主にチェンマイのトンボとチョウ、それにチェンマイの日常の写真
撮影旅行前日
明日から来月15日まで、大阪のトンボ仲間とベトナムへトンボの撮影にでかける。

昨年はベトナムで10万ドン(日本円で500円ほど)でデータ通信のみのフリーSIMを買った。
このSIMカードを交換すれば、データ通信のみだが一ヶ月間ほど使える。
データ通信のみなので、インターネットはできるが通常の通話はできない。

日本やチェンマイの仲間を連絡をとるには、これで十分だ。
さて、今年も同じようなフリーSIMが販売されているかどうか。

これでもわかるように、ベトナムでは、SIMフリーのスマホを持ち込めば、安い値段でいつでもどこでもインターネットが使えるようになる。
タイで使っている携帯電話を持ち込み、ベトナムで買ったSIMカードに差し代えればその場で通話ができる。
このように非常に便利だが、日本の携帯電話、スマホ事情はちょっと複雑だ。

さて、ベトナムでの撮影旅行だが、6月1日に北ベトナムのハノイ・ノイバイ空港で大阪のトンボ仲間、それにベトナムのガイド、運転手さんと合流し、撮影旅行に出発する。

昨年からスマホをトンボ撮影時に持っていっており、これで環境写真を撮るようになった。
撮った写真にはその場所の緯度、経度、標高がExifデータとして写真に埋め込まれ、記録されるので、後で写真をまとめる時に非常に役立つ。

今日、虫除けスプレーを新たに購入した。
カとヒル、ブヨに有効らしい。
20170531#01WEB

それと日常的にはまず食べないケープ・ムー(油でカリカリに揚げた豚の皮)を買った。
日常的に食べないのはまずいからではなくて、高コレステロール食だから。

ベトナムで撮影旅行に出発すると朝食は毎食フォーと言う米粉の麺。
私は雑食性で同じ料理を続けて食べるのは問題ない方なのだが、さすがに二週間あまり毎日米粉の麺では物足りなくなるので、その時のために用意しておいた。

麺以外に何かないのか。
サンドウィッチがあるのだが、かつてトンボ仲間がこれを食べ激しい下痢に襲われたので、それ以降、食べるものは火を通したものに限定して、行き着く先は麺。

ベトナムにもこのケープ・ムーと同じようなものがあるらしいので、みんなで食べればいい。
さて、今回の撮影旅行、どうなることやら。





スポンサーサイト
久しぶりに「すし次郎」の寿司
冷蔵庫の中の葉物野菜は鮮度が落ちやすいので、早めに食べなければならない。
今日もパクチーたっぷりの朝食。

ここ数ヶ月、このような朝食を続けているが、体調はいいようだ。
20170530#01WEB
ただ、食物による健康効果は短期間ではわからないので、半年、一年と続けながら効果をみたい。

昼食は久しぶりに「すし次郎」へ行った。
20170530#02WEB
ここの寿司、この値段でこの寿司ならば十分満足。

寿司には満足したのでよかったが、ここに来るまでに雨で濡れてしまった。

バイクで出発した時には雨は降ってなかったのだが、街中の交通量が増えたあたりから雨、これが一番困る。
路肩にバイクを停めて雨具をつける余裕もなく、雨に降られながらすし次郎に。
すし次郎に着いたら雨はあがると言う不運。

食後、雨の降る気配はまったくなく、日差しが強く暑いぐらいなので、そのまま帰ったら、途中でまた雨にあった。
どうも今日は雨に好かれてしまったようだ。






焼きサバ
夕方、近くのトンパヨム市場へ行ったら、焼きサバを売っていた。
一匹50バーツ。

これが今晩のおかずとなった。
20170529#01WEB
大阪から持ち帰った長いも、これが最後。
今までは摩り下ろして食べ、最後はこんな感じに切った。
シャリシャリした食感がなかなかいい。

冷奴に振りかけてあるのは、これまた大阪から持ち帰ったかつおの削り節。

納豆にはネギをたっぷり。

ご飯はトンパヨム市場で買った赤米。
うまさから言えばカオニアオ(もち米)の方がうまいが、おかず、ご飯とも健康を意識した組み合わせ。

歳も歳だし、日ごろから健康に留意するのは必要だろう。





チェンマイのお食事処「おかあさん」
カムティアンのTESCO LOTUSへ行き、飴を6袋ほど買った。
この飴は自分で食べるためのものではない。

今週の木曜日からベトナムへトンボの撮影に行く。
その時に、行く先々の宿泊施設の子供や山岳民族の子供たちに分け与えるためだ。

買物を終えたら、昼食は「ロット・ディー」の餃子の昼食。
20170528#01WEB
これも私の定番の昼食。

もちろん、餃子以外の料理もある。
それがこれ。
20170528#02WEB
左から三番目、「oxail soup」とあるが誤植で「ox tail soup」のことで、テールスープ、牛の尻尾のスープだ。
二回ほど食べた。

牛の尻尾まで食べなくてもと思っていたが、実際食べてみるとトロトロでかなりうまかった。

デスクトップパソコンのハードディスクドライブ(HDD)に問題があり修理にだしていたが、症状がかなり重そうなので通訳を頼んだ知人を通じていろいろ修理屋さんに聞いてもらった。HDDのバックアップのために外付けHDDが必要とのこと。

そのため、容量2TBの外付けHDDを買った、2800バーツ。
メーカーは最近新聞で名前を見かけるようになった東芝の半導体子会社「東芝メモリ」の協業先、米ウエスタンデジタル(WD)社製。

