主にチェンマイのトンボとチョウ、それにチェンマイの日常の写真
ドラゴンフルーツとトマト
午前6時半の天気。
天気はいいようだが、雲が多い。

遠出を決行するかどうか判断に迷う。
内心、遠出するつもりだったが、出発時間の午前8時半過ぎに空が急に暗くなってきたので中止にした。
これでは、撮影地についても太陽は出てこない。

例年ならば決行したのだが、今年はこのような天気から、天気が回復したことがない。

20171130#01WEB

遠出を中止にしたら、予想に反して天気が回復してきた。
天気が回復してきても、時間は午前10時前。
もうどうしようもない。

遠出をしないとなれば買物。
朝食用のトマト、ドラゴンフルーツがなくなったので、ムアンマイ市場へ買いに行った。
20171130#02WEB

市場へ行く時には、手軽に写真が撮れるスマホは必携なのだが、それを忘れるという失態をやらかした。
日本では熱帯魚水槽で泳いでいるような魚が、干物にして店頭に並べられていたのだが、残念。
ドラゴンフルーツは1kg55バーツ、トマトは1kg35バーツ。

お昼近くなったので、久しぶりにチェンマイランドのYY小館(Ya Ya Restaurant)へ行き、餃子の昼食。
蒸し餃子でこれもなかなかの味。
20171130#03WEB

ここは餃子屋さんと言うより、お菓子屋さんのイメージが強い。
餃子を食べた後、よく買うのがこれ、老婆餅。
女性に渡すと顰蹙(ひんしゅく)を買いそうなネーミングだ。

夕方、空の色は実にいい感じ。
ただ、今年は、夕方の天気が良くても、翌日の朝は雲の多い天気と言うパターンが実に多い。
あまり期待はできないが、トンボの出現期があと二週間ほどなので、明日は晴れて欲しい。





スポンサーサイト
野菜に付着している残留農薬
今日も遠出の準備はしてあったが、朝の天気が昨日と同じ。
これでは、遠出をしてもトンボの写真は撮れない可能性が高いので、中止にした。

時間ができたので、新明天庵さんのブログを読んでいたら、「チェンマイ(タイ)で販売される野菜の多くから基準値を超える農薬が検出されている」との記事があった。

タイの場合、野菜などの残留農薬管理は日本のように厳格ではないので、野菜を食べる場合は、自分なりに工夫をしてできる限り残留農薬を摂取しないようにする必要がある。


具体的にはどのような方法で、残留農薬を摂取しないようにすればいいのか?

1.野菜を重曹を溶かした水にしばらく漬けて置き、水洗する。
重曹はTESCO LOTUS やリンピンスーパーなどで販売されているが、重曹の何%水溶液がいいのかとか浸漬時間は何分がいいのか、水洗した後の残留農薬の除去率はいくらかなど、よくわからない点も多い。

以前のブログにも記したが、農薬には展着剤と言うノリのようなものが、農薬が雨などで流れ落ちないように配合されているので、水洗だけでは落ちにくい。それが重曹の水溶液では、展着材がとれて農薬も水で取れやすくなるようだ。


2.Hydroponic Vegetable(水耕栽培された野菜)を食べる。

20171129#01WEB

Kad Suan Kaew の TOPS で売られていた水耕栽培のレタス。
水耕栽培している野菜に農薬は使わない。


3.Pesticide Safe のシールが貼られた野菜を食べる。

20171101#01WEB
リンピンスーパーで売られていた Pesticide Safe のシールが貼られたレタス。

2、3 の方法は販売されている野菜が限定されるので、私は1番の方法を多用しているし、おすすめ。

ただ、重曹を溶かした水で野菜を漬け置き、水洗した後の残留農薬がどの程度除去できているか知る方法はないが、そのような野菜を食べ続けて自分の体に異常がなければ、よしとしている。

ブロッコリーをこの方法で洗浄すると、漬け置きした水が汚れ、多くの細かいゴミなどが見られるので、残留農薬もきれいに除去されているような気がする。


残留農薬は心配だが、それと同じほどそれを心配し過ぎるのも問題だ。






今日もはずれ
スマホの天気予報を見て期待していたのだが、雲の多い朝の天気。

20171128#01WEB
チンゲンサイの味噌汁。
葛切りは昨日の夜から水に漬けておいて炊いたらいい感じ。

さて、今日は遠出をするかどうかだが、天気が回復することを期待して出かけた。
今シーズンは天気の回復を期待して何度となく遠出をしているが、その期待はことどとく裏切られている。

いつものように幹線道路沿いの焼き鳥の店で手羽先とカオニアオを購入。

20171128#02WEB
新しい看板ができていた。
バイクを運転していて、交通量が多い時は、時々この店を見落として通り過ぎることもあったが、これは助かる。

20171128#03WEB
奥の方にテーブルがあり、中でも食事ができソムタムなど一通りの料理がある。

撮影地には午前10時過ぎに到着。
明るいが陽は全く差さず。
セセリチョウは飛んでいたが、トンボの姿はなし。

陽が差さないので、肌寒く感じる。
イスに腰掛け1時間ほど待ってみたが、トンボは飛んで来ず。
山の上の方には霧がかかってきて、気温が急に下がりだしたのを機に、午前11時半で撮影をやめチェンマイに戻った。

天気の回復を期待していたのだが、今日も見事に裏切られた。

部屋に帰る途中、チェンマイ大学農学部へ行き、ソフトクリームを食べる。
20171128#04WEB

夕食は、Pangasius Dory(パンガシウス ドリー)の切り身とダイコンを一緒に煮た。
20171128#05WEB
パンガシウス ドリーはベトナムで養殖されている淡水魚で、数年前からチェンマイのスーパーで切り身をよく見かける。
クセが全くなく、扱いやすい魚だ。
タイでも養殖されているかどうかは不明。

余談ながら、海水魚にもDoryと呼ばれる魚がいるが、これは和名をマトウダイと言い、パンガシウス ドリーとは全く別物。

夕食をしながら、明日の予定を考えていたが、雲のない晴天ならば、再度、遠出にチャレンジだ。
現地での撮影時間1時間半のために、往復3時間かけて行くのだが、来月の中旬をすぎるとトンボがいなくなってしまう。






