん干しっぽい豚肉、これもうまそうだ。




プラータプティムを煮てみた
朝から雨模様で外に出れない。

昼過ぎに小雨が降ってはいるものの、空が明るくなってきたので、Kad Suan Kaew へ魚を買いに行った。

下ごしらえを終えたプラータプティムがラッピングをしたプラスチックケースに入れてあるのを見つけた。

プラータムティムはプラーニン(ティラピア)の近縁種?で、色が淡いピンク色をしている。
プラーニンと同じような味をしており、価格は一般にプラーニンより高いが、今日は30cm弱の魚がどちらも70Bほどで売られていた。

目を見る限り鮮度が落ちているとは思われないので、プラータプティムを買った。
これを煮魚にする予定だが、淡水魚の煮魚は初めて作る。

20160912#01WEB

海水魚のカサゴ、イトヨリなどに比べると身が多少柔らかいように思うが、味は悪くない。
淡水魚特有のにおいもない。

圧力鍋で30分ほど煮て取り出すときにまた身崩れしてしまった。
圧力鍋は底が深いので、煮魚をどうもうまく取り出せない。工夫が必要だ。

背びれなどの骨は柔らかくなっていたが、中骨は硬い。もうちょっと煮込めば中骨も柔らかくなったかも知れない。

煮魚にする対象魚がまた一匹増えた。




「よかった、よかった」
日曜日の今日は、朝から雨模様。
なのでドイステープでの撮影は中止、ゆっくりと朝食を摂る。

20160911#04WEB
定番の朝食にバナナを加え、今日もトーストは半枚。

午前10時前にタイ人の知人が彼の息子君を連れて来たので、彼の車で一緒にカムティアンの TESCO LOTUSへ買物に行った。

車の中で、彼がランプーンの日系企業に採用されたと聞いた。
仕事は来月かららしいが、まずは「おめでとう」だ。

タイの人にとって日系企業に採用されると言うことは、生活が安定すると言うことで、非常に喜ばしい。
もちろんその分、仕事は大変なことも多いだろうが頑張って欲しい。

TESCO LOTUS では、机の上に置ける本箱を買った。
机の上に平面的に置いてある本などを立体的に収納できる。

昼食はニマンヘミン通りのDin Dee 改め Ramon Cafeで。

ここの食事の盛り付けはきれいなので、朝食用サラダを作る時の参考になる。

20160911#01WEB

20160911#02WEB

夕食は知人ファミリーと就職祝い。
20160911#03WEB

「よかった、よかった」、「うまかった、うまかった」で一日が終わった。





ドイステープ大渋滞
曇り空だがドイステープへ行って来た。

ステープ通りからチェンマイ大学裏門へ入り、正門へ抜けるルートがいつものコース。
裏門、正門には警備員の人がいるが、ヘルメットをかぶっておればバイクの場合はノーチェック。

今日はいつもに比べてチェンマイ大学構内、正門前から動物園前にかけてソンテオが多い。

それらを横目に見てバイクを走らせたら大渋滞に巻き込まれた。
今日はチェンマイ大学恒例の山登りの日だ。

気が付いた時には前に車、後ろにも車で前に進むことも引き返すこともできない状態。

これがわかっておれば今日のドイステープでの撮影は中止にした。
例年ならば沿道に大量のペットボトルが散乱しているので、山登りがあると気付くのだが、今日は全くと言っていいほどゴミはなし。

しばらくすると徐々に車は動き出したが、ノロノロ運転、その状態のままお寺まで進む。
お寺を過ぎると、前を行く車、後から来る車はほとんどいない。

かなりの時間をかけて撮影ポイントに到着したが、日は差したり、曇ったりで、相変わらずトンボは少ない。

20160910#01WEB
モノサシトンボ科 Coeliccia loogali ♂
Sept.10, 2016, Doi Suthep, Chiang Mai
このイトトンボ、ここでの生息数は多くはない。

20160910#02WEB
モノサシトンボ科 Coeliccia chromothorax♂
Sept.10, 2016, Doi Suthep, Chiang Mai