HDD年々価格は安くなり小型化している。
修理屋さんで外付けHDDにバックアップをとり、本格的な修理にかかるらしい。

夕食は知人ファミリーと一緒。
行った先はラチャパット大学の学生さんに人気らしいこの店。

20170528#03WEB
「おかあさん」の暖簾がかかっている。

ここだけ見ると、店内にはサバの煮付け、サンマの塩焼き、トロロ、冷奴、アサリ汁などがありそうだが、まったく違った。

注文したのは海鮮丼。
20170528#04WEB
酢飯でサケとサバの切り身はうまかった。エビにカニカマは普通。マグロは見た目、味もいまいち。
10日ほど前に大阪で新鮮なマグロを食べているので、どうしてもそれとの比較となりちょっとかわいそう。

この店はタイ版「料理の鉄人」の番組に出演したことがあるらしい。
それを聞くと、もうちょっとマグロの品質に気を使って欲しいと思う。

20170528#05WEB
知人ファミリー。照明の影になってしまった。

20170528#06WEB
場所はここ。
この広域地図ではちょっとわかりにくいか。






知人ファミリーと韓国料理
知人ファミリーとメーリム・ミーチョクプラザにある韓国料理の店へ行った。

チェンマイで韓国料理は食べたことがないので、楽しみにしていったのだが、十分楽しめた。
20170527#01WEB
いつもならばここに彼の息子君もいるはずなのだが、今日はいない。
彼は幼稚園に行っているのだ。

20170527#02WEB
それぞれ食べたい品を注文したらテーブルの上はいっぱいになった。
キムチを主体とした野菜料理。

20170527#03WEB
私は名前を知っている数少ない韓国料理の中から無難なところで石焼ビビンバを注文した。
けっこうボリュームがありうまかった。キムチもうまい。
野菜が多いのがいい。

Facebook20170527#4
場所はここ。
午後1時前に入ったらお客さんは多かった。
この店はおすすめ。






そうめん、ひやむぎ、うどん、きしめん
今日の昼食は久しぶりに小麦粉の麺類、バミーを食べた。

チェンマイにある麺類には、この他に、米粉の麺のクイティアオがあり、麺の太さにより、非常に細いセンミー、細いセンレック、幅広のセンヤイの三種類がある。

インターネットニュースを見ていたら、面白い記事が載っていた。
日本にも何種類かの米粉の麺がある。
そうめん、ひやむぎ、うどん、きしめんだが、これらの麺は何が違うのだろうか。
正解は、麺の直径が違う。

そうめん:直径1.3mm未満
ひやむぎ:直径1.3mm以上 1.7mm未満
うどん:直径1.7mm以上
きしめん:幅4.5mm以上(厚さmm未満)
となっている。

私にはそうめんとひやむぎ、直径が変わったぐらいでは味の区別はつかないが、ここらの規定がいかにも日本らしい。
まあしかし、これを知ったからと言ってどうということはないが、ちょっと面白そうだったので記してみた。






天気が悪いと部屋の中
一日おきに天気が良かったり悪かったり。
今日の天気では、ドイステープへ撮影に行く気にはなれない。

今朝の朝食
20170526#01WEB
パクチーは水洗した後、可食部を切り取って密閉容器で冷蔵庫に保存しているのだが、4、5日が保存限界。
それまでにせっせと食べる。

朝食後、コーヒー豆を炒った。
いつものようにフライパンに生の豆を入れ、かき混ぜながら弱火で25分ほど。
生のコーヒー豆を買い出してから、定期的に豆を炒る作業が増えたが、驚くほど安い値段でコーヒーが飲めるようになった。

日本に一時帰国する前に、大阪のトンボ撮影仲間に一人用コーヒーサイフォンの購入依頼をしておいたら、Amazonの通販で買っておいてくれた。
それがこれ。
20170526#04WEB
十数年前に買った一人用のサイフォンをチェンマイで使っているが、このサイフォン、過去に一度製造中止になったことがあるので、その対策とお気に入りなので予備に買っておいた。

生のコーヒー豆はチェンマイで調達できるので安心してコーヒーが飲める。

今までチェンマイの甘い3in1のインスタントコーヒーを飲んでいたのだが、こちらのコーヒーを飲み始めてから、糖分の摂取量が大幅に減ってきた。

昼食は近くのタイ料理屋さんへ。
ちょっと歩いただけで汗が出る。

20170526#02WEB
注文したのはバミーと言う小麦の麺。
クイティアオと言う米粉の麺もあるが、バミーが好み。

夕食のおかずはこんな感じ。
20170526#03WEB
このようなおかずは毎日でも飽きない。

シシャモはいつもながら焼くのを失敗。これはフライパンのテフロンが部分的に傷ついており、オリーブオイルをひいてもひっつくため。
見た目は悪いが味は言うことなし。

日本から持ち帰った長いもも残り一回分。






ムアンマイ市場のトマト
今日の朝食。
20170525#01WEB
昨日、モヤシを買ったのでオリーブオイルで炒めてみた。
チェンマイの日常と言えば、パクチー。
そこでパクチーも添えてみた。
食パンは見た目の色合いはいまいちだが、ドイカムショップのSPINACH BREAD,食パンの中にホウレンソウが21%含まれている。

昨日と違って、今日の天気は良い。
ただこの時期、いつ雨が降るかわからない。

午後からムアンマイ市場へトマトを買いに行った。
ピンポン玉より一回り大きいトマトが12個で15バーツと安い。
20170525#02WEB
買ったトマトは数分、重曹を溶かした水に漬けておき、その後水洗いした。