セカンドオピニオン
今日の天気は予想に反して、朝から曇り空。
トンボ撮影の立場から言えば、どうしようもない天気。

歯に問題を抱えているので、食べ歩きをしても楽しくない。
その歯の問題は、CDJ Dental Clinicでやっと原因がわかり治療中だが、担当の先生がしばらく不在のため次回の治療日は12月14日。

治療中の歯以外にも、軽い痛みのある歯があるのだが、こちらの方は原因がつかめていない。
なんとか原因をつきとめ、治療をしたい。

今の歯医者さんで原因がつかめないのならばセカンドオピニオンだ。
晴れた日は歯医者さんに行っている時間はないが、今日のような曇りの日は絶好の歯医者日和?
と言うわけで、チェンマイラム病院のデンタルセンターへ行ってみた。

チェンマイラム病院は何度か行ったことがあるが、数年前にできたここチェンマイラム病院デンタルセンターは初めて。
受付で待っていると、しばらくしてタイ人の日本語通訳の人がやってきた。

まずは体重測定、血圧測定、血中の酸素濃度測定?、問診(アレルギーがあるかどうかなど)を終えた後、歯の診察。

まずは問診と目視による歯のチェック。
結果は、歯に三か所亀裂が入っているとの事。

歯根部がどうなっているのかは、レントゲン写真でないとわからないので、レントゲン写真室へ。
レンドゲン撮影では、ズシリと重量感のあるベスト(鉛入り?)を着せられた。
鉛入りのベストが必要なほどX線が強力であるということは、写真の解像度も高いと言うことだろう。

目視観察で歯に三か所亀裂が入っており、レントゲン写真で歯根部に炎症が見られるとの診断結果。
痛みの原因は歯根部の炎症。

治療をするならば、炎症を起こしている歯根部を完治させた後、亀裂の入っている歯を削り、被せをすることになり、治療期間は二ヶ月程度かかるとの説明があった。

現在、CDJ Dental Clinicで他の歯の治療中との話はしているので、それが終わったらここで治療をしてもらう予定だ。

20171127#01WEB
今回の診察費用は522バーツ。
レントゲン写真の入ったCDをもらった。

チェンマイラム病院デンタルセンターでも、治療後の国民健康保険海外療養費請求用紙は作ってもらえる。






キンカン、どうして食べたらよいのか?
今日も朝からいや~な天気。
気温は暑くもなく寒くもなし、ちょうどいい具合なのだが、何と言っても空の色が悪い。

20171126#01WEB
一日中、こんな天気でうんざりしていたら、午後4時頃からは青空が見えだした。

20171126#02WEB
この青空で何度だまされたことか。
明日は晴れだろうと期待させておいて、一夜明けると曇り空。

雨期ならまだしも、乾期でそれも11月も下旬だと言うのにこの天気だ。
チェンマイでロングステイをしだしてから、あまりぼやくことはなかったが、久しぶりにぼやいてみた。

ひとしきりぼやいたところで、気分転換に近くのロイヤルプロジェクト・ドイカムショップへ行った。

20171126#03WEB
買ったのは、豚肉の燻製、ミニトマト、それにキンカン?。
キンカンは皮ごと食べられるとあるが、このキンカン、中身はかなり酸っぱくて私には食べられない。

そこで、皮だけを千切りにして野菜サラダに振りかけている。
20171126#04WEB
これが正解。
独特の香りが口の中に広がり、食がすすむ。


ここ数日、さえない天気が続いているが、来週はどうだろうか。
スマホの天気予報を見てみると
20171126#05WEB

月曜は晴れ間が出るようだ。
と言っても、雲が多いようだと遠出しても山の中はさらに天気は悪くなるので、晴れ間は期待できないかも知れない。
晴れ間がでないと、トンボは飛んで来ないので、遠出をするかしないかは、明日の朝の天気を見てから決めることにした。







乾期なのに・・・・
昨日の夕方は青空が広がり、天気が良くなるのかと思っていたが、一夜明けて、今朝は雨が降ってもおかしくないような雲の多い天気だ。

乾期なのに、この天気はないだろうと言いたい。
まあ言ったところで、どうなるものではないが、乾期に撮りたいトンボの出現期が来月の中旬までなので、それまでには絶好の撮影日和に恵まれ、まだ撮れていない本命のトンボの♀を撮りたい。

20171125#01WEB

ここ数年の乾期の天気で、これほどまでに雲の多い天気は記憶にない。
撮影には不向きな天気だが、普通の生活には何の問題もないのだが。

土曜日の昼食は定番の「三鳥」の寿司130バーツ。
このところ、他の店で値上げが相次いでいるのに、この店は130バーツで頑張っている。
薄利多売だろうし、多売に貢献したいものだ。
20171125#02WEB

今日の日替わり小鉢は小さなコロッケ。
寿司にコロッケはあわないだろうと心の中でつぶやきながら、寿司ともども完食するいつものパターン。
ごちそうさまでした。

食事を終えてから、Kad Suan Kaew のTOPSへ行ったら6LのSINGHA DRINKING WATER が34バーツで売ってあったので買った。
ブロッコリーを茹でる時に水を大量に使うので、水はこまめに買っておいた方がいい。

今日も夕方になって天気は回復してきた。
20171125#03WEB

昨日もそうだったが、これで一夜明けると曇り空と言うのはよくある。
明日は日曜日で休養日の予定だが、このところ平日が天気が悪くて撮影に出かけられず休養日状態なので、明日は天気がよければ遠出予定。

さて、明日の天気はどうか。





カニカマへのこだわり
今日も天気がよければすぐにでも遠出できる準備はしてあったのだが、生憎の雲の多い天気。
遠出は中止だ。

20171124#01WEB
朝食用のタマゴを切らしてしまったので、葉物野菜とトマトを増量した。

昼前からリンピンスーパー・ナワラット店へタマゴを買いに。
20171124#02WEB
黄身の色にこだわって、リンピンのタマゴを買っている。
次いで、またこだわりの一品はカニカマ。
最近買ったカニカマの中ではこれが一番いい。

20171124#03WEB
カマボコなのに、この裂け具合と弾力のある食感がいい。
だからどうしたと言われるとつらいが、時々、どうでもいいことにこだわるのは性分。

