主にチェンマイのトンボとチョウ、それにチェンマイの日常の写真
Doi Suthep today, 31 March 2017
昨日、香港からチェンマイにチョウの写真を撮りに来たAlan 氏から、早朝 Chiang Dao に行くと珍しいチョウが見られるとの情報を得て、ならばと今日 Chiang Dao へ行く予定であった。

ところが目覚めたのは出発予定時刻の30分後。
急いで準備して出発すればなんとか行けそうだが、あわてて事を処理するのは失敗のもと、来週行くことにした。

Chiang Dao 行きをやめ時間が余ったので、いつもより早い時間にドイステープへチョウを撮りに行った。

飛んでいるチョウの数は昨日に比べ少ないようだ。
いずれにしても、昼前まで待ってみる予定。

20170331#03WEB
タテハチョウ科 シロオビワモンチョウThauria aliris intermedia
March 31, 2017, Doi Suthep, Chiang Mai
気づかないうちに近くまで寄って来ていた。

20170331#04WEB
タテハチョウ科 Euthalia lubentina
March 31, 2017, Doi Suthep, Chiang Mai
最初は木陰に飛んで来る。

20170331#05WEB
タテハチョウ科 Euthalia lubentina
March 31, 2017, Doi Suthep, Chiang Mai

20170331#06WEB
タテハチョウ科 Mandarinia regalis baronesa
March 31, 2017, Doi Suthep, Chiang Mai
このチョウは非常に珍しいようだ。

今朝は寝坊してChiang Dao でのチョウの撮影ができなかった。
Chiang Dao へ行けなかったので、ドイステープへ行ったら、トンボ、チョウの初物が撮れた。

まあ人生と言うのはこんなものだろうね。
何が幸運につながるかわからない。


スポンサーサイト
トンボ科 Hylaeothemis clementia
見たのも、撮ったのも初めて。
同じトンボ科 Tetrathemis platytera に似ている。

20170331#01WEB
March 31, 2017, Doi Suthep, Chiang Mai
数カット撮ったら飛び去った。

その後で、近くで産卵している♀を見つけた。
20170331#02WEB
March 31, 2017, Doi Suthep, Chiang Mai

初物を♂♀ほぼ同時に撮れたのは、今までにない経験だ。




T君ファミリーと夕食
夕方、T君から電話があった。
急で申し訳ないのだが、私の誕生祝いの食事会をしたいとのこと。

私の誕生日は来月だ。
ちょっと早いようだし、それに早く歳をとるのもなんだしとは思ったが、ありがたく祝ってもらうことにした。

場所はチェンマイヒル2000ホテル内の水仙亭。
T君が車で迎えに来てくれたので一緒に行った。

20170330#09WEB

暑い時には熱い物をと言うことで鍋料理、それに寿司と刺身、T君ファミリーに感謝、感謝である。

食事が終わったら、彼の4歳になる息子君が一人で会計の所へ行き、「ケプタン カップ(お勘定、お願いします)」と。
これを見ていると、知人の子供ながら、成長の早さに驚かされる。




Doi Suthep today, 30 March 2017
久しぶりにドイステープの標高の高い所へチョウを撮りに行った。

好天続きで細流の水は減る一方、そこへもってきて出発前に準備していたチョウのエサを忘れた。
これではチョウを集めるのは難しいと思っていたが・・・・。

イスに腰かけ待っていたら飛んできた。
20170330#01WEB
タテハチョウ科 Athyma cama
March 30, 2017, Doi Suthep, Chiang Mai

20170330#02WEB
タテハチョウ科 Athyma cama
March 30, 2017, Doi Suthep, Chiang Mai
可能なかぎり、翅のおもて面、うら面を撮るようにしている。

20170330#03WEB
シジミチョウ科 Dodona egeon
March 30, 2017, Doi Suthep, Chiang Mai
ここではおなじみさんだが、他では稀種。

20170330#04WEB
セセリチョウ科 ??
March 30, 2017, Doi Suthep, Chiang Mai

狙っていたチョウの一種が飛んできた。
20170330#05WEB
タテハチョウ科 Euthalia malaccana
March 30, 2017, Doi Suthep, Chiang Mai
きれいなチョウだが、翅が破れている。

20170330#06WEB
タテハチョウ科 Euthalia malaccana
March 30, 2017, Doi Suthep, Chiang Mai
翅のうら面も撮った。

20170330#07WEB
タテハチョウ科 Euthalia sp.
March 30, 2017, Doi Suthep, Chiang Mai
翅がきれいな一回り小さなチョウがすぐ近くに飛んできたが翅をなかなか広げない。
すぐに飛び去った。

20170330#08WEB
タテハチョウ科 Kallima inachus
March 30, 2017, Doi Suthep, Chiang Mai
コノハチョウもここではおなじみさん。