これで晴れている時間が長くなればトンボの数も増えるだろうが、やはり天気が不安定。
ここの常連さんのヤマイトトンボを探したが姿を見せず。

1時間程で撮影を終え下山したが、上りは相変わらず渋滞、下りはすんなり。
すんなりと帰った。




鮭のかぶと煮
Kad Suan Kaewのクーポン食堂で昼食をしたついでに、TOPSへ行き鮭の頭を買ってきた。

また圧力鍋で煮るのだが、その前に前処理。
鮭の頭が半分に切ってあるのだが、エラが完全に取り除いてないので、まずそれを取り除いた。

TOPS売られている魚は、まるごと一匹買って腹を開けてくれるように依頼すると、その時はちゃんと内臓、エラは取り除いてくれる。

ところが、鮭のアラと一緒に売ってある鮭の頭のエラはすべてとりきってないのだ。
それをきれいに取り除いた。

この後、一度熱湯をくぐらせるといいのだが、面倒くさいのでやめ、刻みショウガを入れ煮た。

20160909#01WEB

最近、圧力鍋の効果に驚くことが多いのだが、骨が柔らかくなっており圧力鍋から取り出すときにバラバラになってしまった。

だから圧力鍋で煮た魚は、盛り付けがきれいにできない。
鍋から型崩れしないように取り出すのが、非常に難しい。

骨の重要性を再認識させられるが、これは人間の場合も同じで、カルシウム不足から骨密度が低下し、骨がもろくなるとちょっとした衝撃で骨がバラバラになってしまう。

まあ、そうならないように柔らかくなった骨を食べ、カルシウムの補充をしているのだが。




常連さんの悲劇
9月の天気は午後からは晴れ間が見える日が多くなったが、午前中は晴れたり曇ったり。
今日は「曇ったり」の日。

今日も昼前にドイステープへ行って来た。
バイクなのでドイステープ経由で昼食を買いに行った。

山の上も晴れたり曇ったり。

最近、よく見かけるイトトンボがいた。
20160908#01WEB
モノサシトンボ科 Coeliccia chromothorax
Sept.8, 2016, Doi Suthep, Chiang Mai

日が差すとここの常連さんが飛び出してくるのだが、今日はまったくその姿を見せない。
しばらく探してその理由がわかった。

20160908#02WEB
ヤマイトトンボ科 Burmargiolestes chromothorax
Sept.8, 2016, Doi Suthep, Chiang Mai
クモに捕らえられていた。
生きておれば放してやったのだが・・・・。

まあ、これも自然の摂理か。

シジミチョウはおなじみさん。
20160908#03WEB
シジミチョウ科 Heliophorus epicles
Sept.8, 2016, Doi Suthep, Chiang Mai

草むらに開長7cmほどの目玉模様のあるガがいた。
20160908#04WEB
属・種名不明。
この目玉模様、鳥などの捕食者を驚かすのに役立っていると言われている。

これもまた初めて見た。
20160908#05WEB
何の仲間かすらわからない。

帰りに標高の低い所をのぞいてみたが、トンボはさっぱり。

撮影を終え、カムティアンのTESCO LOTUSへ煮魚に出来そうな魚を探しに行った。

イトヨリが売られていた。
煮付けにしてうまい魚だが、鮮度がいまいち。結局買わず。
周囲に海のないチェンマイでは、産産物の鮮度低下はしかたのないことかも知れないが。



ドイステープは霧
今朝はいつ雨が降ってもおかしくない天気。

昼前に空が明るくなったので、バイクで近くのトンパヨム市場へ焼き魚を見に行く。
売っていればそれが昼食のおかず、売っていなければ、そこからニマンヘミン通りのMU's KATSUへ行き、カツカレーを食べる予定。

トンパヨム市場で今日は焼き魚を売っていなかったので、MU's KATSU へ。
ここはお昼は人が多くなるので、お昼前に入るのがいい。
注文したのはカツカレー115B。

食事を終え、部屋に戻ったら天気がちょっと回復したようなので、ドイステープへ行ってみた。
標高の高い所は霧が発生していた。

20160907#01WEB

しばらく待っても、霧は晴れそうにないので撮影をやめ下山。

途中、標高500mの撮影ポイントをのぞいて見たが、何にもいなかった。

20160907#02WEB
午後4時前に大粒の雨。

9月に入りやっと天気が回復してきたかと思っていたら、この雨。
これでは、どうしようもない。




中途半端な天気
20160906#01WEB
今日の朝食からトーストを半分にした。
目的は減量のためだが、トースト1枚を半分にしたところで、その効果はしれてるとは思うがしばらく続けることにした。

最近は、近くのトンパヨム市場へ行くにもバイク、どこに行くにもバイク、バイクでほとんど歩かなくなってきている。
月一回YMCAホテルであるチェンマイ定住者集いの会へ出席した帰りは1時間程歩いている。
これが最後の砦で、これだけはなんとか死守したい。

このまま体重がジワリジワリと増えるのは避けたいが、やはり摂取カロリーが過剰なのだろう。
まあ、これから天気がよくなれば写真撮影で歩き回ることにより、消費カロリーも今以上増えるだろうし。