この後、日本円をタイバーツに両替。
両替したのはおなじみのS.K.MONEY CHANGER。
今日の両替レートは1万円が3051バーツ。

バイクでの移動だが汗びっしょり。
このチェンマイの暑さに体が慣れるまでが大変だ。

夕方に雨が降ったが、気温は下がることなく蒸し暑い。



チェンマイの日常、まずは食事から
チェンマイの日常が始まった。

まずは朝食。
この朝食も久しぶりだ。
20170524#01WEB
葉物野菜、トマト、トウモロコシ、ソムオー(ザボン)それにタマゴは昨日買った。
これにトーストと食後にコーヒー。


荷物の整理をしたいのだが非常に蒸し暑い。
ちょっと体を動かすと汗がでるので、荷物の整理は後回し。

しばらくして激しい雨が降ってきた。
20170524#02WEB
さらなる買物にでかけたいのだが、この雨ではどうしようもない。

その雨が昼過ぎにはあがったので、バイクで買物。
TESCO LOTUS、リンピンスーパー・ナワラット店、トンパヨム市場を回って、食材調達。
20170524#03WEB
これはリンピンスーパー・ナワラット店にあったシシャモ。
うまそうなので買った。

今日の夕食はこれ。
20170524#04WEB
豆腐に添えてあるかつおの削り節、長いもが今回、日本から買ってきたもの。
日本の味噌はあるのだが、今日の味噌汁はインスタント。

日本を出国する時に、長いもと味噌はタイに持ち込めるのかちょっと不安だったが、スーツケースの中に入れておいたが、何の問題もなかった。
日本で買う味噌の価格はチェンマイで販売されている味噌の半額。
半値とは言え、味噌は重いのでチェンマイまで持って帰るのはちょっとためらう。

長いもは今までチェンマイで一度しか買ったことがないので、正確な価格比較はできない。
ただこれは日本から持ってきて正解だった。実にうまい。次回も持ってこようと思う。





チェンマイの日常への準備
今日の朝食はトウモロコシ2本。
近くのドイカムショップへ野菜を買いに行ったら、売っていたのでついでに買った。

20170523#01WEB
朝食を作る準備がまだできていないので、これが朝食代わり。
やわらかくてうまかった。
最近、食べるものすべてがうまいように思う。これだから注意しないと体重がじわりじわりと増えてくる。

昨日、タイに再入国したので、昼前にバイクでプロメナーダのイミグレへ行きTM30の届けをした。
TM30の届出受付は2Fで行うと勘違いをしていたが3Fだった。
手続きは5分もかからず終了。

帰りにKad Suan Kaew のTOPSで買物をして帰る。
体がチェンマイの暑さにまだ慣れていないので室内で休憩。

チェンマイの午後4時の気温。
20170523#02WEB

隣の部屋の窓を開け、外気に手をさらすと、ちょうど風呂のお湯をかき混ぜているような感覚。
それだけ暑いと言うより熱い。
こんな時は室内にいても熱中症に注意しなければならない。




大阪から香港経由でチェンマイへ
10日間の一時帰国を終え、香港経由でチェンマイへ。

関西空港でフリーSIMのレンタルがないか調べて見たらあった。
7日間2700円、15日間3780円。午前7時から営業しているという。

通話はできずデータ通信のみだが、これは使えそうだ。

チェンマイでポータブルWiFiをレンタルする方法とこの方法、人数によって選択すればよい。
次回帰国時には、使ってみよう。

大阪は実にいい天気。
20170522#01WEB
スマホでチェンマイの天気予報を見てぞっとした。
そのチェンマイへこれから旅立つのだ。

これは変換プラグ。
20170522#02WEB
香港の空港待合室にも、香港から大阪への機内座席にもこのプラグがある。
この変換プラグを持って行けば、空港でも機内でもスマホなどの充電ができる。

チェンマイから香港経由で一時帰国する人で、スマホなどの充電がしたい人は、この形状の変換プラグを持って行った方がいい。

チェンマイ空港に着いたら、国際線出口の左側にある小部屋で初めて現金の持ち込み申告をした。
こうして申告しておけば、その金額内のお金は自由にタイ国外へ持ち出しできる。
申告書(控え)は大切に保存しておかなければならない。

空港から外に出ると、肌にまとわりつくような湿度をたっぷりと含んだ温風の熱烈歓迎を受けた。
一応、「ただいま」とは言っておいたが、本音は熱烈歓迎は受けたくはない。

明日からまたチェンマイの日常が始まる。




チェンマイへの土産
チェンマイへの土産が昨年から様変わりしてきた。

それまでは、小倉山荘のおかき「をぐら山春秋」が日持ちするし、見てきれいなので土産にしていたのだが、どうも実用的な土産がより好まれるようなので、去年から代えてみた。

天神橋筋商店街でお食事処を探している時に見つけたのが、このスーパー。
20170521#02WEB
ありとあらゆる品が置いてある。

これらの品を複数個買った。
20170521#03WEB
この中で長いもは自分用。
スーパー年内を歩き回っていたら目に付いた。

乾物はともかく、長いもは没収されるような気もするし味噌は微妙。
味噌はチェンマイでも入手できるので、ここまですることもなかったか。
ただ、長いもはチェンマイのスーパーで一度だけ見たことがあるだけの超珍品なので今回トライしてみる。





小籠包食べられず
今日の昼食は天神橋筋商店街の上海食苑へ小籠包を食べに行った。

20170517#08WEB
店内でメニューを見ると、小籠包の単品メニューはなく、小籠包定食(小籠包、ご飯、ラーメンなどのセットメニュー)しかなかったのでそれを注文した。

ところが、小籠包がないと言う。
「それはないだろう」と心の中で叫んだものの、ここでない理由を聞いてもどうしようもないので、他のメニュー、青椒肉絲(チンジャオロース)定食を注文した。