終わってみれば、チョウはそれなりに撮れた。

もう一ついいことがあった。
チョウの撮影をしていて、香港からチョウの撮影に来た人に会った。
初対面だが、真っ先にFacebookをやっているかどうかを聞かれた。
トンボやチョウの写真を撮っている人とは、Dragonflies of Thailand や Butterflies of Thailand などのウェブサイトを通じて友達になるケースが多い。
今回も友達になった。

ついでに、1998年にチェンマイにトンボを撮りに来るまでは、香港に行っていたので、当時の撮影ポイントの現状を聞いた。
Sha Lo Tung、ここは開発されてしまってトンボ、チョウはいない。
Tai Po Kau、ここは自然保護区だったので今もトンボ、チョウは健在らしい。

香港に来たら撮影ポイントを案内すると言う。
トンボやチョウの写真を撮っている人は社交辞令ではなくて本音で話す人が多いので期待したい。

香港で小籠包を食べながらトンボやチョウの撮影、面白そうだ。





タイ風寿司の味見
今日の朝食。
20170329#01WEB
朝食メニューは目玉焼き、スライスハム、葉物の野菜にトマト、酢タマネギを軸として、今日はパクチーをちょっとにドラゴンフルーツを加えた。

昼食は近くのタイ風寿司店へ。
ショーケースに並べてあった7種類の寿司を味見した。
20170329#02WEB
一個10Bで見た目、味はまあまあ。
小さいので、これだけでは足りないので、もう一皿頼んで、合計140B。

タイ風寿司、これはこれでありだと思うが、やはり価格からすればすし次郎の寿司130Bや三鳥の寿司130Bの方がいい。

今日もアイスクリームを買いに行き、違った種類を買ってみた。
20170329#03WEB
左下のアイスクリームが30B、他は一個20B。
30Bのアイスクリームはなめらかなような気がする。

夕食にまたチンゲンサイのおひたし。
20170329#04WEB
と言ってもダシ汁を作ったわけではなくて、チンゲンサイを茹でてカツオの削り節とショウユで食べた。
暑い時には冷えたおひたしは口当たりがよくてうまい。
何と言っても、簡単にできるのがいい。




暑い時にはアイスクリーム
暑い時にはアイスクリームだ。

あっちこっちでアイスクリーム、ソフトクリームを食べ、自分の口にあう品を探している。
食べ物探しは楽しみがあってよい。

今日のアイスクリームはこれ。
20170328#01WEB
チェンマイ動物園の右斜め前の乳製品販売会社のアイスクリームで一個20バーツ。三個ほど買った。

夕方になっても気温は下がらない。
20170328#02WEB

ちょっと雲が出てきたようだ。
ここらで一雨くれば涼しくなっていいのだが。






久しぶりに圧力鍋を使ってみた
昼前に1時間ほどドイステープでチョウの撮影をした後、リンピンスーパーマーケット・ナワラット店へバイクで買物に行った。

いつものように鮮魚コーナーで目の保養。

20170327#11WEB
淡水産の大型のテナガエビ。

20170327#12WEB
淡水産のアカメ、ナイルパーチの仲間だろう。
魚の鍋料理「リム・ハーン・グアン」の店頭に吊してあるのもこの魚だと思う。

20170327#13WEB
Doryの切り身。
Doryの切り身は冷凍とこのような生が売られている。
この魚もクセがなく食べやすい。

これらの食材は眺めただけで、買ったのは豆腐、納豆、鮭のアラ。

目の保養は終えたので、今度は腹を満たす番。
行った先は、「ロット・ディー」。
20170327#14WEB
ここでの昼食はいつもは餃子・大90Bだが、今日は「カオ・モッ(ク)・ガイ」40Bと「餃子・小」45B。

場所はここ。
20170327#16WEB

ストリートビューはここ

最近、鮭のアラを買い煮付けをよく作るが、圧力鍋は使っていない。
フライパンでキッチンペーパーを落とし蓋代わりに使っているが、圧力鍋と違って煮汁の減り具合が見えるので便利。
便利なのでついついフライパンを使うので、圧力鍋の使用頻度が低下している。

そこで、久しぶりに圧力鍋を使った。
圧力鍋は煮汁の減り具合がわからないので、これはデータをとるしかない。
煮汁がなくなればにおいでわかるのだが。


今日の夕食。
20170327#15WEB
圧力鍋で煮た鮭のアラは、当然ながら骨まで柔らかいのでそのまま食べられる。

パクチーを添えた。
パクチーにはゆず・ごまドレッシングがあう。
昨日、大量に買ったチンゲンサイは茹でてワサビ醤油で食べてみたがこれもまあまあいけた。





Doi Suthep today, March 27, 2017
ドイステープの落書きポイントへ行ってみた。
誰もいないし撮影ポイントはカラカラに乾燥している。

日曜日に誰か撮影に来ていたならば、細流横のくぼみに水が溜まっているのだが、干上がっている。
細流は深い所で水深は30cmほどあるので、グッピーの稚魚は難なく泳いでいるが、このまま雨が降らないと昨年のように干上がってしまう。

