FC2ブログ
主にチェンマイのトンボとチョウ、それにチェンマイの日常の写真
今日の夕ごはん、Sept 21, 2018
今日の朝食。
20180921#18WEB
メロンがなくなったので、オレンジを加えた。

昼食はカーオ・ケーン・オーサカでサバ、卵焼き、ロールキャベツを食べ、ご飯は抜き。
Yさんと同席していたのだが、話に夢中になり食事の写真を撮るのを忘れていた。

午後から、チェンマイ定住者集いの会へ出席し、終わったのが16時。
これから夕食を準備をするのも面倒くさいので、虎次郎へ行った。

20180921#19WEB
値段は高いが、刺身の質は言うことなし。

20180921#20WEB
上段左から、マグロ、サケ、名前が不明な白身の魚、タコ、
下段左から、シメサバ、イカ、ホッキガイ。
刺身をたっぷりたべるにはいい。





スポンサーサイト
チェンマイ定住者集いの会、Sept 21, 2018
チェンマイ定住者集いの会に出席。

今日は第2部の講演テーマ「私のこだわりコーヒー」について、写真付きで説明してほしいと依頼があったので、引き受けた。
チェンマイ定住者集いの会有志、私を含め3人で行い、ほかの二人はコーヒー抽出実演付きで話をされていた。

私が話をしたのは以下の通り。

20180921#01WEB
3年前の11月、ドイサケットの山の中にトンボの写真を撮りに行った時に、偶然見つけた店でコーヒーの生の豆を買った。
1㎏180バーツと驚くほどの安さ。

20180921#02WEB
部屋に持ち帰ったコーヒー豆は、プラスチックの密閉容器に入れて保管。

20180921#03WEB
少量ずつ、フライパンで焙煎、と言うと格好いいが、要するに煎った。

20180921#04WEB
温度を100℃程度に設定し、20分ほどでこんな感じ。

20180921#05WEB
煎った豆は密閉できるガラス瓶で保管。
煎ると、生の豆の1.5倍程度に容量が増える。

20180921#06WEB
ロイヤルプロジェクト・ドイカムショップで売られている焙煎後のコーヒー豆。
200gで200バーツ程度。

20180921#07WEB
オムコイのコーヒー豆。これも焙煎済み。
物産展で買ったもので、200g140バーツ程度。

20180921#08WEB
大阪の阪神百貨店で買ったコーヒー豆「ハワイコナ」。
100gで2000円と非常に高価。非常に強い酸味のある豆。

20180921#09WEB
私が使っている手動式のコーヒーミル。

学生時代に買ったので、今から45年前の品。
いまだに現役、Made in Japan の優れもの。

20180921#10WEB
HARIOの一人用サイフォン。
20年前から使っている。
この一人用サイフォン、一時期製造中止となっていたが、数年前から製造再開したので、予備に買っておいた。
Amazonの通販で購入可能。

20180921#11WEB
サイフォンはアルコールランプを使うので、停電でもコーヒーが飲める。

20180921#12WEB
これはサイフォンのパーツ。
これがなくなると使えなくなるので、予備に買っておいた。

20180921#13WEB
アルコールランプ用のアルコール(メチルアルコール)を売っている店。
ステープ通り、チェンマイ大学医学部の前にある。

20180921#14WEB
そこで買った耐熱性のガラスビーカー。
計量カップとして使ったり、麺つゆを作る時に使ったりしている。

20180921#15WEB
ベトナムのコーヒーメーカー。
ガラスコップに練乳を1cm程度入れ、そこに濃い目のコーヒーを抽出して飲む。
このコーヒーもなかなかうまい。

他の会員の方が紹介されていたコーヒー豆を売っているお店。
20180921#16WEB

20180921#17WEB

さほど遠くないので、近日中に行って写真を撮ってくるつもり。

チェンマイ定住者集いの会特筆すべき情報

在留証明書を取得する場合

在チェンマイ日本総領事館:当日申請し、翌日発行、発行手数料640バーツ。
チェンマイイミグレーション:申請して受け取りは2週間後、発行手数料は無料。
バイクを買い替えた時、当然私はチェンマイイミグレーションへ申し込んだ。

以上。





Copyright © 2018 清邁極楽蜻蛉 Odonata in Thailand. all rights reserved.