それがこれ。
20170521#01WEB
小籠包が食べられなかったのは残念だが、チンジャオロースもなかなかのもの。
この定食のご飯のうまさは格別。

20170521#04WEB
小籠包がたべられなかったので、その食べ方だけ撮った。





撮影旅行の打ち合わせ
日本への一時帰国も余すところあと一日。
今夕、来月から北ベトナムへトンボ撮影旅行へ行く大阪のトンボ仲間と旅行の打ち合わせを行った。

20170520#05WEB
大阪に帰ると毎回食事をしながらトンボ談義をするのがいつものパターン。
いつもながらの至福の時を過ごした。

20170520#06WEB
日本へ一時帰国して、「食いだおれの大阪」で魚介類をたらふく食べた。
今日は食べ残しのカキを食べた。

私にとってこの10日間は贅沢三昧。
まあ、このような生活は日本へ一時帰国した時のみだ。
このような生活はしょっちゅうあるわけではないので、楽しみが倍増する。

大阪にいるのもあと一日。
明日はその最後の一日を楽しみたい。




まぐろの目玉の煮付け狙いだったが
今日の昼食は昨日下調べをしておいた阪急東通商店街のまぐろセンターへ。
狙いはまぐろ丼と目玉の煮付け。

魚の目玉を食べることに抵抗のある人もいるようだが、海の近くで生まれ育った者にとって、魚の目玉は普通に食べる食材。
ましてや、まぐろの成魚の目玉などはそう簡単に食べられるものではない。

ちょっと期待していったのだが、店の前に来てがっくり。
営業時間は15:00から。
20170520#01WEB
15:00まで待つわけにもいかず、目玉の煮付けは次回の帰国日に食べることにした。

となると、昼食をどこでするかだが、こんな時に下調べが役立つ。
行った先は魚心。
20170520#02WEB

お昼のお値打ち定食を見てみると
20170520#03WEB
この中の満腹定食を注文してみた。

茶碗蒸し、赤だしがついて、税込み850円。
20170520#04WEB
「お昼のお値打ち定食」の看板に偽りなし。

この店はおすすめ。






農家さんのお昼ごはん
今日の大阪の天気は快晴。
実に爽快。
20170519#06WEB
気温は27℃、湿度32%。
歩いても汗ばむことのない快適さ。

参考までにチェンマイの気温と湿度を調べてみた。
20170519#07WEB
気温29℃、湿度61%。
湿度が高い分、ちょっと歩けば汗びっしょりになるのではなかろうか。


大阪・梅田に用事があったので、また歩いて梅田まで。
途中にある気になるお店で昼食。
それがここ、農家さんのお昼ごはん。
20170519#03WEB

20170519#10WEB
店内はこんな雰囲気。

20170519#04WEB
注文したのは、近江野菜おばんざい日替わり御膳。
野菜が多くなかなかいい。

場所はここ。
20170519#05WEB

梅田での用事を終え、地下街を通って帰る途中にあったのが、この店。
大起水産 回転寿司 ホワイティ梅田店。
20170519#01WEB

20170519#02WEB
店頭にお持ち帰り用の寿司が並べてある。
手ごろな値段だ。

ホテルまで距離があるので、持ち帰りと言うわけにはいかないが、いつかは店内で食べてみたい。

夕食はいつものように天神橋筋商店街にある cook deli GOZENへ。
20170519#08WEB
ご飯84円/100g、惣菜180円/100g、55種類ほどの惣菜がどれでもこの値段。

夕食を買っての帰り、同じ商店街で柏餅と桜餅。
20170519#09WEB
これもまた懐かしい味。





今日も食べ歩き
宿泊しているホテルは朝食付きだ。

惣菜は野菜がメインで、これはこれでなかなかいいのだが、これにたんぱく源があればさらにいいと思っていたら、今朝は焼き塩サバの切り身が一切れついていた。

20170518#01WEB
以前に卵焼きがついていたことはあったが、焼き塩サバは初めてだった。

午前10時過ぎから。
また歩いて梅田へ。
20170518#02WEB
昼食はまた阪急三番街の土佐料理「司」で、今日注文したのは「司定食」。
かつをのたたきとサバの味噌煮がついていた。

昼食を食べ終わってから、ニコンプラザへ。

ここで、タイではカメラやレンズの修理はどこでするのかを聞いておいた。
日本の場合は東京のみ、以前は大阪でもやっていたようだが、最近大阪は手薄になってきている。

チェンマイでロングステイをしておれば、今後カメラやレンズの修理することがあるだろうし、さしあたって今日本に持って帰ったレンズの修理をタイで行いたい。
タイでの修理先を教えてもらったので、チェンマイに戻ったら一度連絡をとってみよう。


その後、また阪急東通り商店街をぶらり。
一度ぶらついているので、見落とした食事処をチェックした。

まずはまぐろセンター。
20170518#03WEB

20170518#04WEB
まぐろ丼、かま焼き、目玉の煮付けなど食べてみたいメニューが見える。

20170518#05WEB
回転すしは手軽に寿司が食べられるのでいい。

20170518#06WEB

20170518#07WEB
ここの寿司もうまそうだ。
どでかいネタが見える、アナゴかな。

ホテルへ帰る途中、阪急東中通商店街の文字が目に飛び込んだ。
ここもちょっと調べておかなければならない。
20170518#08WEB

20170518#09WEB

20170518#10WEB
まぐろ料理の中のトロロたっぷりの山かけ、汁もんではあさり汁やアラ汁、飯もんでは貝めし、シラスイクラ丼、まぐろ山かけ丼などうまそうなメニューが並んでいる。