チョウが飛んでくるかどうかわからないが、まずは水撒き。
しばらくするとアゲハチョウが飛んできた。

20170327#01WEB
アゲハチョウ科 ナガサキアゲハ Papilio memnon agenor
March 27, 2017, Doi Siuthep, Chiang Mai

20170327#02WEB
アゲハチョウ科 シロオビアゲハPapilio polytes romulus
March 27, 2017, Doi Siuthep, Chiang Mai

20170327#03WEB
アゲハチョウ科 シロスソビキアゲハLamproptera curius
March 27, 2017, Doi Siuthep, Chiang Mai
アオスソビキアゲハに比べるとシロスソビキアゲハの発生はちょっと遅いようだ。

20170327#04WEB
タテハチョウ科 Euthalia evelina♂
March 27, 2017, Doi Siuthep, Chiang Mai
翅に擦り傷が見える。

20170327#05WEB
タテハチョウ科 Euthalia evelina♂
March 27, 2017, Doi Siuthep, Chiang Mai
今までなかなか撮れなかったこのチョウを、今年は♂♀共よく撮った。

20170327#06WEB
アゲハチョウ科 Graphium nomius
March 27, 2017, Doi Siuthep, Chiang Mai

20170327#07WEB
アゲハチョウ科 Graphium chironides
March 27, 2017, Doi Siuthep, Chiang Mai

20170327#08WEB
タテハチョウ科 Charaxes bernardus
March 27, 2017, Doi Siuthep, Chiang Mai

20170327#09WEB
シジミチョウ科 ??
March 27, 2017, Doi Siuthep, Chiang Mai
これらのシジミチョウは名前を調べるのが難しい。

20170327#10WEB
これはガ。
後翅のブルーがきれい。
ただ生きている時は翅を閉じているので、ブルーは見えない。

1時間ちょっとで撮影を終えたが、チョウはここのおなじみさんばかり。




チンゲンサイが安い
食材調達日。

近くのロイヤルプロジェクトのドイカムショップへ行ったら、チンゲンサイの安売りは続いていた。

20170326#01WEB
この袋いっぱいのチンゲンサイが25バーツ、日本円で80円弱。
この暑さがチンゲンサイの生育にはいいのか、大量に出回っている。

チンゲンサイは加熱調理しても葉のグリーンがあせないのでとりあえず、一袋購入。

近くの果物屋台で朝食用にバナナも買った。
20170326#02WEB
バナナ6本で30B、日本円で100円弱。
バナナはこの暑さですぐに柔らかくなってしまい、食べられなくなる。
まあ、そうなったバナナはドイステープのチョウのエサには最適なのだが・・・・・。




12,980バーツ
いつもながらの朝食。

20170325#01WEB
タンパク質補給源はタマゴだけ、スライスハムがなくなったので補充しておかなければ。

Kad Suan Kaew の TOPS へ買いに行くついでに、「すし次郎」で昼食。
「すし次郎」が「三鳥」か迷ったが、食後TOPSへの道順を頭の中でたどると、「すし次郎」が行きやすかった。

20170325#02WEB
マグロを食べてから写真を撮っておこうと思いついた。
まあ、何回も撮っているし、撮るたびに言っているのだが、ここの寿司はネタの大きさ、シャリの量共に、日本の寿司のようだ。

店内にチェンマイの日本語情報誌「ちゃ~お」が置いてあった。
その記事の中に「チェンマイ発着 日本への往復 60歳以上 12650バーツ~」の記事。
20170325#03WEB
それがこの記事。
ランベルツアー・ファイケーオ支店はTOPSの近くなので、買物に行く前に寄ってみた。

この価格は今までの最安値。
日本にはマイナンバーカードを作るためとかカメラの修理のために一時帰国しなければならないので買った。

5月のゴールデンウィーク明けに帰国することにした。
日本への航空券が年々安くなっていくような気がする。
実際に支払った金額は航空券12680バーツ+手数料300バーツの12980バーツ。





イトトンボ
ドイステープでトンボ、チョウの撮影ポイントはよく行く場所だけで六ヶ所ある。
珍しいトンボやチョウ、あるいはその生態写真を撮る場合、できるだけ一人で静かに待って撮るのがいい。

撮影ポイントで歩き回ったりすると、敏感なトンボやチョウは寄ってこないからだ。

今日はまず私が落書きポイントと言っている場所へ行ってみた。
すでに二人ほど撮影している。

この場所をあきらめ、次の撮影ポイントへ。
ここでもすでに撮影をしている。

ここも諦め、次の撮影ポイントへ。
私がCoeliccia ポイントと名付けている場所だ。

20170324#01WEB
モノサシトンボ科 Coeliccia poungyi
March24, 2017, Doi Suthep, Chiang Mai

この場所はCoeliccia poungyi が多いので Coeliccia ポイントと名付けた。

このイトトンボもここではよく見かける。
20170324#02WEB
イトトンボ科 Calicnemia imitans ♂
March24, 2017, Doi Suthep, Chiang Mai