珍しいのでワカメも買ってみた。
味は普通。

夕方になって青空が広がり、いい感じの雲が出てきた。
20171124#04WEB

明日、土曜日は遠出はできないが、この天気ならば日曜日は遠出ができそうな予感。





CDJ Dental Clinic 三回目の治療
午後5時30分から三回目の治療と言うか、歯の痛みの原因探し。
今朝もホットコーヒーを飲んだ後、右上の歯に鈍い痛みがあった。

歯に衝撃を与えて、痛むかどうかの検査では全く問題ない。衝撃を与えても歯の痛みはなし。
次いで、歯に熱を加えると痛む。
さらに、診察室で熱いお湯を飲んでみた。鈍い痛みがある。

外観観察、レントゲンで何の異常も見られない歯が痛んでいるようだ。
この歯には詰め物がしてある。

詰め物をとって、調べてもらったら中が虫歯になっていた。
詰め物をとったら、中が虫歯だったと言うのは、バイクジジィさんからのコメントからもありうる話で、その虫歯は、日本の歯医者さんでも見つけるのはなかなか難しいようだ。

とりあえず、そこを治療してもらって、応急処置。
来月までこれで様子をみて、問題がなければ本来の詰め物をする。
その間に、痛みがまだ継続するかどうか調べておかなければならない。

治療中に、通訳の永江さんを通じて疑問な点はどんどん質問できたのがよかった。

部屋に帰ってから熱いコーヒーを飲んでみたら、まだ痛みは残っているような気がするが・・・・・。
熱いコーヒーを飲んだ時に痛む歯がどれか特定することはなかなか難しい。




あやしいメールに注意!!
数か月前から以下のようなフィッシュングメールが届いているので、注意をうながすためにここに掲載した。

かつては、Apple の名前を語っていたが、Appleからはフィッシングメールに注意を促すニュースが流れていた。
最近は異なった発信元として、メールが届くようになった。

英文メールであったり、日本語メールであったりする。
このようなメールが届いたら、すぐに削除するのがいい。間違っても添付ファイルを開いてはならない。

フィッシングメールの内容は以下のようだ。


PayPaI Inc.の宣言

請求先住所の順序がお客様のアカウントと一致しません。注文を続行またはキャンセルするには、添付ファイルをお読みください。

セキュリティ上の理由から
あなたのアカウントはあなたから聞こえるまで制限されています。

支払いを行った後、この支払いを承認しないと、この支払いをキャンセルすることができます。また、一部の確認でお支払いをキャンセルすることができます。

あなたのこと大丈夫です。
PayPaI lnc


日本語メールの場合は、意味不明な箇所がある。
私の場合は、これらのメールは迷惑メールに分類されるようにしているが、発信元を変更したりして、数か月にわたって発信されている。

私は、フリーメールのHotmailを使っているが、Hotmail やG-mailにこのようなフィッシングメールが多いらしい。
いずれにしても、あやしいメールは即削除だ。




乾期らしくない天気が続く
スマホの天気予報通り雨は降ってはいないが、トンボの撮影には不向きな雲の多い天気。
これでは、バイクで遠出しても撮影地は昨日と同じで、本命のトンボは飛んでこないので、遠出は中止とした。

20171122#02WEB
午前9時を過ぎても天気は回復する兆しを見せないので、一安心だ。
遠出を中止にした後で、天気が急回復するのは精神衛生上よくない。

昼前からカムティアンのTESCO LOTUS で朝食用の食材調達。
ついでに、ここのタイ風寿司で昼食を済ます。
20171122#03WEB
酢飯ではないが、そこはタイ風寿司なので仕方のないところ。
魚があると食事がすんなりと胃袋に収まる。

ケーオマンコーン(ドラゴンフルーツ)とソムオー(ザボン)を買った。
20171122#04WEB
ドラゴンフルーツは二個で55バーツ、ザボンは89バーツほど。
このドラゴンフルーツは果肉が白いタイプ。

天気予報によれば、明日も雲の多い天気となりそうだ。
本当に乾期らしくない天気が続く。





スマホの天気予報を信じて
夜中に雨が降ったのか、路面が濡れている。
天気はどうかと空を見上げると、空一面が雲に覆われている絶望的な空模様だが、次第に明るくなっている。

20171121#01WEB
スマホの天気予報によると、水、木、金と雨模様。

ならば、今日は撮影に行っておかなければならないが、出発するには天気が良くない。
問題は、この天気が回復するかどうかだ。

撮影地のトンボは、日が差していると午前10時半には飛んでくる。
なので、撮影するには、それまでに撮影地に到着しておかなければならない。

部屋から撮影地までの所要時間は1時間半なので、ちょっと余裕を見て8時45分に出発すれば間に合う。

天気が天気なので、その回復状況を見ていたら、午前8時40分、空が急に明るくなって青空が出てきた。
天気がこのまま回復することを期待して、スマホの天気予報を信じて出発。

途中、天気はどんどん回復していく。
期待を胸に山の中へ入って行くと、今度は予想に反して天気が悪くなっていく。

撮影地に着いたのは、午前10時10分。
撮影の準備をして待つが、日が差さない。

午前10時45分から10分間ほど日が差した。
本命のRhinocypha arguta は飛んで来なかったが、Vestalaria smaragdina、Aristocypha fenestrellaが飛んで来た。
しかし、曇るとトンボは姿を消して、この後、日が差すことはなかった。

空を見上げると、撮影地の上空だけ厚い雲に覆われており、他は青空が出ている。
それはないだろうと言いたいが、こればかりはどうしようもない。

今日、撮ったのはこれだけ。

20171121#02WEB
モノサシトンボ科 Coeliccia loogali ♂
Nov.21, 2017, Doi Saket, Chiang Mai

20171121#03WEB
モノサシトンボ科 Copera vittata ♀
Nov.21, 2017, Doi Saket, Chiang Mai

20171121#04WEB
シジミチョウ科 ウラフチベニシジミ Heliophorus sp.
Nov.21, 2017, Doi Saket, Chiang Mai

20171121#05WEB
これはミズカマキリ。






久しぶりのMu's KATSU のトンカツ
雲が少ない天気ならば遠出を予定していたのだが、晴れてはいるものの雲の多い天気。
これでは、バイクで片道1時間半かけて行っても、トンボが出てくる可能性は低い。