ところで、今日もまたドイカムショップでコーヒー豆を買った。

20160906#02WEB

このコーヒー豆は深炒りなので普通に抽出すると苦味がでてくる。

コーヒーも煎茶と一緒で抽出する温度、時間によって苦味に差がでるのではないかと気になったので、80℃程度の温度で抽出してみた。
そうすると苦味が抑えられまろやかな味となっている。

コーヒー豆を荒挽きにして、80℃程度の温度で抽出すればさらにまろやかになるように思う。

もっとも、それがわかったところでどうと言うことはないが、これが「変なこだわり」だ。
物事を行うのに「こだわり」を持って取り組むとそれはそれで面白い。

ドイステープへ行くには、今日の天気はいまいち。
なので、一日中部屋にいて、こんなことをして時間をつぶした。




虫が増えてきた
今日の空は明るいが、青空は全く見えない。

午前10時過ぎからドイステープへ行ったが、トンボ、チョウはあまり期待はしていなかった。
ドイステープの標高の高い所は厚い雲に覆われ日が差さないので何にもいない。

帰ろうとした時、セセリチョウが飛んできて、バナナの葉の裏にとまった。

20160905#01WEB
セセリチョウ科 モンシロシタセセリ Tagiades menaka

草むらに1cm弱の小さな虫がいた。
20160905#02WEB
属、種名不明。
初めて見た。面白い形をしている。


ここまで撮って下山し、昨年の今頃、ホソイトトンボを見た場所へ行って見た。
ホソイトトンボどころかトンボの姿は全くなし。

細流に沿ってトンボがいないか探した。
タイワンハグロトンボ Matrona nigripectus のたまり場を探したがいない。
やはり5月の渇水の影響を受けているのだろう。

大型のカワトンボがいた。
20160905#03WEB
カワトンボ科 Vestalis gracilis ♀
Sept.5, 2016, Doi Suthep, Chiang Mai

20160905#04WEB
カワトンボ科 Vestalis gracilis ♀
Sept.5, 2016, Doi Suthep, Chiang Mai

3頭ほど見たがすべて♀。

イトトンボがいた。
20160905#05WEB
モノサシトンボ科 Copera marginipes
Sept.5, 2016, Doi Suthep, Chiang Mai

イトトンボはこれだけ。他の種類は見ず。

帰り道にいた大型のタテハチョウ。
20160905#06WEB
タテハチョウ科 トラフタテハ Parthenos sylla
Sept.5, 2016, Doi Suthep, Chiang Mai

20160905#07WEB
タテハチョウ科 キゴマダラ Sephisa chandra chandra
Sept.5, 2016, Doi Suthep, Chiang Mai

20160905#08WEB
タテハチョウ科 キゴマダラ Sephisa chandra chandra
Sept.5, 2016, Doi Suthep, Chiang Mai

このチョウもドイステープではそう多くはない。
それでも年に数回見ることがある。

今日も昼過ぎに撮影を終えたが、日が差さない曇天での成果としてはまずまず。





Shabushi レストラン
夕方、タイ人の知人ファミリーと一緒に、エアポートプラザにある Shabushi レストランへ行った。
このShabushi レストランと言うのは、シャブシャブと寿司が一緒に食べられる食べ放題のレストランで、料金は一人399B。

この店が出来てから数年になるが、出来た当時は、連日、順番を待つ長蛇の列が見られたらしい。
今日でも、店に入るのに15分程待った。

20160904#01WEB

雑食性の中でもどちらかと言えば魚食性の私は、店内に入ってまず寿司をチェックした。
20160904#02WEB
これがスシ。
日本風の寿司はエビと鮭のみ。

そのほかは、チェンマイオリジナル。
日本の寿司を期待してチェンマイオリジナルが出てくるとがっかりするが、雑食性の私からすればこのチェンマイオリジナルも悪くはない。

20160904#03WEB
知人ファミリーと一緒に、まずは薄切り肉を食べた。
食べ放題の肉はかたいのが多いが、この肉は柔らかくうまかった。

20160904#04WEB
ダシは普通、牛乳入りと二種類あり、この中で煮てタレをつけて食べた。

20160904#05WEB
開店寿司屋さんんように、具材が次からつぎへと流れてくるが、うす切り肉はやはり一番人気のようだ。

ジュース、コーラー等は飲み放題。
食後のアイスクリームもあり言うことなし。

同じフロアーにShabushiレストランと同じOISHIグループ経営のOISHIレストランがあるが、日本の寿司、刺身を食べたいならばそちらへ行った方がいい。

たまにはこのような食事もいい。




スマホの天気予報
9月に入り、天気は確実に回復傾向にある。

部屋の中まで日が差し込み、青空が見える。
そんな青空を見ながら、今日の予定をたてる。

20160903#01WEB
毎朝、同じような朝食だが飽きることがない。

天気が良いので遠出も視野に入れ、まずはスマホで天気予報をチェック。
20160903#02WEB
午前11時から天気は崩れ、降水確率は30%、お昼近くには降水確率が50%となっている。