その他に見たトンボはトンボ科のトンボ。
トンボ科のトンボは比較的容易に見られるので、背景がきれいな場所にとまっている時とか、交尾、産卵などしか撮らない。

ここの細流も先週に比べると大幅に減水している。
このままでは来週にも水が枯れるかも知れない。




久しぶりにバミー
ここ数日の暑さでちょっとバテ気味。
なので、今日もドイステープでの撮影をやめ部屋でのんびり。

何もしないのも退屈なので、コーヒー豆を炒った。
このビン一杯の生の豆が炒ると一杯半程度に膨れる。

20170323#01WEB
生の豆を炒ると含まれている水分などが揮散して小さくなると思っていたが、膨れて容量が増えてきた。
だからどうと言うことはないが、ちょっとした驚き。

昼食は近場のタイ料理の店へ。
この店はチェンマイに来た当初、よくここでソムタムを食べていたが最近はほとんど来ていない。
20170323#02WEB
注文したのはバミーと言う黄色い小麦の麺の大盛で35B。

麺類には、これ以外にクィティアオ(米粉の麺)があるが、バミーがうまいように思う。





チェンマイで確定申告、その後
e-Tax(国税電子申告・納税システム)を利用してチェンマイに居ながら日本の確定申告を終えたのが3月7日。

今日、国税庁から届いたe-mail によると、還付される税金は3月23日に指定の銀行に振り込まれるとある。

確定申告を終えてから約二週間ほどで還付金が振込まれることになる。



今後も e-Tax を続けるためには、来年度の確定申告までに日本へ帰国し、今度は住基カードではなくて、e-Tax 用に電子認証されたマイナンバーカードを作ってもらわなければならない。

マイナンバーカードを申し込んでからできるまでにほぼひと月ほどかかるので、日本に帰国するひと月前にインターネットで申し込んでおけばいい。

そうしてマイナンバーカードを取得した後、今度はそのマイナンバーカードを読み込むことができるカードリーダーを購入しておかなければならない。

色々と手間はかかるが、そこまでやっておけばまたチェンマイで確定申告ができて、払い過ぎた税金の還付を受けることができるのだ。





トマトを食べる
野菜を多く摂るように心がけている。
特にトマトは冷蔵庫にたくさんあるので事あるごとにトマト。

20170321#06WEB
朝食にトマト。

20170321#07WEB
これはドイステープでチョウの写真を撮っての帰り、チェンマイ動物園の斜め前にある乳製品販売会社のアイスクリーム。
このアイスクリームもなかなかうまかった。20B。

昼食はセブンイレブンで買った冷凍チャーハンに、トマト、葉物野菜、酢タマネギ、バナナ、トウモロコシを添えた。
20170321#08WEB

夕食もトマト。
20170321#09WEB
材料は豚肉、木綿豆腐、タマゴ、ニンジン、チンゲンサイ、トマト。
野菜炒めが煮物かわけのわからない料理だが、味はけっこういける。
それに野菜をたくさん食べたいならば加熱調理をするに限る。
この料理にはトマトを5個使った。

料理も遊び感覚でやる方がいい。やっていて面白い。




Doi Suthep today, March 21, 2017
今日のドイステープのチョウはおなじみさんばかり。
毎年、この時期にはグリーンの翅をしたシジミチョウ Atripe eryx が出てくるので、ひそかにそれを狙っているのだが、なかなか姿を見せない。

大型のキチョウが飛んできた。
20170321#01WEB
シロチョウ科 Catopsilia pomona
March 21, 2017, Doi Suthep, Chiang Mai

20170321#02WEB
アゲハチョウ科 Graphium antiphats
March 21, 2017, Doi Suthep, Chiang Mai
全体的に白っぽい感じ。

20170321#03WEB
タテハチョウ科 Euthalia evelina ♀
March 21, 2017, Doi Suthep, Chiang Mai
今年はこのチョウの当たり年。
♀を特によく見る。

20170321#04WEB
タテハチョウ科 Euthalia evelina ♀
March 21, 2017, Doi Suthep, Chiang Mai
ほぼこの辺りに出てくるので、待っていれば撮れる。

20170321#05WEB
シジミチョウ科 Castalius rosimon
March 21, 2017, Doi Suthep, Chiang Mai

1時間半ほどいたが、シジミチョウ Atripe eryx は出てこず。




Doi Suthep today, March 20, 2017
チェンマイは連日の猛暑。
この暑さの影響を最も多く受けているのがバナナだ。

朝食用にバナナをよく買う。
暑いのでちょっとでも日持ちのするように青い未熟のバナナを買うのだが、一番安い35バーツのバナナでも7、8本ついている。
バナナは冷蔵庫での保管ができないので、室内保管だが、この暑さでバナナはすべて食べる前に完熟をを通り過ぎて柔らかくなって、食べられなくなってしまう。

こうなると廃棄だが、こんなバナナの有効利用が見つかった。
まずタッパーウェアーにこのバナナとお酒とを一緒に入れてしばらく置いておく。
バナナが発酵したら、それをドイステープへ持って行き、ある種のチョウを引き寄せるために使うのだ。
チョウの撮影後、これらのバナナは小動物のエサとなったり、そのまま朽ちて土に帰る。