20170518#11WEB
回転すしやさんがまたあった。

だいたい、食べてみたい場所の調べはついたので、そのままホテルへ。
夕食はいつものように、天神橋筋商店街へ。

20170518#12WEB
お造り8種で1078円を素通りして、cook deli GOZEN へ。

20170518#13WEB
今日の惣菜は8種類選んだ。

店内にある惣菜の数は55種あまり。
この中から自分の好みの食材をいろいろ組み合わせて選ぶのが面白いし、食べてうまい。

このところ、阪急東商店街まで食べ歩きの範囲を広げているが、まず天神橋筋商店街を攻略した方がいいのかも知れない。






ニコンのカメラをタイで修理するには
今日もまた歩いて梅田まで。 

日本でニコンの交換レンズ AF-S マイクロニッコール200mmの修理依頼すると、2週間かかると言われた。
10日ほどでチェンマイに戻るので、時間がない。

タイで修理する方法はないのか、NIKON PLAZA OSAKA へ聞きに行った。

20170518#15WEB

20170518#16WEB

ニコンのようなグローバル企業のアフターサービスは完璧かと思っていたら、それがそうでもない。
ホームページに掲載されていると言う説明だったので、そのページを見せてもらったらノートパソコンのモニターに映し出されているのはタイ語のページ。

対応してくれた人は、自分が顧客でこのような説明をされて満足するのだろうか。
悪く言いたくはないが、昨今のニコンのアフターサービス低下は著しい。
かつてのニコンの復活を強く望む。

英語表記のページはないかとしつこく聞いて、やっと教えてもらった。

タイでのカメラ、レンズの修理は
NIKON SALES (THAILAND) CO.,LTD.
195 Empire Tower, River Wing East, South Sathorn Road, Yannawa Sub-district, Sathorn District, Bangkok 10120, Thailand
TEL.0-2633-5100
で受け付けていると説明があった。

チェンマイに戻ったら電話で確認した方がいいようだ。




同窓会
久しく会っていない大学時代の同窓生から、メールをもらったのは日本に帰国する前のこと。
大阪で会う約束をして、今日がその日。

JR北新地駅で待ち合わせて飲み屋さんへ。
集まったのは私を含めて5人。

その内の一人は現役時代に仕事を通じて何回かは会ったことはあるが、それ以外の人とは44年ぶりだ。
44年ぶりだが、その頃の面影はある。

20170517#16WEB

20170517#17WEB
この中の一人が、奈良にいる私のトンボ撮影仲間と高校時代同級生だった。
世間は広いようで狭いのを実感する。

京都で繊維関係の仕事をしているO君が珍しいものを見せてくれた。
それがこれ。
20170517#18WEB

これを見て「ああ、それね」と言う人はかなりの粋な人。
正解は祇園の芸妓さんの名刺。

格式の高い祇園のお茶屋さんは一見さんはお断りで、誰かの紹介がないと座敷にあがれない。
彼は仕事で何回か祇園のお茶屋さんに行って名刺をもらったようだ。

このような名刺は一生に一度見られるかどうかと言う代物。

まあしかし、見たからと言ってどうってことはないし、見なくてもどうなると言うものでもない。
ちょっと珍しいのでブログに掲載した。


天神橋筋商店街ブラリ探索
昼食は南森町界隈の食事処で。

行った先はここ。
20170517#01WEB
このような食堂はいろいろなおかずを選べるのでいい。

20170517#02WEB
うまそうなおかずを選んだが、ちょっと多過ぎた。
レバニラの代わりに、酢の物の小鉢を選べばよかったとは後の祭り。
とかなんとか言いながら完食。

場所はここ。
20170517#03WEB

食後、天神橋筋商店街をスマホ片手にブラついた。
20170517#04WEB
まずは「餃子の王将」。
ここの餃子も食べたいのだが、なかなか順番が回ってこない。

20170517#05WEB
お食事処ではないが、関西弁の一例。
面白そうなので撮ってみた。

20170517#06WEB
この店は天神橋筋商店街の中に二軒あるようだ。

20170517#07WEB
この鯖寿司もうまそうだ。

20170517#08WEB
「上海食苑」は大阪市内に何軒かある。
大阪にいる頃、上海食苑によくに小籠包を食べに行ったものだ。

20170517#09WEB
昨年の7月に、この店で撮影用にベストを二枚買った。
チェンマイで使っているが、なかなか着心地がいい。

20170517#10WEB
この店が私がはまっている「cook deli GOZEN」。

これは商店街にあったスーパー。
20170517#11WEB
ここでチェンマイ用の土産、と言ってもインスタントラーメンであったり、かつおの削り節だったり。
最近、私の周りではお菓子などよりこのような日用食料品が好まれる傾向にあるようだ。

チェンマイに戻る前ここで買出しをしなければならない。

日本一長い商店街として有名な天神橋筋商店街、長いだけに実に多くの店がある。
20170517#12WEB

20170517#13WEB
どれを見てもうまそうだ。

20170517#14WEB
この店も一度は入ってみたい雰囲気がある。

20170517#15WEB
今日も包丁をみた。
18200円の値札がついている高級包丁だ。




チェンマイのスマホを日本で使うには
チェンマイで使っているスマホをそのまま日本に持ち込んだ。
国際ローミングサービスを使えば、日本でも使えるようだが通話料がかなり高く、日常的には使えない。

インターネットだけは、ホテル内などWiFiが使える場所では可能だ。
なので、LINE仲間とは通話可能でメール交換も可能だ。

チェンマイで買ったスマホで常時インターネットを日本で使うにはどうしたらよいのであろうか。
チェンマイでポータブルWiFi装置をレンタルする方法がある。
費用は10日間で6000円ほどで個人で使用するにはちょっと高いが、一台レンタルすれば数人使用できるので、数人で利用するのには便利だ。