なので遠出はやめ、ゆっくりと朝食。
20171120#01WEB
朝から暑いので、トマトジュース、ライチジュースそれに水と十分な水分補給をしておいた。

ドイステープへ行った帰り、久しぶりにニマンヘミン通りのMu's KATSUへでかいトンカツを食べに行った。

これがトンカツセット、195バーツ。
このトンカツセットは180バーツだったのが、いつの頃からか195バーツに値上げになっていた。
20171120#05WEB
トンカツが食べたくなったら、ここに来ている。

食後のデザートは、チェンマイ大学農学部のソフトクリーム。
20171120#06WEB
ソフトクリームが食べたくなったら、ここに来ている。

チェンマイには、このようにトンカツが食べたくなったらMu's KATSU、ソフトクリームが食べたくなったらチェンマイ大学農学部以外に、魚の鍋料理が食べたくなったらリムハーングアン、寿司が食べたくなったら三鳥、すし次郎、カレーが食べ食べたくなったらGrill of Indiaなどと自分の独断と偏見で行く店が決めてある。





トンボ撮影用小道具
今日は晴れてはいるものの、雲の多い天気なので、遠出は中止。

午前10時過ぎに、銀行へ行きAIAの傷害保険料を振り込んだ。保険料は年間2800バーツ。
一般のケガ、イヌなどにかまれた時の破傷風、狂犬病予防注射もこの保険が適用される。

日本の国民健康保険にも加入しているが、保険料がそう高くもなく、キャッシュレスで治療してもらえるので入った。
やはりバイクに乗る場合は、傷害保険は必須だろう。

傷害保険料の振込を終えてから、ドイステープへ行った。
撮影用の小道具の試用のため。

トンボの撮影には、このようなイスを持って行く。
撮影ポイントに着いたら、このイスに腰掛け、トンボが飛んでくるのを待つ。
20171120#02WEB

ところが、下が砂利や砂地だとイスの足が地中にめり込んでしまい、イスに座ったまま倒れそうになる。
それをなんとか防ぐ方法はないかと考えていたら、良い方法が見つかった。

それがこれ。
20171120#03WEB
こうすると、イスの足がまったく地中にめりこまず、安定している。
砂地でもいけそうだ。
とりあえず、明日、青空が広がって雲が少ない天気ならば、ハナダカトンボ科Rhinocypha arguta の撮影に遠出するが、その時に持って行く。

今日見たチョウはこれだけ。
20171120#04WEB
シジミチョウ科??
Nov.20, 2017, Doi Suthep, Chiang Mai




すし次郎の海鮮丼が値上げとなった
例年、チェンマイは乾期に入ると雨がほとんど降らないので、煙害によって空気がかすんでくる。
ところが、今年は乾期に入ってからも雨が降る。

雨が空気中の塵埃をたたき落としてくれるので、空気はきれいだ。
空気がきれいなことは、よいことなのだが、一つだけ困ったことがある。

それは、朝日を撮影する時だ。
煙害が発生している時は、空気中の微細な浮遊物質が太陽光を遮り、太陽がまぶしくなく、真ん丸にきれいに見える。

ところが、今年のように乾期に入っても雨が降ると、空気が澄み切っているので、朝日がきれいに撮れない。

20171119#01WEB
陽が昇るのを撮ったが、朝日がきれいに撮れない。

煙害が進むと、オレンジ色の太陽が真ん丸に撮れる。
とは言ったものの、オレンジ色の太陽が真ん丸に撮れなくても、煙害はない方がいいのだけれど。

今日の昼食は久しぶりにすし次郎へ行った。
20171119#02WEB
海鮮丼を注文した。195バーツ。
この間行った時は、180バーツだったのが、15バーツの値上げだ。

ロット・ディーの餃子が90バーツから120バーツへ、リムハーングアンの魚の鍋料理180バーツが200バーツと、このところ、方々の店で値上げラッシュ。

昼食後、リンピンスーパー・ナワラット店へ行き、豆腐と納豆を調達。
20171119#03WEB

鮮魚売り場をのぞいて見たら、ナイルパーチのような魚が売られていた。
もちろん、このような魚は見るだけ。

土、日と休養日とし、トンボの撮影は来週からすればいいと思い、来週の天気予報をみた。
20171119#04WEB
月、火は雲の合間から太陽がのぞいていて、水、木、金が天気は悪いのは予想外。
やはり、今年の乾期の天気はどこかおかしい。

撮影に行くかどうかは明日の天気次第だ。

青空が見えていても雲の多い天気ならば、遠出先の山の中は曇りあるいは雨の可能性が高い。
いい天気であって欲しいのだが。



土曜日の定番
今日も絶好の撮影日和だが、土日は休養日、特に土曜日は「三鳥」で昼食に寿司を食べる日なので、撮影は中止。

20171118#01WEB

いつもの朝食。
ブロッコリーはかたい芯の部分は捨て、柔らかい芯の部分もゆでて食べているが、まあいける。
カニカマも軽くオリーブオイルで炒めて使っているが、これもなかなかいい。
炒めた後、箸でつまむとバラバラになりそうになるが、歯ごたえがあり、普通のカマボコとは一味違うように思う。

昼食はいつものように「三鳥」へ。
20171118#02WEB

おしぼりが付き、お茶、ワサビのきいた寿司、あさりの味噌汁、小鉢、漬物それにデザートにカットしたスイカ。
いつも言っているが、これで130バーツは頑張った値段だと思う。

昼食後、カムティアンのTESCO LOTUS へ。
20171118#03WEB

ライチジュースとトマトジュース、それにインスタントコーヒー。
サイフォンコーヒーが主流だが、手軽に飲めるインスタントコーヒーも捨てがたい。
ただ、インスタントコーヒーは糖分が多いので、飲み過ぎには注意が必要だ。





チェンマイ定住者集いの会
今日、午後1時5分からYMCAホテルでチェンマイ定住者集いの会の月例会があったので参加した。

切り餅、おかきなどの斡旋品の販売申し込みが今日までだったので、毎年の事ながら、切り餅とおかきを注文しておいた。
品物の受け取りは、12月22日午後1時半からYMCAホテルでチェンマイ定住者集いの会の世話人会があるので、そこで。
この斡旋品はなかなかいい。