ところで、今日のドイステープだが、撮影ポイントではいつものようにイスに腰かけあまり動き回らないようにしている。
警戒心の強いチョウを撮るにはこの方法がいいように思う。

まずやってきたのが、これ。
20170320#01WEB
シジミチョウ科 Dodona egeon
March 20, 2017, Doi Suthep, Chiang Mai

20170320#02WEB
シジミチョウ科 Dodona egeon
March 20, 2017, Doi Suthep, Chiang Mai

20170320#03WEB
セセリチョウ科 ??
March 20, 2017, Doi Suthep, Chiang Mai
これと言った特徴がないので後で名前を調べるのが大変なので、撮るつもりはなかったが、やけになれなれしく腕にとまったり、近くの葉の上にとまったので撮った。

20170320#04WEB
タテハチョウ科 Faunis canens? Mandarinia regalis baronesa
March 20, 2017, Doi Suthep, Chiang Mai
カネンスヒメワモン Faunis canens は今までに何回も撮っているが、ちょっと違うようにも思う。
【追記】やはりカネンスヒメワモンとは違っていたので訂正した。

20170320#05WEB
セセリチョウ科 Iton watsonii
March 20, 2017, Doi Suthep, Chiang Mai
このセセリチョウもよく見かける。

20170320#06WEB
セセリチョウ科 Tagiades menaka
March 20, 2017, Doi Suthep, Chiang Mai
高速で飛び回っていると白い点にしか見えない。

20170320#07WEB
タテハチョウ科 Tanaecia julii
March 20, 2017, Doi Suthep, Chiang Mai
高速で吸水に降りて来て、高速で飛び去った。

20170320#08WEB
シジミチョウ科 Ticherra acte
March 20, 2017, Doi Suthep, Chiang Mai
このシジミチョウも最近よく見かける。

大型のタテハチョウが飛んできた。
20170320#09WEB
タテハチョウ科 Euthalia patala
March 20, 2017, Doi Suthep, Chiang Mai
このチョウは警戒心が強いので、あまり動き回らずじっと飛んでくるのを待っているのがいい。

20170320#10WEB
タテハチョウ科 Euthalia patala
March 20, 2017, Doi Suthep, Chiang Mai
薄暗い所へ飛んで行ったのでゆっくりと近づいた。
この後、さらに右に回ろうとしたら飛び去った。

20170320#11WEB
タテハチョウ科 Euthalia patala
March 20, 2017, Doi Suthep, Chiang Mai
撮りやすい場所でとまった。

期待していなかったEuthalia patala が撮れたのは、発酵したバナナの効果か?






???
面白いものを見つけた。

20170319#01WEB

一体、どうなっているのだろう。
まあ、それはともかく、こうも暑いと部屋の中に冷たいジュースが出てくるこんな蛇口が欲しいものだ。







Doi Suthep today, March 18, 2017
ドイステープへ行ってみたが、土曜日なので人があまりこない場所を選んだ。
比較的暑くなく、チョウもトンボも飛んでくる可能性のある場所となると、そう多くはない。

午前10時過ぎに撮影ポイントに着き、まずチョウのための水撒き。
後は、いつもンようにイスに腰かけ、トンボやチョウが飛んでくるのを待つのみ。

モノサシトンボ科 Coeliccia poungyi の連結や連結産卵が見られたが、非常に敏感で近づくと逃げられた。
近くに飛んでくるのを待って撮った。

20170318#01WEB
モノサシトンボ科 Coeliccia poungyi
March 18, 2017, Doi Suthep, Chiang Mai

Macromia moorei が飛んできたが、あまりにも早く飛んでいたため写真は撮れず。
撮ったのはこれだけ。
まあ、こんなこともある。



ヨーグルト作り・再現性
チェンマイ大学農学部で購入した500ml18バーツの低温殺菌牛乳と、下記添付写真のヨーグルトを種菌として、ヨーグルトを作ったらいままでにない出来だった。

成功と言っていい出来だったので、今回その再現性の確認をした。
繰り返し作れなければ意味がない。

20170317#02WEB
チェンマイ大学農学部の牛乳と相性がいいのはこのヨーグルト。

20170317#03WEB
これが牛乳の中にヨーグルトを入れ、一晩30~45℃で放置しておいたもの。
表面に水のようなものが浮いているが、これは「ホエー」と言って、この中に水溶性タンパク質、ミネラル、ビタミンが含まれている。
捨ててはいけない。