日本ではポータブルWiFi装置のレンタルはないのか。
どうも、日本ではポータブルWiFi装置をレンタルはしていないようだが、関西空港で日本で使えるSIMカードを販売していた。
ただ私が関空についたのは午前6時半ごろと早朝だったので、販売店はまだ営業していなかった。
費用がどの程度かは不明。

【追記】
関西空港のフリーSIM売り場が一階にあった。
営業は午前7時から。

フリーSIMの値段
7日間使用可能:2700円
15日間使用可能:3780円
SIMフリーのスマホを日本に持ち込んだら、ここで滞在日数に応じたSIMカードを購入し、差し替えればインターネットが自由に使える。
ただし通常の通話はできないが、LINE(ライン)のような無料通話・メールアプリがお互いのスマホにインストールしてあれば、それを利用して通話ができる。

このフリーSIM、大阪梅田の家電量販店でも売っていたが、正確な販売価格は覚えていない。
次回、日本帰国時に調べることにする。



ソフトバンクのサービスショップで聞いてみたら、何かいい情報を得られるのではないか。
ここでは、二年契約をする必要があり、実際問題として使えない。

後は日本のフリーWiFiスポットを探すことだ。
5月19日にチェンマイのYMCAホテルでチェンマイ定住者集いの会が開催され、そこで日本へ一時帰国した際の役立つ情報について話し合われる。
残念ながら私は出席できないが、どのような有用な報告がなされるのか興味深い。


日本の街中で自由にWiFiが使えれば、スマホのアプリをナビ代わりに使ったり、近くのおいしい海鮮料理屋さんを探すことができるのでかなり便利だ。

こうしてみると、チェンマイやタイ近隣諸国に比べると日本でのSIMフリーのスマホや携帯電話の使い勝手は非常に悪い。

日本でSIMフリーのスマホ(携帯電話)が入手できれば、チェンマイに来たらセブンイレブンなどでパスポートを提示してSIMカードを購入し滞在期間に応じた金額をチャージし差し替えればすぐに使えるのにね。



大阪で行ってみたい店
梅田阪急かっぱ横丁の「ととや」で昼食をした後、阪急東通り商店街へ。

かっぱ横丁にあったグルメカリー「ピッコロ」。
20170516#06WEB
ここのカレーも食べてみなければならないが、今日は素通り。

阪急東通商店街に興味深い店があった。
それがこれ。
20170516#07WEB
今日は定休日のようだったが、ここでは一度は食事をしなければならない。
翌日も行ってみたが、どうも営業は夜だけのようだ。

さすが「食いだおれ」の大阪だけあって、実に多くの魚料理の店がある。
20170516#08WEB

一通り見て回って、そこからまた歩いてホテルへ。
その途中にあったのがこの店。
20170516#09WEB
ここも一度は行ってみたい店だ。

ここにも魚料理の店。
20170516#10WEB




ホテルでしばらく休憩してから、天神橋筋商店街で夕食。
行った先は「地魚屋台 とっつあん」。
20170516#11WEB
ご飯(中)、アラ汁、マグロ中落ち、鯛アラ炊き。
昨日食べたマグロの鮮度、味が良すぎたため、今日のマグロはいまいちのようだが、味は普通。
アラ汁、鯛のアラ炊きは実にうまい。

日本に帰ったらこれも食べてみなくては。
20170516#12WEB

大阪の街を歩いてみると、次から次へと興味深い店がみつかる。
興味深いのは食事処だけなのだが。






Before After
ホテル内で見たGoogle Mapを頭の中にたたきこみ、今日は別ルートで歩いて梅田まで。

チェンマイで買ったスマホを持ってきているので、ホテル内などWiFiのある場所では自由にインターネットが使える。
インターネットが使えると、スマホ内のアプリをナビ代わりに使えば、今回のように別ルートで歩いて梅田へ行く場合でも、道に迷う心配がない。

チェンマイで買ったスマホは SIMフリーなので、昨年ベトナムへ行った時は、ベトナムでSIMカードでどこでも自由にインターネットができた。

今回は道を尋ねながら梅田まで歩いて行ったが、日本のSIMカードに交換できるかどうかは調べておいた方がいい。

今日の昼食は梅田阪急かっぱ横丁にあるこの店。
20170516#01WEB
「ととや」だ。
この店も大阪にいる頃見つけた店で、ちょっと昼食をとるにはいい店だ。
20170516#02WEB

お昼の献立の中から注文したのは「ほっけの開き定食」
20170516#03WEB

これが食べる前。
20170516#04WEB

これが食べた後。
20170516#05WEB
完食。
ごちそうさまでした。





一時帰国中のトンボの撮影
今日で二回目なのだが、日本へ一時帰国中にトンボの撮影に行った。

トンボ写真仲間の堺市のY氏が案内してくれた。
私のカメラレンズは使えないので、カメラレンズ、長靴など撮影に必要な備品はY氏が貸してくれると言う。

待ち合わせ場所は阪急電車・川西能勢口駅、午前7時、行き先は兵庫県三田市。

20170515#01WEB
ヨツボシトンボ

20170515#02WEB
フタスジサナエ

20170515#03WEB
ニホンカワトンボ

20170515#04WEB
卵塊をつけたトラフトンボを撮っているY氏。

この昼食はおいしかった。
20170515#05WEB
この店の所在地は兵庫県三田市木器。
木器と書いてこうづきと読む。
大阪にいた頃、7月になると毎週ここまでオナガサナエの産卵を撮りに来ていた懐かしい場所だ。

