主にチェンマイのトンボとチョウ、それにチェンマイの日常の写真
トンボの生息地がまた一つ減った
ベトナム・Bac Giang省のトンボの生息環境がまた一つ減った。

20180422#02WEB
トンボの生息地だった川がせき止められて、対岸には大型のダンプトラックが見える。
水はかろうじて流れているものの、上流の水はよどんできている。

20180422#03WEB
水がよどんでいるため、大量の浮き草が繁茂している。
右手の山の木は切り倒されている。

ベトナムでも昨年良かった環境が、一年後には悲惨な状況に陥っている。
トンボの宝庫と言われたベトナムからトンボがいなくなる日が来るのが、現実味を帯びているような気がする。



スポンサーサイト
タテハチョウ科 ルリワモンチョウ Thaumantis diores
標高の高いCao Bang から標高の低い Bac Giang へ移動しての初日、朝から停電。
まあ停電でも、撮影に出かければ関係ないが、撮影先はいつ雨が降ってもおかしくない空模様。

雨が降るまで、カワトンボが飛び交う林道を歩いていたら、ワモンチョウが飛び出した。

ベトナムでトンボの撮影をしていると、よくあることなのだが、明らかに今までに見たワモンチョウと異なる。
飛んでいる時に、瑠璃色の紋が見える。

昼食のために町中へ戻った時に完熟パイナップルを買って輪切りにしてもらい、撮影地に持ち込む。
数個、並べて待ってみた。

しばくしたら飛んで来た。
20180421#10WEB
タテハチョウ科 ルリワモンチョウ Thaumantis diores
Apr.20, 2018, Bac Giang, Vietnam
飛んできて、数回翅を開くが、タイミングがつかめず、翅を開いた写真は撮れず。

ホテルに帰ってからインターネットでベトナムのワモンチョウを調べて、今日見たワモンチョウの学名、和名がわかった。

翌日、残りのパイナップルを全量並べ、再度撮影にチャレンジ。
パイナップルは甘い、実にいい香りがしている。


20180421#11WEB
タテハチョウ科 ルリワモンチョウ Thaumantis diores
Apr.21, 2018, Bac Giang, Vietnam

20180421#12WEB
タテハチョウ科 ルリワモンチョウ Thaumantis diores
Apr.21, 2018, Bac Giang, Vietnam

20180421#13WEB
タテハチョウ科 ルリワモンチョウ Thaumantis diores
Apr.21, 2018, Bac Giang, Vietnam

20180421#14WEB
タテハチョウ科 ルリワモンチョウ Thaumantis diores
Apr.21, 2018, Bac Giang, Vietnam

午前11時過ぎに突然の雨。
撮影を終え撤収。

昼食を終え、ホテルに戻ったら、停電はまだ復旧していない。
今夕までかかるらしい。

ホテルの人が気をきかせて、自家発電装置を稼動してくれて、スマホやカメラの充電、パソコンでのインターネットが可能となったのは、ありがたかった。

夜になって停電は回復した(?)かのようだが、エアコンが正常に稼動しない。
エアコンが正常に稼動しないので、室内は多湿状態でタオルがまったく乾かない。

Bac Giang 最後の日。
朝食を終えて、小雨降る中、パイナップルを置いた場所を見に行った。
ルリワモンチョウが吸蜜していた。
20180223#01WEB
タテハチョウ科 ルリワモンチョウ Thaumantis diores
Apr.22, 2018, Bac Giang, Vietnam

輪切りにしたパイナップルが三つほどなくなっていた。
小動物が食べたのであろう。

今回、ルリワモンチョウは初めて見た。
ボロボロの翅の個体が多かったが、発生は3月下旬か、4月上旬頃ではないだろうか。

例年、5月中旬~6月中旬頃に撮影に来ていたので、出会わなかったのかも知れない。




Copyright © 2018 清邁極楽蜻蛉 Odonata in Thailand. all rights reserved.