この後、これをスプーンで均一に攪拌し冷蔵庫で保管する。

20170317#04WEB
そうすると非常に滑らかなヨーグルトができる。
ハチミツを垂らして食べてみたがなかなかの味。

原料代は牛乳が18バ-ツ、ヨーグルトが14バーツの合計32バーツで安くてうまいヨーグルトが500ml程度できた。

いままでチェンマイ大学農学部の牛乳からヨーグルトをつくるのが一番難しかったが、これでほとんどの牛乳からヨーグルトが作れる。




ポン酢持参の魚の鍋料理
チェンマイ定住者集いの会の例会が終わってから、チェンマイ門近くの「リム・ハーン・グアン」で夕食を食べた。

「リム・ハーン・グアン」と言ってもピンとこないので、インパクトのある店頭に陳列されている魚の写真を掲載する。
20170219#06WEB
ストリートビューはここ

20170219#07WEB
今日注文したのは、Fish head medium, 180バーツとご飯。

このメニューの中で、Fish head、Fish meat、Fish skin、include everythingを食べてみたが、Fish headが一番好きだ。
なので、今日も注文したのはFish head。

今日はポン酢「ゆずか」を持参した。
このポン酢は、名前の通りゆずの香りがして実にうまい。
20170317#01WEB
この鍋専用のタレもあるが、辛いので一度このポン酢で食べてみたかった。

結果は大正解。
実にうまかった。

鍋にはいっている骨付きの身を食べながらご飯を一杯、スープをご飯にかけて一杯と二杯も食べてしまった。
暑いので、食欲は落ちるのかと思っていたが、このような食事で食欲が落ちることはまずない。



チェンマイ・定住者集いの会
今日は金曜朝市のある日でもあり、チェンマイ定住者集いの会がある日でもあるのだが、金曜朝市へは行くのをやめた。
ドイステープでの撮影もやめ、昼過ぎにバイクでチェンマイ定住者集いの会の例会に出席した。

今まで例会にはソンテオで来て、歩いて帰っていたのだが、このところほぼ毎日ドイステープへ写真を撮りに行っているので、体重が増えることはない。
なので、歩いて帰ると言う運動をやめても体重増加にはつながりにくいことと、例会が終わってからチェンマイ門近くの魚料理の店「リム・ハーン・グアン」の夕食に行くためには、バイクで来た方が都合がいいのだ。

チェンマイ定住差h集いの会での特筆すべき情報
いつも私の独断と偏見で特筆すべき情報を書いていたのだが、今日はこれと言った情報はなかった。

断片的な情報を二点ほど。

1.モチをつくのに必要なモチゴメの品種は「カオニアオ・サンパトーン」33バーツ(1kg当たり)でタニン市場で売られている。

2.プラーニン(ティラピア)の稚魚は1匹1バーツで、チェンダオ各地で売られているようだ。
土地があれば、そこに池を作りティラピアを買うのも面白そうだ。食用にもなるし。

以上、ちょと気になった情報は以上の二点のみ。
この暑さで情報も夏枯れか。

例会は定刻に終わり、それからバイクで「リム・ハーン・グアン」へ行き、魚料理を食べて帰った。




Doi Suthep today, March 16, 2017
連日猛暑が続く。
ただこの時期は気温は高いものの、湿度が低いので体への負担はそうない。

今日はドイステープの標高の高い所へ行ってみた。
地元の人が山に入っているようで、バイクがとめてあった。

いつものように撮影ポイントでチョウが飛んでくるのを待つ。

20170316#01WEB
セセリチョウ科 Tagiades gana
March 16, 2017, Doi Suthep, Chiang Mai
このセセリチョウは激しく飛び回った後、葉の裏にとまる。
どこにとまるか目で追いかけ、とまったら、ゆっくり近づいて撮る。

20170316#02WEB
シジミチョウ科 Ticherra acte
March 16, 2017, Doi Suthep, Chiang Mai
このシジミチョウは逃げないので撮りやすい。

20170316#03WEB
タテハチョウ科 Kallima inachus
March 16, 2017, Doi Suthep, Chiang Mai
目の前の枯葉の上にコノハチョウがとまった。
とまる所を見ていなければ、見逃すところだ。
見事な擬態。

20170316#04WEB
タテハチョウ科 Euthalia lubentina
March 16, 2017, Doi Suthep, Chiang Mai
ちょっと薄暗い所へ飛んできて、しばらくするとまた高速で飛び去った。

ここまで撮って、この場所での撮影を終え下山し別の撮影ポイントへ。

Graphium属が集まって吸水していたのでここでもちょっと撮影。
狙いはGraphium nomius。
20170316#05WEB
アゲハチョウ科 Graphium nomius(左)、Graphium doson(右)
March 16, 2017, Doi Suthep, Chiang Mai

20170316#06WEB
アゲハチョウ科 Graphium nomius
March 16, 2017, Doi Suthep, Chiang Mai

20170316#07WEB

撮影を終え下山するとさすがに暑い。
帰る途中、チェンマイ大学農学部の牛乳売り場で牛乳を買って帰る。
ヨーグルト試作用。
この試作も、一度始めるとなかなかとまらない。

20170316#08WEB
今日の午後4時頃の気温。

これから毎日がこのような暑い日が続く。
暑い日は汗をかいた方が体調がいいように思う。





トマトの買い出し
昨日、ドイステープでムカシカワトンボ科のムカシカワトンボPhiloganga loringae を二年ぶりに撮った。
ドイステープでは非常に珍しいトンボで、撮りに行って撮れるトンボではない。
運に左右されるトンボだ。