懐かしい場所でトンボの撮影をした後の魚料理のうまさは格別。
私にとって最高の贅沢だ。





大阪・天神橋筋商店街食べ歩き・地魚屋台 とぅつあん
昼前にスマホの充電器を買うために梅田の家電量販店へ。
チェンマイでの生活ではスマホの充電器を使うことはほとんどないが、6月の北ベトナム撮影行では車移動が多いのでスマホ充電器はあった方が便利だ。

ついでにユニクロを覗いてみた。
チェンマイにもユニクロはある。
正確な比較をしたわけではないが、感覚的にチェンマイの方が2~3倍高い。

昼食はここ。
この店も二年前から一時帰国するたびごとに利用している。

20170514#01WEB
日本で食べるご飯はすべてうまいのだが、ここのご飯は特にうまいと思う。

春ならば春野菜カレー、秋ならば秋野菜カレーを注文する。
20170514#02WEB
今日は春野菜カレーの大盛りを注文した。

20170514#03WEB
「ポスターと見た目が違う」と心の中でツッコミを入れるのが大阪の礼儀。
実にうまかった。

近くにおなじみのトンカツ屋さんもあった。
20170514#04WEB
今日は前を通り過ぎただけ。


20170514#05WEB
地蔵横丁の献灯を撮った。
これも毎年撮っているように思う。

食事を終えた後は、明日、大阪のトンボ写真仲間と一緒に昼食をするので、その待ち合わせ場所「ジュンク堂書店・大阪本店」の場所を確認し、歩いて帰った。

夕食はわき目も振らずに cook deli GOZEN のある天神橋筋商店街へ。

刃物屋さん。
買いもしないのに、店の前を通ると包丁を見ている。
完熟トマトがスッと切れると気持ちがいい。
20170514#06WEB

20170514#07WEB
切味鋭そうな各種包丁が並んでいるので、ちょっと目の保養。



商店街の中をいつものcook deli GOZEN へ向かっていたら、ちょっと気になる文字が見えた。

本日の目玉品「本まぐろの刺身・半額190円」

チラ見して10mほど通りすぎたのだが、どうも気になるので引き返した。

引き返したのでやはり食事がしたい。
店の名前は「地魚屋台 とっつあん」。

聞いたら、食事ができるとのこと、中へ入る。

20170514#08WEB
数年前から店頭に魚介類が並べてあるのは知っていたが、食事ができるとは知らなかった。

これがメニュー。
20170514#09WEB
暗くて細かい文字は見えにくいが、こんな時、スマホは虫眼鏡のように使うことができるので便利だ。

これがまぐろの刺身。
20170514#10WEB
鮮度、味共に言うことなし。

20170514#11WEB
かんぱちの刺身、言葉が出ない。

20170514#12WEB
サバの刺身。
サバの刺身を食べたのは何十年ぶりだ。
サバは鮮度が落ちやすいので、生のサバの刺身は貴重だ。
もちろんこれもうまい。

これがあら汁。
20170514#13WEB
味噌汁の中に魚のあらが入っている。
この味も言うことなし。

魚好きにはたまらない店で、この店もお気に入りの上位にすんなり入った。






かつおのたたき定食
朝から降っていた雨が昼前にあがった。

連日30℃の気温に慣れた体に、18℃の気温は肌寒く感じる。
その中を歩いて梅田まで。

途中にあったトンカツ屋さん。
20170513#03WEB
「豚晴」
大阪でトンカツを食べるならば、「KYK」かここ。
ただ今日はここは見送り。

寄り道もせず紀伊国屋書店へ。
本を買うわけではなくて近くの店で食事をするため。
20170513#05WEB
行ったのは阪急三番街にある土佐料理「司」。
大阪で仕事をしていた頃も紀伊国屋書店に行ったついでに必ず寄っていた。

なので、日本に一時帰国した時は必ずここで食事をすることにしている。
そして、注文するのは「かつおのたたき定食」。
20170513#04WEB
茶碗蒸しもうまい。

夕食は昨日と同じ、天神橋筋商店街のcook deli GOZENの計り売りの惣菜。
20170513$06WEB.jpg
今日は九種類の惣菜にご飯。
ここの食事も、私の中ではお気に入りの上位に入る。


食後、梅田の家電量販店で確定申告時にマイナンバーカードを読み込むためのICカードリーダーを買っておいた。
非接触型で価格は3000円弱。
20170513#07WEB
これでチェンマイで確定申告ができる。




大阪での宿泊先
ここ数年、関空に早朝着く便で一時帰国している。

早朝の便で関空に着くと、一つだけ問題点がある。
それはホテルのチェックインまでの8時間余りを、大きな荷物を持ってどうするかだ。

その対策方法は二点ある。
まず一点は、宿泊先・東横イン(南森町)へ行き、チェックインはできないので荷物だけを預かってもらう方法、もう一点はコインロッカーにスーツケースを入れておく方法。

今回もコインロッカーに預けることにした。
数年前に初めてコインロッカーを利用したら、従来の鍵方式ではなくて、タッチパネル方式に変わっていて、カルチャーショックを受けたことを思い出す。

この後、京都往復、大阪での用事を済ませ午後3時過ぎ、梅田からタクシーでホテルへ向かう。

年配のタクシーの運転手さんに行き先を告げると、大阪の道にちょっと不慣れなような雰囲気。
ちょっと不安だったが、時間はたっぷりあるので出発したらやはりいつもとは違う道を走った。

しばらく走ると、運転手さんは路肩に車を停めた。
同時に料金メーターもとめ、目的地を確認しつつ、道に不慣れなため料金はワンメーター分で結構です。必ずホテルにはお送りしますと言う。