さて、今日の月例会だが、いつものように気になった情報を列記する。

1.領事館からのお知らせ
在留届の提出、変更、抹消を速やかに。

在留届はチェンマイ総領事館に書面で提出する方法、インターネットによる方法;在留届電子届出システム(ORR net)がある。
インターネットで行った方が、チェンマイ総領事館へ出向く必要がないので便利。

チェンマイ総領事館在留届数=3207人(90歳~15人、80歳~92人、70歳~623人、60歳~708人)
当然の事とは言え、高齢化が進んでいる。

2.連絡事項
(1)空港側のイミグレーションは来年7月頃、開所予定。

(2)ロングステイ10年ビザ:情報は流れていたが、まだ運用されていない。

(3)介護研究会の第5回シンポジウム開催
詳細は介護研究会ブログ参照。

(4)帰国時のインターネット
アジア8か国使用可(AIS SIM-2FLY、4GB(8日間)399バーツ+延長4GB(8日間)299バーツ)が便利。

2017年12月15日から、新規SIMカードを発行する際、購入者IDカード提示で、顔写真または指紋の登録が義務化されると新明天庵さんのブログにある。




CDJ Dental Clinic 二回目の治療
午後6時15分から二回目の歯の治療。

夕方のステープ通りからニマンヘミン通りは交通量が多くてバイクでは行きたくないのだが、こればかりは仕方がない。
前回と同じく、余裕を持って出かけた。

診察は今日も熱いものを食べた時の鈍痛の原因調査。

歯に打撃を加えても痛みはなし、歯を部分的に熱くした(方法は不明)時に、鈍痛があったが、先生の話ではこれは正常な歯でも起こる現象らしい。

後になって気が付いたのだが、ならばこの時に正常の歯にもおなじように熱を加えてもらい、本当に正常な歯でも痛みがあるかどうかを確認すればよかった。

結局、原因不明のまましばらく様子を見ることにして歯石の除去。
チェンマイの歯医者さんは、歯石除去にはやけに積極的なのがちょっと気になる。
歯周病予防には大切なことなのだが、日本の歯医者さんは診療報酬が低いのか、あまり積極的ではないようなので。

私としては、もっと原因を調べて欲しいのだが、調べようがないのだろう。

ブログ読者のバイクジジィさんのコメントにもあったように、歯の詰め物を外して調べることはできないかと提案したのだが、レントゲンで調べて異常がないので調べることはないとの返事だった。

これらのことは日本語通訳の永江さんを通じての話なので、正確なニュアンスは伝わりにくいだろうが、詰め物ははずしたくない雰囲気があった。
私が歯科医ならば、それでは一度詰め物をはずして調べましょうと言うだろうし。
まあしかし、詰め物をはずして原因がつかめなかったら、それはそれで問題だし。

ここで、チェンマイの歯医者さんでは、詰め物をはずして、歯の内部を治療することはできるのだろうかとちょっと心配になった。
歯の内部を治療すれば、その後での詰め物などに歯科技工士さんとの連携も必要になるだろうし。
チェンマイの歯科技工士さんの技術レベルはどうなんだろう。

歯の方は、一時期のひどい痛みは和らいでいるので、ひどい痛みがない限りチェンマイの歯医者さんには行かず、日本に帰国した時に診察してもらうことにする。





今日のチョウ
今日の遠出では、いつものように沿道沿いの焼き鳥屋さんに立ち寄り、焼き鳥を調達。

20171115#10WEB
肉にまで味がしみ込んでおり、実にうまい一品。

現地に到着して、スマホで環境写真を撮っていたら、ハイキングに来ていたおばちゃん一行に遭遇。
おばちゃんの一人に写真を撮ってあげると言われ撮ってもらったが、その写真は、環境写真としては使えなくなった。
20171115#11WEB
日本語を話すおじさん。
日本語を話したり、英語を話したり、学校の先生の一行か。

この人達と別れ、撮影ポイントへ。
日は差しているし、申し分のない雰囲気。

朝食は食べていないので、買った焼き鳥とカオニアオでブランチ。
イスに腰掛け、食事をしながらトンボが飛んで来るのを待つ。

シジミチョウが飛んで来て、足にとまった。
20171115#12WEB
シジミチョウ科 ウラフチベニシジミ Heliophorus sp.
Nov.15, 2017, Doi Saket, Chiang Mai

食事をしながら観察していると、このシジミチョウ、時々オシッコをしているようだ。
オシッコで布を湿らせ、布に付着した汗の成分を吸い取っているように見える。

まあ、こんなことをしていると、シジミチョウと友達付き合いができているようで、面白い。

次に飛んで来たシジミチョウ。
翅が一部破けて、翅のおもて面のあざやかなブルーが見えている
20171115#13WEB
シジミチョウ科 ??
Nov.15, 2017, Doi Saket, Chiang Mai

翅を開けばいいのだが、結局、翅は開かず。

12時で撮影を終えて、チェンマイへ。

チェンマイでは、またチェンマイ大学農学部へ行き、ソフトクリームで体を冷やす。
20171115#14WEB

このソフトクリーム、25バーツながらなかなかうまい。






今日のトンボ
今日の遠出の目的は、ハナダカトンボ科 Rhinocypha arguta が、今年もいるかどうかを確認することで、写真を撮ったし、その目的ははたした。

それ以外のトンボはいないかと探すと、真っ先に出てきたのはカワトンボ。

20171115#04WEB
カワトンボ科 Vestalaria smaragdina ♂
Nov.15, 2017, Doi Saket, Chiang Mai
チェンマイでこのトンボがいるのは、こことドイインタノン。

20171115#05WEB
イトトンボ科 Ceriagrion fallax pendleburyi ♀
Nov.15, 2017, Doi Saket, Chiang Mai