そんなトンボが撮れたので、それはそれでいいのだが、トンボやチョウに夢中になっていたので、冷蔵庫の中のトマト、葉物野菜が残り少なくなってきた。

20170315#00WEB
最後のトマトを食べ、トマトがなくなったので、今日はトマトの買い出し。

その前に、ドイステープへ。
昨日、ムカシカワトンボを撮った場所へ再度行ってみた。

ひょっとして今日もと思ったのだが、よくよく考えれば、非常に珍しいトンボやチョウは、めったに姿を見せないから非常に珍しいのだ。
やはり、今日は出てこなかった。

撮影を早めに切り上げ、撮影機材を部屋に置いて、ムアンマイ市場へトマトを買いに行った。

20170315#01WEB
今日もこのトマトが30Bと安かった。
袋の大きさがわかりやすいように、20バーツ札と10バーツコインを置いて撮ってみた。
この後、トマトは重曹を加えた水の中に15分程度入れておいた後、水洗い。

葉物野菜はロイヤルプロジェクトの店「ドイカムショップ」で。
20170315#02WEB
チンゲンサイも大きめの袋に入って25バーツと安かった。

ついでに食パンも買った。
20170315#03WEB
これがPunpkin Bread で、日本のカボチャが15%含まれている。50バーツ。

こんなことをしていると一日がアッと言う間に過ぎていく。





ムカシカワトンボ現る
ドイステープでトンボの珍品に出会った。
この種のトンボは探してからと言って、そう簡単に見つかるものではない。
運に左右されるところが大きい。

昨日、この場所でCoeliccia poungyi やCalicnemia imitans の産卵を見たので、それを撮るために今日またやってきた。
それらを待っている時に飛んできた。

20170314#04WEB
ムカシカワトンボ科 Philoganga loringae ♂
March 14, 2017, Doi Suthep, Chiang Mai

20170314#05WEB
ムカシカワトンボ科 Philoganga loringae ♂
March 14, 2017, Doi Suthep, Chiang Mai

十数秒後、飛び去った。

トンボもチョウも、ドイステープではこのように時々極めて珍しい種類が現れるので、それを求めてせっせと通うのである。





ヨーグルト作り、再トライ。
数日前にヨーグルト作りにトライして失敗した。

20170309#11WEB
牛乳はチェンマイ大学農学部の低温殺菌牛乳で500mlが18B。
ヨーグルトはセブンイレブンで売られていた品、15B。
牛乳とヨーグルトを混ぜ、35~50℃のお湯で8時間程度湯せん。

この組み合わせでは牛乳が十分固まらない。

次に、牛乳は変えずに、ヨーグルトを変えてみた。
20170314#01WEB
日本でもおなじみの品で、セブンイレブンで20Bで売られていた。
これでも十分固まらず、水分の多いムラのあるヨーグルトができた。
初回品に比べ酸味が多い。

さらにヨーグルトを変えてみた。
今回使用したのはこのヨーグルト。
TOPSで14Bで売られていた。
20170314#02WEB
これは成功。
いい感じのヨーグルトができた。

20170314#03WEB
プリン、プリンしたヨーグルトをスプーンですくって湯呑にいれかき混ぜたら実になめらかなヨーグルトとなった。

今回、チェンマイ大学農学部の低温殺菌牛乳と最も相性のいいヨーグルトは三番目のヨーグルトであることがわかった。
だからと言ってどうと言う事はないが、チェンマイ大学農学部の牛乳はうまいので一度は飲んでみた方がいい。

そしてその牛乳でヨーグルトをつくる時は三番目のヨーグルトの使用をお勧めする。
このヨーグルトが一番ヨーグルト菌の活性がいいように思う。





チェンマイ最安値の鉄火巻
ドイステープでの撮影を終えてから、サンティタムの「すし次郎」へ行き、鉄火巻を注文した。
多分、この鉄火巻65Bはチェンマイ最安値だと思う。

それがこれ。
20170313#04WEB

場所はここ。
20170313#05WEB

さすがに、この鉄火巻だけでは腹三分。
腹八分に遠く及ばない。

もうちょっと食べたい時には、次の写真の右側の寿司で85B。
この85Bの寿司もチェンマイ最安値ではないだろうか。

20170224#04WEB

それでも物足りない場合は、写真左の寿司で130B。
これならば満足できる。

寿司だけでなく、味噌汁が欲しいと言う人は「三鳥」へ行けばいい。
寿司、小鉢、アサリの味噌汁、漬物、スイカのデザートがついて130B。
寿司はちょっと小ぶりだが、ここもなかなかいい。

この時期はトンボ、チョウの撮影で忙しいので、新しい店の開拓ができていないが、時間を見つけて新しい店を開拓したい。





イトトンボの産卵シーズン
今日も午前10時からドイステープへ出かけたが、今日はトンボの撮影。
このところチョウの撮影だけだったので、トンボの観察もしておかないといけない。

