FC2ブログ
主にチェンマイのトンボとチョウ、それにチェンマイの日常の写真
ドイステープのチョウ、Sept,10, 2018
ドイステープでのチョウの撮影と言えば、やはり3月、4月の乾期がベストシーズンだが、昨日と言い、今日と言い天気がよければ、雨期でもそれなりのチョウが出てくる。

今日も地上10cmほどの所を高速で飛び回るチョウがいた。
このような飛び方をするチョウに珍品が多い。

地面にとまった。
20180910#06WEB
セセリチョウ科 ケブカニセシロシタセセリ Darpa hanria
Sept.10, 2018, Doi Suthep, Chiang Mai

このセセリチョウは私のお気に入り。
毎年2月、3月に撮ることが多く、9月に撮ったのは初めて。

またカメラレンズを入れてあるリュックにチョウが飛んできた。

20180910#07WEB
タテハチョウ科サトオオイナズマ Lexias pardalis jadeitina
Sept.10, 2018, Doi Suthep, Chiang Mai
ドイステープでの個体数は多い。

この場所は道路から近いので、よく観光客がやってくる。
今日やってきたのはフランス人カップル。
20180910#08WEB

彼らのスマホで記念写真を撮ってほしいと頼まれたので撮ってあげ、ついでに私のスマホでも撮らせてもらった。

天気は不安定ながら、昨日、今日となんとか撮影できた。
この調子でさらに天気が回復してくれれば、言うことはないのだが。






スポンサーサイト
ドイステープのトンボ、 Sept. 10, 2018
昼過ぎにドイステープへ行った。

今日はホソイトトンボ科 Protosticta curiosaがいるであろう撮影ポイントへ行ってみたが、その姿はなし。
さらに奥のヤンマ科 Polycanthagyna erythromelas が散乱にくるであろうポイントもチェックしておきたいのだが、その場所へ行くには濡れた岩盤の上を通っていかなければならない。

非常に滑りやすいので行くのを断念し、Coeliccia ポイントへ行ってみた。
ここは足場がよいので撮りやすい。

ちょうど今が産卵の時期であろう、いたるところで交尾をしている。

20180910#05WEB
モノサシトンボ科 Coeliccia poungyi
Sept.10, 2018, Doi Suthep, Chiang Mai

20180910#04WEB
モノサシトンボ科 Coeliccia poungyi
Sept.10, 2018, Doi Suthep, Chiang Mai

イトトンボの♀は識別が難しいので、交尾体を撮っておくと役に立つ。




今日の昼ごはん、Sept 10, 2018
今日の朝食。
20180910#01WEB
減炭水化物食。
こんな食生活をしばらく続けてみて、体に起こる変化について調べてみたい。


4前にメロンを買って室内に置いてある。
触ってみてもまだかたいが、ちょっと食べてみた。
20180910#02WEB
それなりに甘いが、まだ完熟ではないように思う。
今日は、このメロンひとかけらが昼食となった。


夕食はモヤシ炒め。
20180910#03WEB
トンパヨム市場で買った赤飯っぽいご飯を軽く食べた。

今日の食事の炭水化物の量はかなり少ないように思う。
炭水化物を減らした食事を心がけているが、だからと言ってご飯類を全く食べないというわけではない。
今までの食事に比べて、摂取する炭水化物の量が少なければよいのだ。





Copyright © 2018 清邁極楽蜻蛉 Odonata in Thailand. all rights reserved.