大阪でタクシーの運転手をしていて、道がわからないなどとはプロらしくないと言えばそれまでだが、私はちょっと嬉しくなった。
チェンマイで体験する以上に気分をよくしてくれた運転手さんだった。

ホテルに着くと運転手さんはワンメーター分の料金しか受け取らないと言っていたが、強引に通常料金を支払った。

今日はいい経験をした。
これだけでも、日本へ一時帰国した価値は十分ある。

東横インは全国いたるところにあり、梅田から歩いて行ける距離にもあり、ここに宿泊した時は、デパ地下の寿司が狙い目。

南森町にしたのは、こちらが宿泊料金がちょっと安いことと、近くに天神橋筋商店があるのは何と言っても魅力的。

ホテルの朝食はこんな感じ。
20170513#01WEB
野菜たっぷりのお気に入り。
食後のジュース、コーヒーもある。

コーヒーを飲んでいて気が付いたのだが、日本のコーヒーがチェンマイで飲むコーヒーより熱く感じる。
チェンマイの住まいの標高は350m、ここの標高は22m。
この程度の標高差では水の沸点降下はさほどないように思うが。

20170513#02WEB

今日は朝から雨模様。
天気がよくなれば、また活動再開。





一時帰国して最初に食べた食事
午前6時半、関空到着。

午前中に区役所でマイナンバーカードの受け取った。
これで後は、このカードの読み込みが出来るカードリーダーを買っておけば、来年以降もチェンマイでe-TAXを使って確定申告ができる。

次いで、銀行へ行き、チェンマイでもインターネットバンキングが出来るように手続きをした。
その後で、ニコンサービスセンターへ行き、カメラの修理依頼、レンズは点検修理に二週間かかるので、次回に持ち越し。

日本に一時帰国して最初に食べた食事がこれ。
20170512#04WEB
大阪梅田の潮屋本店の「海鮮丼」大盛り580円。普通盛りは480円。
私が注文してから入ってきたお客さん10人の注文を聞いていたら、すべて海鮮丼、それほど人気のある店。
安いのはネタにそれなりの理由があろうが、しっかりした酢飯、味噌汁の味もいいし、この値段でこの味なら言うことなし。

夕食はこれ。
20170512#05WEB
天神橋筋商店街にある cook deli GOZEN 天満駅前店へ。
計り売りの惣菜、種類が多いのでこの店もお気に入り。

明日以降も、食べ歩きとなるだろう。






香港空港にて
チェンマイから香港経由で関空に帰るところ。
日本時間23:15、香港時間22:15、チェンマイ時間21:15、香港空港のこちら側のレストランはラーメン屋さんが多い。

この時間帯にラーメンは、食べることは好きなのだが遠慮した。

スマホからブログのアップを試みているのだが、大変だ。

【追記】
香港午前1:45発キャセイパシフィック航空で関空へ。
香港時間午前1:45は日本時間午前2:45、タイ時間では午前0:45。
タイでも日本時間で生活しているので、この時間帯はいつもは寝ている時間。

歳と共に、その時間帯まで起きているのがつらい。
まあしかし、航空運賃が安いのでしかたのないところか。

香港空港には無料のWiFi と無料のチャージングポイントがある。
これはありがたい。
20170512#03WEB

皆さん、このようにスマホを充電している。
20170512#02WEB
USB での充電は簡単だが、タイの電源プラグには、日本の電源プラグが使える事が多いが、香港の電源プラグの形状では、日本の電源プラグはまったく使えない。
なので、香港に行く場合は、変換アダプターが必要だ。

水は自販機でも売っている。
20170512#01WEB
売店もありコーヒーも売っていた。
空港内に両替所があるので、タイバーツまたは円を香港ドルに両替しておくといい。

ちなみに自販機で売られているペットボトル入りの水500mlは8香港ドル、日本円で120円弱、タイバーツで36バーツほど、ちょっと高め。ただ香港の自販機はまだ使ったことがない。







チェンマイの大規模雑貨店
今日、タイは、ウィサーカブーチャー、仏誕節の祝日、一般の会社は休日。
我々ロングステイヤーにとっては、毎日が祝日の休日なので、あまりありがたみは感じないが、タイの人にとっては特別な日で、昨日、宿泊客が植物の葉で飾り物を作っていたのも今日の日のため。

一般の会社は休日なので、知人が彼の息子君を連れて遊びに来た。
彼の息子君がリュックサックを欲しがっているので、それを買いに行くという。

行き先はHang Dongにある Pao Pao と言う名の大規模雑貨店。
時間をかけてじっくりと見て回り、掘り出し物を見つけるというのもなかなか面白いように思う。

20170510#01WEB
多種多様の品々の卸売りが本業だが小売もやっている。

20170510#02WEB
場所はここ。

20170510#03WEB
知人の息子君はお気に入りのリュックサックを見つけご満悦。
それにしては表情が硬い。

20170510#04WEB
上半身がすっぽりと入るほどの大きなリュックサック。
この大きなリュックサックを担いで、幼稚園に行くらしい。

昼食はTESCO LOTUSへ。

20170510#05WEB
注文したのはラートナー、フライ麺にあんかけがかかっている。

カニカマの赤い着色剤とチェンマイのイカにはホルマリンが使用されていると言うニュースが頭をよぎる。
がしかし、完食。これはうまかった。

体に良くないといわれるものを拒否していると食べるものがなくなってしまう。
何でも食べて、体調が悪くなるようならばやめればいい。
いまのところ、それを長い間実践していて、体調が悪くなったと言うこともないしよしとしよう。




Copyright © 2017 清邁極楽蜻蛉 Odonata in Thailand. all rights reserved.