20171115#06WEB
モノサシトンボ科 Coeliccia loogali ♂
Nov.15, 2017, Doi Saket, Chiang Mai

20171115#09WEB
イトトンボ科 Ceriagrion pallidum ♀
Nov.15, 2017, Doi Saket, Chiang Mai

木や草に覆われた小さい流れの周辺が生息地。
20171115#07WEB

20171115#08WEB
昨年は、この小さな流れが見えないほど、周辺に草木が生い茂っていたのが、きれいに刈り取られてしまった。
今年の雨期で草木は生えてきてはいるが、全体的に開けた雰囲気になっている。

昨年、草木が刈られたことがハナダカトンボRhinocypha argutaの発生にどの程度の影響があるのか興味深かったが、今日の結果を見る限り、その影響は全くと言っていいほどない。

むしろ開けた環境となったため、ほかのトンボが見やすくなってきたように思う。

撮影は12時で終え、そこからまた1時間半ほどかけてチェンマイに戻った。





今年もRhinocypha arguta は健在
2013年11月12日に、チェンマイのチョウ屋さんとトンボ、チョウの生息地調査に出かけ、その時に見つけたのが今日撮りに行ったハナダカトンボ科Rhinocypha arguta だ。

このトンボがタイで最初に見つかったのは、ルーイ県のプークラドン(Phu Kradueng, Loei Province)だが、それ以外では数か所しか見つかっていない。

その理由を私なりに推測すると、まず出現期が極めて短い。

私がよく行く場所では、11月上旬から12月上旬の一か月ほどで、生息地の標高はスマホのアプリのアプリによると1300m。
ルーイ県のプークラドンでは、個体数が多いようだが、私が行く場所の個体数は極めて少なく、1~2頭。
非常に敏感で、人の気配を感じると飛び去ってしまう。

しかも、標高が1300mもある高地は、いつも晴れているわけではない。
だから、このトンボが見られるのは、11月上旬から12月上旬の晴れた日のみの極めて狭い場所。

こんなトンボなので、詳しい生態はわかっていない。
なので、まずは観察例を増やさなければならない。
観察例が増え、生態がわかってくれば、新たな生息地の発見につながるかも知れない。

昨年、シーズン終了間際に、生息地の木々や草が大量に伐採されてしまった。
その影響がどうなのか、今日行ってみた。

午前10時半、どこからともなく飛んで来た。

20171115#01WEB
ハナダカトンボ科 Rhinocypha arguta ♂
Nov.15, 2017, Doi Saket, Chiang Mai

20171115#02WEB
ハナダカトンボ科 Rhinocypha arguta ♂
Nov.15, 2017, Doi Saket, Chiang Mai

20171115#03WEB
ハナダカトンボ科 Rhinocypha arguta ♂
Nov.15, 2017, Doi Saket, Chiang Mai

今日の結果を見ると、昨年の生息地の木や草の伐採は影響がないようだ。
しばらくこのまま、様子を見ることにする。

このトンボの♀は撮れていない。
個体数が1~2頭と極めて少ないので、これで個体数が増えれば言うことはないのだが。





近場のドイステープへ
今日は、昨日よりはいい天気だが、ドイステープの山の上は厚い雲で覆われている。
二日続けてはしんどいので、今日の遠出は中止。

近場のドイステープへ行ってみた。
ここならばバイクで30分ほどだ。

標高の高い所へ行ったら、やはり天気は良くない。
ただ青空の間から時々、日が差す。

20171114#01WEB
乾期だが、しょっちゅう雨が降っているので、滝の水量が減ることはない。
ここらの標高は1100m。
この時期、標高が1100m近辺では、カワトンボ科 Vestalaria smaragdina が見られるのだが、ドイステープでは見たことがない。

下山して、Coeliccia ポイントへ行ってみた。
20171114#02WEB
ここの滝も水量は多い。
モノサシトンボ科 Coeliccia poungyiの連結1ペアみた。
トンボもチョウも少ない。

さらに下山してトンボがいそうな沢を探す。

20171114#03WEB
ハチの巣作り。
この類のハチは狂暴ではないので、巣に近づいたぐらいでは攻撃されることはない。

ちょっと離れた所に、コノハチョウが舞い降りてきた。
20171114#04WEB
タテハチョウ科 コノハチョウ Kallima inachus siamensis
Nov.14, 2017, Doi Suthep, Chiang Mai

カワトンボがいた。
20171114#05WEB
カワトンボ科 Vestalis gracilis ♀
Nov.14, 2017, Doi Suthep, Chiang Mai

この時期、トンボもチョウも少ない。

やはり乾期は、標高の高い所を探した方が面白い。
標高の高い所のトンボは数は少ないが珍しい種類が多い。




今年初めての遠出
11月になったら、トンボの生息地調査に行かなければとずっと思っていたが、今年は乾期に入るのが遅かったばかりか、乾期になってからの天候が実に不安定。
乾期なのに、乾期らしい天気が続かない。

昨日、アパートの管理人さんに今日の撮影用にドライバー付きの車を頼んでおいた。
ただ、昨日の今日なので、ドライバー付きの車が手配できなかったので、午前9時前に、バイクで出発した。

遠出は、今年に入ってから初めてだ。

途中、沿道で買うのが、昼食用の焼き鳥。
いつも、この店で買っている。
20171113#01WEB

沿道で買う焼き鳥は例外なくうまい。

山の中に入るに従って、天気がどんどん悪くなっていた。
撮影地に着いたのは午前10時15分。小雨が降りだした。

20171113#02WEB

小雨の中、撮影ポイントを見に行ったが、何にもいない。
雨宿りをしながら、焼き鳥をちょっと食べる。
30分ほど待ったが、雨脚は強まるばかり。

トンボは日が差さないと飛んで来ない。
この天候では、雨がやんで雲が切れ日が差すとは思われず、今日の撮影を終え撤収。

山を下りたら晴れ。
山の上が雨で、下は晴れと言うのはよくあるケース。

帰る途中、生のコーヒー豆を売っていた店に立ち寄ったが、昨年いた日本語を話す人はいないし、コーヒー豆の選別作業をしている人に聞いたら小売りはしていないと言っていた。
トンボは撮れず、コーヒー豆は買えず、いいことなし。