遠出をすれば帰りは雨に降られる確率が高い。
先日のように車で走っていても前が見えないような大雨の中をバイクではとても走れない。

そこで近場のドイステープへと行き先を変えた。
ここならばバイクで30分程。天候が急変すればすぐ帰ることもできる。

午前10時過ぎにトンボもチョウも希少種が出て来る可能性の高い標高の高い所へ。
低地は好天だが、標高の高い所は曇天。
日が差す気配は全くなし。何にもいなかった。

下山して低地の撮影ポイントへ。
ここは青空が広がっていた。

しばらくするとガが飛んで来て葉の裏にとまった。
20160903#03WEB
属名、種名不明。
派手な色彩なので目立つ。

相変わらずトンボの姿は見えず。
しばらく探してハナダカトンボを見つけた。

20160903#04WEB
ハナダカトンボ科 Heliogypha perforata limbata ♂
Sept.3, 2016, Doi Suthep, Chiang Mai
ベトナムには胸部、腹部の青味がさらに強いHeliocypha perforata perforata がいる。

5月にはこの細流周辺は広範囲にわたって干上がっていたのだが、このトンボはどこにいたのだろう。
まあ、それはともかくこうしてトンボが徐々に回復してくることは望ましい。

昼前に撮影を終え部屋に戻った。

これが、スマホの天気予報によるところの降水確率50%の天気。
20160903#05WEB
やられた。
雨の降りそうな気配はまったくなく、これならば遠出ができた。




今日の昼食
今日も昼食はサンマの煮付け。

昨日の反省から、オクラと冷奴を加えた。
ネギは少量をちょっと豆腐に乗せるのが見た目はいいのだが、ネギはたっぷり乗せた方が好きなのでそれを優先させた。
20160902#08WEB
サンマは一口大の大きさにしてあるが、このまま食べても骨を全く感じない。
それほど骨まで柔らかくなっている。

冷奴はしばらく流水にさらした後、飲料水にしばらくつけておき、その後表面の水をキッチンペーパーでふき取ると味がよくなるような気がする。

そして、このような食事の後はやはり煎茶だ。
20160902#09WEB
それも茶碗で飲むのがいい。
煎茶は日本で買ったものだが、急須はチェンマイのサンデーマーケットで買ったもの。

お茶の入れ方もいろいろ工夫し、試行錯誤の連続だ。
茶葉を多目にしてお湯の温度を低めにするといい味が出るように思う。




天気は回復傾向にあるが・・・
9月に入ってから青空が見える時間が長くなったようだ。

今日も日差しは弱いが雨の降る気配は全くなし。
ならばと昼前にドイステープへ出かけた。

時々日が差すとトンボが飛び出した。
と言っても、ここの常連さん。

20160902#01WEB
ヤマイトトンボ科 Burmargiolestes melanothorax♂
Sept.2, 2016, Doi Suthep, Chiang Mai

20160902#02WEB
ヤマイトトンボ科 Burmargiolestes melanothorax♂
Sept.2, 2016, Doi Suthep, Chiang Mai
♂の縄張り争い。

20160902#03WEB
日の当る草地にいたハムシの仲間?

20160902#04WEB
バッタの仲間で、ここの常連さん。

20160902#05WEB
シジミチョウ科 Heliophorus epicles
Sept.2, 2016, Doi Suthep, Chiang Mai
このシジミチョウもここの常連さん。

ここまで撮影して下山し、低地の撮影ポイントへ。
ここらの細流は5月に完全に水が枯れてしまった。

その影響かトンボの数は極めて少ない。
と言うか、今日は全くその姿を見ず。

薄暗い所にセセリチョウがいた。
20160902#06WEB
セセリチョウ科 名前不明
Sept.2, 2016, Doi Suthep, Chiang Mai

20160902#07WEB
セセリチョウ科 名前不明
Sept.2, 2016, Doi Suthep, Chiang Mai

昨年はこの近辺で沢山のProdasineura属のイトトンボを見たが、今年はさっぱり。
やはり5月の渇水の影響が出ているのだろう。





Copyright © 2017 清邁極楽蜻蛉 Odonata in Thailand. all rights reserved.