主にチェンマイのトンボとチョウ、それにチェンマイの日常の写真
チェンダオでカニ料理
北欧からチェンマイに一時帰郷しているT君とかつてのワット・プラシンの仲間、Mちゃんと知人ファミリーでチェンダオにカニ料理を食べに行く予定であったが、T君とMちゃんが都合が悪くなったので、私と知人ファミリーとで行ってみた。

チェンダオにはチョウやトンボの撮影で何回となく行っているのだが、カニ料理の店があることは知らなかった。

20170211#01WEB
スマホの位置情報を載せておいたが、これより下記の看板の方がわかりやすいかも知れない。

20170211#02WEB
タイ語が話せれば、電話をかけ詳しい住所を聞けばよい。

店員さんが大きなカニとエビを持ってきた。
これは写真撮影用らしい。
20170211#03WEB
このタラバガニのようなカニはすでに茹でたのち冷凍してあるようだ。
大阪にいた時に一度だけデパチカで冷凍した生のタラバガニを買って、焼いて食べたことがあるがあれは実にうまかった。

20170211#04WEB

20170211#05WEB

20170211#06WEB
タラバガニっぽいカニはプー・パッポン・カリーに調理してもらい、メニューに載っていたズワイガニっぽいカニはそのまま食べることにした。

プー・パッポン・カリーはどこで食べても例外なくうまい。
ただタラバガニっぽいカニの殻は予想通り硬い。
硬いので食べにくい。
調理用ハサミがもうちょっとしっかりしておれば食べやすかった。

ズワイガニっぽいカニは、これも塩ゆでしたものをそのまま食べたが、こちらの方が食べやすい。
味は日本で食べた方がおいしいが、チェンマイでこれだけの料理が食べられれば満足だ。

いつもと言うわけにはいかないが、たまにはこんな料理もいい。





スポンサーサイト
Copyright © 2017 清邁極楽蜻蛉 Odonata in Thailand. all rights reserved.