部屋に帰る途中で、チェンマイ大学農学部に寄って、ソフトクリームを食べる。
20171113#03WEB

チェンマイ大学農学部の農業祭は昨日までだったようで、今日はその後片付けの最中。

午後5時半ごろから、部屋の中にいると雨の音がする。
外は青空が広がっているのに、と思い外を見ると激しい雨。
20171113#04WEB

乾期にこの雨はないだろうと言いたい。
まあしかし、山の中でこの雨に降られなくてよかった。

それにしても、今年の天気はおかしい。
いつになったら、乾期らしい天気が続くのであろうか。





野菜を食べる
夜中に雨が降ったようで、明け方の路面が濡れている。
今年は、本当に雨が多い。

今日は日曜日。
日曜日は休養日なので、ドイステープでの撮影などはせずに、のんびりと過ごす。

月曜日から乾期のトンボ撮影を本格的に行う。
そのためアパートの管理人さんに、運転手付きの車の手配を頼んだ。

午前9時に出発して、午後3時頃には帰る。
料金は1200バーツ。

チェンマイで観光用に車を頼むと、運転手付きのロットゥー(ミニバン)で一日1800バーツが相場だが、虫屋さんを通じて頼むと1200バーツ。
空港までの送り迎えは管理人さんが、タクシー料金200バーツで行ってくれるが、トンボの撮影で本業の管理人の仕事をほったらかしにしていくわけにもいかず、知り合いの人を紹介してくれた。

月曜日は知り合いの人の都合がつけば、午前9時にアパートまで来てくれることになっているが、都合が悪いようならば、私はバイクで行くことになる。

毎年、バイクで行っているのだが、車を頼めば何か所もの撮影ポイントを探すことができる。
一応、明日天気がいい場合の撮影の準備はしておいた。



今日の夕食は、冷蔵庫の中の鍋用野菜の整理。
白菜、ニンジン、長ネギ、チンゲンサイが古くならないうちに食べることにした。

20171112#02WEB

温かい鍋料理がうまい季節になってきた。






イカダイコン
乾期らしい天気になった。
この天気ならば来週から本格的にドイサケットの山の中でトンボの生息地調査ができる。

20171111#01WEB

今日の朝食には、冷蔵庫の中の食材をすべて使った。
目玉焼き、葉物野菜、豚肉の燻製、カニカマ、トマト、ドラゴンフルーツ、パパイヤ、パイナップルに酢タマネギ。

それに、トマトジュースに代えてライチジュース。これが実にうまい。


土曜日の昼食はいつものように「三鳥」の寿司。
20171111#02WEB

アサリの味噌汁はいつ飲んでもうまい。

夕食はイカとダイコンを一緒に圧力鍋で煮てみた。
イカダイコンもなかなかの味。
20171111#03WEB

イカはそれなりにうまいが、ダイコンが実にうまい。
あとは、これにショウガを刻んで煮込むのもいいかも知れない。




ライチジュース
乾期に入ってから初めて撮った朝焼け。

20171110#01WEB
今年は乾期に入っても、雲の多い天気が続き、朝焼けが見られなかった。

20171110#02WEB
トマトジュースを補充するのを忘れていた。

なので、昼前にカムティアンのTESCO LOTUS へ。
20171110#03WEB
TESCO LOTUS へ行く時は、途中の「五郎」かJJマーケット内の「東京カレー」で食事をすることが多いが、今日はTESCO LOTUS内のタイ風寿司を昼食にした。
この昼食も多い。

20171110#04WEB
朝食用にトマトジュース・67バーツを買った。
同じ棚にライチジュース・73バーツも売ってあったので買った。
このライチジュースは実にうまい。

このライチ、このようにジュースとして売られていたり、缶詰として売られているが、さすがにライチが豊富に市場に出回っている時はこのジュースや缶詰を買うことはないが、シーズンオフにはなかなかいい。

20171110#05WEB

朝方から日中にかけて雲の多い天気だったが、夕方になって雲が切れて、青空が広がってきて乾期らしくなってきた。





CDJ Dental Clinic
Sriphat Medical Center の日本語通訳・永江さんに紹介してもらった CDJ Dental Clinic の初回診察日。

予約が午後6時、夕方のステープ通り、ニマンヘミン通りは混むので、ちょっと早めにでかけ、CDJ Dental Clinicに着いたのは、午後5時40分。
私の前に日本人の患者さんがあったようで、永江さんはその人の通訳を終えたばかりだった。

まずはお決まりの血圧測定、85-135 とこのところ減塩を心掛けているためか問題はない。

治療前に、永江さんに今までの症状を伝えておいた。
日本語通訳の人がそばにいると、症状を事細やかに先生に説明できる。これがいい。

診察台でまず先生の目視による診察。
ただ、やはりここでも目視による異常は見られない。

次いで、X線写真。
その結果、歯根に炎症が生じているわけでもない。

ここでも、はっきりとした原因を特定することはできなかったが、歯茎に覆われた部分に歯石が沈着しているので、まずそれを除去することにした。
歯茎の奥の部分なので、部分麻酔をして除去したが、これで熱いものを食べた時の鈍い痛みがなくなるかどうかは不明。
これでしばらく様子をみることにした。

私見ながら、歯茎の奥の歯石除去は、歯周病予防には有効だろうが、今回の痛みとは関係がないように思う。
要因を一つ一つつぶしていけば、そのうち原因がつかめるだろう。

私が歯医者さんの立場でも、目視で異常が認められず、X線写真でもこれと言った原因がつかめないとなると、同じような処置を施して、原因をひとつひとつつぶしていくであろう。

次回診察日は11月16日の午後6時15分からだが、それまでに、熱いものを食べた時に、鈍い痛みがあるかどうか確認しておかなければならない。
まだ鈍い痛みがあるようならば、歯茎の奥の部分の歯石と今回の鈍い痛みは関係ないことになる。
となると、歯の充填物に不具合が???。そのうちわかる。