20170313#01WEB
モノサシトンボ科 Coeliccia poungyi
March 13, 2017, Doi Suthep, Chiang Mai

20170313#02WEB
モノサシトンボ科 Calicnemia imitans
March 13, 2017, Doi Suthep, Chiang Mai
このイトトンボの連結産卵は初めて撮ったように思う。

20170313#03WEB
モノサシトンボ科 Calicnemia miles
March 13, 2017, Doi Suthep, Chiang Mai
羽化して間もない♀。
成熟すると腹部は赤くなる。
水で湿った岩場でよく見られる。

丁度、今が産卵のシーズンのようだ。





知人ファミリーと昼食
日曜日はドイステープでの撮影は中止。

朝食はいつものパターン。
20170312#01WEB
食パンは調達したのだが、今度はスライスハムがなくなっていた。
ドラゴンフルーツもパイナップルもきれてしまった。

今日もまたちょっと物足りない朝食となったが、それを昼食で補った。

知人ファミリーと昼食をした。

20170312#02WEB
行った先はエアポートプラザ内のShabushi Buffet。

鍋がメインだが、ちょっとした寿司もある。
暑い時に熱いものはどうかと思ったが、まあまあいけた。

食事が終わってから、知人の息子君の希望でイヌ、ネコなどの動物を集めたイベントがあるようなので行ってみた。
イヌ、ネコのほか、ミーアキャット、プレイリードッグ、ベタ(闘魚)、ヘビ、リクガメ、鳥、ヤマアラシなどなど。

私が興味があったのはヤマアラシ。
20170312#03WEB
これはそのトゲ。
表面は実になめらかな鋭いトゲだ。

そばにいたのはこれ。
ネズミの親分のような顔をしているが、これもヤマアラシ。
先天的に色素が欠乏したアルビノだ。目が赤いのが特徴的。
パッとしないが、非常に珍しい個体だ。
20170312#04WEB
アルビノは自然界では目立ちやすいので、天敵から襲われやすい。
なので、自然界で生き延びるのは非常に難しいと言われている。

たまにはこんな小動物を見て過ごすのもいい。



食パンのない朝食
時々あるのだが、朝食用の食パンを買うのを忘れていた。
なので、今朝は食パンなしの朝食。

20170311#08WEB
失敗作のヨーグルトにハチミツを少々、それにバナナとトマト。

暑くて食欲が落ちても、このような朝食はすんなりと腹におさまる。
さすがにこれではちょっと物足りないが、飽食の状態より多少すきっ腹の方がいい。

昼食はセブンイレブンで買った冷凍チャーハン。
20170311#09WEB
解凍したチャーハンにパクチーとトマトを添えた。
セブンイレブンのチャーハンはお気に入り。
米粒がパラパラしており、食感がいい。

ロイヤルプロジェクトの店「ドイカムショップ」で朝食用の食パンを調達。

今日買ったのは緑色をした食パン。
ここでは4種類の食パンが日替わりで売られている。
この緑色は食パンに21%含まれるホウレンソウによる。
20170311#10WEB

この食パン、すでに何回も食べているが味は他の食パンと変わらない。




Doi Suthep today, March 11, 2017
土曜日だが、ドイステープへ行ってみた。
日ごとに暑くなっていくチェンマイ、今日もかなり暑い。
これだけ暑いならば、人は少ないのではないかと予想して出かけたのだが、やっぱり人は多かった。

人の少ない場所で水撒きをして待つ。

この時期の常連さん。
20170311#01WEB
アゲハチョウ科 Graphium nomius
March 11, 2017, Doi Suthep, Chiang Mai
ここに飛んでくるGraphium属の中では数は少ない。

20170311#02WEB
アゲハチョウ科 カバシタアゲハ Papilio agestor
March 11, 2017, Doi Suthep, Chiang Mai

20170311#03WEB
アゲハチョウ科 カバシタアゲハ Papilio agestor
March 11, 2017, Doi Suthep, Chiang Mai

20170311#04WEB
アゲハチョウ科 オナガタイマイ Graphium antiphates
March 11, 2017, Doi Suthep, Chiang Mai

20170311#05WEB
タテハチョウ科 Polyura nepenthes
March 11, 2017, Doi Suthep, Chiang Mai
このチョウも数は多くはないが、時々こうして出てくる。

20170311#06WEB
タテハチョウ科 Polyura delphis
March 11, 2017, Doi Suthep, Chiang Mai
このチョウはいつ出てくるのか全く予想がつかない。

20170311#07WEB
タテハチョウ科 Polyura delphis
March 11, 2017, Doi Suthep, Chiang Mai
見たのは今年2回目。


今日は土曜日なので人が多く、チョウはあまり期待はしていなかったが、Polyura nepenthes、Polyura delphis が撮れたので満足。





Copyright © 2017 清邁極楽蜻蛉 Odonata in Thailand. all rights reserved.