ここでも通訳の永江さんは、日本の国民健康保険の海外医療費請求用紙を準備して、治療ごとに先生に記入してもらっていた。
これも助かる。

今日は左右の上の歯のX線写真を撮り、麻酔をして歯茎の奥の歯石を除去した。
治療費は2000バーツ、永江さんの通訳料200バーツ。

CDJ Dental Clinic の待合室。
20171109#01WEB





チェンマイ大学農学部・農業祭
今日も昨日と同じく、乾期だと言うのにさえない天気。

20171108#01WEB
朝食に昨日買った豚肉の燻製をちょこっと加えてみた。



午前11時過ぎから、近くのチェンマイ大学農学部へ。
今日から始まる農業祭を見るため。

いつもの事ながら、撮ったのは自分の興味のある被写体。
まずは熱帯魚。

昨日、お祭りの準備中の時も目に付いた数々の水槽。
近づいて見ると、異様な形をした魚。
20171108#02WEB
この魚が結構高額で取引されている。
コブが大きいほど高価。ちょっと理解できない世界だ。
その他の水槽には、色とりどりのザリガニ、ベタ(闘魚)、グッピーもいた。

水苔をきれいにレイアウトした水槽も展示してあったが、誰でもこのようなきれいな水槽を維持管理できると思わない方がいい。
水質の管理が大変だ。


次いで、仔ヤギ。
20171108#03WEB
食欲旺盛。
日本でもヤギを除草用に放し飼いしている話を聞くが、この食欲を見るとそれもうなづける。

近くに仔ウシもいたが、多くの観光客にうんざりしている様子。
多くの観光客を代表して「すまんのう」と言っておいた。

20171108#04WEB
トウモロコシの色がきれい。

20171108#05WEB
鉢植えのミニサボテン。
一鉢20バーツと手頃。

20171108#06WEB
これはネペンテス、食虫植物ウツボカズラの仲間。

20171108#07WEB
さらに奥へ進むとヘチマ?(ヒョウタン?)棚。

20171108#08WEB
ちょっと違和感のあるトウモロコシ畑。

20171108#09WEB
この花もきれい。

20171108#10WEB
行列のできるサラダ屋さん。
20~30人ほど並んでいた。

私が買ったのは焼き魚。
キノボリウオの仲間のようだが。
20171108#11WEB
魚一匹とカオニアオ(蒸したモチゴメ)を買って昼食にした。

20171108#12WEB
腹は空けてあったが、ウロコはそのままだったのが、ちょっと残念。
味はよし。




下見
今日の天気もさえない。

午後から11月9日に行く歯医者さん・CDJ Dental Clinicの下見に行った。
予約が18時からなので、治療を終えての帰り道などを確認しておいた方がいいとの判断から。

ニマンヘミン通りのソイを入った所で、初めて通るソイだが、ソイに入る右側にある陶器屋さんには何度か行ったことがある。

そのソイを進んでいくと、歯医者さんは右側にあった。
20171107#01WEB

20171107#02WEB
歯医者さんの場所、バイクを止める所も確認しておいたので、夕方からの治療でも安心だ。

帰りは、ソイをさらに進んで運河沿いの道路に出たら、途中、食堂「ムーンサバイ」があった。

ここの食堂は、裏メニューでワラジのようなトンカツが食べられると話を聞いて食べに行ったことがある。
その後、ニマンヘミン通りにある「MU's KATSU」でも、同じようなでかいトンカツが食べられるとわかってからは、行っていない。

チェンマイ大学農学部にも寄ってみた。
明日から始まる農業祭の準備で大忙しだ。

ここまで来たら、ついでにロイヤルプロジェクト・ドイカムショップへも。
葉物野菜、ブロッコリー、ブタの燻製を入手。
20171107#03WEB

久しぶりにブタの燻製を買った。
TOPSやリンピンスーパーで買ったスライスハムは塩味が強く感じたが、この燻製は薄味。減塩仕様なのがいい。







食材探訪
乾期だと言うのにさえない天気だ。
まあ、雨が降らないだけでもましか。

昼前からムアンマイ市場へトマトを買いに行った。
ついでに、いろいろな食材を見て回る。

20171106#02WEB
これはブタの顔。

チェンマイでロングステイし始めた頃には、強烈なインパクトのあったブタの顔も、何度も見るうちに慣れてしまい、いつかは買ってみようかと言う気にもなっている。

ただ、食べるものはたくさんあるのに、ブタの顔まで食べなくていいという自分と、いや、やはり変わった食材は食べてみたいという自分が同居しているのも事実。

これはどう調理するのだろうか。興味はある。

これはカニ。
日本では、西表島にいるマングローブガザミ(ノコギリガザミ)の仲間のようにも見える。
20171106#03WEB

20171106#04WEB
これは普通のガザミの仲間ではないか?
ブツ切りにして、味噌汁に入れればうまそうだ。

多種多様の食材で目の保養を済ませ、リンピンスーパー・ナワラット店へ。
ここで買うのはタマゴ。

こちら方面へ買物に来た帰りは、ロット・ディーで餃子の昼食が定番。

20171106#05WEB
いつものように餃子を注文したら、店のおばちゃんが、餃子は今まで90バーツだったのが、120バーツに値上げになったと申し訳なさそうに伝えてくれた。

諸物価高騰の折、値上げやむなしで、90バーツが120バーツになったところで何の問題もない。
元気でお店を続けてくださいね。

ただ、問題は歯の方だ。
熱い餃子を食べたら、鈍い痛みがあり、餃子が冷えるのを待つという、なんとも情けない話。
9日の歯の治療が待ち遠しい。





鮭の頭とドリンキングウォーターについて
1.鮭の頭

昨日、リンピンスーパー・ナワラット店で鮭の頭を買った。
目はしっかりしているので、鮮度はいいように思う。

最近の鮭の頭は、真っ二つに割ってエラもきれいに取り除いてある日本品質。
これで100バーツはいい。

20171105#02WEB

これをダイコンと一緒に圧力鍋で煮たのがこれ。
20171105#03WEB
見た目パッとしないが、ダイコンには味が十分しみ込んでおり、鮭は骨まで柔らかくなっていて、私のお気に入りの一つ。

2.ドリンキングウォーター

20171105#01WEB

水はSINGHA DRINKING WATER を買うことに決めている。
デザインが気に入ったからと言う、単純な理由から。

知人が車でカムティアンのTESCO LOTUS へ買物に行くので一緒にいかないかと誘ってくれた。
ありがたい限りだ。
1500cc6本入りで55バーツを2セット買った。

最近、鍋料理を作ったり、ブロッコリーをゆでたりしているので、水の消費量が増えている。





Copyright © 2018 清邁極楽蜻蛉 Odonata in Thailand. all rights reserved.